ピットストリート・モールは買い物天国。シドニー最先端ショップをチェックしよう

トラベルパートナー: Sophie

大阪府出身。東京で就職し数年働いた後、ニューヨークへの短期留学、カナダ、オーストラリアへワーキングホリデーで渡航。オーストラリアが好きになり、現在もそのままシドニーに滞在中。 ひとり旅が多めですが、友達とわいわいできる女子旅も好きです。旅行中はローカルなエリアをまわってかわいい雑貨屋さんやおしゃれなカフェを見つけるのが趣味。

シドニーの中心で欲しいものを買い尽くせ!

シドニーでショッピングを楽しみたいのなら、ピットストリート・モールに行かないわけにはいきません。シドニーで最大規模を誇るショッピングストリートですし、周辺には見どころのあるスポットも目白押し。そこで、ここではピットストリート・モールの魅力や見どころ、アクセスの仕方などについてまとめてみました。

シドニー最大規模のショッピングストリート

さまざまなファッションブランドのお店がそろっているのはもちろん、レストランやカフェも充実したスケールの大きなショッピングストリート。

デパートやファッションビルが勢揃い

大型のファッションビル ウェストフィールド、マイヤーズ、その他人気のある路面店が数多く並ぶ非常にスケールが大きい商店街のような空間です。日本でもよく目にするブランドはもちろん、オーストラリア限定ブランドまでそろうのは魅力的。店舗数や取り扱いアイテム数が多いのはもちろん、カフェやレストランなども多いため1日いても飽きることはありません。

路面店も多数あり

日本でも高い人気を誇るファストファッションのお店が揃っています。H&M、ZARA、ZARA HOME、GAPなどの大型店もありますし、日本では手に入れられないアイテムが安価で見つかる可能性もアリ。HYPEやseed、Cotton onといったオーストラリア発のファストファッションブランドのショップもあります。世界的に有名なコスメショップ Sephoraの大型店も。週末は相当な人出でごった返します。

ヨーロッパ風の建物がおしゃれ

近代的なビルだけでなく、ヨーロッパ調の趣きがある建物が混在する不思議なエリア。それぞれの建物の1階には個性的でユニークなディスプレイやショーウィンドウも並んでいます。独特な雰囲気の中でのウィンドウショッピングも楽しいかもしれません。

ストリートパフォーマンスにできる人だかり

迫力あるストリートパフォーマンスが見られるのも魅力的。ストリートパフォーマンスの種類もまちまちで、楽器や歌、パントマイム、ダンスなどのほか、似顔絵やハンドメイド雑貨を売る人も。素晴らしい、と感じたら周りの人と同じようにコインを投げ入れてみましょう。

高くそびえ立つシドニータワーアイ

シドニーの景観を一望できるので必ず足を運んでおきたいスポット。美味しいランチやディナーも楽しめるのでグルメな方も納得するはず。

ピットストリート・モールの入り口に立つシドニータワーアイ

シドニータワーアイはシドニーにおけるシンボルのような存在。ウェストフィールドから突き出るようにして建っています。ウェストフィールドのレベル5に入り口、チケット売り場があります。地上260mの高さにある展望台からは、シドニーの街並みを一望でき、言葉にできぬ絶景を楽しめるでしょう。

シドニータワービュッフェで食事と景色を堪能

シドニータワービュッフェ(Sdney Tower Buffet)はシドニーの景色を見渡しながら食事が楽しめる360度回転レストラン。オージービーフやシーフードなど、オーストラリア名物がそろうほか、アジア料理も充実しています。日本人の口に合う食事も多いので安心してください。アルコールメニューも充実しているのでお酒好きも安心。天気がよければブルーマウンテンやハーバーブリッジが見えることも。ランチとディナーで料金が変わってくるので注意してください。

住所| Pitt St, Sydney NSW
営業時間|AM11:00–PM2:00, PM5:00–PM9:00
定休日|なし
電話|(02) 8223 3800
公式サイトはこちら

勇気のある人はスカイウォークにチャレンジ

別料金のアトラクションになりますが、勇気がある方はスカイウォークにチャレンジしてみましょう。シドニータワーアイの外に作られている歩道で、透明なフロアからシドニーの街を見下ろすことが可能。高いところが苦手な方だと思わず足がすくんでしまうでしょう。体力は特別必要ありませんが、度胸と勇気は必要です。

住所| 100 Market St, Sydney NSW
営業時間|AM9:00-PM9:00(最終入場はPM8:00)
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

なんでもそろうウェストフィールドに注目

とりあえずここにくれば何でもそろう、それがウェストフィールド。雑貨や服、コスメのほか、フードコートもあります。

服・雑貨・コスメに生活用品など専門店が揃う

ウェストフィールドではオーストラリア国内のブランドはもちろん、国外のブランドショップも勢ぞろいしています。7階建ての建物にたくさんのショップが入店しており、メンズやレディースのファッションアイテムのほか、ホームウェアや服飾雑貨も充実。オーストラリア発のオーガニックコスメとして人気のJurlique(ジュリーク)もあるので、嬉しい方は多いはず。

センスが光るアイテムがそろっているのがレベル4のファッションストリート。プラダやグッチといった高級ブランドショップも多数出店しています。オーストラリアのローカルデザイナーのブティック、カジュアルブランドのお店もあるので、ぶらぶら歩いているだけでも楽しめます。

レベル5のフードコートにも注目

日本のフードコートとは違い、豪華なインテリアを採用。お店のラインナップも魅力的ですし、広々とした客席なので窮屈な感じもしません。ただ、ランチタイムはたくさんの人が利用しますし、混雑してしまいます。早めに席の確保をしておきましょう。

中華の名店として知られるディンタイフォン、スパニッシュのエンカサなど、味が高く評価されているお店がたくさんあります。イタリアンやメキシカン、タイ料理、ベトナム料理など、多国籍な料理を楽しめるのは移民大国オーストラリアならではでしょう。スイーツショップやカフェも充実しているため、ショッピングの合間に軽くお茶することも可能。

住所| Pitt St Mall and, Market St, Sydney NSW
営業時間|AM9:30-PM7:00
定休日|なし
電話|店舗によりことなる
公式サイトはこちら

歴史ある美しい内装が魅力のストランドアーケード

シドニー最古で歴史のあるショッピングアーケード。とても雰囲気があるアーケードで、どのお店もディスプレイにこだわっていてオシャレです。

シドニー最古のショッピングアーケード

ストランドアーケードはビクトリア調の内装を採用しており、美しい空間が広がっています。個性的なデザイナーズブティックもたくさんあるので、見て回るだけでも楽しめるでしょう。内装やディスプレイにこだわるお店ばかりなので、オシャレな雰囲気の中ショッピングを楽しめます。

イソップ(Aesop)はオーストラリア発のスキンケア用品ですが、ここに出店しています。かわいい雑貨はもちろん、アンティーク用品などの小さなお店もたくさんあります。時間さえ許せばすべてのお店に入ってみたい、と考える方も少なくないでしょう。

View this post on Instagram

I’ll just have one chocolate… said no one ever!

A post shared by Koko Black Chocolate (@kokoblackchocolate) on

ココブラックはメルボルン発のチョコレートショップです。見た目が可愛く味も素晴らしいチョコは、大切な人へのお土産におすすめ。カフェスペースもあり、そこではホットチョコレートも飲めます。本格チョコレートで作ったドリンクをぜひ口にしてみましょう。

ピットストリート・モールへのアクセス

電車での行き方

最寄り駅となるのはダウンホール駅で、徒歩約5分ほどでアクセスできます。セントラル駅から1駅区間なので便利ですね。百貨店のデイビッド・ジョーンズ(David Jones)、クイーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)なども近いので絶好のショッピングコースです。

住所| 182 Pitt St, Sydney NSW
営業時間|AM9:00–PM8:00
定休日|なし
電話|店舗により異なる
公式サイトはこちら

まとめ

ピットストリート・モールにはとにかく魅力的なお店がたくさん並んでいるので、ついついお財布の紐も緩くなりがち。あれもこれも買いたくなる気持ちは分かりますが、買いすぎには注意してくださいね。ストリートや建物の雰囲気なども楽しみつつ、買い物も楽しんでください。