主計町茶屋街は趣あふれる小道。落ち着いたオトナの空間に酔いしれよう

公開日:2019/1/17 更新日:2019/11/20

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Fuzuki
千葉県出身。主に国内のお出かけスポットや観光スポットが得意です。メインは千葉県、東京都、神奈川県などの関東地方とよく訪れる宮崎県です。他にも国内であれば多くの観光スポットに訪れます。旅行は家族と訪れることが多く、博物館や歴史に関するスポットを巡るのが好きです。家族や友達と楽しめるスポットを中心にご紹介できればと思っています。
奥ゆかしい街並みをいんぎらぁっと散策しにおいであそばせ。

古き良きを残す街並みと、新鮮な魚介類が魅力の石川県の金沢ですが、最近ではオシャレなカフェや和風バーなど、日本の伝統を取り入れた観光スポットであるひがし茶屋街や にし茶屋街などの茶屋街が人気を呼んでいます。そんないくつかある茶屋街の中でも特に、知る人ぞ知る魅力の詰まった主計町茶屋街の見どころやこれだけは知ってほしい楽しみ方をご紹介します。

古き良き道が続く主計町茶屋街

主計町茶屋街ってどこにあるのと、もしかしたら知らない方も多いかもしれません。ひがし茶屋街やにし茶屋街にスポットが当たる中で、あまり聞き覚えが無いことも多い主計町茶屋街は、実は古き良きを残す静かな大人の街となっています。隠れバーやカフェ・おすすめの訪問時間などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

主計町(かずえまち)茶屋街金沢三大茶屋街の一つで、ひがし茶屋街やにし茶屋街に並ぶ昔ながらの風景を残す観光スポットの一つです。特徴としては、多くの純和風のお店が建ち並び、凛とした静けさがそこはかとなく漂う街となっています。お店には、一見さんお断りと書かれた看板やルールが多く残る優美な佇まいがあります。

古き良き金沢が色濃く残る街

古き良き金沢の街並みが未だに色濃く残る茶屋街として他の茶屋街と違うのは、昼よりも夜の方が活気があり妖艶さもあるところです。大人の金沢旅行を深く楽しむならば、絶対に訪れたいスポットですね。

春になると風情ある桜を楽しめる

主計町茶屋街では、春になると川沿いの桜が満開になり、川と川沿いの昔の建物、そして桜などといった情緒あふれる豪華な景観を楽しむことができます。もちろん明るい昼も美しいですが、夜になって暗くなってくると沿道の明かりで桜がほんのりライトアップされる美しさも見どころの一つです。

主計町茶屋街の見どころはここ

日本の古き良き金沢が色づく街には見どころがたくさんあります。例えば、純和風な建物が所狭しと建ち並んでいるので、昔ながらの雰囲気を楽しむだけはなく、ポイントごとの見どころを知っておくとより楽しめます。昔からの文豪たちとゆかりのある場所もあり、ちょっとした看板や石碑で示されている場合も多いのでそちらも要チェックしましょう。

主計町茶屋街川沿いはメインストリート

主計町茶屋街には多くの古い建物が現存されています。メインストリートとなるのは川沿いの道で、川の反対側から建物を眺めるとより美しい風情を感じることができるのでおすすめです。また、川沿いに点在している飲食店から、川を眺めながら食事をいただくのも趣きを感じられるのでぜひ。

芸妓さんに会いに行く裏道暗がり坂

主計町茶屋街に訪れたらぜひ通ってほしい小道が暗がり坂。ここは、昔は住宅地から芸妓さんたちにこっそり会いに行くための裏道として使われてました。住宅地となっている高台から下に向かって石段を下っていくと茶屋街へと繋がっているので、当時の人々と同道を歩きたい時はぜひ上から下に向かって歩いてみましょう。

夜に活気づく

他の茶屋街との大きな違いとして、営業時間があります。通常は、昼に活気づくお店が多いので観光スポットでも早めに閉めるお店が多いのですが、ここでは昼間は閉まっているお店が多く、夜に開店するお店が多いです。
夜になると、店内の灯りがうっすらと外に漏れるので活気づいた雰囲気を垣間見ることができます。外から見ると、街灯がぽっぽっと灯されている様子はとても幻想的に映ります。

昼も静かな風情ある素敵な茶屋街ですが、夜の主計町茶屋街もおすすめ。日暮れになると幻想的な雰囲気を体験することができます。夜に街自体は活気付きますが喧噪な雰囲気ではなく、落ち着いた活気を楽しむことができます。

ここでは夜のために昼間は逆に閉めているお店が多いほど、夜の方が活気があります。落ち着いた空間の中であっても、華やかさが素敵な街なので、お店の中に入らずとも散策するだけで楽しむことができます。

温かい灯りが幻想的な雰囲気を醸し出す

この茶屋街での灯りは、現代で使われているような街灯ではなく、温かい明かりが灯されます。店内からもうっすらと漏れ出る明かりも温かいので、純和風の雰囲気をさらに色濃く感じることができます。夜の灯はどこかゆったりとした時間の流れを感じることができます。



夜は三味線の音が聞こえてくることも

ここでは夜に開店するお店が多い中で、芸妓さんが在籍するお店もちらほらと見ることができます。そのため、夜に訪れると芸妓さんの奏でる三味線の音が聞こえてくることもあり、散策しながら日本の風情を感じることができおすすめです。

主計町茶屋街で食事に訪れたいお店

散策を楽しむのもおすすめですが、主計町茶屋街には飲食店も多くあります。どの店舗も風情ある建物を活かしているので、非常に趣のある内装が施されています。昼間開いている店舗は少ないのですが、ランチを行っている貴重なお店も中にはあるので立ち寄ってみたいですね。

隠れ家的なカフェバー彩賀

カフェバー彩賀(さいか)は、元々お茶屋さんだった建物を改装して、現在は店舗として使用しているお店です。昼間はカフェとして、夜はバーとしてオープンしていることが特徴です。昼間とは違った雰囲気を感じることができます。夜のバーであっても、一見さんが入店可能なお店なので心配せずに入ることができるのも嬉しいですね。

Address 〒920-0908 石川県金沢市主計町2-11
Hours 【カフェ】12:00~17:00【バー】20:00~24:00
Closed 不定休
Tel 076-255-6802
Web http://kanazawa-saika.com/index.html

築100年の家屋を使用した土家カフェ

土家カフェは、なんと築100年の伝統的な家屋でカフェを営んでいます。造りは2階建てになっており、2階の席からは川を一望することができる落ち着いた雰囲気となっています。建物だけではなく景色・食事も一度に多くの風情ある要素を楽しむことができる隠れ家カフェです。見つけた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Address 〒920-0908 石川県金沢市主計町2-3
Hours 10:00~17:00
Closed 月曜日、火曜日
Tel 090-8097-4702
Web http://www.tuchiya.sakura.ne.jp/

高級寿司をいただくなら鮨処 あさの川

カフェやバーもいいけれど、大人の茶屋街を存分に楽しみたい方におすすめできるのが、鮨処 あさの川です。こちらは、主計町で小松弥助の大将をしている方の協力を受けて開店したお店で、旬の食材を使用した本格的なお寿司を堪能することができます。事前予約をせずに入ることができるほか、一見さんでも入店することができる嬉しいお店です。

Address 〒920-0908 石川県金沢市主計町2-13
Hours 11:30~14:30/17:30~22:00
Closed 水曜日
Tel 076-222-1114
Web http://www.sushiasanogawa.jp/

主計町茶屋街へのアクセス

バスでの行き方

ひがし茶屋街とは徒歩5分ほどの距離のため、徒歩で観光できます。バスで向かう際は、ひがし茶屋街の最寄りのバス停 橋場町を利用しましょう。2つの茶屋街を散策するのがおすすめです。

まとめ

静かな大人の雰囲気漂う主計街茶屋街は、他の茶屋街と違って昼間よりも日暮れの夜の幻想的な風景がロマンチックな観光スポットです。金沢をもっとディープに楽しみたい方は、ぜひ一度訪れてみることをおすすめします。