伊江島は絶景の宝庫。穴場の離島を一周してみよう

トラベルパートナー: MIYA

出身は山口県で得意なエリアは関西と中国地方、沖縄。その土地ならではの絶景や、町並みを写真に収めるのが好きです。その地に根差した食べ物とお酒を嗜むのも旅の醍醐味と思っています。あとダイビングが好きなので暖かい地域、海辺のスポットが得意です。一人旅・ドライブも好きだけど、最近はもっぱら子連れ家族旅が多いです。

伊江島のおじぃとおばぁが待ってるよ~

本部港からフェリーに乗ること30分という、程よい距離にある伊江島。島の周りには伊江島ブルーと呼ばれる青く澄んだ海が広がり、多くの魚たちが泳ぎ回る楽園です。島ならではのイベントやグルメなど楽しみ方いろいろです。そんな伊江島の見どころと楽しみ方をご紹介します。

伊江島は日帰りで楽しめる離島

離島というとアクセスが困難なイメージがありますが、伊江島は沖縄本島からフェリーで30分ほどで行くことができる手軽な観光スポットです。

気軽に行ける離島

沖縄本島から近い伊江島は、気軽に行ける離島として観光客に大変人気のスポットです。美ら海水族館近くの本部港からフェリーを利用して、わずか30分で伊江島に到着。沖縄本島北部に位置する本部半島から海を越えて、北西約9kmの場所にあります。

日帰り観光が可能

周囲約22.4kmと比較的小規模な離島である伊江島。日帰り観光でも島を一周できて、存分に楽しめるのが良いところ。日帰りも良いですが、時間が許せば島での宿泊もおすすめです。なぜなら、島で一夜を明かせば、離島ならではのゆったりとした沖縄時間を満喫できるからです。

島のシンボル!タッチューの山頂で島を一望しよう

城山の頂上までは歩いて約5分で登ることができます。山頂では島全体を見渡せる絶景が広がっているので、ぜひ登ってみましょう。

島の聖地スポット

まるで烏帽子のような城山(ぐすくやま)は、沖縄本島から伊江島を望むとまずに目に飛び込んでくる特徴的な形をしています。島には城山御嶽(うたき)という神聖な場所があり、この地で島民たちが健康、豊作、航海の安全などを祈願します。島民にとって城山はとても重要な場所であり、島で最高位の神がいる聖地なのです。

たった5分で山頂に

城山はタッチューという愛称で呼ばれていて、島外の人たちにも馴染み深い場所。標高172mのタッチューはそれほど高い山ではないため、頂上まで登ることが可能です。険しい石階段を登っていくと、約5分で城山の山頂に到達します。

360度見渡せるパノラマビュー

伊江島には城山以外に高い山や建造物はありません。そのため、ひとたび城山の山頂に登ってみると、島全体の360度の開放的なパノラマビューを体感できるのが魅力的。また、山頂にはカタンナーバ足跡の伝説という不思議な伝説が残されていて、大男の足跡の形をした岩は必見です。

住所| 沖縄県国頭郡伊江村東江上
営業時間|年中無休
定休日|なし
電話|0980-49-3519
公式サイトはこちら

ワジーの断崖絶壁は島随一の絶景ポイント!

ワジーは漢字で表記すると湧出で、その名が示す通り水が湧き出るポイント。ここは断崖絶壁の場所で展望台からの眺めは壮観です。

湧出(ワジー)と呼ばれる島の北部の高さ約60mの断崖絶壁の場所では、胸のすくような絶景が堪能できます。ここから見える景色は圧巻で、切り立った崖の先にはどこまでも広がっていく美しいコバルトブルーの大海原

じっくりとこの絶景を味わいたい方には、ワジーの展望台からの眺めがおすすめです。真水が湧出する断崖下の波打ち際は、かつては島の貴重な水源の役割を担っていました。

住所| 沖縄県国頭郡伊江村東江前38
営業時間|年中無休
定休日|なし
電話|0980-49-3519
公式サイトはこちら

ニャティヤ洞は知る人ぞ知る秘密のパワースポット

伊江島の南西部には多数の洞窟があり、その中の一つニャティヤ洞は美しい景観も楽しめるパワースポットです。

神様が住む洞窟

ニャティヤ洞と呼ばれる洞窟の奥は、美しい伊江島の海を見ることができる景観スポットです。島の南西部の海岸線にはたくさんの洞窟があり、ニャティヤ洞はその一つ。洞窟内には神様が祀られていて、亥之方男神と戌之方女神と呼ばれています。

子宝祈願スポット

ニャティヤ洞には霊石ジビル石という子宝祈願のパワースポットがあり、神様の隣にあります。石を持ち上げた時に、見た目以上に重く感じたら男の子が、軽く感じたら女の子が生まれるという言い伝えが。ここは神聖な場所なので不必要にはしゃいだりするとマナー違反となりますので、厳かな心持で観光するようにしましょう。

住所| 沖縄県国頭郡伊江村川平付近
営業時間|年中無休
定休日|なし
電話|0980-49-3519
公式サイトはこちら

ハイビスカス園で1000種類以上のハイビスカスに出会う

たくさんの種類のハイビスカスが生育される伊江島はハイビスカスのメッカ。数多くの色鮮やかな花を見て楽しめるのが魅力です。

ハイビスカスの本拠地はここ

日本ハイビスカス協会の本拠地は伊江島にあります。伊江島の植物園ではハイビスカスが展示されていて、その数はなんと1000種類以上。伊江島でしか見ることができないオリジナル品種も多いのが特徴で、現在でも新たに様々な品種がつくられています。

新しい品種のハイビスカスまで

植物園では新品種のハイビスカスをお土産に購入して持ち帰ることができます。園内は屋根付きの全天候型なので、雨の日でも楽しめるのがメリット。毎年12月にはハイビスカス祭りが開催されるほか、いろいろな種類の野鳥を観察できる野鳥の森や、蓮や睡蓮が咲く水鳥の池といった場所あり、楽しみ方はさまざまです。

住所| 沖縄県国頭郡伊江村東江前3614-1
営業時間|9:00~17:00
定休日|年中無休
電話|0980-49-5850
公式サイトはこちら

ユリ祭りは年に一度の島の一大まつり

伊江島で毎年行われるユリ祭りは島のビッグイベント。多種多様な美しく咲き誇るユリが見渡す限りに広がる様子は圧巻の一言です。

日本一早いユリ祭り

日本一早いユリ祭りが行われるのが、ここ伊江島。会場は北海岸にあるリリーフィールド公園で毎年4月下旬から5月上旬にかけて開催されます。100万輪のテッポウユリと、100品種の世界のユリが咲き誇る光景は見ごたえ十分。園内の広大な敷地一面に広がる白いテッポウユリと、青く澄んだ海や空とのコントラストは見逃せない絶景です。

島の踊りやライブも

祭り期間中は伊江島でしか味わえない絶品グルメを満喫できる絶好の機会です。多くの飲食テナントや物販テナントが出店し賑わったり、土日、祝日にはイベントも行われ、島伝統の踊りを見たりアーティストによるライブも。

祭り開催中は多くの観光客が訪れます。そのため、フェリーが満員で乗船できない場合もあるので、時間に余裕を持たせたスケジュールを組むのが良いでしょう。

住所| 沖縄県伊江村字東江上3087
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0980-49-2906
公式サイトはこちら

伊江島マラソンで島を一周してみよう

毎年4月の伊江島マラソンでは島を一周回って景観を楽しめたり、島民とのふれあいや島ならではのグルメを味わえたりできる機会があります。

島を一周できるマラソン大会

伊江島一周マラソン大会のハーフマラソンでは、島をぐるっと一周することが可能です。マラソン大会は毎年4月に開催されて3km、5km、10km、ハーフの4種目が用意されています。ランニングしながら島民の方からの声援を受けて、同時に島の美しい景色を眺められるのでとても心地良いイベントです。

ゴール後には美味しい島の料理を

マラソン競技が終わったら牛汁、魚汁、沖縄そばの中から好きなものを1つ選んで体力回復。競技後には島民とランナーの交流を深められるふれあいパーティーが用意されていて、ステージイベントやご当地グルメといった楽しい時間が待っています。

透明度抜群!伊江島ブルーを体感しよう

青く澄んだ海が特徴の伊江島では、ダイビングでその海の世界に触れることができます。たくさんの魚が泳ぎ回る海の世界に飛び込んでみましょう。

伊江島の海は伊江島ブルーと呼ばれるほど透明度が高いのが特徴で、ダイビングの有名スポットです。島の北部の地形はダイナミックで迫力があり、濃い魚影も見られて海の世界を楽しめるのが特徴。

島の南部には白い砂浜が広がっていて、かわいい小魚たちが泳ぎ回る癒しの空間となっています。体験ダイビングというものがあり、ダイビングのライセンスがなくても手軽に海中世界を満喫できます。

住所| 沖縄県国頭郡伊江村字東江前1947-1
営業時間|7:30~22:00
定休日|不定休
電話|0980-49-2569
公式サイトはこちら

お土産に最適!周りと差をつける島の逸品

伊江島にはこの島ならではの特徴的な品々が揃っています。お土産に買って帰れば旅の良い記念になること間違いなしです。

人気の飲料水イエソーダ

イエソーダはワジーの湧水を使用したお土産に人気の炭酸飲料。ラインナップは4種類で、伊江島黒糖で作られたブラックコーラ、白いテッポウユリをイメージしたホワイトソーダ、ドラゴンフルーツと紫芋を含んだピンクドラゴン、大宜味村産のシークヮーサー果汁と島の塩が入ったグリーンマース。かわいらしいポップなデザインと、こだわりの原料が生み出すおいしさが人気の秘密です。

ラム酒のIe Rum Santa Maria(イエラムサンタマリア)

伊江島産のサトウキビで作られたラム酒がイエラムサンタマリア。通常ラム酒を作る場合はサトウキビを絞った後に残った糖蜜を使用しますが、このラム酒はさとうきびジュースをまるごと使用しているので、薫り高さとコク深さが際立っています。

イエラムサンタマリアはゴールドとクリスタルの2種類があり前者はオーク樽での熟成、後者はステンレス槽での熟成です。

沖縄名産の島らっきょう

伊江島のらっきょうは沖縄県一の生産量を誇る名産品。深植えでの栽培のため、沖縄の他の地域の島らっきょうと比較すると白い部分がふっくらとしていて、香りが良いのが特徴。本土のらっきょうは好きではないという方でも、伊江島の島らっきょうはおいしいと感じる場合もあり、その味に魅了される人も。

お土産の購入は伊江港で

一通りのお土産を購入できる、伊江港ターミナル内の伊江島物産センターはぜひ利用したいスポット。先にご紹介したイエソーダ、イエラム、島らっきょうの他にも様々な商品が用意されていて、ピーナッツ菓子や伊江島特産の伊江牛の加工品などがあります。気に入った商品はオンラインショップで再度購入するのもおすすめです。

住所| 沖縄県国頭郡伊江村川平519-3
営業時間|7:00~16:00
定休日|年中無休
電話|0980-49-5555
公式サイトはこちら

伊江島へのアクセス

伊江島は沖縄本島からフェリーで30分とアクセス良好なのがメリット。島内を回る際はレンタカーやレンタサイクルを利用する方法もあります。

フェリーでの行き方

車を利用する場合は、那覇空港から本部港まで約1時間30分で到着します。公共交通機関を利用する場合は、那覇空港からやんばる急行バスに乗車して約2時間。本部港からは伊江島行きフェリーに乗り、約30分で伊江港に到着します。フェリーに車で直接乗り入れる場合は事前の予約が必要なので注意してください。

レンタサイクルやレンタカーでの行き方

島内の移動でおすすめなのが小回りの利くレンタサイクル。伊江島港付近で自転車のレンタルが可能です。また、フェリーに車を直接乗り入れれば、島を車で観光できるので効率良く島を楽しめます。伊江島に到着してから、レンタカーやレンタバイクを借りる方法でも良いでしょう。

まとめ

沖縄本島からちょっと島にも渡ってみたい、という方にピッタリなのがこの伊江島。特徴的な形の城山の山頂からは絶景を望めたり、島ならではのグルメを堪能したりできるのがこの島の魅力です。

島にはゆったりとした島の時間が流れていて、この島に来たら日常を忘れてこの時間の流れに身をゆだねることができます。この温暖な南の島で伊江島タイムに浸ってみてはいかがでしょうか。