了仙寺の境内を彩るアメリカジャスミンの香りに包まれる旅。ベストシーズンや周辺の見所とは

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

別名ジャスミン寺はアメリカジャスミンの香りが楽しめるお寺で行きたくなるら~

鎖国された日本がペリーによって開国されたことは日本人なら誰もが知る事実です。そんな日本の歴史上でも非常に重要な局面の舞台となったのが、下田市にある了仙寺(りょうせんじ)。現在では5月にアメリカジャスミンが咲き誇るお寺としても知られています。日本の歴史が好きな人には特におすすめの、了仙寺や周辺スポットの魅力を余すところなくご紹介します。

日米下田条約が締結された歴史ある了仙寺

静岡県下田市にある日蓮宗の了仙寺は、1635年に今村正長によって創建されたお寺です。日米和親条約の細則である、日米下田条約が締結された舞台としても知られています。日本の歴史を語る上で欠かせない場所です。

日本は1854年の3月31日に横浜で日米和親条約を締結しましたが、細かい点が曖昧だったため、その交渉をするためペリーが下田へ上陸しました。そしてその年の6月17日に日米和親条約付則13か条としての日米下田条約が締結されましたが、その舞台となったのがこの了仙寺です。その際、ペリーは楽隊を引き連れて音楽を演奏しながら了仙寺まで行き、その様子が伝わったことで了仙寺の名はアメリカでも知られるようになりました。

この日米下田条約の中には、アメリカ人が自由に下田の街を歩くことができるという遊歩権が明記されており、了仙寺はアメリカ人の休憩所としても開放されていたとされます。その後、了仙寺の境内では日本で初めての洋楽コンサートとしてアメリカ海軍の軍楽隊によるコンサートが開催されました。

アメリカジャスミン一色になる了仙寺

国指定史跡文化財の了仙寺は、別名ジャスミン寺とも呼ばれており、現在は1000株にもおよぶアメリカジャスミンが植えられています。

ジャスミン寺とも呼ばれている

了仙寺では1965年ごろにアメリカジャスミンが植えられ、その後年々数が増えていきました。毎年5月中旬になると一斉に花を咲かせ、境内がアメリカジャスミンの香りで包まれます。アメリカジャスミンが見頃を迎える5月には香りの花まつりを開催。毎年ご年配の方を中心に多くの人が訪れます。

どこを見渡してもアメリカジャスミン一色で、素晴らしい光景が見られることから人気が高く、週末は駐車場への待ち時間が発生することもしばしば。イベント期間中は早めに到着するのがおすすめです。

アメリカジャスミンの特徴

モクセイ科ソケイ属に分類される一般的なジャスミンに対し、アメリカジャスミンはナス科ブルンフェルシア属に分類されます。白い花を咲かせる一般的なジャスミンとは異なり、アメリカジャスミンは紫から淡い紫、そして白へと色を変化させていくのが大きな特徴です。

そのため、たくさんのアメリカジャスミンが咲き誇る場所では、一見異なる種類の花が咲いているのかと思ってしまうような光景が。濃厚でオリエンタルな香りが特徴的で、了仙寺ではその独特の香りも堪能することができます。

了仙寺境内の見どころ

了仙寺にはアメリカジャスミンはもちろん、歴史を感じられる必見のスポットがたくさん。日本の歴史に想いを馳せながら巡ってみましょう。

5月に咲き誇るアメリカジャスミン

了仙寺を語る上で外せないのはやはり境内に咲き誇るアメリカジャスミンです。紫と白に美しく咲くアメリカジャスミンを見たい場合は見頃の5月に訪れましょう。一面に咲き誇る様子はもちろん、濃厚な香りからもオリエンタルな雰囲気を楽しむことができます。

唐人お吉の石碑がある

下田は唐人お吉(とうじんおきち)の名で知られる斎藤きちの最期の場所としても知られています。この下田で崖から自ら身を投げて亡くなった唐人お吉は宝福寺に眠っていますが、彼女の石碑が了仙寺にあり、波乱の人生を送った彼女に想いを馳せることができます。

本堂裏にある横穴遺跡

本堂の裏には深さ10メートルほどの横穴が。これは、1300年ほど前の古墳時代のものだとされ、副葬品の数などから地元の有力者のお墓であったと見られています。入口は封鎖されていますが、浸食によって反対側に抜けています。ここにはアメリカジャスミンは咲いておらず、荒々しい岩肌が特徴で境内の中でも異なる雰囲気を持つ場所です。

人気の御朱印巡り

了仙寺では御朱印もいただくことができるので、御朱印集めをしている人は要チェックです。立派な文字で紙からはみ出さんほどに大きく書かれた御朱印が特徴的で、なかなかのインパクトがあります。本堂でいただくことができるので、参拝に来た際は忘れないように立ち寄りましょう。

了仙寺周辺の見どころ

了仙寺の周辺には他にも立ち寄りたいおすすめの観光スポットがあります。歴史ある下田の魅力溢れる場所にも足を伸ばしてみましょう。

食と体験が出来る道の駅の開国下田みなと

下田観光でまず立ち寄りたいのは道の駅の開国下田みなとで、観光案内所も入っているので情報収集にも便利。中にはハーバーミュージアムやJGFAかじきミュージアムなどが営業し、下田への知識を深めることもできます。

グルメの魅力も満載で、新鮮な地魚を使ったお寿司や、下田ならではのアメリカの雰囲気を楽しめるハンバーガーなども揃っているのでランチにもぴったり。また、お土産も充実しており、下田で獲れる金目鯛や伊勢海老の加工食品からお菓子まで、さまざまな下田土産を購入することが可能。食事からお土産探しまでできる便利なスポットとして注目です。

レトロな街並みペリーロード

日米下田条約の交渉の際、実際にペリーが艦隊300人と共に歩いた了仙寺までの道のりが、現在ではペリーロードとして親しまれています。江戸時代の建物や街の名残を感じることができるレトロの場所で雰囲気は抜群。カフェやレストランも立ち並ぶので、ちょっとした休憩がてら立ち寄りたい場所です。

日本開国に関係する資料が展示された下田開国博物館

日本開国に関する知識を深めるなら下田開国博物館です。博物館が所有する2000にもおよぶ資料や遺品の中から、常時約1000点を入れ替えつつ展示しています。年中無休で営業され、人の少なくなるお昼以降に立ち寄るのがおすすめです。

唐人お吉が眠る宝福寺

下田奉行所跡に建てられているのが浄土真宗の宝福寺です。唐人お吉こと斎藤きちの墓があることで知られており、毎年3月27日にはお吉まつりとお吉供養が行われています。江戸時代初期の作品である親鸞聖人像や延宝5年の作品親鸞聖人絵伝もあるので必見です。

ペリー艦隊来航記念碑

日本開国の重要人物として日本人にも広く知られているペリーを称えた記念碑も必見のスポットです。下田だけでなく日本の歴史を語る上で欠かせない人物にゆかりのある場所としてぜひチェックしましょう。記念碑の横に置かれている錨はアメリカ海軍から寄贈されたものです。

村上合掌造り民芸館

200年間風や雪にも耐えて残っている日本一大きい五階建ての合掌造りの文化財です。これは合掌造りで有名な世界遺産の飛騨白川郷の馬狩部落より隠居処として1964年に移築されたもの。日本の文化である大家族制度や妻問婚を語る上で欠かせない文化財です。

ロープウェイで登る寝姿山展望台

寝ている女性の姿から寝姿山と名付けられた山にある寝姿山展望台へは、下田ロープウェイで向かうことができます。下田港や下田の街を一望できる絶景スポットとしてだけでなく、愛染明王堂がありパワースポットとしても知られています。

愛染明王堂は恋愛成就や縁結び、子宝にご利益があるとされており、多くの人が訪れる場所です。珍しいハート型の絵馬も有名で、毎年6月には愛染堂例大祭でお焚き上げもしてもらえます。

了仙寺へのアクセス

お車でのアクセス

沼津I.Cを降りたら伊豆縦貫自動車道へ入りましょう。そのまま進んで伊豆中央道、136号線、修全寺道路、下田街道を南下していくと差し掛かるT字路の目の前が了仙寺です。沼津I.Cから了仙寺までは車で約1時間40分ほど。

電車でのアクセス

最寄り駅は伊豆急下田駅で、熱海駅からは約1時間30分です。下田駅を出たら目の前にある大通りを右に曲がって1つ目の信号を通過しましょう。さらに進んでいくとT字路に差し掛かると目の前が了仙寺。下田駅から了仙寺までは徒歩で約10分です。

住所|〒415-0023 静岡県下田市七軒町3-12-12
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0558-22-2805
公式サイトはこちら

まとめ

了仙寺は日本の歴史を語る上で欠かせない日本開国における重要な場所です。5月にはアメリカジャスミンが咲き誇る美しい光景を楽しめるほか、周辺の歴史の魅力が詰まったスポットも見逃せません。了仙寺とその周辺スポットで、歴史ある下田の街を探索してみましょう。