フォレストアドベンチャー小田原で真剣に遊んで集中力を高めよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Khloe

静岡県出身。オーストラリア、東京に住んでいました。歴史が好きなので、歴史を感じる場所を、気ままにふらっとひとりで旅をするのが好き。

自然の中で思いっきり遊べるってめっちゃ気持ちいいべ~!

フォレストアドベンチャー小田原は、子供から大人まで楽しめるスポットとして大人気。自然の中で思いっきり体を使って遊べるだけでなく、集中力の向上や自分で気づく楽しさなども実感できるスポットです。ここでは、フォレストアドベンチャー小田原の魅力や遊び方、訪れる方法といった情報をお届けしましょう。

森の中に広がる大自然アドベンチャー

フォレストアドベンチャー小田原は、高速道路を降りて約3分ほどでアクセスできる恵まれた立地にあります。森に人の手を入れず、ありのままの自然を活かした環境に優しい施設となっているのが大きなポイント。自然と触れ合うことの少なくなった子供や、スリルを求める大人たちから人気で、多くの方が足を運んでいます。

真剣に楽しむことが求められる

フランス発祥のフォレストアドベンチャー。大人も子供も真剣に楽しむことを目的とし、利用にあたってはいくつかの条件もあります。

自然共生型アウトドアパーク

View this post on Instagram

大人気ジップライン✨ . 本日も8時のオープンから多くのお客様にご来場いただいてます♬ . 吊橋を渡ると見えてくるのが、日本最大級の高さ70mのロングジップライン💕 思わず立ち止まって、釘付けになってしまうお客様も多いです👀💫 . ぜひ一度体験してみてください🤗 ジップラインご希望の方は吊橋を渡った先の赤い建物「ツリーツリーツリー」の受付までお越しください😃 . #静岡 #箱根 #伊豆 #三島 #旅行 #観光 #三島スカイウォーク #日本一 #吊橋 #ロングジップスライド #ジップライン #絶景 #夏休み #お盆休み

A post shared by 三島スカイウォーク/公式 (@mishima_skywalk) on

1997年にフランスで誕生したアウトドアパークで、もともとは海外の企業研修を行う施設でした。それが思いのほか評判がよくなり、やがて一般公開へ、そしてはたまた世界へと広がることになったのです。

フォレストアドベンチャーのねらい

フォレストアドベンチャーでは、自分の身は自分で守るを大前提としています。また、大人も子供も真剣に楽しむことを大切にし、真剣に遊ぶことで集中力が自然に身につきます。自分で気づける力も身につき、発見する楽しさも味わえるなど、ただ楽しく遊べるだけの施設ではありません。

フォレストアドベンチャーの利用条件

ディスカバリーコースを利用可能なのは、小学1年生で身長が110cm以上、体重は130kgまでの人に限られています。難易度の高いアドベンチャーコースは小学4年生以上、または、身長140cm以上で体重130kg未満の方。18歳未満の方は保護者の付き添いが必須となるので注意しましょう。保護者1名につき子供が2名まで同伴可能です。

安全に利用するために

施設を利用するには特別な訓練を経ている専任インストラクターの指導を受けなくてはなりません。安全講習を利用前に受けるので、あまり自信がないという方も安心して参加できるでしょう。講習に必要な時間は約20分ほどなので、そこまで時間もかかりません。講習を受けても自信がない、恐怖心があるという方は続けて講習を受けることも可能。気になることは相談してみるといいかもしれませんね。

ディスカバリーコース

小さな子供向けなのがディスカバリーコース。小学生以上が参加できるコースで、家族全員での参加も可能です。

小学生から挑戦できるチャレンジコース

小学生以上が参加できるコースで、フォレストアドベンチャー小田原では唯一となる小さな子供も楽しめるコースとなっています。木に張り巡らされたロープをつたって進んでいくのですが、実際にやってみるとスリル満点。最初は不安もあるでしょうが、進んでいくうちに慣れてきます。大人よりも小さな子供のほうがスイスイと進めるかもしれません。

セルフビレイを使って自分で安全を確保する

自分でビレイを動かしながら進むセルフビレイというシステム。落ちることはないため危険は限りなく少ないです。自分の身は自分で守らなくてはいけない、ということを本能で覚えることができるでしょう。安全講習を事前に受けていれば自信のない人も安心です。

お子様を含めて家族全員で遊べるコース

小さな子供がたくさん参加しているコースなので、ゆっくりしたペースで進められるのが魅力。初心者コースのため、高いところが苦手という方でも安心でしょう。難易度はもっとも低いコースとなりますが、最初のころはどうしても不安や恐怖心も抱いてしまいます。慣れるまでここで練習するのもよいでしょう。

アドベンチャーコース

ディスカバリーコースよりも難易度が高くなります。施設一怖いと言われるターザンスイングもここで経験できます。

難易度の高いチャレンジコース

難易度が高くなるため、ここからは小学4年生以上が対象となります。ディスカバリーコースよりも高さがあるため上級者向けのコースと言えるでしょう。よりスリリングな体験をしたい、非日常を味わいたいという方向けのコースです。

選べるビレイ

アドベンチャーコースでは、自分で動かさなくても進んでいくコンティニュービレイかセルフビレイかを選べます。コンティニュービレイならサクサクと進めるので、高いところが得意な方、何回かトライしたことがある方におすすめ。

フォレストアドベンチャー小田原最恐のターザンスイング

ターザンスイングは、フォレストアドベンチャー小田原で最恐と言われるプログラム。約10mの高さの木の上から、ターザンのようにジャンプします。バンジージャンプのようなスリルある体験ができるため人気ですが、相当な高さなので怖くて飛べないという方も少なくありません。強いハートを手に入れるためにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

スペシャルプログラムも実施中

リスクマネジメント啓発、チーム力の向上などを目的として企業が研修プログラムの一環として用いることもあります。教育機関においても、課外学習や修学旅行などで利用が可能。事前に予約する必要がありますが、人数次第では施設を貸し切りにして利用することもできますよ。貸し切りにすれば周りの目を気にすることもなく、誰に気を遣うこともなく思う存分楽しめるでしょう。

行く前には予約がおすすめ

人気の施設のため、予約状況によっては利用できないこともあります。フォレストアドベンチャー小田原はオンラインでの予約もできるため、確実に利用したいという場合には事前にオンラインで予約がおすすめ。前日の正午までオンライン予約を受け付けており、それ以降は電話での対応になります。キャンセル料などは特に発生しません。

フォレストアドベンチャーへのアクセス

フォレストアドベンチャー小田原へ行くには車やバスなどが便利。ここではそれぞれのアクセス方法をまとめてみました。

車での行き方

車で訪れる場合なら、東名高速道路下り線の厚木ICを降りて小田原厚木道路に乗り換えてください。その後、荻窪ICを降りてから信号を右折します。そのまま約1600mほど進むと約3分ほどで現地にアクセスできます。車は、小田原こどもの森公園わんぱくらんど第2駐車場に停めます。

バスでの行き方

小田原駅西口にあるロータリーの3番乗り場から箱根登山バスに乗車しましょう。そのまま終点のいこいの森まで行って下車、停留所から徒歩約7分ほどでアクセスできます。バスは1時間に1本くらいなので注意してください。

住所|〒250-0055 神奈川県小田原市久野4391
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|080-4330-4030
公式サイトはこちら

まとめ

子供から大人まで楽しい時間を過ごせるだけでなく、集中力や自信の向上にもつながるフォレストアドベンチャー小田原。開放的な自然の中で思いっきり体を動かすのは気持ちがいいですし、ストレス解消にもなるかもしれません。非日常を経験したい方、スリルを味わいたい方にもおすすめです。