めんたいパークで明太子工場見学と明太子グルメを楽しもう

公開日:2019/1/21 更新日:2019/5/13

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Kenji
埼玉県出身。国内では関東上信越、海外は英語圏によく訪れる。友人や家族と旅行することが多く、楽しく遊べるレジャースポットの紹介が得意。
めんたいパークは楽しくてとってもいがっぺよ

福岡博多の名物である明太子。プチプチした食感と、ピリリとした辛味が好きな方も多いのではないでしょうか。そんな明太子のテーマパークが今日本国内に少しずつ広がっています。今回は関東圏からアクセスの良い、茨城県にあるめんたいパークをご紹介します。

めんたいパークとは

愛知県常滑市、神戸市三田、大阪、伊豆函南、そして茨城県大洗市と全国5カ所にあるめんたいパーク。年間を通してたくさんの方が訪れるめんたいパークですが、その施設の特徴や魅力に迫ってみましょう。

明太子メーカーかねふくが運営

めんたいパークとは、博多の明太子メーカーかねふくが運営する明太子のテーマパークです。めんたいパークは愛知県常滑市、神戸市三田、大阪、伊豆函南、そして茨城県大洗市の5カ所にあります。今回は東京や横浜からアクセスの良い、関東で唯一となる茨城県大洗市のめんたいパークをご紹介します。めんたいパーク大洗は開館後非常に人気で、現在年間約100万人の方が訪れると言われています。

関東の人に美味しい明太子をという想いから

かねふくは博多にあり、福岡から関東に商品を発送するには時間がかかってしまうという問題を抱えていました。関東の方にも大人気の明太子をできたての状態でお客様に届けたいという熱い思いから、海沿いにある大洗に工場を建設したそうです。工場と直売店ができ、より美味しい明太子を届けられるようになったのは、美味しいものを届けたいという作り手の温かい気持ちがあったからこそでしょう。

工場見学で楽しみながら勉強しよう

明太子工場の見学を通して明太子について学んでみましょう。めんたいパークは、予約なし見学することができます。

明太子ができるまでの流れを勉強できる

めんたいパークは、予約なしでも明太子工場をガラス越しに見学することができるので、気軽に立ち寄ることができます。ガラス窓の上部には、作業内容がわかりやすく記載されているため、製造から包装までの過程を詳しく知ることができます。全国のめんたいパークのなかでも、大洗の工場は規模も大きいのが特徴で、従業員さんが丁寧に作業している様子も見ることができますよ。

お子さまには明太子に関するゲームも

お子様連れの方に是非立ち寄っていただきたいのが、明太子ギャラリー。大洗のめんたいパークには全長約100メートルのギャラリーがあり、明太子の原料であるスケトウダラや明太子の作り方、歴史などが展示されています。また、神経衰弱やジグソーパズルなど、6種類のゲームを楽しめるコーナーがあるので、遊びながら明太子について学ぶことが可能です。

パーク内で食べれるおすすめグルメ

せっかく明太子について学んだら実際に味わってみたいですよね。パーク内で食べられるグルメも明太子にちなんだものでいっぱい。おにぎりやソフトクリームのような手軽に食べることのできるグルメもあるので、ぜひ食べてみてください。

大人気で種類も豊富なおにぎり

明太子を手軽に味わえるコーナーがあります。様々なメニューが用意されていますが、中でもオススメはおにぎり。おにぎりは明太子、明太子&紅鮭ミックス、紅鮭、焼きたらこの4種類が用意されています。迷った方には明太子&紅鮭ミックスがオススメ。明太子が美味しいのは言うまでもありませんが、鮭もお米も非常に美味しいのでぜひお試しください。

めんたいパークならではのソフトクリーム

めんたいパークにはもちろんデザートも用意されています。オススメデザートは、めんたいソフトクリーム。ソフトクリームに明太子を混ぜた、他では食べられない明太子のテーマパークならではの商品です。気になるお味ですが明太子の塩味が効いてさっぱりしており、意外にも合うそう。他にもめんたい肉まんなど様々な商品ラインナップなので、小腹が空いた方にもオススメですよ。

大人気のお土産

めんたいパークに来たついでにお土産も買って帰りませんか。試食コーナーがあるので、実際に味わってみた上で商品を選ぶことも出来るので安心して購入できます。



まず買うべきは明太子

何かお土産を購入したい、そんな方にはまずは何と言っても明太子がオススメです。見学ができる施設内の工場で作られた新鮮な明太子が並んでいるため、鮮度抜群の美味しさが楽しめます。できたての状態で販売しているので、プチプチとした食感がより楽しめること間違いありません。また商品は試食ができますので、実際に味を見てどの商品を購入するか決めてみてください。

様々な種類がある明太子加工食品

明太子だけではなく、明太せんべいや明太マヨネーズ、いか明太子しゅうまいなど、明太子を使った加工食品がたくさん用意されています。中でも珍しい明太子もつ鍋は人気の商品で、ご家族へのお土産にもぴったり。レジには保冷バッグや保冷剤の用意もあるため、遠方への持ち運びにもしっかりと対応してくれます。

キャラクターももちろん明太子

めんたいパークにはオリジナルキャラクター タラピヨやタラコン博士のグッズも様々用意されています。ぬいぐるみやストラップ、シールなどが販売されており、ついつい手にとってしまうでしょう。また入り口には記念撮影ができるスポットもありますので、SNS用に記念写真を撮るのもオススメですよ。

周辺のおすすめスポット

周辺には他にもおすすめの観光スポットがあります。めんたいパークの帰りによってみましょう。

アクアワールド茨城県大洗水族館

めんたいパーク大洗と併せて訪れたいのが、アクアワールド茨城県大洗水族館です。こちらは日本でもトップクラスの大きな水族館で、多くの観光客が訪れている人気の施設です。サメの種類は日本一を誇り、人気のイルカやアシカショーなど魅力たっぷりの施設に足を運んでみてはいかがでしょうか。またキッズコーナーも併設されていいて、遊具で遊ぶことができるので、小さなお子さんと一緒でも楽しむことができますよ。

水族館のショーでは、ダイナミックなイルカやアシカのショーを見ることができ、そのレベルの高さに感動すること間違いありません。中でもオススメはオキゴンドウイルカのハイジャンプ。ショーのスケジュールを事前にチェックして、訪れるとより楽しむことができますよ。また太平洋がバックで見えるロケーションのため、他の水族館とは一味違った景色も魅力的です。

Address 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
Hours 9:00-17:00
Closed なし
Tel 029-267-5151
Web http://www.aquaworld-oarai.com/

大洗磯前神社

大洗磯前神社は日の出と海をバックにした鳥居の写真を撮ることができるのが有名な神社です。一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居、そして海に面している神磯の鳥居がありますので、訪れた際は全て回ってみましょう。大洗磯前神社の敷地内には、大洗海洋博物館もありますので、海洋生物や水産業に興味がある方は併せて訪れるのもオススメです。

Address 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
Hours なし
Closed なし
Tel 029-267-2637
Web http://oarai-isosakijinja.or.jp/

めんたいパークへのアクセス

めんたいパークへのアクセスは、主に車や電車となります。車で行きたいという方だと駐車場があるかどうかも気になるところ。電車でのアクセス方法と併せてお伝えします。

車での行き方

めんたいパークは、北関東自動車道の水戸・大洗ICから10分ほどの場所にあります。建物の上に目印となる、大きな真っ赤な明太子のオリジナルキャラクタータラピヨがあるため、そちらを目指して向かってください。大きな駐車場が併設されているので、車でのアクセスも非常に便利です。



電車での行き方

公共交通機関でいきたい方は最寄駅である鹿島臨海鉄道大洗駅にて下車し、徒歩で20分ほど、タクシーでは10分弱で到着します。東京都内からはJR常磐線の特急(約60〜75分)で水戸駅まで行き、水戸駅から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗り換え、大洗駅(約15分)に向かいます。車同様、めんたいパークのオリジナルキャラクタータラピヨを目印に、駅から向かってみましょう。

Address 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
Hours 9:00-18:00
Closed なし
Tel 029-219-4101
Web https://mentai-park.com/park/ooarai/

まとめ

めんたいパーク大洗は明太子の工場見学はもちろん、明太子グルメやお土産なども色々と用意されている、大満足のテーマパークです。色々と楽しめること盛り沢山のめんたいパーク大洗ですが、事前予約が不要なのも嬉しいところ。大人も子供も楽しめるテーマパークですので、是非ご家族や恋人、友人と一緒に是非行ってみてはいかがでしょうか。