十和田湖で絶景や温泉を楽しもう。周辺のおすすめ施設もご紹介

トラベルパートナー: Ai

東北出身。北海道、東北、関東、関西地方にはほとんど行ったことがあります。海外に留学経験もありヨーロッパ・中東・アジアに詳しいです。基本一人旅が大好きで海外も一人で旅行します。特技は自分で格安旅行プランを作ることです。

十和田湖さは、魅力がこったにある!

青森と秋田に跨る十和田湖は、日本の湖の中で水深3位の湖と言われています。そこの場所にいるだけで、自然が長い時間をかけて生み出した生命の息吹を感じることができるほど、雄大で大パノラマな雰囲気を感じることができる観光スポットです。

神秘的な雰囲気を醸し出す十和田湖の魅力

青森県と秋田県の両方にまたがり、最大水深は326.8mと日本で第3位に入る湖が十和田湖。その神秘的な雰囲気と息を飲むような景色に多くの人が訪れているスポットです。

十和田湖の基本情報をチェック

十和田湖は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがっている湖のことで、日本の湖の中では水深はなんと約33mで第3位。面積では12位を誇るスポットです。

東岸には十和田湖の水が流れ出る奥入瀬川と、北東に約14kmに渡って奥入瀬渓流が延びていることも特徴です。

十和田湖と火山の密接な関係

実は十和田湖は火山の山頂部に水が貯まってできるカルデラ湖でもあります。中世以降は噴火はしていませんが、十和田火山として監視対象とされている現状があります。

約20万年前から活動をしており、約2.5万年前と約1.3万年前に起こった大きな噴火で、十和田湖の原型が形成されたと言われる歴史ある火山となります。

十和田湖に伝わる興味深い伝説とは?

美しく神秘的な乙女の像

こちらの男女が向かい合った美しい銅像は、詩人・彫刻家である高村光太郎の傑作として知られており、十和田湖国立公園指定15周年を記念して昭和28年に建てられ、最後の作品として知られています。

昼間でももちろんキレイに映る銅像ですが、時間帯をずらして夕暮れ時に来るとまた違ったロマンチックな雰囲気となります。

十和田湖に昔から伝わる伝説

十和田湖に伝わる伝説としては三湖伝説があります。

青森、秋田に跨る十和田湖・八郎潟・田沢湖を舞台とするストーリーで、十和田湖では物語のはじめとなる南祖坊と八郎太郎の闘いを描いていることも特徴の一つです。

十和田湖伝説にまつわる三湖伝説とは

十和田伝説とは、十和田湖を追われた八郎太郎が試練を乗り越え、八郎潟(秋田県)を安住の地として美しい女性、田沢湖(秋田県)の辰子と結ばれるという恋愛を描いた物語となっています。

十和田湖・八郎潟・田沢湖を巡るこのストーリーは、昔から今まで語り継がれている地元では大切な伝説となっています。

パワースポットと名高い十和田神社

十和田湖には2つの突き出ている半島がありますが、その間にある中山崎の付け根、休屋の奥に位置しているパワースポット神社があります。

祭神としては日本武尊が祀られており、緑豊かな木々に囲まれた隠れ神社でもあるので、森林浴に癒されながらぜひ発見して参拝してみてくださいね。

十和田湖近くで人気の宿泊スポット

十和田湖レークビューホテル

十和田湖近くのこちらのホテルでは、少人数やカップル・お子さん連れのファミリー向けなど、宿泊スタイルで使い分けができる利用しやすいホテルとなっているのが特徴です。他にもカニや桃豚&きりたんぽなどの食事プランが付いた宿泊で、豪華な食事も楽しむことができます。

また、十和田湖を部屋から眺めることができる客室は、1日2部屋限定で用意されているので、訪れた際はぜひ利用してみてください。

住所|〒018-5511 秋田県鹿角郡小坂町十和田湖休平65−1
営業時間|
定休日|
電話|0176-75-1500
公式サイトはこちら

十和田プリンスホテル

ここ十和田プリンスホテルでは、十和田湖を見ながら食事も楽しむことができる出来るレイクビューレストランが人気を呼んでいます。

それだけではなく、レストランと同時に十和田湖西湖畔温泉も楽しめることや、宿泊の際には全室シモンズ製ベッドで客室でもゆっくりすることが可能です。
十和田湖を120%楽しみたい方にもおすすめできるプランとなっています。

住所|〒018-5511 秋田県鹿角郡小坂町十和田湖大川岱65−1
営業時間|
定休日|
電話|0176-75-3111
公式サイトはこちら

十和田湖周辺の人気スポットをチェック

美しい奥入瀬渓流

十和田湖の人気スポットとして、十和田湖東岸の子ノ口から北東に、焼山まで約14kmの長さのある奥入瀬川の渓流があります。

こちらのスポットは十和田八幡平国立公園に属しているので、国の特別名勝・天然記念物として指定されています。

住所|〒034-0301 青森県十和田市奥瀬
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0176-75-2425
公式サイトはこちら

遊覧船で美しい自然を楽しむ

十和田湖には美しい自然を楽しむことができるように、「休屋~子ノ口」・「休屋~休屋」の2コースがある遊覧船も体験することができます。

こちらの運行時間は両コースとも約50分間で、運行期間は毎年4月中旬~11月中旬となります。

こちらでの見どころは五色岩・九重浦の子島・恵比寿大黒島など、遊覧船でしかなかなか近くまで行くことができない魅力ある島々が連なっている様子です。

十和田市現代美術館でアートを楽しむ

こちらの十和田市現代美術館では、アート作品の展示や企画展などが行われています。コンセプトとして「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」として運営されています。

館内には常設展スペースやギャラリースペース・カフェ・市民活動スペースなどがあるので、ぜひ十和田湖周辺の文化にも触れて見ましょう。

住所|〒034-0082 青森県十和田市西二番町10−9
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|毎週月曜日
電話|0176-20-1127
公式サイトはこちら

十和田湖へのアクセス

車でのアクセス

十和田湖へ車で訪れる際は、青森・八戸方面から国道45~102号線を利用して、十和田湖方面へと進んで行くこと約2時間で到着します。

秋田方面から十和田湖へ向かう場合は、東北自動車道十和田ICで降り、国道103号線を道なりに進んで約45分で到着することができます。

電車・バスでのアクセス

十和田湖まで電車・バスで向かう際は、七戸十和田駅から焼山(十和田温泉郷)までは有料のシャトルバスが出ているのでそちらをぜひご利用ください。

また、新青森駅・八戸駅からは焼山まで路線バスに乗り、さらに焼山から子ノ口まで徒歩または路線バスで到着することができます。

まとめ

十和田湖はアクセスが少し大変なスポットですが、一見の価値がある自然豊かな原風景を見ることができるおすすめの場所です。日の沈む時間帯になると、太陽が階段のように水面に映ってとても綺麗なのでぜひ時間帯を合わせて訪れてみてくださいね。また、十和田湖を訪れた際はぜひ周辺のスポットもチェックしながら、自然を満喫してみましょう。