赤城山は群馬県のパワースポット。赤城神社のおまいりを忘れずに

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Yoshino

出身地は富山県。在住経験のある北陸・北関東の記事がメインです。読書が趣味なので、好きな作家に縁のある土地や小説の舞台となった場所を旅しています。

道が整備されているから山頂までのドライブも楽々だいね

東京からも近い群馬県。豊かな自然が溢れるこの土地ですが、その中でも県のシンボルとして知られているのが赤城山です。パワースポットとしての人気も高い赤城山の魅力に迫ってみましょう。

裾野は長し、赤城山

赤城山は群馬県のほぼ中央に位置し、前橋市、渋川市、桐生市、沼田市、そして昭和村へと裾野を広げる面積の広い山です。群馬県といえば赤城山と言われるように、県のシンボルとなっている赤城山。

その姿は昔から変わらず、群馬の郷土かるたである上毛かるたでも「裾野は長し、赤城山」と詠まれています。赤城山、妙義山、榛名山を合わせて上毛三山とも呼ばれている名峰で、群馬の発展を中央で見守ってきました。

大鳥居をくぐろう

独特の自然が残されており、ハイキングにも登山にも自然観察にもぴったりな名峰赤城山。山に到着するまでにもたくさんの見所があります。

遠くからでも見える赤城神社一之鳥居

県道4号線を山の方に向かっていくと、まず現れるのが大きな朱色の鳥居です。これは赤城神社一之鳥居。赤城山はその昔人々の信仰の対象となっており、今でも群馬随一のパワースポットとして知られています。道路をまたぐように建てられている鳥居は近づいてみるとかなりの大きさで、写真に収まりきらないほどです。

まだまだ山の入口

鳥居の高さは23.1m、柱と柱の間は約14mです。日本中探しても、これほどまでに大きな鳥居にはなかなか出会えません。迫力のある鳥居の写真を撮影したい場合は、鳥居の左手側にあるコンビニエンスストアに車を停めると良いでしょう。一緒に飲み物など、赤城山に向かう準備を整えるのがおすすめです。この大鳥居は赤城山の入り口。気持ちを落ち着かせて、聖なる山へと足を進めていきましょう。

白樺が生える山道

しばらく車を走らせると、白樺の眩しい景色が広がります。晴れた冬の日には青と白のコントラストがとても美しい姿を見せてくれます。白樺の木は車道に沿うように群生しています。山道はきれいに整備されていますが、冬の間は雪によって凍結しているのでスタッドレスタイヤを着用しておきましょう。

くねくねした山道を走っていくのですが、そこは大自然の残る山の中。熊が出るのこともあるようで、熊出没注意と書かれた看板などが目にとまります。実際に熊を見かけることはほぼありませんが、用心するに越したことはありません。

パワースポット赤城神社

赤城山は山頂まで整備された道が続きます。十分に広さもあるので気軽に山を楽しめるでしょう。山頂にはパワースポットとして名高い赤城神社が鎮座しています。

鮮やかな朱色が美しい赤城神社

同じ赤城神社という名の神社が関東地方に多数あるので、この赤城山山頂の神社は大洞赤城神社と呼ばれることもあります。信仰の対象とされてきた赤城山の山頂に鎮座する赤城神社は、そこにお祀りされている神様たちもとても豪華です。

イザナギノミコト、イザナミノミコト夫妻の二柱を始めとし、天照大御神など誰もが名前を耳にしたことのある神様たちです。赤城神社へ参拝すればありとあらゆるご利益が得られそうな、そんな気持ちにさせてくれます。

駐車場を抜けて参道から境内へ

赤城神社にはもちろん駐車場も用意されています。朝8時から夕方6時まで利用可能です。朝のピンと張り詰めた空気の中参拝しても良いですし、夕日に包まれる赤城神社を訪れるのも良いでしょう。駐車場の左手が参道になっており、境内へと続いています。まずは運転で疲れた体を伸ばして歩いて行きましょう。

赤色が目を惹く社殿

朱色というより鮮やかな赤色の社殿を持つ赤城神社。起源については不詳とされていますが、日本書紀や古事記の時代にまで遡るそうです。古く歴史のある神社ですが、2006年に大掛かりな修復が行われてたので、今は特に美しい姿が見られます。イザナギノミコトとイザナギノミコトをお祀りしていることから、特に恋愛や縁結びにご利益のある神社として知られています。

住所|〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山 4-2
営業時間|季節・天候により社務所の営業時間は異なります
定休日|なし
電話|027-287-8202
公式サイトはこちら

大沼も見逃せない

赤城神社へ参拝した後は、赤城山の雄大な自然を楽しみましょう。山頂にある神社周辺には美しい景色が広がっています。

湖のような大沼(おの)

赤城山神社の側には、大沼と書いて「おの」と呼ぶカルデラ湖があります。沼というと土色の少し湿度を感じるような景色を想像してしまいますが、この大沼は沼というよりも湖のような美しさ。赤城山山頂のカルデラが形成されたのは今から約4万5千年前と推測されています。大沼は赤城山の中でも一番大きなカルデラ湖で、周囲は約4キロに渡ります。

標高1345mにある湖

標高1345mの場所にある大沼。赤城神社からは境内の脇を通り抜けるとすぐに近くまで行くことも可能です。大沼のほとりに立つと視界が開け、真っ青な空と山の美しい姿を見られます。大沼周辺は年間を通して人出があり、トレッキングをしている人、景色を眺めている人などみんな思い思いに雄大な自然を楽しんでいます。

冬は湖が凍結

この巨大な大沼、冬には表面がカチカチに凍結することでも知られています。なんと、凍った大沼の上を歩いて渡ることができるほどです。また、冬の大沼の楽しみといえばワカサギ釣りもあります。みんな大沼の上に乗って、ワカサギ釣りに夢中になっていますよ。中にはテントを張って、本格的にアウトドアを楽しんでいる人の姿も。冬に訪れた際にはぜひ釣りも一緒に楽しみましょう。

小さなスキー場

雪深い赤城山には小ぢんまりとしたスキー場もあります。よくあるスキー場ほど大きくはないため人出も少ないのですが、小さな子供連れの方や自分のペースでスキーを楽しみたい方にはぴったりです。

スキー場の敷地面積は約9ヘクタール。とっても小さなスキー場ですが、ソリ遊びをしている子供たちの笑い声が響いています。通常のスキー場のように混雑しておらず、ソリ遊びも気を使う必要がありません。子供たちにとっても大人にとっても、思いきりはしゃいでも誰の邪魔にもならない素晴らしい環境です。

住所|〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山大洞
営業時間|AM9:00-PM4:00(スノーエスカレーターの運行時間)
定休日|平日はスノーエスカレーターは運行していません
電話|027-287-8311
公式サイトはこちら

桑風庵でお蕎麦を食べる

赤城山へのドライブを終えたら、ちょうどお腹が空いてくる頃かもしれません。パワースポットでエネルギーをチャージした後は周辺のお店でお腹も満たしましょう。

桑風庵に立ち寄ってみよう

赤城神社の大きな一之鳥居を通過して県道4号沿いの方へと向かうと、飲食店がちらほら見られます。食事も和の雰囲気を意識してみると素敵な一日を過ごせることでしょう。寒い冬に嬉しいうどん屋さんやそば屋さんがいくつかありますが、その中でも特におすすめなのが桑風庵です。

きれいに手入れされた日本家屋

桑風庵は赤城山の側に2店舗お店を構えています。今回ご紹介するのは山に近い本店ではなく馬事公苑店。馬事公苑店はその名前の通り、乗馬体験を楽しめる観光地です。乗馬体験後に立ち寄るのもおすすめですよ。

メニューもさまざま

外観も店内も日本情緒たっぷりですが、店内にはステンドグラスの飾り窓もありとても素敵な雰囲気です。きれいで清潔な店内で頂けるのはスタンダードなそば粉を使ったおそばの他に、布海苔という海藻の入ったへぎそば、にしんそばやとろろそばなど。美味しいおそばが目白押しです。

冬の時期には限定で温かい煮込みうどんもあります。赤城山散策で冷えた体に嬉しいメニューです。太麺でもちもちした食感のうどんで温まりましょう。

噛むほど味わいのある手打ちそば

こちらのおそばは赤城山麓で栽培されたそばの実を作っています。美しいだけでなく、食べるものまで与えてくれる赤城山。自然の恵みに感謝しながらいただきましょう。スタンダードな手打ちそばはコシのある茹で上がり。噛めば噛むほどしっかりとしたそばの香りが広がります。おそばのつけ汁はきのこ汁、鴨汁などを注文することもできます。

桑風庵 馬事公苑店の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 桑風庵 馬事公苑店
住所 〒371-0103 群馬県前橋市富士見町小暮2402
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

赤城山へのアクセス

美しい自然から、そして神社からパワーを頂ける赤城山へ出かけましょう。アクセスは車がおすすめですが、山道の運転が不安な方は電車とバスを使ってもアクセスできます。

自動車を利用する場合

赤城山へは赤城神社を目指して向かいましょう。関越自動車道の赤城ICから1時間ほどの道のりです。赤城ICからは県道4号線を走るルートと県道16号線を走るルートがあります。大鳥居をくぐって向かいたい方は、県道4号のルートをチョイスしましょう。運転もしやすいですよ。ここまで来ればあちこちに看板が出ているので迷う心配はありません。

電車を利用する場合

電車を利用する方はまずは最寄り駅であるJR前橋駅を目指しましょう。前橋駅の北口を出るとバスターミナルがあり、そこから関東交通バスの北部行きに乗車します。バスに揺られ、赤城山ビジターセンターで下車。そこから神社までは徒歩15分ほどです。

住所|〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山
営業時間|なし
定休日|なし
電話|027-287-8061(赤城山総合観光案内所)
公式サイトはこちら

まとめ

白樺の森に包まれた赤城神社、その赤城神社を抱く赤城山はとても美しい観光スポットです。特に冬、雪化粧をした景色を眺めながらりんと澄んだ空気を吸い込めば、体の中から浄化されていくような感覚になります。悩みや心配事など忘れて、赤城山の美しい景色に心癒されてみませんか。目の前に広がる雄大な景色の中で、自然と遊ぶ旅に出かけましょう。