美しい小径ねねの道を中心に観光名所を巡ろう

トラベルパートナー: Fuzuki

千葉県出身。主に国内のお出かけスポットや観光スポットが得意です。メインは千葉県、東京都、神奈川県などの関東地方とよく訪れる宮崎県です。他にも国内であれば多くの観光スポットに訪れます。旅行は家族と訪れることが多く、博物館や歴史に関するスポットを巡るのが好きです。家族や友達と楽しめるスポットを中心にご紹介できればと思っています。

景観も観光も楽しめる美しいねねの道に来よし?

八坂神社から高台寺へと繋がる京都の美しい小路をご存知ですか。ねねの道は、情緒あふれる小路。周辺は歴史ある観光名所に囲まれているため、観光スポット巡りの際にも立ち寄りやすいです。美しいこのエリアは、夜になると温かな明かりに照らされた木々や建物が、一層古都の情緒を引き立てロマンチック。今回はそんなねねの道の魅力に迫っていきます。

ねねが余生を送ったねねの道

京都の観光名所 祇園の近くにあるねねの道は、豊臣秀吉の正室であったねねが住んでいたことのある地であることからその名が付けられました。円山公園や八坂神社から高台寺へと続くこの道は、東山の趣が感じられる美しい小路です。

豊臣秀吉の正室・北政所ねね

ねねの道の由来となった北政所ねねは、豊臣秀吉の正室です。とても気さくで社交的な性格の彼女は、秀吉を天下取りを懸命に支えていた女性として知られています。秀吉がみごと天下統一を果たしたことで、ねね自身も最高位の女性となりました。

ねねが19年間住んでいた地

夫である秀吉が亡くなった後、ねねは出家して大阪から京都へ移り住みました。ねねが晩年の19年間をこの近くで過ごしたことから、この小路は「ねねの道」と名付けられたそうです。小路は美しい景観で、当時はねねもこの道を散策し、楽しんでいたのかもしれません。

古き良き京都の町並みを感じることができる

ねねの道は、古き良き京都の風情を感じられる景観が魅力ですが、さまざまな工夫がなされています。元々あった電柱はすべて地下に埋める工事が施されたほどで、ねねの道の周囲には現代の建造物なども見当たりません。昔と変わらぬ景観を守り続けることで、趣ある小路を楽しむことができています。

四季や時間によって異なる雰囲気の景観

自然豊かなねねの道は、四季の移ろいを感じることができるスポットとしても人気で、昼間にはみずみずしい自然を楽しむことができますよ。夜になると、明かりに照らされた小路がまた違った雰囲気を感じることができるとあって、夜に訪れる観光客も多いです。

四季によって移り変わるねねの道

ねねの道は四季によって違った景観を楽しむことができるのが魅力。春になると近辺に植えられている桜の木が一斉に見頃となります。秋にはもみじが真っ赤に色付くため、紅葉を楽しみながら散歩ができます。

夜は静かで優美な小道

夜はしっとりと静かな時間が流れていて、ねねの道沿いに置かれている明かりが木々や建物を照らし、風情あるライトアップが楽しめます。昼間とは違った静かな優雅さがあり、ほんのり温かみを感じられる小路となります。

人力車で廻るのも風情を感じられる

周辺には多くの観光スポットがあるため、京都名物の1つでもある人力車も多く往来しています。風情あるねねの道を人力車に乗って、車夫さんに案内してもらいながら廻るのも楽しみ方の一つ。車夫さんだからこそ知る知識も教えてもらえるため、歩きながらの散策とは違った楽しみ方ができます。

わらび餅は絶対食べるべき

https://www.instagram.com/p/2uMrAxgkwY/

ねねの道の周辺には飲食店も多く存在しており、なかでもおすすめは名物のわらび餅です。多くの芸能人が訪れ味わったことがあるわらび餅は、ねねの道に行くなら外せない一品。

伝説とまでいわれる甘味処 の洛匠

https://www.instagram.com/p/BsZg4cplJAK/

高台寺の参道、そしてねねの道にある洛匠は伝説とまでいわれるほどの甘味の名店。洛匠の建物は現代では珍しい数寄屋造りになっており、京都ならではの美しい景観です。敷地内には日本庭園があり、四季折々の優雅なひとときが楽しめますよ。

とろっとした食感が絶品のわらび餅

View this post on Instagram

好物のわらび餅 #京都 #旅行 #洛匠

A post shared by Ikuko Yoshida (@yoshi.iku_zo) on

洛匠には種類豊富な甘味がありますが、なかでも、草わらびもちが名物として知られています。草わらびもちには、宇治小山園上質抹茶と高級わらび粉が使用されており、食べると口の中でトロッととろける食感を楽しむことができます。お抹茶や、抹茶を使用したドリンクと一緒に楽しみたい一品。

住所|〒605-0072 京都府京都市東山区鷲尾町516
営業時間|9:30~18:00
定休日|不定休
電話|075-561-6892
公式サイトはこちら

ねねの道を中心に観光スポットを巡ろう

ねねの道は、京都でも有名な観光スポットに囲まれているので、周辺の観光スポットを目的にねねの道を散策するコースが一般的です。ねねの道を中心に周りの歴史ある観光スポット巡りを楽しみましょう。

円山公園は京都市最古の歴史ある公園

円山公園は、明治19年に開設された京都市で最古の公園。公園内は非常に広く、敷地内には回遊式日本庭園や料亭などが入っています。春になると辺り一面に桜が満開となり、圧巻の景色を観ることができます。桜の時期は夜にライトアップもされるため、夜桜を楽しむのもおすすめ。

住所|〒605-0071 京都府京都市東山区円山町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|075-643-5405
公式サイトはこちら

紅葉の美しさが有名な高台寺

秋シーズンに訪れたいスポットとして、ねねの道からほど近い場所にある高台寺がおすすめ。高台寺は北政所ねねが秀吉を弔うために建立したと伝えられているお寺で、秋にはもみじが色付き、真っ赤な紅葉と風情ある高台寺の本堂のコントラストを楽しむことができますよ。

住所|〒605-0825 京都府京都市東山区高台寺下河原町526
営業時間|9:00~17:30
定休日|なし
電話|075-561-9966
公式サイトはこちら

清水寺への坂道でお土産を選ぼう

清水寺へと続く坂を一念坂、二寧坂、産寧坂といい多くのお土産屋が建ち並んでいるため、この場所でお土産を購入する観光客も多いです。活気溢れる場所のため、店頭をみながらブラブラと歩くのもおすすめ。産寧坂は北政所ねねが子宝祈願に清水寺へ参拝する際に歩いたという言い伝えが残されています。

住所|〒605-0826 京都市東山区高台寺桝屋町362
営業時間|お店によって異なる
定休日|お店によって異なる
電話|なし
公式サイトはこちら

清水寺の舞台から見る景色は絶景

一年中多くの人が参拝に訪れる、京都を代表する観光スポットの清水寺は、国宝や重要文化財を多く所有しているお寺です。清水寺本堂の前にせり出している清水の舞台は非常に有名で、この舞台から見下ろす景色は絶景。境内はとても広いため、すべて見てまわると1時間から2時間近くはかかるといわれています。

住所|〒605-0862 京都府京都市東山区清水一丁目294
営業時間|6:00~18:00
定休日|なし
電話|075-551-1234
公式サイトはこちら

ねねの道へのアクセス

電車でのアクセス

京都の風情ある景観を楽しめるねねの道は、京阪電鉄祇園四条駅から徒歩15分ほどです。

バスでのアクセス

市バスで訪れるならば、東山安井バス停で下車し徒歩7分で到着します。

まとめ

京都の風情が感じられるねねの道は歴史ある観光名所に囲まれているため、八坂神社や高台寺、清水寺などの観光を目的に散策するのがおすすめの観光スポットです。桜やもみじなど自然が織りなす四季折々の景色はどの時期に来ても新しい発見と感動があります。ぜひ、ねねの道を中心に京都の観光を楽しんでみてください。