札幌芸術の森で自然を満喫しながら芸術を楽しもう

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

子連れでも気兼ねなく楽しめる芸術鑑賞だから行ってみればいっしょ

大自然のなかに展示された野外アートが楽しめる札幌の芸術施設をご存知ですか。札幌芸術の森は野外美術館をはじめ、レクリエーションや食事などが楽しめる複合施設です。工芸品を作るワークショップが体験できるほか、北国ならではのかんじきで雪道を歩くイベントなど、親子で楽しめるイベントが満載なのも魅力のひとつ。

札幌芸術の森とは

広大な敷地を有する札幌芸術の森のなかには、美術館をはじめ、野外ステージ、各種工房、工芸館などさまざまな施設が入っています。豊かな自然のなかを散策しながらアートが楽しめる野外美術館は、堅苦しさがないので小さな子供も楽しめるのが魅力。

自然に囲まれた総合芸術施設

札幌芸術の森は、個性ある新しい札幌の文化を育てることを目的に建てられた総合芸術施設です。札幌中心部から南に離れた自然豊かな場所にあります。所在地である芸術の森は、1990年に常盤から町名変更したもので、この地域には札幌芸術の森と札幌大学のキャンパスしかありません。

約40ヘクタールもの広大な敷地を有する札幌芸術の森には野外美術館をはじめ、芸術の森センター、芸術の森美術館、佐藤忠良記念子どもアトリエ、アートホール、工芸館など、さまざまな施設が入っています。ほかにも、各種工房やアトリエ、有島武郎旧邸、野外ステージなどもあり、さまざまな体験教室やイベントに参加することもできます。

芸術の森センター

施設内の中央に位置する芸術の森センターには、無料の休憩スペースやトイレ、レストランが入っており、目の前にはバス停もあるので、施設内の活動の拠点にすると便利。また、札幌の美しい自然を感じながら芸術を楽しむことができる人気の野外美術館(有料)は、芸術の森センターから入ることができます。

自然豊かな野外美術館

自然のなかを散策しながらまわる野外美術館は、普通の美術館のような堅苦しさがありません。小さな子供連れでも安心して楽しめる良さがありますよ。7.5ヘクタールもの広々とした敷地には、64人の作家による74点の彫刻作品が至るところに展示。全体をまわるのに1時間半ほどかかり、坂や階段などの起伏があるので適度な運動にもなります。

野外美術館の見どころ

ユニークな現代アート

https://www.instagram.com/p/BoNf9_SHa3o/

福田繁雄が1990年に制作した「椅子になって休もう」は、空気イスのように腰かけて両手を挙げている黄色い人々が21人連なっている作品で、21世紀への願いが込められています。鮮やかな黄色をした彫刻はスタイリッシュでユニークなので、一緒のポーズを撮りながら記念撮影する人も多いですよ。

謎ときを楽しむアート

こちらの全長300mもある大きな作品は、イスラエルの彫刻家ダニ・カラヴァンが1999年に制作した「隠された庭への道」です。数字の7をテーマして作られているそうで、ぜひ何が7なのか探しながら見てみるとより楽しめるでしょう。自然の音が集まるように作られた円錐は神秘的な雰囲気です。

時間とともに変化するアート

https://www.instagram.com/p/BNvs91LFdhf/

環境造形Qによる1986年の作品「北斗まんだら」は、赤エゾ松の森に囲まれた広場に北斗七星の形で石が敷かれています。作成当初は170cmほどだった小さなエゾ松が、30年以上の歳月を経て、数メートルの高さにまで成長。時間とともに変化する芸術作品は、自然の中にある屋外美術館ならではの魅力です。

屋外イベントで芸術を楽しむ

森のステージでコンサート

最大5000人が収容できる野外ステージは、ふかふかの芝生が気持ち良い開放感溢れる広場。毎年夏には、SAPPORO CITY JAZZによるコンサートとパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)が開催され、多くの人たちで賑わいます。涼やかな自然の風を感じながら夜まで続く音楽祭は素敵な雰囲気です。

ハロウィンイベント

秋には紅葉の見頃に合わせて、紅葉と彫刻の素敵な写真が撮れる撮影スポットが設置されます。また、10月には芸森ハロウィンが開催。札幌市内の美容専門学校生によるハロウィンメイクも大人気です。大人も子供も一緒に楽しめるイベントなので、友人同士はもちろん親子にもおすすめ。

北国ならではの かんじきで歩いてみよう

冬季になると野外美術館は休館します。その代わり、休館中には無料開放してかんじきウォークが開催されます。かんじきウォークとは、かんじきを履いて雪が積もった広場のなかを散策できるもので、雪のなかの作品も楽しむことが可能。まっさらな雪を満喫できる冬ならではの観光は子どもたちに大人気ですよ。

外はとても寒いので、スキーウェアを着るなど防寒対策はしっかりして楽しんでください。野外美術館の休館は11月3日から4月28日で、かんじきウォークは1月から3月までの期間です。

自分でアートを作ってみよう

クラフト工房

クラフト工房では、バンダナや器へのお絵かきや、和紙のちぎり絵はがきなど、さまざまなワークショップを体験することができます。予約不要なので、思い立ったら気軽に体験できるのが嬉しいポイント。夏休みや冬休みには小学生限定のワークショップも開催され、自由研究の手助けにもなりおすすめです。出来上がった作品は旅のいい記念にもなります。

佐藤忠良記念子供アトリエ

佐藤忠良記念子供アトリエは、野外美術館内にあり、散策中に立ち寄ることができる施設です。青年時代を札幌で過ごした彫刻家の佐藤忠良を記念して作られたもので、彼の作品が展示されています。子どもを対象にしたブロンズ粘土で作る彫刻のワークショップも行われ、予約なしで好きな時間に参加することができるのでこちらもおすすめ。

森のなかに佇む有島武郎旧邸で文学にふれよう

施設内には、近代日本文学を代表する小説家、有島武郎の邸宅を移築し復元したものもあります。この邸宅は、北海道大学の前身である札幌農学校の卒業生であった有島武郎の没後、北海道大学の寮として活用された経緯があります。レンガ色の壁とパステルカラーの屋根が可愛らしい邸宅のなかには、有島武郎に関する展示や小さなコーヒースペースがあり、ほっと一息つくことも。森のなかに佇む豪華で格式高い邸宅に心癒されること間違いなしです。

こだわり食材を使ったグルメ

ごちそうキッチン 畑のはる

芸術の森センターの2Fには、野菜を中心としたビュッフェスタイルのレストランがあります。全体的にあっさりしていて、旬の野菜の美味しさを生かした味付けになっています。素材の良さが感じられ、体に優しい料理ばかり。野菜ジュースやデザートも種類豊富で、つい目移りしてしまいそう。なかでも豆乳ソフトクリームは絶品です。

住所|〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75 芸術の森センター
営業時間|11:00〜17:00(ビュッフェ 11:00~15:00)
定休日|休園日に準ずる
電話|011-215-1778
公式サイトはこちら

カッフェディレニー

芸術の森の入口近くにある自然に囲まれたカフェは、店内に流れる音楽も雰囲気がよく、運が良ければ野鳥やリスと出会えることも。おすすめは洋ナシのワインコンポートで、くたっと煮込んだ果肉からジューシーな甘酸っぱさが溢れ出します。

住所|〒005-0864 北海道札幌市南区常盤4条2丁目17-13
営業時間|11:00〜18:00
定休日|月曜(公式ブログ参照)
電話|090-8899-7950
公式サイトはこちら

札幌芸術の森へのアクセス

車での行き方

札幌市内中心部からは国道453号経由で約40分ほどで到着します。施設内には第1から第4までの有料駐車場があり、合計608台駐車可能です。目的の場所によって最寄りとなる駐車場は異なりますが、混雑している場合、施設内を走る無料バスが運行されるので、離れて停めても安心(夏期のみ)。

電車・バスでの行き方

地下鉄からはバスへの乗り換えが必要で、地下鉄南北線の真駒内駅で下車したら、中央バスの空沼線か滝野線に乗って芸術の森入口または芸術の森センターで下車します。乗り継ぎと徒歩を含め、所要時間は1時間ほどです。

住所|〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75番地
営業時間|9:45~17:00(6~8月は17:30まで)
定休日|4月29日~11月3日は無休、11月4日~4月28日は月曜日
電話|011-592-5111
公式サイトはこちら

まとめ

札幌芸術の森は、札幌の大自然に広がるイベント満載の観光スポット。施設内では冬季限定のかんじきウォークやハロウィンなど、家族みんなで楽しめるイベントが盛りだくさんで、天気が悪い日には屋内でできるワークショップもおすすめ。ぜひ一度、札幌芸術の森へ訪れてみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ