箱根彫刻の森美術館で日本最大級の野外展示を楽しもう

トラベルパートナー: kaede

群馬県出身、神奈川県在住。自然と温泉の多い土地で育ったことから、アウトドアや温泉が好き。今話題のキャンプ場の情報から秘境と言われる温泉地などをメインにわくわくする情報をお届けします。

思わず写真を撮りたくなっちゃうアート作品に出会えるよ〜

箱根彫刻の森美術館は神奈川県足柄下郡箱根町にある、野外彫刻を中心とした美術館です。山々に囲まれた7万平方メートルの緑豊かな庭園で、イマジネーションあふれるアートを間近に鑑賞することができます。子供のための体験型アートや天然温泉の足湯も楽しめ、身も心もリフレッシュできる箱根の観光ポイントです。

大自然とアートの融合。箱根彫刻の森美術館

最大の特徴は野外展示が多いこと。常設のピカソコレクションや休憩時には天然温泉の足湯も楽しめます。

箱根彫刻の森美術館とは

箱根彫刻の森美術館は1969年、国内初の野外美術館としてオープン。雄大な自然と温泉で人気の観光地箱根にあり、箱根観光の人気スポットとなっています。

屋外の心地よい空気の中、気軽に間近でアートを楽しむことができます。

約120点の野外展示が庭園に広がる

箱根彫刻の森美術館の最大の特徴は屋外展示が多いこと。箱根の山々に囲まれた7万平方メートルの緑豊かな庭園で、近・現代美術を代表する名作約120点を鑑賞することができます。

野外彫刻ならではの迫力ある大きな作品や、散策しながらのんびりと鑑賞できるのも魅力です。

ピカソ館や屋内展示に足湯まで

ピカソの作品を専門に紹介するピカソ展示館では、世界有数のピカソコレクション300点余りを順次公開。そのコレクションは陶芸、絵画、彫刻、タペストリー、版画、ジェマイユ(ステンドグラス)など、様々な技法の作品があります。

そのほか、5つの室内展示場や休憩にぴったりの天然温泉の足湯もあり、充実した憩いのひとときを過ごすことができます。

野外彫刻を散策。見所スポットをご紹介

嘆きの天使

入って最初に目にするのは、印象的な水面に横たわる天使のオブジェ。フランス人彫刻家ラランヌ夫妻の共同作品です。

ギリシャ神話に登場する、水面に映った自分に恋した青年ナルシスのように、この天使も陶酔した表情を水面に映し出している、と作者は語っています。

マイ・スカイ・ホール(天への道)

空に向かって伸びる4本の柱からぶら下がる球体。落ちないかな、と目を疑ってしまいます。

球体は全面鏡で周囲の景色を映し出しています。井上武吉作。様々なものを映し出す空の穴は無限の世界を作り上げる、とうことを表現しているそうです。

ボクシングをする二匹のうさぎ

イギリスの彫刻家バリー・フラナガン作。2匹の野うさぎが十字架の上で、ボクシングかダンスをして戯れているような楽しさが感じられます。数ある彫刻の中でも、可愛らしさがあって親しみやすい彫刻でした。

ミス・ブラック・パワー

ハリボテで作られた巨大な女性像は高さ5m。フランス人作家のニキ・ド・サン・ファール作。カラフルで印象的な巨大女性は、極端に小さな手足にカラフルなドレスとバックを持ち、大地にどっしりと立っています。生命の源として自信に満ちた、女性自身による女性賛歌の像です。

密着

手足を思い切り伸ばし、大地にまさに密着しようとしている姿がリアルに表現されています。作家自身の身体の型をとって作られました。

地面にベターッと倒れ込んでいる姿は、思わず真似をしてみたくなるポーズ。身体はスレンダーですが、重さは1トンもあるそうです。イギリスの彫刻家アントニー・ゴームリー作。

16本の回転する曲がった棒

ぐるぐると回るステンレス棒。いったいどんな構造になっているのか、気になって立ち止まってしまう作品です。

この棒は電気によりモーターで回っていますが、動きに機械的な硬さがありません。単純な動きを繰り返しているだけですが、光を反射させながら空や周りの風景を写しこんで、くねくねとうねっているように見えます。日本を代表するキネティックアートの作家、伊藤隆道の作品。

交叉する空間構造

黒の男性像と赤の女性像各72体、全部でなんと144体の像がお互い手足をつなぎ連なっています。炭素原子を人体に置き換えて、ダイヤモンド分子構造で表現しています。後藤良二作。

キッズが楽しめる遊びスポットがいっぱい

ネットの森で体を動かす

子供たちに人気のネットの森。大断面集成材を積み上げた木造ドームの中に、ビビッドカラーの手編みのネットがいくつもつなぎ合わされて巨大なハンモックのように吊るされています。

ネットの中に入って登ったり、跳ねたり、ポール部分に乗ってみたりと自由に遊ぶことができ、遊びながら色彩感覚や造形感覚を身体全体で感じることができる体験型アートです。ネット内で遊べるのは小学生以下の子供です。

シャボン玉のお城

透明なカプセルがいくつもつながったシャボン玉のお城は、その名のとおり連なって舞い上がるしゃぼん玉のよう。

カプセル内は迷路になっていてジャングルジムのように遊べます。変化する光の表情や形の面白さを遊びながら楽しむことができます。

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻

ステンドグラスが全面にはめ込まれた高さ18m、内径8mの塔は、まるで万華鏡を覗いているような幻想的な雰囲気です。

中央にあるらせん階段は子供でも上れる高さで、塔のてっぺんからは美術館全体と箱根の山々が見渡せます。野外彫刻も俯瞰で見えてひと味違った印象。インスタで大人気のフォトスポットです。

目玉焼きのオブジェ

目玉焼きのオブジェでは、ねそべったり、飛んだり、跳ねたりして遊ぶことができます。靴は脱いで上がりましょう。

子供たちがねそべる姿を上から撮ったり、子供たちの可愛らしい写真が撮れるフォトポイントです。

箱根彫刻の森美術館へのアクセス

電車でのアクセス

箱根湯本駅から箱根登山鉄道で約35分。彫刻の森駅下車、駅から徒歩2分。

バスでのアクセス

箱根湯本駅から箱根登山バス、伊豆箱根バスで約25分。二の平入口下車、徒歩5分。

車でのアクセス

東京方面からは東名厚木ICから小田原厚木道路に出て、その後国道1号線に入ります。箱根の坂を上って宮ノ下交差点を左折、その後は強羅方面に右折し、県道723号線に出て約500mで到着です。

御殿場方面からは東名御殿場ICから国道138号線に出て宮ノ下交差点を右折し、国道1号線に出ます。その後は強羅方面に右折し、上記と同じです。

有料駐車場がありますが、週末や祭日には大変混雑し、午前中に満車になることも多々あります。

住所|〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
営業時間|9:00〜17:00
定休日|年中無休
電話|0460-82-1161
公式サイトはこちら

まとめ

箱根彫刻の森美術館は、自然に囲まれた気持ちいい屋外でアートを間近に見て、感じることができる美術館です。家族連れなら子供が体験型アートで遊べるいい機会でもあります。忙しい日常とは違う、アートの世界に浸るのも心の滋養。フォトポイントもたくさんあるので、思い出に残るアートな写真もたくさん撮れそうです。