自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15

こんにちは!フリーランストラベラーの中村洋太です!これまで自転車で西ヨーロッパ一周の旅やアメリカ西海岸縦断の旅を敢行してきましたが、今回は2週間かけて台湾を一周(約1000km)してきました。台湾を一周することを「環島」(ホワンタオ)と呼びます。台湾では2000年以降、自転車での「環島」がブームになっており、学生から大人まで、多くの人がチャレンジしています。さて、台湾の観光地といえば台北や台南、高雄などがメジャーですが、今回は自転車で一周することで、その他の観光スポットも巡ることができました。そこで、個人的に良かった観光スポットBEST15を発表したいと思います!それでは参りましょう!

15位:台南を代表する古跡「赤嵌楼」

103761:15位:台南を代表する古跡「赤嵌楼」

撮影/中村 洋太

「台湾の京都」と呼ばれる台南には、史跡が多く、観光スポットがたくさんあります。
台南といえば南国フルーツを使ったかき氷やスイーツが有名なので、カフェ巡りを楽しみたい方も多いと思いますが、あまり時間がなくても、赤嵌楼(せきかんろう)は行っておきましょう。

赤嵌楼は1652年のオランダ統治時代に行政の重要な拠点として建設され、その後、明、清、日本と4つの統治時代を経ました。
日本統治時代には陸軍病院として利用されるなど、台南の歴史とともに様々な役割を果たしてきた建物です。

改築や取り壊しを経ていますが、レンガでできた城門と基台はオランダ統治時代のものだそう。
台南を代表する古跡で、1883年に国家一級古跡に指定されました。

赤嵌楼の住所・アクセスや営業時間など

名称 赤嵌楼
住所 台南市民族路212号
営業時間・開場時間 8:30~21:30
利用料金や入場料 大人50元 子供25元
参考サイト http://culture.tainan.gov.tw/historic/content/index.php?m2=185
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14位:数々の寺廟に囲まれた池「蓮池潭」

103758:14位:数々の寺廟に囲まれた池「蓮池潭」

撮影/中村 洋太

台湾南部に位置し、熱帯気候なので冬でも過ごしやすい高雄。
この台湾第2の都市の定番スポットといえば、蓮池潭(れんちたん)です。
全長1.4kmほどの湖で、周囲には中華風の塔や寺廟が建ち並びます。

103757:

撮影/中村 洋太

なかでも有名なのは、龍と虎が待ち構える龍虎塔。
トンネルになっている龍と虎の内部には、仏教説話の壁画が描かれています。
台湾の人は十二支の中で「龍が最も良い動物で、虎が最も悪い動物」と信じていて、虎の口から出たら善人になると言われています。

なので、この場所を訪れたら、必ず龍の口から入って虎の口から出るようにしましょう。
パワースポットが好きな方にはとくにおすすめのスポットです。

蓮池潭の住所・アクセスや営業時間など

名称 蓮池潭
住所 高雄市左営区蓮潭路
営業時間・開場時間 8:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sno=0003121&id=2149
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13位:大人気のリノベスポット「宮原眼科」

103739:13位:大人気のリノベスポット「宮原眼科」

撮影/中村 洋太

友人から「台中の宮原眼科がおすすめだよ」と言われたとき、「え、眼科?」と思いました。
しかし、実際に訪れてみて、想像していたような場所と全く異なりました。
宮原眼科は台中を代表する大人気のスイーツショップで、ここに来たくて台中を訪れる人もいるようです。

日本統治時代の1927年、宮原武熊さんという医師が台中駅前に「宮原眼科」を開院。
もともとは眼科でした。
しかし戦後、宮原医師は日本へ帰国し、建物がリノベーションされてスイーツショップへと変貌。
レトロな外観も大好きですが、内装が実に素敵で、写真を撮らずにはいられない場所です。

103738:

撮影/中村 洋太

名物のパイナップルケーキは、パッケージがとてもかわいらしく、お土産におすすめ。
そして並んででも絶対に味わってほしいのが、アイスクリーム。
チョコレート味だけで20種類近くありビックリしました。
一番人気だという80%のダークチョコレート味が濃厚でおいしかった!

宮原眼科の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮原眼科
住所 台中市中山路20号
営業時間・開場時間 10:00〜22:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.miyahara.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12位:1814年設立の名門校「鳳儀書院」

103742:12位:1814年設立の名門校「鳳儀書院」

撮影/中村 洋太

高雄の中心部から離れているため、ややマイナーな観光スポットなのですが、個人的にはとても楽しい場所でした。
鳳儀書院(ほうぎしょいん)は、清朝時代の1814年に建設された台湾最大規模の書院で、科挙の試験を受ける学生たちがここで勉強していました。
日本の統治時代は病院として利用されていたそうです。

書院というと普通は地味なところが多いのですが、ここでは様々なキャラクターが当時の様子をコミカルに表現しています。
一緒に写真を撮ることもできます!

103741:

撮影/中村 洋太

講堂の前面に置かれた人形は武科の練武風景を表しています。
科挙試験には文科のほか武科試験もあり、馬騎、歩射、技勇(弓を引く、刀の演舞、石を持ち上げる)の順で屋外での試験が行われました。

鳳儀書院の住所・アクセスや営業時間など

名称 鳳儀書院
住所 高雄市鳳山區鳳明街62號
営業時間・開場時間 10:30〜17:30(土日祝は18:30まで) 月曜休館
利用料金や入場料 一般66元
参考サイト http://fongyiacademy.khcc.gov.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11位:オランダ統治時代の中心地「安平古堡」

103760:11位:オランダ統治時代の中心地「安平古堡」

撮影/中村 洋太

1623年、台湾を統治していたオランダ人は、簡素なレンガの城を築きました。
これが安平古堡(あんぴんこほう)の原型です。
そして翌年、もともとの旧城の上に規模が広大な「ゼーランディア城」を新たに建設しました。
そこには行政の中心である「内城」と防衛用の「外城」が含まれています。
当時、この城はオランダ人の台湾全島の統治と対外貿易の総拠点でした。

103759:

撮影/中村 洋太

日本統治時代は、城壁は平らに削られ、赤レンガの平台と日本式の税関宿舎に改築され、オランダ時代の建築物はすべて破壊されました。
その後に日本が去ってから、「安平古堡」と改名し、記念館や、展望台が観光用に建てられました。
台南の歴史がわかる貴重な資料が収められています。
展望台からの眺めもオススメです。

安平古堡の住所・アクセスや営業時間など

名称 安平古堡
住所 台南市安平区国勝路82號
営業時間・開場時間 8:30〜17:30
利用料金や入場料 大人50元 子供25元
参考サイト http://culture.tainan.gov.tw/historic/form/index-1.php?m2=171&id=634
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10位:台湾最古のお寺「龍山寺」

103764:10位:台湾最古のお寺「龍山寺」

撮影/中村 洋太

龍山寺(りゅうざんじ)があるエリアは萬華地区と呼ばれ、仏具街や骨董街、市場などが集まる、台北市の中で最も古い街です。
年配の方が多いので、台湾の下町風情を感じられます。

1738年創建の龍山寺は、台湾で最も歴史ある寺院であると同時に、最も有名な寺院のひとつでもあります。
ご利益があるとされ、地元の人が篤く信仰しています。

総面積は1800坪で、本殿を中心に前殿、鐘楼、後殿、鼓楼が配置されています。
豪華なレリーフが施された建築物は必見です。
個人的には、日本の読み上げるお経とは異なる、音楽に合わせて唄うようなお経にとても感動しました!台湾式のおみくじもぜひ体験してみてください。

龍山寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 龍山寺
住所 台北市広州街211号
営業時間・開場時間 6:00〜22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.lungshan.org.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9位:アクセス抜群の温泉地「北投温泉」

103756:9位:アクセス抜群の温泉地「北投温泉」

撮影/中村 洋太

台湾は100カ所以上もの良質な温泉が湧き出る国で、各地に温泉があります。
台北付近で温泉に入りたければ、迷わず北投(ぺいとう)温泉へ行きましょう。
市内からMRT(地下鉄)に乗って約30分で着きます。

北投温泉は台湾四大名泉のひとつに数えられています。
1894年にドイツ商人が温泉を発見し、日本人によって開発されました。
台湾では水着必須の温泉が多いですが、ここは日本式の温泉なので男女分かれていて裸で入れます。

103755:

撮影/中村 洋太

北投には加賀屋など日本旅館もあるため、日本の温泉街へ来たような印象でした。
様々な日帰り温泉を楽しめますが、個人的には日本統治時代から残る公共温泉の「瀧乃湯」がおすすめです。
2017年4月に改装されたので施設は綺麗で、気持ちの良い湯を楽しめます。

北投温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 北投温泉
住所 台北市北投区112
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://btdo.gov.taipei/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8位:歴代中国王朝の至宝が集まる「故宮博物院」

103744:8位:歴代中国王朝の至宝が集まる「故宮博物院」

撮影/中村 洋太

世界四大博物館のひとつに数えられる台北の故宮(こきゅう)博物院には、中国の歴代皇帝が集めた70万点近くの美術品が収蔵されています。
作品は数ヶ月ごとに入れ替わるため、全ての作品を見て回るのにはなんと10年(!)を要するとか。

団体ツアーの観光客で非常に混み合うので、狙うべきは平日の朝。
人が殺到する前のオープン直後に行きましょう。
そして入館したら、まずは有名なお宝の集まる3階へ直行。
二大至宝である「翠玉白菜」と「肉形石」を先に見てしまいましょう。
以前日本で展示された際、上野で180分待ちの行列ができた目玉展示です。

美術ファンでなくとも、一度は訪ねてほしいところ。
ギフトショップは宝物をモチーフにしたグッズが充実していて、お土産探しに最適です!

故宮博物院の住所・アクセスや営業時間など

名称 故宮博物院
住所 台北市至善路二段221号
営業時間・開場時間 8:30〜18:30(金土は21:00まで)
利用料金や入場料 一般350元
参考サイト https://www.npm.gov.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7位:世界の美しい地下鉄駅「美麗島駅」

103749:7位:世界の美しい地下鉄駅「美麗島駅」

撮影/中村 洋太

2014年、ニュースサイトの「PolicyMic」が公表した「ニューヨーカーが夢見る世界で最も美しい地下鉄駅ランキング」において、高雄の美麗島駅が2位に選ばれました。

日本人建築家の高松伸氏が設計した出入り口から駅構内に降りていくと、赤と青の円柱、そして「光之穹頂」と名付けられた鮮やかな天井が広がっていました。
4500枚から成る、直径30メートルのステンドグラスは圧巻。
角度を変えてじっくりと眺めていました。

また、毎日11時・15時・20時の3回、光のショーが行われるそうなので、タイミングが合えばぜひ見てください!

美麗島駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 美麗島駅
住所 高雄市新興區中山一路115
営業時間・開場時間 5:00〜24:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.krtco.com.tw/train_info/service_1-O5R10.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6位:日本の皇室ゆかりの湯「四重渓温泉」

103748:6位:日本の皇室ゆかりの湯「四重渓温泉」

撮影/中村 洋太

9位に挙げた北投温泉とともに、台湾四大名泉のひとつに数えられる四重渓温泉。
台湾最南端に近い車城という街から、タクシーで5分ほどで着きます。
昭和5年に、高松宮宣仁親王が新婚旅行でこの地を訪れ、四重渓温泉に浸かったことで有名です。

日帰り入浴できる温泉はいくつかありますが、今回訪れたのは「四重渓牡丹風情温泉行館」。
ここは水着着用が必須なので、お忘れずに。
多くの人で賑わっている施設内には、ドクターフィッシュのいる浴槽もありました。
とても気持ちが良く、疲れを癒すには持ってこいの場所。
高松宮宣仁親王が実際に入ったのは「清泉日式温泉旅館」なので、時間があればこちらも入ってみてください!

四重渓温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 四重渓温泉
住所 屏東県車城郷温泉村温泉路251-68
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.themudan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5位:毎晩お祭りムードを楽しめる「士林夜市」

103737:5位:毎晩お祭りムードを楽しめる「士林夜市」

撮影/中村 洋太

台湾の夜にハズせないのが、夜市です。
日本ではお祭りやイベントのときにしか屋台は並びませんが、毎晩市内の至るところに市が立つのが、台湾のすごいところ。
台湾人はあまり料理をしないので、夕食も夜市で済ますのが一般的だそう。
多くの人で賑わい、熱気ムンムン!

そして、台北最大規模の夜市が士林(しりん)夜市!地元の人々はもちろん、世界各国からの観光客が詰めかけ、毎晩お祭りムードが楽しめます。
とにかくお店の数と人の数に驚きました。
愛玉(オーギョーチ)のドリンクを片手に、名物のフライドチキンや胡椒餅を食べてみてください!

103754:

撮影/中村 洋太

また、「士林市場」という建物の地下1階には、巨大なフードコートがあります。
歩き疲れたらここでビールとおつまみでも注文して、ゆっくりしましょう。
安くておいしい、最高の場所です!

士林夜市の住所・アクセスや営業時間など

名称 士林夜市
住所 台北市大東路 基河路
営業時間・開場時間 15:00〜24:00(店舗によって異なる)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://shi-lin-night-market.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4位:インスタ映えスポットNo.1の「彩虹眷村」

103762:4位:インスタ映えスポットNo.1の「彩虹眷村」

撮影/中村 洋太

台中の郊外に台湾屈指のインスタ映えスポットがあると聞いて、行ってきました!「彩虹眷村」という場所です。
直訳すれば「虹の村」という意味。
タクシーの運転手さんには「Rainbow Village」と言えば通じます。

もともとこの村は、台中の再開発区として、取り壊される運命にありました。
しかし2008年のある日、この村に住むおじいさんが、退屈しのぎに家の前のコンクリート壁にペンキで絵を描き始めると、それがたちまちSNSなどで評判になり、この場所が再開発計画から外されることになりました。

103763:

撮影/中村 洋太

隣の家、路地へとおじいさんの絵はどんどん広がっていき、今では地面も含めて村一帯が鮮やかにペンキで塗られています。
世界各地から観光客が訪れる場所になりました。

彩虹眷村の住所・アクセスや営業時間など

名称 彩虹眷村
住所 台中市春安路56巷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.1949rainbow.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3位:台湾郊外の絶景といえば「九份」

103753:3位:台湾郊外の絶景といえば「九份」

撮影/中村 洋太

『千と千尋の神隠し』の街のモデルになったことから人気に火がついた九份(きゅうふん)。
台北市内から1時間近くかかりますが、それでも十分に訪ねる価値のある場所です。

ノスタルジックな気持ちを誘う街並みは、夕方から訪ねるのがベスト。
街を赤く染める夕景からバトンタッチするように、赤い提灯に灯りがつき始めます。
どこか懐かしさを感じさせるその幻想的な光景には、胸に染み入るものがありました。

お店が並ぶ通りの散策も楽しいですし、時間を使ってゆっくりと訪ねていただきたい場所です。
九份名物のモチモチの芋団子を食べるのもお忘れなく!皆さんがお目当ての「あの景色」の場所は、「阿妹茶酒館」というお店です。
Google Mapsなどで探して行ってみてください!

九份の住所・アクセスや営業時間など

名称 九份
住所 新北市瑞芳区224
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://tour.ntpc.gov.tw/ja-jp/Attraction/Detail?wnd_id=115&id=111871
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2位:散策が楽しい近年注目の街「宜蘭」

103734:2位:散策が楽しい近年注目の街「宜蘭」

撮影/中村 洋太

台湾東海岸に位置する宜蘭(ぎらん)は、近年ガイドブックで紹介された影響もあり、注目のエリアになっています。
台湾からもバスや鉄道で、日帰りで訪れることができます。

宜蘭の魅力は、ちょうど良い大きさの街の中に、個性的なショップがたくさんあること。
徒歩圏内においしいお店がたくさんあるので、グルメな方にはとくに楽しい街です。

103735:

撮影/中村 洋太

たとえば、朝は散歩がてら人気店の「正好鮮肉小籠包」で小籠包を食べて、帰り道に搾りたてのグレープフルーツジュースを買ってホテルでひと休み。
午後は「王品豆花」でタピオカ入りの特製豆花を食べて、とほとんど食べてばかりですが、これが宜蘭での最高の過ごし方。
隣町の礁渓は温泉街なので、湯で疲れを癒して台北に戻るのもいいですね!

宜蘭の住所・アクセスや営業時間など

名称 宜蘭
住所 宜蘭県宜蘭市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://travel.yilan.tw/ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1位:赤レンガ造りの通りは圧巻!「三峡老街」

103729:1位:赤レンガ造りの通りは圧巻!「三峡老街」

撮影/中村 洋太

三峡は、清代末期から水運を利用した物資の集散地として栄えました。
日本統治時代に建てられた200メートルに及ぶ赤レンガの老街が三峡のシンボル。
自転車で立ち寄り、偶然この老街を目にしたときは、「台湾にこんな場所があったのか」と本当に驚きました。

台北から鉄道とバスで約45分と気軽に来られるので、多くの観光客で賑わっていました。
狭い通りですが活気があり、つまみ食いしながらブラブラ歩くのが楽しいところです。
地元の人が集う市場を眺めているのもおもしろい。

103730:

撮影/中村 洋太

おいしかったのが、名物の「金牛角(クロワッサン)」です。
街のいたるところで売っているので、探す心配はないでしょう。
日本のクロワッサンとは異なり、文字どおり牛の角の形をしています。
あん入りの抹茶味が気に入りました。
台北からちょっと足を伸ばしてみたいと思ったら、迷わず三峡へ行ってください。

三峡老街の住所・アクセスや営業時間など

名称 三峡老街
住所 新北市三峽区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sanchiaoyung.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

台湾は魅力があり過ぎて、何度でも訪ねたい国になりました!

103732:台湾は魅力があり過ぎて、何度でも訪ねたい国になりました!

撮影/中村 洋太

最後までお付き合いいただきありがとうございました!今回はベスト15のみのご紹介でしたが、台湾で一周するなかで、たくさんの魅力的な場所を知ることができました。
しかし、日月潭や阿里山、太魯閣など、今回は残念ながら足を運べなかった有名スポットもまだまだ存在します。

一度台湾を一周したくらいでは、台湾の全てを知ることはできません。
むしろそれがこの国の奥深さであり、おもしろいところだなと感じます。
皆さんもぜひ台湾を訪れて、自分なりのベストスポットを見つけてください!

※台湾一周の自転車旅に興味がある方は、こちらの記事も参考に!