冠纓神社は香川のパワースポット。鎮守の森で心静かにお祈りをささげよう

公開日:2019/1/16 更新日:2019/11/20

トラベルパートナー:トラベルパートナー: kana
徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。
緑あふれる冠纓神社のパワーを感じにおいでまい!

冠纓神社は縁結びで有名な神社です。秋のお祭りの大獅子は日本一大きな獅子として知られ、地元では かむろ八幡宮とも呼ばれ親しまれています。隠れたパワースポットとして注目の冠纓神社についてまとめました。

創建から1200年以上の歴史を持つ古社

香川県高松市にある冠纓神社(かんえいじんじゃ)はパワースポットとしても有名です。古い歴史と自然の力に圧倒される御神木や鎮守の森、安倍晴明ゆかりの地としても知られる安倍晴明神社、恋愛の神様・龍王神社など各社でもらえるカラフルな御朱印も話題です。

香川の由緒正しい神社

香川県といえば金刀比羅宮が有名ですが、ほかにも観光やお参りで訪れたい神社仏閣が多く点在しています。中でも冠纓神社は香川県でも由緒ある神社です。861年に讃岐を巡礼中、円珍が建てた宝蔵寺が現在の冠纓神社のはじまりとされています。創建から1200年以上も経つたいへん古い歴史を持った神社です。

神社の名前である冠纓というのは、冠のひものことを指していて石清水八幡宮の冠纓が奉納されたことが由来しています。また、香川県高松市香南町の氏神さまとして親しまれていて、地元では かむろ八幡宮と呼ばれています。

古代からの鎮守の森が残る

神様を迎える場所として守られている冠纓神社の鎮守の森は、香川県の天然記念物にも指定されています。樹齢800年以上の木をはじめ多くの自然が残された場所であり、自然に癒やされるスポットでもあります。

冠纓神社は讃岐の守護 細川頼之や、初代藩主 松平頼重などの崇敬があり、社領の寄進をうけたことから手厚く保護されてきた場所です。鎮守の森には多くの自然がそのまま残されるかたちとなり、今でも古代の姿を見ることができます。

パワーがあふれる御神木

冠纓神社の広い境内には、かむたま龍樟樹と呼ばれる大きな楠の御神木があります。立身出世や勝負運の御利益があるといわれる御神木は、根元から大きく伸びているいくつもの枝が龍のように見え、その迫力に圧倒されてしまいます。

香川きってのパワースポット

冠纓神社は古代からの鎮守の森が残り、藩主からの崇敬も厚かった歴史の深い神社。香川きってのパワースポットとしても大変有名です。

たくさんの神様が祀られている

 

一般的に神社には複数のご祭神が祀られていますが、ここでは応神天皇・仲哀天皇・神功皇后の3柱がお祀りされています。本殿のほかに境内社として安倍晴明神社・龍王神社があります。

安倍晴明ゆかりの地

かつて神主をしていたという伝説があることから、冠纓神社の境内には安倍晴明神社があります。安倍晴明といえば京都や大阪・名古屋などゆかりの地が各地にありますが、一部では讃岐生まれという説も唱えられており神社の近くには安倍晴明の館跡や墓といわれる史跡を見ることができます。

龍王神社は縁結びの神さま

安倍晴明神社の隣にある龍王神社は、恋愛や縁結びのパワースポットとして若い女性が多く訪れます。龍王神社はそれほど大きな社殿ではありませんが、拝殿の前には縁結びの願掛けをする絵馬や恋愛のおみくじ 恋みくじが何種類か並んでいます。良縁や縁結びの御利益があるといわれることから、ハートの装飾がいっぱいあり、かわいいと人気。

御利益いっぱいのテーマパーク的神社

冠纓神社の境内には、神社以外にも御利益があるスポットが点在しています。各スポットを探しながら参拝する、テーマパークのような楽しみかたができます。



全てのスポットを回ってみよう

境内には看板に載っていないスポットもあり、30分~40分程度で全てを回ることができます。せっかく訪れたのなら、ご利益のあるスポットすべてにお参りをし香川きってのパワースポットを制覇したいですね。

龍王神社の願い石、叶い石

写真にあるのは龍王神社の前にある願い石、叶い石です。石をなでながら願いごとを唱えるとその願いを叶えてくれるという、昔からこの地域に伝わるものですが、お願いすることはひとつだけと決まっているので欲張らないように注意しましょう。とてもすべすべした石で、いつまでもさわっていたいような心地いい感触です。

男石・女石で良縁祈願

龍王神社の奥には縁結びの祈願をするなら外せないスポット、男石と女石があります。この石の間を八の字に周ると恋愛成就の御利益があるといわれています。回り方の説明は石の奥に掲示されているので、事前にチェックしてから回ってみましょう。

神秘的な御力巡り

拝殿と本殿の間をくぐり抜ける御力(みりょく)巡りは、天井が低いので背が高い人は注意が必要です。くぐることで神さまの力を得て「百幸千福を招く」といわれています。中は薄暗くてひんやりしていて、何か特別な気を感じるような神秘的な空間になっています。

眼病予防の御利益がある水神の井戸

1000年以上枯れたことがないという井戸が手水舎の手前にあります。これは水神の井戸で水の神さまをお祀りしていますが、蓋があるので井戸の中を見ることはできません。目の神さまで眼病予防の御利益があるといわれ、毎月1日にはこの井戸の水を頒布しています。井戸水は神棚に祀ったり玄関先に撒いたりし、各家庭で家の浄化のために使われます。

学力向上を願って鳴らす清澄の鐘

こちらの清澄の鐘は水と智を表す北向きに建っていて、鐘を鳴らすと心が落ち着くとても澄んだいい音がします。祖先のため・自分のため・子孫のためとして、鐘を3回鳴らすことで精神を穏やかにして学力向上の御利益が得られるといわれています。



桃をまわして運気上昇

運気上昇と書かれた石の上にある桃のオブジェが目を引きます。石碑に由来が書いてありますが、桃は運気を上昇させて邪気を払うといわれる縁起のいいものです。日本神話でも黄泉の国から逃げ帰るイザナギノミコトが、追手に投げて追い払ったといわれるの桃。この桃をまわすと開運パワーを頂けるというのですが、桃のオブジェは重くてなかなか回せません。

地球新生神宮はパワーの源

実は冠纓神社で一番のパワースポットといわれているのが地球新生神宮で、表参道の左手にあります。地球新生神宮があるのは古代からの鎮守の森といわれる山の中なので、自然のパワーをたくさん感じ取ることができます。ただし、夏は蚊が多く蜘蛛の巣も多いので、参拝するときは注意しましょう。

カラフルな御朱印が人気

近年話題にもなった御朱印ガールなど、御朱印帳を持ち歩く女性も増えていますが、冠纓神社では3社分の御朱印をいただくことができます。冠纓神社・龍王神社・安倍晴明神社それぞれの拝殿の前に社務所があるので御朱印はそこでお願いします。無人の場合は書き置きまたは、宮司さんのご自宅の電話番号が書いてあるので電話して来ていただくこともできます。

冠纓神社へのアクセス

電車・車での行き方

JR高松駅からは車で30分、高松空港からは車で5分ほどの場所にあります。比較的アクセスは良いのですが、路線バスの本数が少なく最寄り駅から歩くと1時間くらいかかるため、車で向かうのがおすすめ。表参道・裏参道どちらにも駐車場があります。表参道の駐車場からは階段もあり境内までが遠いので、裏参道に駐車すると便利です。

Address 〒761-1402 香川県高松市香南町由佐1413
Hours なし
Closed なし
Tel 087-879-2604
Web http://www.nihon-kankou.or.jp/kagawa/372013/detail/37363ag2130014914

まとめ

創建1200年以上も経つ冠纓神社は、歴史と伝統のあるパワースポットとして有名です。神秘的で自然が多く残る鎮守の森カラフルな御朱印など、見どころ満載でもあります。香川県にはたくさんの観光スポットがありますが、隠れたパワースポットの冠纓神社にもぜひ立ち寄ってみてください。