因島はしまなみ街道が通る瀬戸内の島。村上水軍の軌跡をたどろう

トラベルパートナー: MIYA

出身は山口県で得意なエリアは関西と中国地方、沖縄。その土地ならではの絶景や、町並みを写真に収めるのが好きです。その地に根差した食べ物とお酒を嗜むのも旅の醍醐味と思っています。あとダイビングが好きなので暖かい地域、海辺のスポットが得意です。一人旅・ドライブも好きだけど、最近はもっぱら子連れ家族旅が多いです。

因島発祥のはっさく大福はやめつきになる美味しさじゃけ~!

広島県尾道市にある因島は、瀬戸内の温暖な気候のもと、素晴らしい景色を眺めながら様々なアクティビティが楽しめる人気スポットです。かつて村上水軍が活躍した歴史を持つこの島は、おなじみの果物のふるさとでもあることを、ご存知でしたか。

因島はしまなみ街道が通る瀬戸内の島

瀬戸内海に浮かぶ因島(いんのしま)は、しまなみ海道の中で尾道側から数えて2番目にある島です。島の名の由来はいくつか伝承として残っており、尾道側から見ると向島や岩子島・佐木島・細島によって隠されているため隠(いん)の島と呼ばれた後に因島に変化した、後白河院の荘園だったことから院の島と呼ばれた後に因島に変化した、など諸説あります。

瀬戸内らしい温暖な気候に恵まれた島は、豊かな自然と多島美の景観に囲まれ、ゆったりとした時間が流れています。

白滝山と五百羅漢は因島随一の絶景スポット

石仏群と多島美パノラマの絶景

因島の北部にある標高226mの白滝山。その山頂には約700体の石仏が並び立ち、展望台からは360度大パノラマで瀬戸内の風景を望むことができます。

1569年、村上水軍6代当主 村上新蔵人吉充が見張り場として白滝山山頂に観音堂を建立。その後、時は流れ1830年に豪商 柏原伝六が一観教を開き、五百羅漢の石像群を造り上げました。その眺望の美しさのあまり、歌人・吉井勇は「白滝の山に登れば眼路広し 島あれば海 海あれば島」と詠んだ歌を残しています。

白滝山の山頂付近には無料の駐車場があるので、そこに車を停めてから徒歩で山頂へと向かうルートになります。所要時間の目安は約10分ほど。急な階段が続いているため、運動靴など歩きやすいシューズで登るのがおすすめです。

住所| 広島県尾道市因島重井町
営業時間|24時間
定休日|無休
電話|0845-25-0016
公式サイトはこちら

因島水軍城で日本最大の海賊、村上水軍の軌跡を辿る

村上水軍の歴史が分かるお城型資料館

南北朝時代から戦国時代にかけて、因島を拠点として活躍していた海賊、村上水軍。海賊と聞くと一般には、金品を略奪するなど荒々しいイメージを思い浮かべるかもしれませんが、村上水軍は航海の安全を守り、瀬戸内海の交易や流通の秩序を支える海上警護を生業としていました。現在、村上水軍に関する文化財群は日本遺産に認定されており、因島にも多くの文化財が登録されています。

因島水軍城は、甲冑や刀剣のほか、戦術を記した巻物や遺品など、村上水軍に関する歴史資料が展示された城型の資料館です。内部は二の丸、隅櫓(すみやぐら)、本丸と3つの建物に分かれており、二の丸は武者人形による戦法会議模様の展示、隅櫓は因島水軍まつりの写真展示、本丸は水軍資料館として、それぞれ公開されています(本丸の資料館のみ入館料が必要です)。

アクセスは、本州方面からはしまなみ海道・因島北ICより車で約5分、四国方面からは因島南ICより車で約10分です(無料駐車場あり)。

住所| 広島県尾道市因島中庄町3228-2
営業時間|9:30~17:00
定休日|毎週木曜日(祝日除く)、12月29日~翌年1月1日まで
電話|0845-24-0936
公式サイトはこちら

瀬戸内の海の生き物たちと触れ合える水族館

福山大学マリンバイオセンターで瀬戸内の海中世界へ

福山大学の生命工学部海洋生物科学科・研究施設に併設された水族館が福山大学マリンバイオセンターです。瀬戸内海に生息する約150種もの水生生物が、大小22基の水槽に分かれ常時展示されています。

入ってすぐ目の前には展示水量150トンの大型水槽が設置され、タイやウツボ、カンパチ、コブダイといった魚たちがゆったりと泳ぎながら出迎えてくれます。大型水槽の前にはナマコやヒトデなどに触れられるタッチングプールがあり、そのほかにも藻場、砂場、岩礁、沖合と環境別に展示された おさかな実験水槽がそれぞれ訪れる人たちを楽しませてくれます。

アクセスは、本州方面からはしまなみ海道・因島北ICより車で約5分、四国方面からは因島南ICより車で約15分です(入館料無料・無料駐車場あり)。

住所| 広島県尾道市因島大浜町452-10
営業時間|10:00~16:00
定休日|祝祭日、日曜日、お盆、年末年始
電話|0845-24-2933
公式サイトはこちら

大山神社はサイクリスト立ち寄り必須の自転車神社

大山神社はユニークな神様達が集う神社

海を臨む高台に鎮座する大山神社は、773年に創立された歴史を持つ因島最古の古社です。主祭神は瀬戸内で最も大きい建築の神様とされている大山積大神(おおやまつみのおおかみ)。中世には村上水軍の守護神として崇敬され、現在は祈りの宮、願掛けの社として全国から年間三万人を超える参拝者が訪れ、にぎわいます。

境内の中にある自転車神社には、交通の守り神様・橋渡しの神様である和多志(わたし)大神様が祀られ、サイクリストの間では話題のスポットとなっています。また、境内の中には耳明(みみご)神社があり、全国的にも珍しい耳の神様が祀られているほか、せとうち七福神の本部として大黒さんと恵美須さんが祀られています。

アクセスは、本州方面からはしまなみ海道・因島北ICより車で約10分、四国方面からは因島南ICより車で約5分です(無料駐車場、サイクリングスタンドあり)。

住所| 広島県尾道市因島土生町1424-2
営業時間|9:00~17:00
定休日|無休
電話|0845-22-0827
公式サイトはこちら

因島でゆったり過ごせるおすすめのカフェ

はっさく屋で因島名物はっさく大福

因島はミカン科の柑橘類 八朔(はっさく)発祥の地でもあり、現在、約二千戸の農家が栽培・出荷しています。写真のはっさく大福は島の名産品で、カフェ はっさく屋ではイートインスペースで、因島大橋や海を行き交う船を眺めながらはっさく大福を堪能できます。セルフサービスで無料のコーヒーや飲料水がいただけるのも嬉しいポイントです。

住所| 広島県尾道市因島大浜町246-1
営業時間|8:00~17:00
定休日|毎週月、火曜日
電話|0845-24-0715
公式サイトはこちら

Cafe 夢ぅで島の蜂蜜スイーツを堪能

古民家スペースを使って週末限定でオープンする Cafe 夢ぅ(カフェ ムウ)では、季節ごとに旬のフルーツを使ったケーキや焼き菓子が味わえます。中でも、因島で採れた自家製みかんハチミツがたっぷりかかった、ふわふわシフォンケーキは絶品です。

住所| 広島県尾道市因島田熊町1024
営業時間|10:00~17:00
定休日|毎週金、土、第一日曜日のみ営業
電話|0845-22-5466
公式サイトはこちら

HAKKOゲート Cafeで緑に癒されよう

健康食品でおなじみの万田発酵本社前に造られたHAKKOパーク。その入口に設置された案内施設・HAAKKOゲート内にあるカフェがHAKKOゲート Cafeです。テラス席も置かれているカフェでは、万田酵素で育った食材が使われたメニューもあり、自然を眺めながらゆったりとしたカフェ休憩ができます。

住所| 広島県尾道市因島市重井町5800-95
営業時間|10:00~17:00
定休日|年末年始
電話|0120-85-1589
公式サイトはこちら

因島へのアクセス

本州方面から行く場合

山陽自動車道福山西ICから松永・尾道バイパスを尾道方面へ。西瀬戸尾道ICからしまなみ海道 尾道・今治方面へ。因島大橋を渡って因島北IC下車。

四国方面から行く場合

今治ICからしまなみ海道(西瀬戸自動車道)へ。生口橋を渡って因島南IC下車。

住所| 広島県尾道市因島大浜町
営業時間|24時間
定休日|無休
電話|0845-26-6111
公式サイトはこちら

まとめ

村上海軍とはっさくのふるさと、因島は、海と山が描き出す素晴らしい眺望はもちろん、伝説と歴史、そして建築や自転車、耳の神様、さらには瀬戸内の水生生物など、島が持つ様々な面をいずれも身近に感じることのできる自然がくれた癒しのスポットでした。