アムステルダム国立美術館にはオランダが誇る名作が勢揃い

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

レンブラントにフェルメール、名画ぞろいの美術館

アムステルダム国立美術館のコレクションはどれも名品ばかり。レンブラントやフェルメール、ゴッホなど日本人にも馴染みのある画家たちの作品もたくさん収蔵されています。門外不出でのレンブラントの夜警もここアムステルダム国立美術館でなら堪能できます。ほかにも美しい図書館やデルフト陶器など、絵画以外にも魅力的なものも。芸術にどっぷりと浸る1日なんていうのも贅沢ですね。

オランダ絵画を中心に5000点

アムステルダム国立美術館は、絵画ファンだけでなくオランダを訪れた人にはぜひ訪れて欲しいスポットです。

オランダ画家を中心としたコレクションは、なんと5000点を越えます。年代としては中世から現代まで幅広く、17世紀のオランダ絵画が特に充実しています。

また、カイパー図書館などの建物や美しい内装で知られる名誉の間にも注目してください。

アムステルダムはミュージアム天国

アムステルダムには博物館や美術館など60以上のミュージアムが点在し、ミュージアム密度が世界一を誇る町です。

たくさんあるミュージアムの中でも、観光客に一番人気があるのがこのアムステルダム国立美術館なのです。

これはアムステルダム国立美術館の目の前にあるI amsterdamのフォトスポットです。このフォトスポットによってアムステルダム国立美術館はさらに有名になりました。

とても人気のあるフォトスポットなので、昼間はここで記念写真を撮る人がたくさんいます。

アムステルダム国立美術館の見どころ

美術の教科書やテレビ番組などでも名前を耳にする名画と呼ばれるものたちが、アムステルダム国立美術館にはそろっています。本や画面の向こうではなく、直に見ることができるのです。

何といっても夜警と牛乳を注ぐ女

アムステルダム国立美術館の至宝のひとつといえば、レンブラントの夜警ですね。示されているのは2階にある名誉の間の一番奥。

この夜警は、どのようなところから要請があっても貸し出しは絶対にしないと言われているほどの門外不出の作品です。

https://www.instagram.com/p/Bn6FKiBg96a/

本物の夜警はこのアムステルダム美術館でないと見られません。夜警の前にはたくさんの人だかりができるので、オープン直後に名誉の間へ行くのがゆっくり観賞するにはおすすめ。

夜警への順路は美術館の案内表示に分かりやすく示されているので、迷わずにたどり着けます。

https://www.instagram.com/p/BsdRj83F0za/

ほかにももっとレンブラントの作品を見たいという方にはこちらの別室へ。

エルサレムの滅亡を嘆くエレミヤ、マリア・トリップの肖像、トビトとアンナ、自画像などレンブラントの作品が多数収められています。晩年に描かれた聖パウロに扮した自画像と見比べることもできます。

View this post on Instagram

Rijksmuseum アムステルダム国立美術館へ ・ サッカー選手か絵描きさんになりたいと言い出した長男と。 やっぱり実際に見るとパワーが違う。フェルメールは牛乳の中にも光と陰があって、そしてとても小さい。レンブラントの夜警はかなり大きくて迫力がすごい。 ・ 次男より我慢し、次男より怒られることも多い長男。 お母さんと2人で旅行に行きたいという希望を叶えさせてあげれてよかった◯ アムスまで運転するのは初めてだったし、オランダ語もほぼわからないし、英語もたいして…だけど、好奇心と度胸と大胆さは持ち合わせてるわたし☺︎ ・ #amsterdam #netherlands #museum #rijksmuseum #vermeer #rembrandt #アムステルダム国立美術館 #フェルメール #レンブラント #旅行 #海外生活 #デート #旅 #trip #travel #art #ブリュッセルから車で2時間 #長男はレンブラントの方が好きみたい #長男の心にはどう刻ませるのかな #人生一度きり #春休みはわたしもインプットの時期 #水の都ばかりいってる

A post shared by sunao knitting (@shiotasunao) on

オランダを代表する画家のひとりであるフェルメールは、日本でも人気の高い画家です。そのフェルメールの代表作、牛乳を注ぐ女は2階の名誉の間に展示されています。

日本でフェルメール展が開催されたときにもこの作品が貸し出されたので、目にしたことがあるという方も多いでしょう。

https://www.instagram.com/p/BrAdPpZH3fl/

こちらの写真は青衣の女(手紙を読む女)です。フェルメールは寡作の画家で、現存するフェルメールの絵画は世界にたった30数点しかありません。

アムステルダム国立美術館のコレクションには、さきほど紹介した牛乳を注ぐ女のほかにこの青衣の女と恋文、デルフトの小路が収蔵されています。

フェルメールは風景画を2枚しか残しておらず、こちらのデルフトの小路はその貴重な風景画のひとつです。

デルフトはオランダにある町で、フェルメールの故郷でもあります。この故郷の風景画にもフェルメールの特徴的な色使いが表れているのが見てとれます。

ゴッホもオランダを代表する画家のひとりです。こちらのファン・ゴッホの自画像という作品は、1887年にゴッホがパリで暮らしていたときに描かれました。

当時はありえないと言われたほどの、荒々しいタッチにも注目してください。

https://www.instagram.com/p/BmmAJSvFWNq/

名画ばかりが注目されがちですが、実は陶器の名品も多数展示されています。オランダにはデルフト陶器という有名な陶器があるのです。

この写真のように陶器の楽器やかなり大きな作品もあり、こちらも絵画に劣らず見ごたえ十分です。

風格のある建物にも注目

アムステルダム国立美術館が今の姿になったのは意外にも最近の2013年。もともとは複雑化していた館内を変えるために行われました。

2013年に改修を終えた国立美術館

アムステルダム国立美術館はファサードが古城のような外観をしていますが、どこかのお城だったわけではなく、はじめから美術館として建てられました。

1855年に開館して以来、拡張や増築が繰り返されていましたが2000年にオランダ政府は美術館の全面改修を決定しました。

設計はスペイン人建築家のクルスオルティス、内装はルーヴル美術館も手がけたフランス人内装家のジャン=ミッシェル・ウィルモットが改修を担当しました。

再オープンは2008年の予定でしたが、完成が何度も延期になり2013年4月についに一般公開がはじまりました。

https://www.instagram.com/p/BkCkRLQgDJs/

館内にあるカイパース図書館は、世界一美しい図書館にエントリーされたことがあるほど見事な図書館で、オランダ最大の美術史の蔵書を誇っています。

残念ながら一般の立ち入りはて来ませんが、階上から覗くことはできるので、こちらもぜひ立ち寄ってください。

チケットの予約方法とガイド

アムステルダム国立美術館のチケットは、公式HPから予約することができます。チケットには日付指定がありません。有効期間は購入後1年間となります。

午前中の9~11時と、午後の14時以降は比較的空いているので、ゆっくり観賞したい方はこの時間帯がおすすめ。

美術館の無料のアプリがあり、マルチメディアガイドの代わりをつとめてくれます。日本語にも対応しているので安心です。45分ツアーや見どころ90分ツアーもあるので、こちらも利用してみてください。なお、館内の撮影は自由です。

アムステルダム国立美術館へのアクセス

トラム・バスでのアクセス

中央駅からはトラム2番または、5番線に乗りRijksmuseum駅にて下車します。Zuid駅 からはトラム5番で同じくRijksmuseumにて下車。Sloterdijk駅 からはトラム12番でConcertgebouwで下車します。スキポール空港からは397番バスに乗車し、Rijksmuseumで下車してください。

住所| Museumstraat 1 1071 Amsterdam
営業時間|9:00-17:00
定休日|なし
電話| 31 (0) 20 6621 440
公式サイトはこちら

まとめ

アムステルダム国立美術館は、オランダを訪れら外せない世界屈指の美術館です。コレクションは中世から現代まで幅広く、17世紀のオランダ絵画が特に充実しています。フェルメールの牛乳を注ぐ女やレンブラントの夜警などが代表的な作品です。