なぜ信長を裏切った?近江の戦国勇将・浅井長政の生涯

戦国時代、強い武力と知略、そして強運を持って多くの大名たちに大きな影響を与えた織田信長。この時代を生きた武将たちの運命は、その能力の有無に関わらず、織田信長とどう関わるかによって大きく変わっていきました。近江北部の浅井家当主、浅井長政もそのひとり。一度は信長と同盟を結びながらも、親交の深い朝倉家と信長との間で板挟みとなり、最終的には信長の標的となってしまう悲劇の武将。彼はなぜ信長を裏切ったのでしょうか。浅井長政の生涯を辿ってみたいと思います。

浅井長政の生涯(1)元服~信長との同盟

浅井氏三代にわたる近江の強豪・六角氏との対立

浅井氏三代にわたる近江の強豪・六角氏との対立

image by PIXTA / 14026580

浅井長政(あざいながまさ)は北近江(現在の滋賀県の北部)の戦国大名。
1545年(天文14年)に浅井久政の嫡男としてこの世に生を受けます。

長政が生まれる前の浅井氏は、大名といっても、近江一帯を支配していた名門・京極家の一家臣に過ぎませんでした。
しかし、長政の祖父にあたる浅井亮政は勇猛果敢な人物で、主人である京極家の後継ぎ争いが起きた際にそれに乗じて力を伸ばし、近江の北部を支配下に。
いわゆる下剋上を成し遂げます。
そして、近江南部を牛耳る六角氏との間で勢力争いを繰り広げながら、次第に力をつけていったのです。
この頃から、浅井氏は越前(現在の福井県のあたり)の朝倉氏と同盟を結ぶなどして協力体制を取っていたと考えられています。

しかし長政が生まれた頃、父・久政はどちらかというと弱腰な政策に終始。
六角氏との関係維持に力を入れつつ、かろうじて最低限の領地を護っているような状況でした。
六角氏の属国と化してしまった浅井氏。
当然、家臣たちの間にも不満が募るようになります。
息子である長政をも六角氏に差し出しかねない状況にあった父・久政。
そんな中、元服した長政は1560年(永禄3年)、15歳の若さで軍を率いて六角氏に対抗します(野良田の戦い)。

六角軍は総勢2万5000人。
一方の浅井軍は総勢1万1000人と、六角軍の半数以下という劣勢ながら、浅井長政は見事な采配を持って浅井氏を勝利へ導きくのです。

六角氏との攻防と織田信長との関係

六角氏との攻防と織田信長との関係

image by PIXTA / 15310938

もともと、六角氏にひれ伏す浅井久政に不満を抱いていた浅井氏家臣たちは、悠然と六角氏に立ち向かっていった長政に傾倒。
久政を強制的に隠居させ、長政は若くして浅井氏当主となります。
その後も長政は六角氏に対して強い姿勢を保ち、離反・独立する意思を明確に示すのです。
六角氏との攻防はその後も続きますが、そんな六角氏の内部抗争などの影響もあって、六角氏から浅井氏に流れてくる者も少なくなかった模様。
長政は反六角勢力を味方につけつつ、一気に戦国大名へとのし上がっていきます。

そんな中、大きな活躍を見せる浅井長政にじっと注目していた人物がいました。
織田信長、その人です。

浅井長政が六角氏に対抗すべく初陣を飾っていた頃、織田信長もまた、美濃国(現在の岐阜県のあたり)の斎藤氏との睨み合い状態にありました。
美濃国のすぐ西側にあるのが、浅井氏がめきめきと力をつけ領地を広げていた近江国。
尾張国(現在の愛知県西側)を治める信長から見れば、近江と組むことができれば、にっくき美濃を挟み撃ちにすることができます。
信長は美濃攻略のため、浅井氏に同盟の話を持ちかけてきたのです。

織田氏と同盟!浅井氏の命運やいかに?

織田氏と同盟!浅井氏の命運やいかに?

image by PIXTA / 8199454

織田信長からの申し出の内容は、浅井氏にとって決して悪くない話でした。
しかし浅井氏の家臣たちの意見は分かれます。
問題は、先代から同盟関係にある越前国の朝倉氏でした。
当時から朝倉氏と織田氏の関係は、決して良いものとは言えなかったのです。
先行きに不安はありましたが、長政は信長の妹・お市の方を妻に迎え、織田氏との同盟関係を結びます。
お市の方は美女の誉れ高い才色兼備。
信長の外交の切り札でもありました。
政略結婚ではありましたが、浅井長政とお市の方は大変仲がよく、よい夫婦であったと伝わっています。
信長も、長政のことを大変気に入っていたようです。

浅井氏と同盟を結んだ織田信長は、斎藤氏に邪魔されずに京都へ上るルートを確保し、1568年(永禄11年)、足利義昭を保護して京都へ入り、義昭は第15代将軍に就任。
さらに美濃の西側からの進路を確保した信長は、ついに斎藤氏を攻め滅ぼし、美濃国の奪取するのです。
ここで浅井長政も、信長との連携体制で、長年の敵であった六角氏を北近江から追い出すことに成功。
浅井長政と織田信長、両者は持ちつ持たれつ、このときはまだ、利害が一致する良好な関係を保っていました。

浅井長政の生涯(2)同盟決裂~姉川の戦い

朝倉と織田、どちらにつくべきか?

朝倉と織田、どちらにつくべきか?

image by PIXTA / 28234924

織田信長は、足利義昭を擁立することで京都でも力を持つようになり、他の大名たちにも将軍義昭の元へ出向くよう呼びかけますが、もちろん、そんな成り上がり者の信長になんぞ従わない者もいました。
朝倉氏もそのうちのひとり。
当主の朝倉義景は前から信長と折り合いが悪かったこともあり、上洛の通達を再三無視します。
朝倉氏は将軍家にも近い名家なので、信長のことを尾張の田舎者とやや軽んじていたようです。

このことが、織田信長と朝倉義景の間の溝をより一層深く、修復不可能なものにしてしまいます。
朝倉義景の態度に腹を立てた信長が、1570年(元亀元年)、単独、朝倉攻めに動き始めたのです。

これにより、浅井長政の立場は微妙なものになっていきます。
信長とはもちろん、数年前に同盟を結びました。
しかしこのとき、浅井氏側は「朝倉氏とは戦をしない」という同盟の条件を付けていたのです。
信長は浅井氏との同盟の条件を無視して、朝倉氏攻めを始めたことになります。

いくら信長が勝手に始めたこととはいえ、これを見過ごすわけにはいきません。
同盟を組む信長に味方すれば、父の代からつながりのある朝倉氏と敵対することになります。
かといって朝倉氏に味方すれば、義理の兄にあたる信長と対峙することに。
悩んだ末、浅井長政が出した結論は…朝倉義景に味方することを決意。
背後から織田軍に襲い掛かるのです。

織田信長との決別~姉川の戦いへ

織田信長との決別~姉川の戦いへ

image by PIXTA / 27585349

同盟を結んでいたはずの浅井氏の突然の裏切りに、優勢であったはずの織田軍は大混乱。
もう朝倉氏攻めどころではありません。
総崩れとなり、絶体絶命の大ピンチに陥ります。

このとき、木下藤吉郎(織田家臣・後の豊臣秀吉)の働きや、当時同盟を結んでいた徳川家康軍の援護もあって、何とか間一髪難を逃れた織田信長。
これが世に言う「金ヶ崎の戦い」であり、信長が撤退した戦としても知られています。

当然、信長は大激怒。
浅井長政との約束を反故にしてしれっと朝倉攻めに転じた信長にも非はあると思われますが、それにしても信頼していた浅井氏の裏切りには、どうにも収まりがつきません。
すぐに体制を立て直し、近江へ進軍。
一方の浅井長政は、朝倉氏に援軍を求め、浅井・朝倉連合軍を結成します。

長政の作戦は、自身の居城であり堅固な山城として名高い小谷城(おだにじょう)への籠城戦。
しかし信長は難攻不落と言われる小谷城を無理には攻めず、周囲の支城や砦を落としながらじわじわと包囲網をしいていく作戦に出ます。
浅井軍は結局、小谷城を出ざるを得なくなり、両軍は近江を流れる姉川という川を挟んで対峙。
決戦の火蓋が切られました。

浅井・朝倉軍敗走~巻き返しなるか?

浅井・朝倉軍敗走~巻き返しなるか?

image by PIXTA / 15538481

兵の数では上回っていたと言われている織田信長軍ではありましたが、後がない浅井軍も必死です。
織田軍は浅井軍の勢いに押され、後退を余儀なくされますが、そのとき、少し離れたところで朝倉軍を押し込んでいた徳川軍が浅井軍の横っ腹を着いて突入。
この攻撃で浅井軍の動きが止まり、再び織田軍攻勢の形に。
朝倉軍も徳川軍に挟み込まれて崩れ、浅井軍より先に敗走してしまいます。
その後、浅井軍の攻撃に転じた徳川軍にも攻め込まれる形となり、浅井軍も敗走し、小谷城へ撤退していきます。
姉川は血で赤く染まり、後に”血川”と呼ばれるほどの激戦地となりました。

姉川の戦いは、徳川家康の力を借りる形となりましたが、織田信長の勝利で幕を下ろします。
浅井氏・朝倉氏に大きな痛手を負わせたことは明白。
織田軍も決して無傷ではなかったため、信長は、小谷城へと敗走していく浅井氏を無理には追わず、軍を帰還させるのです。

何とか立て直しを図るべく、浅井・朝倉軍は京都方面へ働きかけ、比叡山の僧兵や石山本願寺の一向一揆と手を結んで織田軍に一矢報います。
比叡山延暦寺は浅井氏に加担したことで1571年(元亀2年)、信長に焼き討ちされ、壊滅。
浅井氏と織田氏の睨み合いはさらに激しさを増していきました。

浅井長政の生涯(3)小谷城籠城~決戦

浅井氏家臣・織田勢への寝返り

浅井氏家臣・織田勢への寝返り

image by PIXTA / 23435987

あの決裂から3年が経った1573年(元亀4年・天正元年)、浅井長政は小谷城に籠りつつ、織田信長との対峙を続けていました。
信長は姉川の戦いで奪い取った小谷城の出城、横山城を木下秀吉に任せ、小谷城攻めの拠点にします。
しかし相手は難攻不落と呼び声の高い小谷城。
さすがの秀吉も攻めあぐねていたようです。

小谷城で守りを固めて善戦していた浅井長政に暗い影が。
小谷城の西方に位置する山本山城の城主であり浅井氏家臣の阿閉貞征(あつじさだゆき)が、織田軍に下ったのです。

この頃、15代将軍足利義昭と不仲になっていた織田信長は、そっち方面の対応で時間を取られ、居城であった岐阜城に戻ったばかりでした。
しかし信長がこの機を逃すはずもありません。
すぐに兵を整えさせ、阿閉氏の手引きで山本山城に軍勢を送り込みます。

さらに信長は、小谷城の北側にある山田山に回り込み、小谷城を見下ろす位置に主力部隊を配置。
自分は越前から進軍してくると思われる朝倉軍を迎え撃つべく、山田山の麓に陣を張ります。
小谷城を包囲し、援軍を断ち切って浅井長政を孤立させ、じわじわ落としていく作戦。
信長の読み通り朝倉氏は進軍してきたものの先へ進めず、待ち受けていた信長の軍に追われて滅亡してしまうのです。

小谷城で完全に孤立してしまった浅井長政。
最期の時が近づいていました。

小谷城最終決戦・長政の運命は…

小谷城最終決戦・長政の運命は…

image by PIXTA / 28249543

浅井軍の本拠地、小谷城はついに、織田軍に完全包囲されてしまいます。
信長は何度か使者を遣わし、浅井長政に対して降伏を勧告しますが、長政はこれに応じず、決裂。
小谷城は木下秀吉以下織田家臣の軍勢に攻め込まれ、次々と落とされていきます。

いくら信長でも、自分の妹や、妹の娘たちの命まで奪うことはないと考えた長政は、お市の方と三人の娘を信長の陣へ送ります。

長政は小谷城のすべての砦を落とされ本丸1つになった後も丸2日、持ちこたえました。
その間に書かれたとされる、長政の最後の感状(元亀4年8月29日)が残されています。
これは家臣の片桐直貞(後に秀吉の家臣となる片桐且元の父)にあてたもの。
多くの家臣が城から逃げ出して行く中で最後まで残った片桐に対して送った、心を重んじ信義を通した浅井長政らしい感謝の一通です。

浅井長政は9月1日、小谷城内本丸近くの赤尾屋敷にて自刃。
享年29歳でした。
墓は小谷城から南、琵琶湖畔にほど近い場所にある徳勝寺に。
祖父の亮政、父の久政と共に静かに祀られています。

浅井氏滅亡~その後について

浅井氏滅亡~その後について

image by PIXTA / 2103092

織田信長との壮絶な戦いは、浅井長政の死によって幕が下されることとなりました。

浅井長政を討ったことで近江北部を手に入れた織田信長は、一番の功労者であった羽柴秀吉(小谷の戦いの頃に木下から羽柴に改名)に北近江の統治を任せます。
自身も安土城の築城に着手し、天下統一に躍進しますが、小谷城の戦いからわずか9年後の1582年(天正10年)、京都本能寺にて、家臣の明智光秀に強襲され、自刃。
49歳の生涯を終えます。
明智光秀は信長に仕える前、朝倉氏の家臣だったという説もあるのだそうです。

羽柴秀吉は琵琶湖近くに長浜城を建て、信長の家臣としてその後も活躍。
信長亡き後に台頭して天下統一を成し遂げたことは誰もが知るところですが、長い間子宝に恵まれなかった秀吉の子を産んだ側室・淀殿は、浅井長政とお市の方の長女で、小谷城から織田信長の陣へ送られた茶々。
戦国時代に大きな影響をもたらした女性のひとりです。

また、長政の三人の娘のひとり、お江(ごう)は後に徳川家康の嫡男で徳川2代将軍となる秀忠の正室となって、徳川家に嫁ぎます。
浅井長政の血は徳川将軍家の中に脈々と受け継がれていくことになるのです。

もしあのとき信長についていたら…悲運の武将・浅井長政

元服間もないころから武将として力を発揮し、周囲の期待を背負って戦い続けた名将・浅井長政。
歴史に「たら・れば」は禁物ですが、もしあのとき、朝倉氏ではなく織田信長に味方していたとしたら、浅井長政のその後はどうなっていたでしょうか。
もしかしたら、織田信長が本能寺の変で命を落とすことなく、世の中も大きく変わっていたかもしれません。
しかしそれはあくまで「たら・れば」の話。
若くして命を落としてしまった浅井長政ですが、最も信長を苦しめた武将として、その生涯は今も多くの人々によって語り継がれています。
photo by PIXTA