熱海秘宝館はちょっぴりエッチな体験ができる珍スポット。R18指定

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

熱海に来たらちょっぴりエッチな大人の世界を楽しむのもありだら~

人気の観光地、熱海にある秘宝館へ行ったことはありますか。熱海秘宝館は、ちょっとエッチで笑える大人の観光スポットで、ユーモアに富んだ展示や面白いアトラクションが満載なので、カップルや女性グループでも楽しむことができる観光地なんです。今回はそんな熱海秘宝館の見どころをご紹介いたします。

少しエッチな世界の大人のテーマパーク

熱海秘宝館は少しエッチな世界がテーマの観光地で、熱海ではユーモアスポットとして有名です。機械じかけの蝋人形や、さまざまなトリックが楽しめる幻想の部屋、現代に蘇る珍説「浦島太郎」や「一寸法師」などの展示を楽しむことができます。現代のハイテクと昔ながらのローテクを駆使した、少しエッチで笑えるアトラクションは、男女ともに楽しむことができます。

館内は3Fに分かれており見ごたえ抜群。日本を代表する天才絵師たちが描いた数々の春画も見ることができます。少しエッチな内容のため、館内での写真や動画の撮影も禁止されていて、18才未満の方は入館することができません。施設へは車かアタミロープウェイで行くことができ、公式ホームページに割引チケットがあるので、事前に印刷して持参することをおすすめします。

オリエント工業のラブドール

テレビでの一時期よく取り上げられたオリエント工業のラブドールも展示されています。精巧にできた顔や質感はあまりにリアルで、日本の風俗産業技術の進歩を感じずにはいられません。とても可愛らしい人形ですが、露出の高い服と無防備な表情が想像力を掻き立たさせます。

目を凝らすと壁アートにもエロス

ぱっと見は普通の模様かと思いきや、ふとした壁紙の模様にまでヌードが隠されています。間違い探しのようで見つけた瞬間には少し驚きがあります。こうなってくるとエロスというよりも芸術作品の域ですね。

この浮世絵は驚くこと間違いなし

江戸時代、盛んに描かれた風俗画である春画もここで見ることができます。かの有名な葛飾北斎をはじめ、歌川国芳、喜多川歌麿などの絵師たちもこぞって春画を描いていました。春画はユーモアでもあり、笑い絵とも呼ばれていたそうです。性風俗も大切な文化の一つ。昔の人がどういうことに興味を持っていたのかを考えると、人間どの時代でも変わらないんだなと妙に感心してしまいますね。

あの映画の名シーンを間近で見ることができる

マリリン・モンローの白いスカートが浮き上がるあの名シーンも間近で楽しむことができちゃいます。風に吹き上げられる瞬間を今か今かと待ちわびてしまうアトラクションです。ちなみにこのシーンは「7年目の浮気」というマリリン・モンロー主演の映画の劇中に出てくるシーンで、今やマリリン・モンローの代名詞とまでなりました。

これだけあると笑いが込み上げるオブジェ

真っ赤な壁に真っ赤な照明の空間には、これでもかというくらい堂々と裸体のパーツのオブジェがデコレーションされています。もはや現代アートのようなスタイリッシュな空間で、映画のセットに出てきそうなデザインです。こういう妖しいデコレーションやライトアップならクラブやダイニングバーなどでもありそうですよね。

こんなおもちゃがあると新たに発見

昭和の時代に流行ったゼンマイ式のセックス人形は、小刻みにカクカクとするファニーな動きに、思わず笑いが止まらなくなります。ここまでくると、エロさを通り越して完全にユーモアの世界にまで昇華されますね。

ちょっとエッチなお土産

盛り上がる事間違いなしの48手トランプ

48手を紹介したトランプは、もらった人も楽しめるお土産です。自分用に購入して、トランプ遊びをする時、ふいに出してみるのも盛り上がるかもしれません。出された方はびっくりするかもしれませんが。なお、会社の社員旅行でこれを使うとセクハラだと怒られるかもしれないので、使う場所と相手は気をつけましょう。

行ったからには購入したいち○ち○飴

普通のお店ではきっと売られていないようなモチーフの飴もここでなら堂々と買うことができます。秘宝館のお土産の定番として多くの人が買っていく人気の一品です。だからといって、女性に舐めるよう強要するのはダメですよ。完全にアウトになりますからね。

行った帰りに寄りたい有名スポット

街を見下ろす熱海城

地上43メートル、海抜160メートルの天守閣展望台からは360度パノラマの眺望が望めます。熱海市街の一望はもちろん、湯河原、新鶴半島、初島や大島、その先にある伊豆半島を眺めることができ、開放感溢れる潮風を感じることができます。

海抜120メートルのエリアでは、絶景とともにジェット足湯を楽しむことができるのでおすすめですよ。そのほかにも無料マッサージチェアーがあるので、歩き疲れた旅の疲れを癒すのにもぴったり。カップル、友人、家族などで楽しめる場所で、お土産ショップや飲食店も併設されています。

住所|〒413-0033 静岡県熱海市熱海1993
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0557-81-6206
公式サイトはこちら

熱海サンビーチ

海岸沿いに立ち並ぶホテル群やヤシの並木通りなど、南国リゾートのような雰囲気がある熱海サンビーチ。夏場は海水浴客で賑わうビーチで、波も穏やかなので小さなお子さんでも楽しむことができます。夏場には浮島があって、そこから飛び込んで遊ぶのも楽しいです。海は綺麗で透明度も高く、浅瀬でも小魚を鑑賞することができます。近くにはファミレスやコンビニがあるので、飲食するにも便利。ビーチ隣にある交番の後ろに駐車場があります。

住所|〒413-0012 静岡県熱海市東海岸町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0557-86-6218
公式サイト|なし

アカオハーブ&ローズガーデン

個性あふれる12のガーデンからなるバラ園で、ここでしか見ることができないバラに出会えます。バラ以外にもたくさんの花が咲き乱れ、春には桜と菜の花の両方を同時に楽しむことができます。園内にはハイジに出てきそうなブランコがあり、海と空と花が見える最高のロケーションを楽しむことも。お土産屋さんやレストランも充実しており、バラの雑貨やスイーツを楽しむことができます。無料駐車場には120台が駐車可能です。

住所|〒413-8555 静岡県熱海市熱海1993-250
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|不定休
電話|0557-82-1221
公式サイトはこちら

来宮神社

熱海随一のパワースポットである来宮神社も忘れてはいけません。来福、縁起の神として古くからこの地で信仰され続けています。国の天然記念物に指定された樹齢2000年もの大楠の木は圧倒される迫力。境内にはカフェや休憩処があります。外国人観光客から年配の方までさまざまな年齢層の方が多く混み合っているので、午後過ぎに行くとゆっくり見ることができておすすめです。

住所|〒413-0034 静岡県熱海市西山町43-1
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0557-82-2241
公式サイトはこちら

MOA美術館

昭和57年にできたMOA美術館は、世界で活躍する現代美術作家 杉本博司氏と建築家 榊田倫之氏が主宰する新素材研究所が設計を手掛けた美術館です。国宝の尾形光琳筆「紅白梅図屏風」、野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」、手鑑「翰墨城」の3点をはじめ、日本や中国を中心に絵画や彫刻など3000点あまりの美術品を鑑賞することができます。

展示品以外にも建築の設計についても楽しむことができ、春には桜やツツジ、初夏には新緑、秋には紅葉といった四季折々の庭園も楽しむことができます。無料駐車場には200台が駐車可能です。

住所|〒413-0006 静岡県熱海市桃山町26-2
営業時間|AM9:30-PM6:30
定休日|毎週木曜日
電話|0557-84-2511
公式サイトはこちら

熱海秘宝館へのアクセス

車での行き方

沼津ICで降りて伊豆縦貫自動車道へ乗り函南で降ります。その後、国道141号線に乗り換え、その後国道11号線へ乗り、信号(笹尻)を右折し、熱海街道へ乗るとそのまま坂道を降り、信号(梅園前)を右方向へ進み、その道路を真っ直ぐ進むと到着です。

電車・バスでの行き方

最寄駅はJR熱海駅です。熱海駅からタクシーなら10分ほどで、バスならバスターミナル7番の後楽園行きに乗って、終点で下車後すぐです。

住所|〒413-0023 静岡県熱海市和田浜南町8-15
営業時間|AM9:30-PM5:30
定休日|なし
電話|0557-83-5572
公式サイトはこちら

まとめ

エロと笑いが溢れる熱海秘宝館。ちょっと笑えるところがみんなから愛されている観光スポットなのかもしれません。周辺にはビーチや神社、熱海城、ローズガーデンなど、観光地ならではの素敵なスポットがたくさんあるので、併せて立ち寄ってみるのがおすすめです。