赤岳は日本百名山八ヶ岳の最高峰。登山をして絶景を見よう

トラベルパートナー: Kento

和歌山県出身で現在は神戸在住。関西圏をメインに中部や四国・中国地方にもふらっと出掛けます。 マイカーやバイクでのドライブを兼ねた旅行が好きです。キャンプ、釣り、登山など、アウトドアと絡めた旅行を楽しんでいます。

八ヶ岳の最高峰、赤岳登るぞー

長野県南佐久郡南牧村と諏訪郡原村、茅野市、そして山梨県北杜市にまたがる標高2,899mの赤岳は、八ヶ岳連峰の最高峰。さまざまな登山ルートと縦走コースがあり、絶景登山が楽しめることで有名で大変な人気があります。今日は日本百名山のひとつ、赤岳の魅力と登山ルートをご紹介します。

日本百名山の赤岳登山に出かけよう

赤岳は雲海に浮かぶ日本有数の山々を一堂に見渡せる八ヶ岳の最高峰です。標高は2,899m、赤茶色の山肌が特徴で、太陽の当たり方によってさまざまな表情が楽しめます。

多様な登山ルートがあるため自分の体力に合わせた登山コースが選べるのが魅力。難易度は登るコースによってC~Dまで様々です。健脚であれば日帰り登山もできます。ただし、岩場の急登も多いので基本的な登山道具がそろっていないと登るのは危険です。

赤岳の登山ルートと見どころ

森林浴気分を満喫しながら南沢ルートを進み行者小屋で休憩、その後は少々危険な鎖場や梯子を過ぎれば登頂。周囲には絶景が広がります。

赤岳は八ヶ岳の代表的な登山口

赤岳登山には美濃戸山荘まで車で行くことができます。ただし、山荘までの道路は舗装されていない悪路も多いため運転には注意が必要。運転に自信がない場合は、美濃戸口から登山をスタートすることもできます。この場合は通常よりも片道プラス1時間ほど遠回りになるので、体力やスケジュールを考慮して決めましょう。

美濃戸登山口からスタート

https://www.instagram.com/p/BYAdM1nAqh2/

美濃戸登山口には看板があり、ここがルートの分岐点となります。南沢ルートと北沢ルートがありますが、もちろんどちらのルートからも赤岳に登ることができますよ。行きと帰りで別のルートを進むと、どちらの眺望も楽しめるのでおすすめ。

森林浴気分で進む南沢ルート前半

こちらは急登が無く、全体として一定のペースで歩けます。樹林帯の中を歩きますが、足場がよく森林浴気分で進んでいけますよ。珍しい苔や木々の緑がとてもきれいで、ヤマネなどの小動物も時折観察することができます。道が分からなくなったら樹林帯の中に踏み跡が残っている方に進めば間違いありません。

南沢ルート後半は足元に注意

南沢ルート後半はごろごろとした河原の上を進みます。途中に倒木もあって、それまでの樹林帯と比べると少々難易度が高め。場所によっては河原か樹林帯どちらかのルートに分かれるて登ることがことができるので、歩きやすい樹林帯を歩くことをおすすめします。

赤岳行者小屋で少し休憩

登り始めて2時間少しで赤岳行者小屋に到着します。ここには山小屋やテント場、水場があるので縦走登山の際の宿泊地にはぴったりの場所。これからチャレンジする赤岳が目の前に迫っています。行者小屋以降は険しい道が多いため、先を急がずしっかりと休憩をとっておきましょう。

1つ目の難所・危険な鎖場

行者小屋以降は岩場の登りが中心となり、急登も多くなります。かなり傾斜がきつい場所もあり、特に設置された鎖を使いながら一気に登る鎖場はなかなかの難所。鎖は夏でも冷たく、また滑ると危険なため、必ず登山用の手袋を着用してくださいね。

2つ目の難所・梯子(はしご)での急登

鎖場に続いて、次は梯子を使った急登があります。ここは足場がかなり小さいため、踏み外すことがないよう慎重に登って行く必要があります。振り返ると驚くほどの絶景が見られますが、景色に見とれると足場がぐらつくので注意してくださいね。

ここは登山者が多いと混雑することが多く、上からの落下物に備えてヘルメットが必要な場所。抜かりなく準備するとともに、不注意から石などを落とさないようくれぐれも注意してください。

赤岳山頂に到着!絶景を楽しもう

急勾配の危険な岩場を登りきると、ついに八ヶ岳の最高峰・赤岳山頂に到着です。三角点の近くには撮影用のパネルがあるので、登頂記念の写真撮影にぴったり。さすが、八ヶ岳一帯が展望できる絶景スポットで名高いだけあり、南八ヶ岳の岩場から北八ヶ岳の樹林帯はもちろん、遠く奥秩父や富士山まで見渡せる眺望は見事です。

八ヶ岳の神様を祀る南峰の赤嶽神社

赤岳山頂はピークが南峰と北峰に分かれています。南と北は1分程度で移動できる至近距離。南峰には三角点のほか、八ケ岳の神様を祀る神社の赤嶽神社があり、祠の脇には小さい御柱が2つ建てられていて西向きに置かれています。ここは6月の山開きに合わせて八ケ岳開山祭が行われる場所でもあります。

宿泊もできる北峰の赤岳頂上山荘

南峰は写真撮影などで非常に混雑することも多いようですが、比較的空いている北峰には赤岳頂上山荘があります。ここではペットボトル飲料も販売しているので、飲み水が足りなくなる恐れがある場合は追加購入しておきましょう。特にここから別の山に縦走する場合には利用したい場所です。

宿泊するなら、日帰り登山では味わえない山頂の朝夕の絶景をぜひ楽しんでくださいね。

住所|〒391-0011 長野県茅野市玉川2382-5(事務所)
営業時間|なし
定休日|なし
電話|090-2214-7255
公式サイトはこちら

赤岳の魅力は多様な縦走ルート

赤岳は周辺の阿弥陀岳、横岳や硫黄岳などに縦走できるのが大きな魅力。八ヶ岳をたっぷり堪能しましょう。

プチ縦走で中岳登頂

中岳は赤岳と阿弥陀岳に挟まれた標高2,705mの小さなピーク。赤岳からは下りが中心で中岳を経由して帰るルートもあるので、赤岳登頂のついでにぜひ制覇したいピークです。赤岳と阿弥陀岳を間近から眺めることができて爽快ですよ。

北沢ルートで下山

中岳からは行者小屋や赤岳鉱泉を経由して、北沢ルートで下山することができます。こちらは南沢ルートと違い、水量のある川沿いの登山道がメイン。ところどころに木製の橋がかかっているので、渓流を渡りながらのコースです。

沢の音を聞きながら、苔に覆われた登山道を行くのはちょっとしたハイキング気分でとても清々しいですよ。最後の砂利道を進むと登山口に到着。下山終了です。

下山後の温泉がたまらない

https://www.instagram.com/p/BsAf1y0lQCP/

諏訪郡原村の別荘地の中にある温泉、八ヶ岳温泉もみの湯はマイナスイオンたっぷりの硫酸イオン泉、ナトリウム泉の日帰り天然温泉施設。登山の疲れを癒すのに最適なため、登山客に大変人気の温泉です。源泉掛け流しの露天風呂からは美しい八ヶ岳高原の景色も楽しめます。

住所|〒391-0115 長野県諏訪郡原村字 原山 17217-1729
営業時間|AM10:00-PM9:30
定休日|第3水曜日
電話|0266-74-2911
公式サイトはこちら

赤岳へのアクセス

電車・バスでのアクセス

JR茅野駅からアルピコ交通の美濃戸口線バスに乗車。終点美濃戸口で下車して到着です。

車でのアクセス

中央自動車道小淵沢ICを降りて、一般道を約30分走行し赤岳山荘か、やまのこ村、または美濃戸山荘の駐車場を利用します。美濃戸山荘までは車で行くことが可能ですが、山荘までの道路は悪路も多いため運転に自信がない場合は安全のためにもバスの使用をおすすめします。

住所| 長野県南佐久郡南牧村、諏訪郡原村、茅野市、山梨県北杜市
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

絶景と縦走が楽しめる赤岳登山。頂上から見渡す雲海や北アルプス、南アルプスそして富士山といった山々の眺望は登った人だけのご褒美です。少々難所もありますが、やはり登頂の喜びは格別。赤岳からの縦走は周回しやすい横岳や硫黄岳に一泊二日で登る人が多いそうです。今度のお休みにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ