冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期

本能寺の変の後、徳川家康が伊賀の山を越えて三河に戻った「神君伊賀越え」は有名ですが、それ以上の山越えをしたのが佐々成政(さっさなりまさ)。なんと極寒の北アルプスを越えたと言われているんですよ。そんな危険を冒してまで、なぜ彼が冬の山越えを決行したのでしょうか?織田家の重臣として活躍するも、時代の流れに巻き込まれ、無念の最期を遂げた彼の人生に迫ってみたいと思います。

信長配下のエリート集団・黒母衣衆となる

信長配下のエリート集団・黒母衣衆となる

image by PIXTA / 5887207

佐々成政が生まれた年には諸説あり、天文5(1536)年・天文8(1539)年・永正13(1516)年とも言われています。
尾張(愛知県)の土豪。
佐々一族に生まれました。

成政は三男でしたが、2人の兄は相次いで戦死してしまい、永禄3(1560)年、彼に家督の座が回って来ます。

ちょうどこの年、桶狭間の戦いが起き、織田信長が今川義元を破って天下にその名を知らしめることとなりました。

そんな信長に、成政は仕えることとなります。
信長の馬廻(うままわり/主の馬の回りで主を守る役目)から出世した彼は、黒母衣衆(くろほろしゅう)のメンバーとなり、信長の将来的な重臣となるキャリアを約束された形となりました。

母衣衆と母衣について

成政が選ばれた黒母衣衆、ひいては母衣衆についてご説明しましょう。

まずは母衣(ほろ)について。

母衣とは、古くは鎧の上を覆う布であり、防寒対策や矢などを防ぐものでした。
しかし戦国時代になると、兜や鎧の背に竹などで作った骨組みを付けて、布をかぶせた仕様となります。
こうして、戦場で敵味方双方に自分の存在を示すものとなり、本陣と前線を行き来する使い「母衣武者(ほろむしゃ)」が登場することとなりました。
母衣武者となることは名誉でもあり、その集団「母衣衆」はまさにエリートとも呼べる存在だったんですね。

また、母衣には赤や黄、黒などが使われたため、「赤母衣衆」や「黒母衣衆」などと呼ばれるようになりました。

信長の母衣衆には、黒母衣衆と赤母衣衆がいましたが、黒母衣衆の方がより格上だったとも言われています。

信長の下でキャリアを積む

信長の下でキャリアを積む

image by PIXTA / 27779967

黒母衣衆の一員となった後、成政は数々の戦に参戦します。
信長が浅井・朝倉連合軍と戦うことになる姉川の戦いの直前に撤退戦をしなければならない状況になると、成政はそこで殿軍(しんがり)を務めることとなりました。
殿軍は危険であると同時に、命がけで主を守る名誉でもありましたが、彼はこの時、鉄砲隊を用いて見事に信長を逃がし、自らも生還するという大きな功績を挙げたのです。

また、天正3(1575)年の長篠の戦いでも鉄砲隊を率いて活躍しており、鉄砲の扱いに慣れていたのかとも思われます。
ただ、皮肉にも長男を流れ弾で失っています…。

当時、信長は各地の一向一揆に手を焼いていました。
浄土真宗本願寺派の信徒による一揆で、越前や加賀(福井県)、長島(三重県)の一揆はかなり大規模で、信長は各地に兵を割かなければならない状況でした。

しかし、信長の重臣・柴田勝家らによって越前一向一揆が鎮圧されると、勝家を中心とした北陸方面軍が結成され、成政は勝家の与力(よりき/司令官役の武将に力を貸す武将)となりました。
同じく勝家の与力となった前田利家や不破光治(ふわみつはる)らと共に、成政は「府中三人衆」と呼ばれるようになったのです。

ちなみに、府中とは「国の都、国府」という意味であり、ここでは越前国の府中を指しています。

ただ、越前の府中三人衆のひとりとはいっても、成政はかなり忙しく動き回っていたようです。
越前に常駐していたわけではなく、石山本願寺との石山合戦や播磨(はりま/兵庫県)の平定、信長に反抗した荒木村重を攻めるなどしており、信長の家臣の中でも頭角を現していたことがわかります。

越中一国を任される

越中一国を任される

image by PIXTA / 6791810

一方で、成政は勝家に従って越中一向一揆を平定しました。
やがて、功績のあった彼は越中(富山県)一国を任されることとなります。
越中は越後(新潟県)の上杉氏の領地と接しており、かなり用心しなければならない場所でもありましたので、成政が信長の信頼を受けていたことは確かでしょうね。

成政はここで、内政面でも力を発揮しました。

天正8(1580)年、この地を流れる常願寺川(じょうがんじがわ)に「佐々堤」と呼ばれる堤防を築き、治水工事を行っています。
この場所では、立山の雪解け水による水害が度々起きており、この佐々堤は水害の軽減に大いに役立ちました。

領民は成政を慕い、後の世まで遺徳を偲ぶため、彼を祭神として祀っています。
神となった彼は、地元の人々には「じょうしょう(成正)さま」と呼ばれました。
なぜ成政でなく成正なのかというと、後にここを治めた前田家を憚り、一字を改めたんだそうですよ。

また、成政はこの地で「気前の良い殿様」として評判だったようです。
新たに彼に仕えようとする者が希望の禄高を申告すると、それを上回る禄高を与えたため、成政の元には多くの仕官志願者が訪れたとか。
成政自身も、彼らの武功話に興味深く聞き入り、実力のある者を召し抱えたようですね。

信長の死後の動向

信長の死後の動向

image by PIXTA / 32788862

信長配下の家臣として着々と足場を固めていた成政ですが、天正10(1582)年に本能寺の変が起き、信長が明智光秀に討たれてしまうと、その立場は途端に揺らぎ始めました。

柴田勝家が指揮し、成政も含まれていた北陸軍が上杉攻めで動くことができずにいた間に、豊臣秀吉(当時は羽柴)に明智光秀を討たれてしまい、手柄を取られてしまったんです。

その後、信長の後継者を決定する清洲会議(きよすかいぎ)でも勝家と秀吉の意見は対立し、両者の溝は急速に深まっていきました。

そして、天正11(1583)年に勝家と秀吉の間で賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いが起きたのです。

成政自身は、上杉方への備えのため、勝家軍には援軍を出すにとどまりました。

戦況は、前田利家が秀吉側に寝返ったために勝家が敗北し自害することとなり、勝家側に兵を提供した成政もまた、その咎を受ける身となってしまったんです。

そこで、成政は剃髪し、秀吉に降伏しました。
娘を人質に出し、恭順の姿勢を見せたため、何とかここでは越中一国を保証されたのです。
直接参戦しなかったことが、結果的には彼の立場を救うことになりました。
とはいえ、ずっと従ってきた勝家が死に追いやられ、秀吉が織田家を牛耳る形となったことは、成政にとっては快いものではなかったはずです。

それが、彼を北アルプス・立山連峰越えへと駆り立てることとなったのでした。

「さらさら越え」決行!

「さらさら越え」決行!

image by PIXTA / 5235064

天正12(1584)年、ほぼ実権を握った秀吉は、今度は徳川家康と対立します。
家康は信長の二男・信雄(のぶかつ)と連合しており、この両陣営の対立が小牧・長久手の戦いへと発展しました。

この時、成政は家康側に付きます。
おそらく彼の心中には主家乗っ取りのような形となった秀吉への敵意があったと思われます。

そして彼は秀吉側の前田利家の所領である加賀・能登を分断するために攻め入りますが、同時に上杉方との戦線も維持していかなければならなかったため、攻めきれずに苦戦を強いられることとなってしまいました。

そうこうしているうちに、秀吉と家康は講和を結びます。

しかし、成政はこれに納得ができず、その年の冬、厳寒の北アルプス・立山を越えて家康の元へと向かったのでした。

これが「さらさら越え」と呼ばれる成政の山越えです。

成政が越えたと言われる佐良峠(ざらとうげ)と成政の名字を合わせ、「佐々の佐良越え→佐々佐良越え→さらさら越え」と呼び方が訛っていったようですよ。

なぜ危険を冒して冬の山越えをしたのか?

なぜ危険を冒して冬の山越えをしたのか?

image by PIXTA / 4144645

それにしても、現代だって冬山登山は厳しいもの。
しかも登って降りて、まだ戻っていったわけですから、とんでもないことですよね。
下手すれば死んでいたわけですから。

それを敢行してでも、成政は家康に講和を翻すように説得しに行きたかったんですよ。

勝家を破り、織田家の後継ぎに幼い三法師(信長の孫・後の秀信)を据え、支えると見せかけてほぼ乗っ取った秀吉。
それを許すわけにはいかん!という思いがあったのかもしれません。

けれど、家康はあっさりと成政の頼みを断り、成政は何の収穫もないまま再び越中へと帰って行ったのでした。

ちなみに、当時の成政が50歳ほどだったということで、本当にそんなことができたのかという声も上がっています。
また、ルートが違い、実は上杉方の助力を得ていたのではないかという説もあるんですって。
実際、成政と越後での書状のやり取りがあったからなんだそうです。

しかし、いずれにせよ、冬のあの辺を行軍するのは大変でしたよね…。

埋蔵金伝説と早百合伝説

冬の山越えはやはり成政たちにとっては厳しいものでした。
そのため、彼らが行軍に邪魔な重いものを雪の中に埋めて去って行ったという話があるんですよ。
そして、その中には大量の軍用金があったとも…。
そのため、この場所には埋蔵金伝説があるんですって。

また、こんな伝説も関連づけてご紹介しましょう。

さらさら越えの直前、成政の愛妾・早百合が懐妊しました。
喜んだ成政でしたが、家康のところから帰ってくると、「早百合は成政の家来と密通しており、実は腹の子は成政の子ではない」という噂が立っていたんです。

これは、早百合に嫉妬した成政の他の側室たちが流したデマだったんですが、成政はこれを信じ込んでしまい激怒。
早百合を神通川のほとりに引き出して殺してしまったんです。
しかも、早百合の一族まで…。

死ぬ間際、早百合は「我が恨みは鬼となり、お前の子孫を殺し尽くして家を断絶させてやる!」と叫びました。
そして以後、神通川には女の首と鬼火が出たのだと言います。

ただ、この伝説は、後に越中を治めた前田氏のために、成政が不当に貶められて創作された根も葉もないものだと言われていますね。
確かに、領民に祀られるほどの成政が、こんな非道な仕打ちをするのかな…とも思います。

秀吉に降伏…しかし肥後一国の主に返り咲く

秀吉に降伏…しかし肥後一国の主に返り咲く

image by PIXTA / 15482060

家康の説得が空振りに終わった成政を、秀吉が放っておくはずもありませんでした。

小牧・長久手の戦いの翌年、秀吉は10万の大軍を率いて成政を包囲します。
さすがにどうすることもできず、成政は降伏しました。

命だけは助けられましたが、所領はすべて没収され、大坂へ移住し、秀吉の御伽衆(おとぎしゅう/話し相手や相談役)として仕えることとなったのです。

そして、天下人への階段を登り続ける秀吉は、天正15(1587)年に九州征伐に乗り出します。
この時、成政は秀吉の弟・秀長に従って出陣し、功績を挙げたとも言われています。

そのおかげか、九州征伐完了後、秀吉は成政に肥後(熊本県)一国を与え、統治を命じたのでした。

越中一国の主から国無しになり、再び国持ち大名に返り咲いた成政。

今度こそ!という意気込みを持っていたはずですが、思いもかけない抵抗が彼を待っていたのでした。

肥後国人一揆を鎮められず…

肥後国人一揆を鎮められず…

image by PIXTA / 33070793

肥後を与えられた成政は、早々に現地に赴任。
そして、検地を開始しました。

しかし、九州は元々国人(その土地の有力者・豪族)の力が強い土地。
加えて、成政は九州とは縁もゆかりもないいわばよそ者だったわけですから、そういう人物が上に立つのは国人にとっては面白くなかったんですね。

また。
検地によって自分の土地の石高を再び定められ、年貢を要請されたわけですから、不満がないわけがなかったんです。

新たな土地での再出発を図った成政が張り切ったせいなのか、検地は性急でした。
それもまた国人の不満を増幅させたんです。

そのため、国人たちはついに一揆を起こし、成政に反旗を翻しました。

この「肥後国人一揆」は3万5千にも膨れ上がり、成政は城を包囲され、家臣や親族を討ち取られるなど、防戦一方。
一揆軍はもはや成政の手に負える状態ではなくなっていたんです。
そこで彼は秀吉に援軍を求め、その力でやっと一揆を鎮圧できたのでした。

しかし、この事実は、成政が領主として支配能力がないということを示してしまったわけです。

翌年、成政は秀吉の元に謝罪しに行きます。
しかし面会することはできず、挙句に成政は尼崎の寺に幽閉され、ついには切腹を申し付けられたのでした。
享年53と伝わっています。

決死のさらさら越えの失敗が、すべてを決めた?

家康を説得すべく、決死の思いでさらさら越えを敢行した成政。
しかし家康は動かず、結果的にさらさら越えは失敗に終わりました。
ここで、成政の運命は決したのかなとも思います。
時の流れを見れば、やがては秀吉の下に入るしかありませんでしたし、その下で果たして元織田方であり柴田方だった彼がうまくやっていけたのか…。
そう思うと、彼のさらさら越えに何ともいえない空しさを感じてしまいます。
また、歴史とはいつ流れが変わるかわからないものだと、成政の生涯を見てきて実感させられました。
photo by PIXTA