800年もの歴史がある湯平温泉。情緒あふれる石畳の坂を和装で歩いてみよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

食べて遊んで温泉で温まっていきんしゃい!!のんびりできる温泉街!!

日本屈指の温泉街として知られる湯布院。そのすぐそばには、江戸時代に人気の湯治場として栄えた800年もの歴史をもつ温泉街があることを知っていますか。大分県にある湯平温泉は、鎌倉時代に栄えた歴史ある温泉街で、江戸時代には胃腸病に効果があるといわれ有名な湯治場でした。今回はそんな湯平温泉の魅力をたっぷりお届けいたします。

湯平温泉とは

湯平温泉は、由布院から車で20分ほどで行ける温泉街で、鎌倉時代からの歴史がある温泉。300年前につくられた石畳の坂は、歴史の面影を唯一残す存在で、夜になると提灯の明かりが通りを優しく照らします。温泉街には5つの共同浴場があり、神経痛や関節痛に効能がある源泉掛け流しの温泉が楽しめます。

歴史ある石畳の坂

大分県にある湯平温泉は、由布院から車で20分ほどで行ける温泉街。300年ほど前に病魔退散を祈願してつくられたという石畳の坂は、工藤三助と村民によって造られたもので、平らならされたようにすり減ったさまは、長い歳月を経た趣が感じられます。石畳の坂は約500メートルにわたって続いており、両脇に温泉街やお土産屋さんが並んでいます。

湯平温泉はなんと約800年もの歴史があり、隣接する湯布院温泉よりその歴史は古くなります。江戸時代には胃腸病に効果があると人気の湯治場で、明治までは見事な茅葺き屋根の湯治場が軒を連ねていましたが、明治45年の大火によって旅館や民家はほぼ焼失してしまいました。火災から2、3年後には共同浴場や旅館などが再建されました。

湯平温泉にある5軒の共同浴場

湯平温泉には、金の湯・銀の湯・砂湯・中の湯・橋本温泉の5つの共同浴場があります。いずれも効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺で、源泉掛け流しの塩素消毒はされてない良質のお湯が楽しめます。共同浴場には駐車場がないので、温泉街にある無料駐車場を利用するのがいいでしょう。

戦後になると、療養型の温泉として九州では別府温泉の次に有名となった湯平温泉。夜になると赤い提灯が湯平温泉街をほんのりと優しく照らしてくれます。

おすすめの共同浴場

湯平温泉の中で歴史ある金の湯

5つの共同浴場のうち、なかでもおすすめなのが最古の歴史をもつ金の湯と、かつては川のなかにあった銀の湯。金の湯は、湯平温泉のなかで最も古いといわれる温泉です。小さい温泉ながら、春には目の前にある桜の木が、訪れた人を和ませてくれます。

温泉の名前の由来は、むかし地下に鉱山脈があるに違いないといわれていたことから付けられたそうです。違いないということは残念ながらなかったということでしょうか。

住所|〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平576
営業時間|6:00~21:00
定休日|なし
電話|0977-86-2367
公式サイトはこちら

お湯の中に結晶が入っていたと言われる銀の湯

以前は川のなかにあったといわれる銀の湯は、銀粉のような白い結晶が湯のなかに混じっていたことからその名で呼ばれるようになりました。金の湯と銀の湯、両方湯めぐりしてその違いをしっかり感じましょう。

住所|〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平351-7
営業時間|6:00から21:00
定休日|なし
電話|0977-86-2367
公式サイトはこちら

湯平温泉のおすすめ旅館

大吉旅館

湯平温泉には良質な温泉が楽しめる旅館も充実しています。大吉旅館は長期滞在も可能で、観光はもちろんビジネスでも利用できる家庭的なおもてなしの旅館。天然温泉の効能は消化器病や神経痛で、川沿いには貸切風呂もあります。客室の和洋室は女性にも人気。由布院駅より車で10分ほどのところにあり、7台分の無料駐車場が備えられています。

住所|〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平347-3
営業時間|チェックイン15:00~20:00 チェックアウト10:30
定休日|なし
電話|0977-86-2414
公式サイト|なし

癒しの宿 鷹勝

癒しの宿 鷹勝は、人気の料亭として銀座や福岡市内に8店舗を構える鷹勝が運営するお宿です。江戸時代から続いた旅館を引き継ぎ、2013年にリニューアルされました。九州で獲れた旬の魚介を使った料理が魅力で、和室と和洋室を合わせて9室がある小さな旅館です。

住所|〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平791
営業時間|チェックイン15:30~18:00 チェックアウト10:00
定休日|なし
電話|0977-86-2828
公式サイトはこちら

寅さんを思い出す湯平駅

かつては、映画「男はつらいよ」シリーズのロケ地にもなった湯平温泉。30作目の「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の撮影はここで行われました。寅さん好きの人には見覚えがあるのではないでしょうか?湯平駅には、木造のレトロな待合所があり、なかには寅さんにまつわる展示と縁結びのベンチが保存されています。

住所|〒879-5111 大分県由布市湯布院町下湯平2189-12
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

山頭火ミュージアム

湯平温泉を愛した俳人 種田山頭火を記念してつくられた山頭火ミュージアムは、古い民家を改装して建てられました。種田山頭火は昭和5年にこの地を訪れ、名句を残しています。館内には、山頭火の作品とともに、文机や筆などゆかりの品も見ることができます。訪れた人たちも句を残すことができるので、旅の記念にいかがでしょうか。

住所|〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平343
営業時間|10:00から17:00 夏季10:00から18:00
定休日|なし
電話|0977-86-2367
公式サイトはこちら

隣接する温泉街の湯布院とは

九州の軽井沢といわれる湯布院は、風光明媚な避暑地として近年人気を集めている温泉街です。大分県のほぼ中央に位置し、源泉数は全国2位。大きなホテルがなく、由緒正しい旅館や隠れ家風の宿が多いため、しっぽりと温泉宿に訪れたい人には人気です。人気の高い宿も多いので、予約するときにはかなり前もってプランをたてましょう。

幻想的な朝霧がすばらしい金鱗湖

湯布院のシンボルである金鱗湖は、魚のうろこが光に反射して水面が金色に輝いて見えたことからその名が付けられました。水温が高いため、秋から冬にかけての早朝には朝霧が立ちのぼり、幻想的な美しい光景を見ることができます。湖の周りは歩道が整備されているため、景色を楽しみながら散策してみるのもおすすめですよ。新緑や紅葉、雪景色まで、四季を感じることができる金鱗湖はいつ訪れても新しい楽しみがあります。

住所|〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1561-1
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|097-582-1111
公式サイトはこちら

湯布院の景色と風を感じる観光馬車

約30年前からはじまった辻馬車は、ひづめの音が響きわたる観光馬車です。馬車に乗って湯布院の町を観光するもので、約40分から50分かけてゆっくりと湯布院を散策することができます。

入るのに勇気がいる下ん湯

金鱗湖のそばにある下ん湯は、風情ある茅葺き屋根が特徴の共同浴場です。内湯と露天風呂があり、露天風呂からは悠然と佇む金鱗湖を眺めることができます。混浴の共同浴場なので入るのにはちょっと勇気がいるかもしれません。

住所|〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1585
営業時間|10:00~22:00
定休日|なし
電話|0977-84-3111(内線213)
公式サイトはこちら

湯平温泉へのアクセス

電車での行き方

湯平駅から湯平温泉街までは4キロほどの距離です。駅から歩くと1時間ほどかかるので、あらかじめタクシーを予約しておいた方がいいでしょう。

車での行き方

大分道湯布院ICから車で20分ほどで到着します。JR久大本線湯平駅からは車で10分ほどで到着です。

住所|〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平356-1
営業時間|10:00~17:00
定休日|毎週水曜日
電話|0977-86-2367
公式サイトはこちら

まとめ

昭和の俳人 種田山頭火が愛したことでも知られる湯平温泉には山頭火のゆかりの品を見ることができるミュージアムもあります。ぜひ一度、癒しの温泉街・湯平温泉で心休まるひとときを過ごしてみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ