自然に囲まれた日吉大社は厄除けの権威。可愛い神猿に会いに行こう

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

えぇ日にいっぺん行ってみてー

滋賀県にある猿で有名な厄除けの神社を知っていますか。日吉大社は日枝神社の総本宮で、広々とした境内と国宝の本殿が魅力的なパワースポット。日吉大社の場所は鬼門である京の北東に位置することから、災難除けなどの厄除けの役割を担っています。厄除けお守りなどが人気で、厄除け祈願に参拝する方も多い日吉大社。昔から猿との縁があり、境内では神様の使いとされる神猿をたくさん見かけることができます。

日吉大社についてご紹介

比叡山の麓にある自然豊かな日吉大社は、厄除け祈願で有名な神社です。全国有数のパワースポットで、訪れるなら厳かな早朝の参拝がおすすめ。境内では神様の使いとされる神猿をたくさん見かけることができるのでぜひチェックしてみてください。

比叡山の麓にある自然に包まれた大社

広大な森のなかにある日吉大社は、日枝神社の総本宮です。境内は広く、国宝である本殿をはじめ、数多くの社があり見どころがたくさん。静かで厳かな雰囲気の神社には、全国からパワースポット巡りで訪れる人も多いです。早朝の参拝は人も少なく清々しい雰囲気を感じることができるのでとくにおすすめ。

厄除け祈願としても有名

日吉大社は鬼門である京の北東に位置することから、災難などの厄除けを担っています。厄除け効果のあるお守りなどもあり、厄除け祈願に参拝する方が多いです。また全国でも珍しい、拝観料がかかる社としても知られています。

日吉大社には猿がたくさん

日吉大社は昔から猿との縁があり、境内では神様の使いとされる神猿(まさる)をたくさん見かけます。まさるには、魔が去るという縁起の良い意味もあるのだそう。十二支にも選ばれている猿は、さる年に参拝するととくに縁起が良いといわれています。そのほか、お守りや絵馬など至るところに猿のモチーフがあるのでぜひチェックしてみてください。

いざ日吉大社へ参拝しよう

日吉神社には日吉三橋と呼ばれる重要指定文化財の橋があり、川のせせらぎを聞きながら参道を進んでいきます。国宝である西本宮の西本宮楼門には4匹の猿が屋根の柱を支えている姿が。離れたところにある東本殿もたいへん貴重な国宝なので、両方とも参拝するのがおすすめ。

大宮川のせせらぎが聞こえてくる

表参道からなかに入ると大宮川が流れており、清らかな川のせせらぎを聞きながら参道を進みます。ここから渡るのはメインの橋である大宮橋。日吉神社には3つの橋があり、日吉三橋と呼ばれ重要指定文化財に指定されています。この先を進むと、だんだんと緑が生い茂る自然豊かな景色が広がっていきます。

山王鳥居が見えてくる

参道を進むと見えてくるのは、上部が三角になっている珍しい形をした鳥居。この鳥居の形状は山王鳥居と呼ばれ、神仏習合の信仰であることを示しています。この鳥居をくぐると、さらに神聖な雰囲気が増してきて背筋が伸びます。鳥居の近くには駐車場があり、ここから参拝する人も多いです。

西本宮楼門の朱色が美しい

ダイナミックで精巧な造りが美しい楼門は圧巻。西本宮本殿の正門にあたる西本宮楼門、楼門のなかには国宝である西本宮の本殿があります。西本宮楼門の屋根の裏をよく見てみると、4匹の猿が屋根の柱を支えているのでぜひ確認してみてください。

国宝の西本宮本殿へ

西本宮本殿をくぐると一気に厳かな空気が高まります。国宝に指定されている本殿は、織田信長による焼き討ちにあったため1595年に再建されたもの。平安時代以来の建築様式を今に伝える日吉造で建てられた社は、一見の価値ありです。

東本宮本殿にも足を運んでみよう

東本宮本殿も国宝に指定されており、西本宮本殿とは若干異なる造りをしています。西本殿エリアから東本殿エリアまでは距離があるのですが、散策がてらぜひ両方とも訪れてみてください。時間に余裕をもって、早めの入山時間を心がけましょう。

日吉神社の授与所へ行こう

可愛い猿のおみくじ

日吉神社で人気の神猿みくじは、西本宮楼門を進んですぐの授与所にあります。茶色と金色の猿がたくさん並んでいて、そのなかから自分の好きな猿を選び、お尻から出ている赤いひもを引っ張るとおみくじが出てきます。この猿は家の鬼門や玄関へ置くと厄除けの効果があるといわれ、金色の猿には金運の効果も。お守りなども授与所にて購入することができます。

御朱印は二種類ある

https://www.instagram.com/p/BrrUoBShfGx/

日吉大社では西本宮と東本宮のそれぞれで御朱印がいただけるようになっています。せっかく訪れたなら、二種類とも御朱印をいただきましょう。毎年、年末年始になると御朱印を求めて長蛇の列ができることもあるのでご注意ください。

日吉神社が混雑する時期とは

湖国三大祭の山王祭

https://www.instagram.com/p/BRRggF9g1sl/

毎年3月からおよそ1ヶ月にわたって行われる山王祭は、なかでも4月中旬にメインイベントが行われます。1300年もの歴史があるこのお祭りは、大津市の春の風物詩となっており、全国から多くの人で賑わいます。威勢良く神輿が担ぎ出される様子は迫力満点。奥宮まで登って行けばその様子を間近で見ることもできます。この時期は美しい桜も必見。

初詣には多くの人が訪れる

https://www.instagram.com/p/BsRslj6B6xJ/

滋賀県の日吉大社は人気の初詣スポットとして、年末の初詣特集には必ず載っているほどメジャーな神社。新しい一年を迎えるために、厄除け祈願や家内安全、車の交通安全などを祈願しに行ってみましょう。元日の早朝には本殿の扉を開け、神様に年始のご挨拶を行う神事が行われます。

人気の紅葉スポットでもある

日吉大社の境内には約3万本ものモミジがあり、紅葉の時期には観光を兼ねて多くの人がこの美しい紅葉を一目見ようと訪れます。燃えるような赤いモミジが辺り一面に広がり、美しいモミジの絨毯を見ることができます。なかでも参道の両側に並んでいる景色は絶景。駐車場に入るだけでも混雑するので、この時期はなるべく公共交通機関を使っていくことをおすすめします。

日吉大社へのアクセス

車での行き方

名神高速道路の京都東ICより20分ほどで到着します。境内には50台収容の無料駐車場があります。ただし、混雑時には近くにある観光駐車場に案内されることもあります。

電車・バスでの行き方

JR湖西線比叡山坂本駅から徒歩20分ほど、もしくは京阪石山坂本線坂本駅から徒歩10分ほどで到着です。

住所|〒520-0013 滋賀県大津市坂本5-1-1
営業時間|AM9:00-PM16:30
定休日|年中無休
電話|077-578-0009
公式サイトはこちら

まとめ

https://www.instagram.com/p/BsIkLZmnCDk/?utm_source=ig_embed

全国的に名が知られている日吉大社。厄除けのためにお参りするのもよし、初詣や紅葉を見に訪れるのもおすすめです。