マリホ水族館は商業施設内にある憩いの水族館!生き生きとした魚に癒される

公開日:2019/1/21 更新日:2019/8/16

トラベルパートナー:トラベルパートナー: nanoha
出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。
小さいけれど素敵な水族館じゃけん

今度の休日はのんびり見て周れるコンパクトな水族館で、癒しの時間を過ごしてみませんか。サイズは小さめながらも、飼育数は大きな水族館に負けていません。6つのテーマに分けられたゾーンではご当地ならではの展示も楽しめます。

商業施設の敷地内にある水族館

約5000匹の魚を展示

ペットを連れて買い物できる店舗も多く、たくさんの人たちでにぎわう人気商業施設マリーナホップ。その敷地内にあるのがマリホ水族館です。

約30分ほどで一周できる1階建てのコンパクトな造りながらも、館内には約5,000匹の魚が展示されており、サンゴ礁を再現した水槽や、生き物のようにうねる水の流れが印象的な世界初の水塊水槽など見どころがたくさんあります。

大きなクジラがお出迎え

青いクジラ

水族館の入口ゾーンでは、ビッグなサイズとライトブルーが印象的なクジラのオブジェがあなたの来場を待っています。マリホ水族館のマスコットキャラクター的な存在であるこのクジラは「マリンボ」の愛称で親しまれています。

個性豊かな6つのゾーン

波の向こうへ

こちらは、白い砂浜のサンゴ礁を模して造られた水塊水槽があるゾーン。最先端の技術で作られた、まるで生きているかのように動く白波が特徴的です。その波間で揺らめく、色とりどりの熱帯魚たちの姿を眺めることができます。

あふれる瀬戸内の命

こちらは瀬戸内海に生息している魚を中心に構成された水槽が並ぶゾーン。お寿司でおなじみのアナゴなどもこちらに展示されています。岩場を模して造られた洞窟の中には、ジッと身体を休めているキジハタの姿も。

たゆたうクラゲのホール

こちらはミズクラゲやカブトクラゲなど、多くのクラゲが展示されているゾーン。クラゲがより立体的に見えるように、半球が飛び出している形の水槽が設置されています。ゆったりとした時間が流れる中、クラゲがたゆたう幻想的な光景が楽しめます。



輝くサンゴの海

こちらは館内で最も大きなラグーン水槽と小窓水槽があるゾーン。ラグーン水槽では、サンゴ礁の中をゆっくりと泳ぐナポレオンフィッシュやトゲチョウチョウオなどの姿が見られるほか、ダイバーによるパフォーマンスも。小窓水槽では小さいながらも多種多彩な魚たちの姿が楽しめるようになっています。

うねる渓谷の森

こちらは広島の渓流を再現した、迫力ある水塊水槽のゾーン。季節ごとに変化する景観の中には、天然記念物ゴギの姿もあり、小さいながらも古き良き日本の原風景を感じさせてくれます。

ゆらめく緑の惑星

ラストは熱帯雨林の川を再現したゾーンです。熱帯に棲む淡水魚が展示されており、餌とりジャンプ水槽ではノーザンバラムンディがジャンプして、餌の虫を捕食する姿が観察できます。

こんな変わった生き物もいる

チンアナゴ

輝くサンゴの海ゾーンの水槽で待っているのはチンアナゴです。ウナギ目アナゴ科のこの魚は、砂の中に潜ったり、顔を出したりする愛らしい姿が人気を集めています。

ヘコアユ

輝くサンゴの海ゾーンの水槽にいるのは、トゲウオ目ヨウジウオ亜目のヘコアユ。体を縦にして泳ぐ独特な姿がなんともユーモラスです。

パシフィックシーネットル

たゆたうクラゲのホールゾーンの水槽で会えるのは、旗口クラゲ目オキクラゲ科のパシフィックシーネットル。リボンのような特徴的な触手を持つこのクラゲは、広島県で初めてこのマリホ水族館で展示されました。

外に池がある



カープ鯉の池

こちらは水族館の出口付近にあるカープ鯉の池。赤ヘルをかぶっているように見える丹頂という種類をはじめ、様々な錦鯉が泳いでいます。広島東洋カープのチーム名が入ってことからも分かるように、地元の人たちにとってなじみ深い鯉に会えるミニスポットです。

かわいらしいお土産の販売がある

空海館

こちらのショップでは、海洋生物のぬいぐるみのほか、菓子などのお土産も販売しています。おすすめは水族館のオリジナルグッズのほか、広島東洋カープとのコラボグッズ。広島県の特産品やカープグッズもあるのでお土産をまとめて購入する方にも便利です。

軽食コーナーがある

軽食コーナーも併設されているので、おなかが空いた時やちょっと休憩したい時などはこちらを利用しましょう。うどんなどの食事の他、ご当地スイーツも楽しめます。写真映えもする、ちんあなごソフトはイチオシメニューとして人気です。

Address 〒733-0036 広島県広島市西区観音新町4丁目14-35
Hours AM10:00~PM8:00
Closed 不定休
Tel 082-208-3988
Web http://momiji-yamadaya.co.jp/

マリホ水族館へのアクセス

電車の場合 JR広島駅よりバス利用で約40分

自動車の場合 吉島ICより約15分

※500台以上収容可能の駐車場あり

Address 〒733-0036 広島県広島市西区観音新町4丁目14-35
Hours AM10:00~PM5:00(4~11月はAM10:00~PM8:00)
Closed 不定休
Tel 082-942-0001
Web http://mariho-aquarium.com/

まとめ

生きている水塊が創り出す、みずみずしい水中世界で躍動するたくさんの生物たち。商業施設の敷地内に一昨年オープンしたばかりの水族館は、その鼓動を身近に感じ、心に癒しと安らぎを提供してくれる憩いのスポットでした。