山名八幡宮は安産や子育てにご利益あり。お正月には山名焼きを買おう

トラベルパートナー: Yoshino

出身地は富山県。在住経験のある北陸・北関東の記事がメインです。読書が趣味なので、好きな作家に縁のある土地や小説の舞台となった場所を旅しています。

2017年にグッドデザイン賞を受賞したまーずおしゃれな神社なんよ

古くから安産・子育てにご利益のある神社として有名な、群馬県高崎市にある山名八幡宮。実は神社なのに2017年のグッドデザイン賞を受賞していて、しかも境内にあるこだわりのパン屋さんは日本全国からパンを買い求めにくる人もいるくらい有名なお店です。由緒ある歴史と新しい取り組みが融合した子どもと子育て世代に優しい山名八幡宮の魅力を徹底的にお伝えします。

山名義範が築いた山名八幡宮

群馬県高崎市にある山名八幡宮は、現在の大分県にあたる豊前の国の宇佐八幡宮にお祀りしていた神様を新田義範が分霊して社殿を建てたのが始まりとされています。社殿を建てたのは清和源氏の新田義重の息子、新田義範で姓を新田から山名に改め、後の山名氏の祖となった人です。

長い参道を進んで行こう

長い参道を歩いていけば、太刀割りの石という有名な言い伝えのある石や、電車の線路が走っているのに出くわします。

太刀割りの石

参道には太刀割りの石という名の石が置かれています。この石は、村上天流との御前試合の勝利祈願に山名八幡宮に参拝に訪れた剣術家の樋口又七郎が、琵琶の太刀で打ち割ったと言い伝えられている石です。山名八幡宮のご加護をいただいた樋口又七郎は、村上天流との試合で勝利をおさめています。

神社の敷地には線路が

山名八幡宮の特色は、神社の参道を上信電鉄の線路が走っていることです。走る電車を間近で見られるのは、子どもにとっては楽しい体験になることでしょう。上信電鉄の山名駅は神社のすぐそばにあり、駅舎には山名八幡宮の旗が風になびいて揺れています。

安産と子育ての他に子ども厄除けも

線路の下をくぐって参道を進めば、子どもの名前が書かれたものが玉垣につけられているのが見えてきます。さすが、安産や子育てにご利益のある神社です。山名神社で受けられる祈願には、安産祈願や初宮参り以外にも、子ども厄除け祈願というものもあります。

さらに参道を進んでいけば、鳥居が正面に見えます。右手奥には、山名氏の神馬、子宝にご利益のあるという陰陽神木などが。左手には古札納所があるのですが、こちらには年明けということもあり、だるまや熊手が山積みにされていました。

山名一族の神馬

参道の右手にあるのが手水舎になります。この手水舎が奉納されたのは1700年といいますから、大変由緒あるものといえるでしょう。手水舎の天井板に描かれた鳴き龍は、昭和50年に書家である吉永草玄が描いたものです。

手水舎の横にある山名一族の神馬。この神馬は山名氏の末裔により奉納されたもので、前足を一歩ふみだして片足を思い切りあげ尻尾までもが跳ね上がっているその姿に、躍動感みなぎる様子が見てとれます。山名氏の末裔は、現在では群馬県だけでなく日本全国にちらばっています。

本殿は彫刻も楽しんで

建築家がデザインした授与所にも注目

鳥居をくぐり抜けて石の階段を上り、神社の本殿へと進みます。本殿の彫刻は、寺社仏閣の彫刻師、関口文治郎が彫ったもので市の重要文化財指定となっています。山名八幡宮で祀られているのは息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)・玉依比売命(たまよりひめのみこと)・品陀和気命(ほんだわけのみこと)の三神です。

山名八幡宮の大きな特色は、なんといっても神社でありながら、グッドデザイン賞を受賞していることです。2016年に建築家・永山祐子氏が手がけた社殿・授与所の改築が2017年にグッドデザイン賞を受賞しました。なお、授与所では、BABY ON BOARD マグネットという、赤ちゃんが乗っていることを知らせる車に貼るステッカーが売られています。

神社の敷地内にはなんとパン屋さんが

天然酵母のパン屋さん ピッコリーノ

山名八幡宮の敷地内にあるパン屋さん ピッコリーノは1979年に東京で創業した、天然酵母を材料に使ったパンのお店です。お店は元は民家だったの建物をリノベーションしています。原材料にアレルギー性のあるものを使用していないこだわりぶりは、地元の人ばかりでなくネットを通じて日本全国に知れわたるほど有名です。

ピッコリーノのパンの多くは、群馬県産の小麦にホシノ天然酵、水と少量の岩塩だけを使って作られており、原材料に卵や牛乳、バターなどアレルギーの原因となるものが使われていないので、アトピーなどが心配なお子さんにもおすすめできます。陳列の仕方にもセンスのよさが感じられ、木の台の上に並べられたパンは、とてもおいしそうです。

ピッコリーノのパンの特徴は、素材の味を活かしたもので、従来のパンによくある甘くて柔らかいパンとは違います。そんなピッコリーノのパンの代表作はなんといっても食パンですが、他にも、さっくりと軽い食感がクセになるチャバタ、歯ごたえ抜群で香ばしいくるみパンなど、おいしいパンがたくさん。お正月の三が日限定で、焼き印の入った限定の山名焼開運ピッコリーノ堂として販売します。

山名焼は、大判焼のような形をしていて、ふわっとやわらかい生地の中には、ぎっしりと有機栽培の小豆で作られたあんがつまっています。ピッコリーノの営業時間は、10:00〜15:00と普通のパン屋さんに比べて短い上に、平日の火曜と水曜が休みなので、お参りのついでに行ってみようと思われる方は、ピッコリーノの営業日と営業時間内に行くことをおすすめします。

住所|〒370-1213 群馬県高崎市山名町1579-4
営業時間|AM10:00-PM3:00
定休日|毎週火・水曜日
電話| 027 - 346 - 1767
公式サイトはこちら

山名八幡宮へのアクセス

山名八幡宮に行くには、車とバスの場合は最寄り駅はJR高崎駅です。車だと約15分かかり、バスだと30分ほどかかります。電車でしたら最寄り駅は上信電鉄の山名駅です。山名八幡宮は、駅から1分ほどで着きます。車で行く方は神社のすぐ近くにある無料駐車場がおすすめ。

自動車での行き方

山名八幡宮に車で行く場合には、高崎駅から県道30号を使って行くことをおすすめします。所要時間は約15分です。道路に面した赤い鳥居を通り抜けると、神社の無料駐車場がありますので、そちらをご利用下さい。山名八幡宮は駐車場から歩いてすぐの所にあります。

電車での行き方

電車で山名八幡宮に行く場合は、最寄り駅は上信電鉄の山名駅になります。JRを使われる方は、一度JR高崎駅の改札を出て、上信電鉄に乗り換え、山名駅で下車して下さい。山名駅から歩いて1分ほどで山名八幡宮に到着します。

バスでの行き方

山名八幡宮までバスで行く方は、JR高崎駅の西口から出ているぐるりんバスをご利用下さい。30分ほどで神社の敷地内の山名八幡宮停留所に着きます。

住所|〒370-1213 群馬県高崎市山名町1581
営業時間|参拝は24時間可
定休日|なし
電話|027-346-1736
公式サイトはこちら

まとめ

安産・子育てのご利益がある神社として地元で大事にされてきた山名八幡宮。祈りの場だけにとどまらない子育て世代に支持される場をつくるという新しい試みが、神社から地域再生を目指すモデルケースとして高く評価された結果がグッドデザイン賞の受賞につながり、活気あるパワースポットに生まれ変わったのです。子育てや安産祈願でなくても、一度はお参りしてみたくなるユニークな神社といえるでしょう。