草津を思いっきり満喫できるモデルコース。温泉だけじゃない草津の魅力を徹底解説

「草津良いとこ一度はおいで~♪」草津温泉と言えば言わずと知れた、日本を代表する人気温泉地です。東京方面からも車で約3時間。電車とバスを乗り継いでも約3時間弱なので、日帰り旅行も可能。でもせっかくならば草津温泉をめいっぱい楽しみたい!ということで今回は、草津は温泉だけじゃない?!定番の観光スポットからグルメまで一挙にご紹介します。

1.群馬県草津温泉の旅スタート。

104785:1.群馬県草津温泉の旅スタート。

撮影/橋詰真紀

旅ライターの橋詰真紀です。
今回は私の住む長野県のお隣、群馬県の草津温泉にやってきました。
草津温泉と言えば、日本屈指の温泉で旅行ランキングでも常に上位。
温泉地といえばご年配の方々が多いイメージなんですが、いやいや今や草津温泉は女子旅や友達同士で出かけるスポットとして人気急上昇中なんです。

なお先日白根山の鏡池周辺で火山噴火がありましたが、火口から離れている温泉地は被害もなく元気を取り戻しています。
今回はそんな草津温泉を応援しちゃいますよ。

1-1.草津温泉へのアクセスは?

104794:1-1.草津温泉へのアクセスは?

撮影/橋詰真紀

草津温泉へのアクセスはこちら。

■車の場合

東京方面からは車で3時間程。

ルート1.関越道練馬IC~渋川伊香保IC~長野原~草津

ルート2.関越道練馬IC~藤岡JCT~碓氷軽井沢~中軽井沢~草津

■バスの場合

新宿駅から高速バス利用

■新幹線+バス

北陸新幹線 東京駅~軽井沢駅へ。
バスに乗り継ぎ草津交通/西武観光バスで草津へ。

およそ3時間弱で到着します。

詳しくは草津温泉ホームページでご確認ご覧くださいね。

 

アクセス情報 | 湯Love草津(草津温泉観光協会ホームページ)天下の名湯「草津温泉」の公式ホームページです。草津温泉へのアクセス方法がご覧になれます!

 

私は車で長野県松本市を出発し、上田市~嬬恋村~草津温泉へ。
約2時間30分ほどかかりました。
実は私「草津良いとこ一度はおいで~」と言われていたのにも関わらず、お隣の県なのに行った事がなかったんですよね。
今回は女子旅二人なので運転中もおしゃべりが止まりません。

2.草津温泉中心街のシンボル「湯畑」を散策しよう。

104739:2.草津温泉中心街のシンボル「湯畑」を散策しよう。

撮影/橋詰真紀

草津温泉と言えばやっぱりココ。
草津温泉の中心的シンボル「湯畑」おおーここが天下の名湯、草津温泉の湯畑なのね!良くテレビや雑誌では見たことがあったけど初めて行きました。

104760:

撮影/橋詰真紀

いったいどこからこんなに流れてくるの?と思う程、湯量が半端ない。
なんと毎分4000リットルの温泉が湧き出ていて、湯けむりもすごい。
草津温泉の泉質の特徴と言えばなんといっても、強酸性で殺菌効果が高いのが有名。
草津温泉はPH値2.05という強い酸性のお湯で1円玉も約1週間で消えてなくなっちゃう。
クギも9日間でボロボロになるんですって。
この強い殺菌力が効果を発揮するそうで 神経痛・切り傷・疲労回復等。
また美肌効果も。
だから昔から様々な病気にも効果があると言われているんですね♪お医者様でも 草津の湯でも恋の病は治りゃせぬよ♪とうたわれる程。

2-1.エメラルドグリーンに見える、草津温泉のお湯は実は無色透明なんですって。

104743:2-1.エメラルドグリーンに見える、草津温泉のお湯は実は無色透明なんですって。

撮影/橋詰真紀

エメラルドグリーンに見える草津温泉の湯は、実は無色透明。
このお湯に含まれる成分が光に反射してこのような色に見えるんですって。
なんだか神秘的じゃないですか?

2-2.草津温泉の湯畑を設計したのは故「岡本太郎」氏

104678:2-2.草津温泉の湯畑を設計したのは故「岡本太郎」氏

撮影/橋詰真紀

この湯畑の設計はあの「岡本太郎」氏だったという事、皆さんご存知ですか?大阪万博で太陽の塔を設計した「芸術は爆発だ!」という名言を残したあの方。
あのアグレッシブな芸術的な太陽の塔からは想像もできないぐらい、イメージが違いますね(笑)

2-3.湯畑を見ながら足湯でゆったりと。「湯けむり亭」

104729:2-3.湯畑を見ながら足湯でゆったりと。「湯けむり亭」

撮影/橋詰真紀

湯畑の脇に立つ総檜造りの東屋の足湯「湯けむり亭」建物は江戸時代に、この場所にあった共同浴場の「松乃湯」を再現したそうです。
足湯はもちろん無料。
足や手を浸かるだけでも温泉の効果はしっかりあるそうですよ。
確かに足湯に浸かっていると、体中ぽっかぽか。

2-4.草津温泉の観光大使「ゆもみちゃん」

104703:2-4.草津温泉の観光大使「ゆもみちゃん」

撮影/橋詰真紀

草津温泉の観光大使で、ご当地キャラクターの「ゆもみちゃん」マンホールにも描かれていました。
最近マンホールマニアの方もいるそうなので。
パチリ。

104799:

撮影/橋詰真紀

顔出しパネルで「ゆもみちゃん」と一緒に。
ついついこういうのあると写真撮っちゃいますよね(笑)温泉地で私、無駄にテンションあがっています。

2-5.夜の草津温泉の湯畑はフォトジェニック!

104669:2-5.夜の草津温泉の湯畑はフォトジェニック!

撮影/橋詰真紀

夜の湯畑はライトアップされて、さらに幻想的な風景になります。
時間帯によって色が変わるそうなんです。
暖かくなり始めるこれからの季節だったら、浴衣で夜の湯畑散歩なんてきっと楽しいですよね。

104668:

撮影/橋詰真紀

湯けむりとライトアップのコラボレーションがステキな絶景スポット。
ここならばフォトジェニックな写真がいっぱい撮影できちゃうこと間違いなし!ですよ。

3.草津温泉で日帰りで入れる温泉3選。

104802:3.草津温泉で日帰りで入れる温泉3選。

撮影/橋詰真紀

草津温泉で日帰りで入れる温泉はいくつかありますが、その中でも湯畑周辺のおすすめの日帰り温泉をご紹介します。
実は草津温泉は源泉がいくつかあり、それぞれお湯の違いなどもあるんですよ。
温泉巡りって、やっぱり楽しいですよね。
でも入り過ぎは禁物。
草津温泉のお湯は強酸性で殺菌効果も高くお湯の温度も高いので、1日の入浴回数は3回ぐらいを限度としていただくのが無難なんですって。

3-1.湯畑が目の前にある「御座の湯」

104737:3-1.湯畑が目の前にある「御座の湯」

撮影/橋詰真紀

湯畑の目の前にある「御座の湯」江戸、明治にかけて湯畑周辺には5つの共同湯があり、その中のひとつの「御座之湯」を平成25年に再建したものなんだそう。
木造建築の外観も新しくてとってもきれいな建物です。

104738:

撮影/橋詰真紀

御座の湯には二つの浴室があり日替わりで男女交代制になっています。
「湯畑源泉」と「万代源泉」二種類を使用しているので、それぞれの泉質の違いを感じることができるんですよ。

「やっぱり温泉地は浴衣だよね。
浴衣で温泉巡りもしたいし。
でも宿泊しないと浴衣は着られないからなあ。」なんて方には、「御座の湯」の浴衣のレンタルがおススメ。
バリエーション豊富な浴衣の中から選ぶことができて、さらに浴衣に着替えたら記念撮影までしてもらえちゃうんです。
日帰りで草津温泉に来た時は要チェックですね。

3-2.美人の湯「大滝乃湯」でツルピカなお肌に。

104801:3-2.美人の湯「大滝乃湯」でツルピカなお肌に。

撮影/橋詰真紀

草津温泉って本当に源泉が多いんですよね。
その中でも「美人の湯」として名高いが煮川源泉。
この源泉を使っているのが「大滝乃湯」なんですって。
美人と聞いたら行かずにはいられませんね。
大浴場に露天風呂、サウナ、温度の違う温泉の浴槽を低温から高温に順に入る合わせ湯なんていうのもあります。
草津温泉は熱いから苦手な方もここなら安心。
他にもお休み処やレストランもあります。

3-2.プールのような広さ「西の河原温泉 露天風呂」

104692:3-2.プールのような広さ「西の河原温泉 露天風呂」

撮影/橋詰真紀

湯畑から歩くこと約10分。
西の河原公園にある「西の河原 露天風呂」ここはとにかく湯舟がめちゃめちゃ広ーーい。
露天風呂は男女合わせて約500㎥とプールのような広さです。
ここでは自然の中で深呼吸しながら、温泉に入れば溜まった日常のストレスも全部解消できそう。
温泉で心も体もデトックス!

104823:

撮影/橋詰真紀

御座の湯・大滝乃湯・西の河原露天風呂すべてに入れる「ちょいな♨三湯めぐり手帳」を手に入れると、通常三ヶ所の通常入浴料合計2,100円⇒1,600円に。
(こども入浴料:1000円が700円)有効期限もなくお得感満載ですね。
三湯のどこでも販売されていますので、お得な「ちょいな♨三湯めぐり手帳」を利用してみてくださいね。

4.あの伝統の湯もみショーが見られる「熱の湯」

104728:4.あの伝統の湯もみショーが見られる「熱の湯」

撮影/橋詰真紀

草津温泉の源泉の温度はなんと50℃。
超熱湯風呂じゃないですか?この源泉を水を足さずに、温度を下げるために生み出されたのがあの有名な「湯もみ」なんです。
知ってました?私すっかりアトラクション的なものだとばっかり。
熱けりゃ水を入れて冷ませばいいじゃんなんていう私のような浅はかな考えだと、水を足したら当然温泉の効能は薄れてしまう訳で。

 

草津 熱乃湯 公式サイトです。

 

そこで生まれたのが「湯もみ」という方法。
江戸時代から続く伝統的な方法なんですね。
それと草津温泉は強酸性の湯のため、温度管理のためのボイラーを使うとすぐに機械が壊れてしまうそうで、現在でもこの湯もみを取り入れている旅館やホテルも多いんですよ。

湯もみは午前9時30分・10時・10時30分・午後3時30分・4時・4時30分 の一日6回公演。
湯もみ体験は時間が決まっているので、やってみたいという方はHPをチェックしてくださいね。

5.湧き出る温泉の湯量にびっくり!草津の人気スポット「西の河原公園」

104751:5.湧き出る温泉の湯量にびっくり!草津の人気スポット「西の河原公園」

撮影/橋詰真紀

湯畑から徒歩約10分。
こちらも観光客に人気のスポット西の河原公園。
園内には色々な所から温泉が噴き出しています。
散策がてら向かってみると。

104829:

撮影/橋詰真紀

「おおー。
ここが全部温泉なの?!」そうなんです。
この滝のように流れているのが、すべて温泉なんですって。
びっくりですよね。
湯量の凄さに驚きが隠せません。
ここでは毎分1,400ℓもの源泉が噴き出していて、温泉の川になってるんですって。
すごーーい。

104832:

撮影/橋詰真紀

あちこちに温泉の池ができています。
なんだか温泉の池って、あまり見た事ない不思議な風景じゃないですか?

5-1.自然がいっぱい「西の河原公園」でゆっくりと足湯に浸かりたい。

104753:5-1.自然がいっぱい「西の河原公園」でゆっくりと足湯に浸かりたい。

撮影/橋詰真紀

西の河原公園には色々な場所で足湯に浸かれます。
もちろん無料で。
とっても素敵なカップルもいたりして。
自然の中で足湯に浸かりながら、ゆったりとした時間が流れていきます。
夜はライトアップも行われています。
なんだかとってもロマンチックですよね。

104834:

撮影/橋詰真紀

私も足湯でひと休み。
始めはちょっとお湯が熱いかも?なんて思っていましたが、だんだん慣れてくると気持ちがいいです。
草津温泉は色々な所に足湯があるので、どこでも入れるようにタオルなどをぜひ持参してくださいね。

104689:

撮影/橋詰真紀

ここの石碑には「鬼の茶釜」って書かれてます。
ちょっとネーミングが怖いんですけど。
地獄の入口的な(笑)

104687:

撮影/橋詰真紀

ここのお湯はちょっと熱め。
さすが鬼の茶釜。
これまでの人生で出会ったことがない景色に大満足でした。

5-2.草津穴守稲荷神社で「招福の砂」を頂こう。

104752:5-2.草津穴守稲荷神社で「招福の砂」を頂こう。

撮影/橋詰真紀

西の河原公園を散歩していると途中で、鳥居を見つけました。
ここは草津穴守稲荷神社。

104673:

撮影/橋詰真紀

以前にテレビで草津穴守稲荷神社の「招福の砂」が紹介されて以来、人気のパワースポットなんですって。

104674:

撮影/橋詰真紀

招福の砂はこちら。
この砂を持ち帰って周辺にまくと家内安全・商売繁盛等、他にも人気運もあがるそうです。
それはぜひとも頂かなければ!と思い有難く頂くことにしました。

104675:

撮影/橋詰真紀

招福の砂をスプーン一杯分頂きます。
いくら運をあげたいとはいえここで欲張って1杯以上取ると、ご利益は半減しちゃいますよ。
仕事運も人気運がいっぱいあがるといいなあ。

104756:

撮影/橋詰真紀

その後西の河原公園の入口付近のお土産物屋さんでは、元気なお母さんたちにも出会いましたよ。
このお土産物屋さんには、漬物や山菜等地元の名産品などがいっぱい。

104755:

撮影/橋詰真紀

ここのお店の看板猫ちゃんにも出会えました。

5-3.西の河原公園入口にある「片岡鶴太郎美術館」にも立ち寄ってみて

104686:5-3.西の河原公園入口にある「片岡鶴太郎美術館」にも立ち寄ってみて

撮影/橋詰真紀

西の河原公園にある「草津 片岡鶴太郎美術館」ここにはあの片岡鶴太郎さんの作品が常時約120点以上展示されています。
片岡鶴太郎さんは草津温泉が大好きで、縁あってこちらに展示するようになったそうですよ。

 

群馬県草津温泉の宿「草津ホテル」併設の片岡鶴太郎美術館。

 

104892:

撮影/橋詰真紀

美術館の作品はもちろん素敵です。
1F入口の売店には片岡鶴太郎さんのアートグッズがいっぱい。
こちらは美術館に入館しなくても購入することができますよ。

104891:

撮影/橋詰真紀

なんだかカラフルでほのぼのとした作品が多くて、ついつい手に取りたくなりますね。
お手頃な価格のものも多いので、草津のお土産にしても良さそうですね。
ちなみに私は猫の作品をお土産にしました。
1Fにはカフェも併設されているので、作品を見た後にゆったりと過ごしてもいいですね。

6.エメラルドグリーンの絶景!白根山の「湯釜」

104732:6.エメラルドグリーンの絶景!白根山の「湯釜」

撮影/橋詰真紀

草津温泉の市街地から車で約30分。
こちらが白根山にある「湯釜」実は先日の草津白根山(本白根山)の噴火によって、白根山の湯釜付近への入山ができなくなるかも?といった懸念もありましたが、4月20日(金)に「志賀草津道路」の再開通を予定通りと発表されました。
ただし当分の間、夜間は通行止めになるそうです。

*なお湯釜が見られるのは、4月末ぐらいから11月半ばまでの期間なのでご注意くださいね。

104855:

撮影/橋詰真紀

湯釜に行くには白根火山ロープウェイを利用していく方法もありますが、今回私は車で草津白根レストハウスの駐車場に行き、その後展望台へと昇りました。
駐車場から展望台までは、舗装もされているので登りやすいですが、所要時間は15~20分程。
トレッキングのような感じですが、まあまあそれなりに登る感じなので、スニーカー等の歩きやすい靴で出かけた方が無難です。

104733:

撮影/橋詰真紀

見て下さい!これがエメラルドグリーンの色をした湯釜。
山の中にいきなり湖が広がるなんとも不思議な光景じゃないですか?この草津白根山の湯釜の直径は300m、水深約30m。
水温が約18℃の火山湖なんですって。
世界有数の酸性度に高さから、ここには魚はもちろん昆虫などは住むことができません。

エメラルドグリーンに見えるこの色は、岩石から溶けだした鉄分や湖の中の硫黄の微粒子によって、太陽から届く光が散乱されてこんな風に見えるんですって。
そのため日によってこの色も違って見えるそうですよ。

なんだか神秘的でついつい引き込まれちゃいそうですが、湯釜の近くに行くと有毒ガスが噴出しているのでこれ以上近くに寄ってはいけません。
地球が作ったなんとも神秘的な「湯釜」草津まで来たら、ここはぜひ一生に一度は見るべき絶景スポット!ですよ。

7.かわいい動物たちに癒されまくり「草津熱帯圏」

104825:7.かわいい動物たちに癒されまくり「草津熱帯圏」

撮影/橋詰真紀

草津温泉ってやっぱり温泉しかないの?!なんて方にはこちら。
草津の中心地湯畑から徒歩約8分。
1970年(昭和45年)に開園したトロピカルワンダーランド「草津熱帯圏」ここは日本で最も標高が高い場所にあって多種多様な動植物が生息するトロピカル・ジャングルなんです。
外観はなかなかの年季が入っている感じですが。

104826:

撮影/橋詰真紀

建物に入ってすぐの場所にいきなりワニのはく製が。
2メートル以上はありそうなワニは、ここで飼育されていたそうです。
実は草津熱帯圏では国内でも希少な動物やワニの繁殖が行われているという、凄い動物園なんですよ。

7-1.高さ15mある熱帯ドームなら雨の日でも楽しめる。

104654:7-1.高さ15mある熱帯ドームなら雨の日でも楽しめる。

撮影/橋詰真紀

そしてこちらは高さ15mある熱帯ドーム。
温泉熱を利用したドームは気温が冬でも20℃近くあります。
亜熱帯ジャングルっぽさ満点。

104848:

撮影/橋詰真紀

ドーム内では爬虫類から昆虫、鳥類に哺乳類など約200種類、1000頭もの動物が飼育されています。
広いドームは思った以上に見ごたえあり、所要時間は約2~3時間。
ここなら雨の日でも十分に楽しめます。

7-2.「草津熱帯圏」では、かわいい動物たちとの触れ合いができる

104707:7-2.「草津熱帯圏」では、かわいい動物たちとの触れ合いができる

撮影/橋詰真紀

草津熱帯圏では様々な動物と触れ合え事ができます。
人が近くに寄ると動物たちがおもてなししてくれます。

104706:

撮影/橋詰真紀

手のひらに乗っちゃうぐらいの、ちっちゃなピグミーマーモセット。
つぶらな瞳が可愛さ満点!もう可愛すぎでしょ。

104660:

撮影/橋詰真紀

こちらはブラウンキツネザルの「ブッキー」こっちにおいで~と言うと。

104835:

撮影/橋詰真紀

自分から体をスリスリさせて「触って~♡」とやってきてくれます。
きゃ、かわいい!ブッキーは「草津熱帯圏」のおもてなしリーダーなんですよ。
毛並みはやわらかくてふわふわ。
ここまで近くに来てくれるなんて、なんだか嬉しい。

7-3.土日祝日はカピバラと触れ合える「カピバラ広場」が開催!

104712:7-3.土日祝日はカピバラと触れ合える「カピバラ広場」が開催!

撮影/橋詰真紀

「草津熱帯圏」に訪れた、一番の理由は゛カピバラと触れ合いたいから!”だったんです。
カピバラさん達の様子はこちらに。
カピバラさん達のご家族はというと、「現在家族関係が悪いため仕切って飼育しています。」カピバラさんご家族にも複雑な家庭環境があるのかも(笑)飼育員さんたちの手作りボードがかわいいですね。

104721:

撮影/橋詰真紀

いたーーーー。
カピバラ。
ああこのなんともいえない、ゆるい感じがたまりません。

104722:

撮影/橋詰真紀

「草津熱帯圏」では毎週土日祝日を中心として「カピバラふれあい広場」が行われ、こんな感じで餌やり体験ができます。
結構カピバラさん達はおやつほしさにグイグイ迫ってきます。

104724:

撮影/橋詰真紀

「顔近っ!」こんなに目の前でカピバラに会えるのも、ここ草津熱帯圏ならでは。

104658:

撮影/橋詰真紀

ぜひここでカピバラ達の体に触ってみて下さいね。
見た目フワッとしたあの感じの毛は、触ると思った以上に毛が固くてバリバリでびっくりしますよ。
ちなみにこのカピバラはちょっとだけ毛が抜けているように見えますが、実はカピバラ達の兄弟が遊びで毛をむしっちゃうからなんですって。
只今育毛中(笑)

104723:

撮影/橋詰真紀

お手もしてくれました(笑)かわいい!手をよく見ると水かきがついています。
よく温泉に入るカピバラもテレビ等で見かけますが、泳ぎが得意なのもこの水かきを見ればわかりますね。

7-4.「草津熱帯圏」では、ニシキヘビを首に巻く普段できない体験も。

104681:7-4.「草津熱帯圏」では、ニシキヘビを首に巻く普段できない体験も。

撮影/橋詰真紀

草津熱帯圏では、飼育員さんにお願いするとニシキヘビを首に巻くことができます。
ほらあの海外の動物園でよく見る光景ですね。
日本でできるのは結構珍しいですよね。
えー私はヘビ苦手なので今回は遠慮させて頂きましたけど(汗)一応、ヘビの体だけ触ってみましたが感触はしっとりではなく、割とサラッとした感じでしかも超筋肉質。
なかなか良い体験でした。

104711:

撮影/橋詰真紀

ニシキヘビは日によって、巻ける子が違うんですって。
ローテーションかしら。

104710:

撮影/橋詰真紀

ニシキヘビのマギーちゃんは普段は大人しいけど、餌を見ると豹変するのか。
ハハ(笑)ちなみに「草津熱帯圏」の園長さんはもともとはスネークセンターに勤務をしていて、オープンした当初は展示されているのは「ヘビ」しかいなかったんですって。
そのため初めはお客さんが全くこなかったそうですよ。
でしょうね~(笑)

7-5.ビューティーフィッシュは無料で体験できます。

104661:7-5.ビューティーフィッシュは無料で体験できます。

撮影/橋詰真紀

足や手の角質を取ってくれるという、あのお魚さん。
エステでも人気ですよね。

104662:

撮影/橋詰真紀

これ実際にやると通常は結構いい金額なんですけど、ここではなんと入場料に含まれているんです。
そうっと手を入れるとツンツンと私のいらない角質を食べてくれます。
ちょっとくすぐったいかも。
子供から大人まで楽しめる「草津熱帯圏」は楽しさ満点ですよ。

 

草津温泉 草津熱帯圏 トロピカルワンダーランド オフィシャルサイト

 

8.並んでも食べたい草津温泉の本格蕎麦「三國屋」

104744:8.並んでも食べたい草津温泉の本格蕎麦「三國屋」

撮影/橋詰真紀

草津温泉で最も人気の蕎麦店がこちら「三國屋」行列ができるお店としても有名です。
ちょうど行った時は14時半近くで、ランチの時間ギリギリだったので並ばずに入ることができました。
ラッキー。
少し時間帯をずらすといいかもしれないですね。

104842:

撮影/橋詰真紀

こちらの人気は三國そば。
2.5人前で1,000円です。
観光地だと蕎麦ってお値段お高めが多いのに、なんともお手頃じゃないですか?

104843:

撮影/橋詰真紀

お蕎麦もとってもきれいに盛り付けられています。
盛り付けはザルではなくて、長方形のお皿に。
なんだか東北地方の板蕎麦のような感じもしますね。

104747:

撮影/橋詰真紀

つけ汁はこちら。
鴨肉が入った名物の都汁(400円)ざるそばも好きだけど、この冷たい蕎麦に温かいつけ汁の組み合わせって、私大好きなんですよね。
鴨の味もしっかり。

104746:

撮影/橋詰真紀

もう一つはオーダーしたのは、かき揚げが入った天種汁(500円)そうそうお蕎麦にはやっぱり天ぷらとか絶対合いますもの。
女子二人だったので、シェアしてちょうどお腹いっぱい。
お隣でボリューム満点の天丼(980円)を食べている方を見て「天丼もおいしそう」なんて思ったりして。
さすがに食べられませんでしたが、ぜひ次回チャレンジしよっと。

お値段も二人で合計1,900円(税別)って、なんてリーズナブル!味◎価格◎ボリューム◎

104745:

撮影/橋詰真紀

三國屋さんはランチの時間帯は非常に混み合いますが、夜の時間帯は割と落ち着いているそうです。
温泉上がりに浴衣で日本酒と蕎麦で一杯、なんていうのもオツじゃないですか?

 

有限会社三國家 | 草津温泉

 

9.やっぱり草津温泉の老舗旅館に泊まりたい「奈良屋」

104975:9.やっぱり草津温泉の老舗旅館に泊まりたい「奈良屋」

撮影/橋詰真紀

東京方面からならば日帰りもできますが、せっかくならばゆっくりと草津温泉で過ごしたいものですよね。
という訳で今回お世話になったのは、創業明治10年歴史、情緒あふれる老舗旅館「奈良屋」まさに老舗旅館の素敵な佇まいですよね。

9-1.宿泊プラン豊富な奈良屋は女子旅にもぴったり!

104682:9-1.宿泊プラン豊富な奈良屋は女子旅にもぴったり!

撮影/橋詰真紀

お部屋はこちら。
今回はシンプルな和室のお手頃なプランで予約してみました。
冬場の草津は寒さが厳しいのでやっぱりコタツでゆったり。
ここ奈良屋はお部屋のバリエーションがとにかく豊富なんです。
この他にも家族向けやカップル、女子旅向けさらに和室・洋室もあり様々な用途に合わせて選べるプランがあるのが嬉しい限り。

また今人気の女子ひとり旅応援プランもありますよ。

104670:

撮影/橋詰真紀

夕食はお部屋出しではなくて、お食事処で。
季節の手の込んだお料理にビールもすすんで女子会トークしまくっちゃいました。
おいしくて全部ペロッと頂きました。

9-1.湯守のいる宿としても有名な「奈良屋」

104976:9-1.湯守のいる宿としても有名な「奈良屋」

撮影/橋詰真紀

湯守がいる宿としても人気の奈良屋のお風呂。
湯守は専門で温泉を管理する職人さんで、江戸時代からある職なんですって。
なんだか歴史を感じますね。

奈良屋では草津温泉の中の最古と呼ばれる「白旗源泉」を宿まで引いています。
しかもそのお湯は「徳川将軍御汲上の湯」なんですって。
あの徳川家に献上した温泉なんて、なんだかとってもありがたい感じがしますね。
源泉は50~56℃と非常に熱いため奈良屋ではお湯を一晩寝かせて冷まし、さらに湯守が湯もみをして42℃の適温にするっていうとっても手間のかかったお湯なんですよ。

カフェ&バー「喫茶去(きっさこう)」

104667:カフェ&バー「喫茶去(きっさこう)」

撮影/橋詰真紀

やっぱり女子旅には欠かせないのはカフェでのひと時。
奈良屋に併設されている、カフェ&バー「喫茶去(きっさこう)」では地元の素材を使ったスイーツも人気です。

104700:

撮影/橋詰真紀

落ち着いた空間でゆったりと過ごしながら食べるスイーツはやっぱり大好き。
奈良屋の宿泊プランには夕食後にスイーツが頂けるプランもあるので、女子には嬉しいサービスです。
おいしい夕食もお腹いっぱい食べたけど、スイーツだけは別腹ですよね。

老舗の温泉宿で贅沢に過ごす一日は、日頃のストレスから解放されてリフレッシュ。
明日からも頑張ろうって気持ちになりますよ。

10.草津温泉街にはグルメがいっぱい!食べ歩きも楽しい。

さて草津温泉の湯畑周辺散策をしていると、食べ歩きができるお店がいっぱいあるんです。
食べ歩きって、やっぱりテンション上がっちゃうのは私だけじゃないはず。
早速食べ歩きスタート。

10-1.やっぱり食べたい!温泉たまご「頼朝」

104741:10-1.やっぱり食べたい!温泉たまご「頼朝」

撮影/橋詰真紀

温泉に来たらやっぱり食べたい温泉たまご。
湯畑近くのお漬物や温泉たまごのお店「頼朝」に立ち寄りました。

104740:

撮影/橋詰真紀

こちらは温泉たまごが人気のお店。
へぇ温泉たまごって、お土産にもできるんですね。
温泉たまごは1個120円。

104704:

撮影/橋詰真紀

早速頂くことに。
温泉たまごはこのカップに卵を割って、付属のたれをつけて頂きます。
スプーンも付いているので食べやすいですね。
とろっとろの温泉たまごはもちろん味は間違いありませんよ!

10-2.新感覚のあげまんじゅうが人気!「山びこ温泉まんじゅう」

104718:10-2.新感覚のあげまんじゅうが人気!「山びこ温泉まんじゅう」

撮影/橋詰真紀

次に向かったのが、平日はもちろん土日祝日となれば行列ができる程の人気店「山びこ温泉まんじゅう」ここではあげまんじゅうが大人気なんだそうです。
ん?あげまんじゅうって一体何?

104844:

撮影/橋詰真紀

そうまさにこれが「あげまんじゅう」温泉まんじゅうにゴマをまとわせた衣で揚げたものなんです。
とっても珍しい食べ物ですよね。

といっても長野県には天ぷらまんじゅうなるものが存在しておりまして。
お盆の時に食べるもので、たまにスーパーでも販売されているほどなんです。
といっても地域によって作る所、作らない所とありまして。
私の地域はあんまり食べないかなぁ。
といった感じ。

104717:

撮影/橋詰真紀

群馬県にはまんじゅうを揚げるといった文化はなく「山びこ温泉まんじゅう」の現在の店主のお母さんが温泉まんじゅうをおいしく食べる方法を考えてたどり着いたのが、この「あげまんじゅう」なんですって。
実際食べてみるとサクサクの衣に、まんじゅうの薄皮が合体してもちっとした食感。
あれ?なんだか今まで私の知っている、温泉まんじゅうとはまるで違うものに。
新感覚の味わい「あげまんじゅう」はぜひ一度お試しあれ。

104715:

撮影/橋詰真紀

新感覚の味に大満足です。
そしてもう一つ人気がこちら。
スイートポテトを揚げた「あげぽてスイート」こちらは特に若者に大人気なんですって。
こちらも外せませんね。

10-3.串ぬれおやきにハマる人続出「寺子屋本舗草津店」

104702:10-3.串ぬれおやきにハマる人続出「寺子屋本舗草津店」

撮影/橋詰真紀

甘いものを食べたら、やっぱりちょっとしょっぱい物が食べたくなっちゃうのよね~。
なんていう食べ歩き無限ループに入ってしまうのは、私だけじゃなはず。
という訳で次は昔ながらのもち焼せんべいの人気店「寺子屋本舗草津店」へ。

104758:

撮影/橋詰真紀

ここの人気は硬いおせんべいはもちろんですが、食べ歩きにぴったりの串ぬれおやき。
しかもマヨネーズをトッピングしてもらいました。

104759:

撮影/橋詰真紀

「え?ぬれせんべいにマヨネーズ?」って意外な組み合わせに見えるかもしれませんが、甘じょっぱいモチモチのぬれせんべいに、ちょっと酸味のきいたマヨネーズ。
これが意外にも合うんです。
食べ歩きにはピッタリ。
他にも七味唐辛子をトッピングしたりと。
色々な味を試したくなっちゃいますね!

10-4.草津温泉で最も人気の「松むら饅頭」

104918:10-4.草津温泉で最も人気の「松むら饅頭」

撮影/橋詰真紀

温泉地と言えばやっぱり定番の「温泉まんじゅう」草津温泉周辺には温泉まんじゅうのお店が15軒以上もあるって、ご存知でしたか?中でも一番人気が西の河原通りにあるこちら「松むら饅頭」人気店のため特に土日祝日などは午前中ですべて売り切れてしまう程なんです。

104672:

撮影/橋詰真紀

創業昭和20年の老舗「松むら饅頭」で取り扱っているのは定番の「茶まんじゅう」だけ。
北海道産の小豆を使用した自家製餡はお店で練り上げています。
添加物も未使用のため消費期限は4日間。
1個90円~販売しています。

104919:

撮影/橋詰真紀

見た目も「ザ・温泉まんじゅう」といった感じ。
実際に食べてみると、フワフワでしっとりした薄皮につぶあんの甘さがしっかり感じられる味わい。
あ、これ好き!今までの温泉まんじゅうって、いったい何だったの?って思ってしまうぐらい。
食べ歩きもいいけれど、ここのお饅頭はぜひ草津温泉のお土産にどうぞ。

心も身体も満たされた「草津温泉1泊2日の旅」でリフレッシュ!

 

104742:心も身体も満たされた「草津温泉1泊2日の旅」でリフレッシュ!

撮影/橋詰真紀

今回訪れた草津温泉1泊2日の旅。
「やっぱり日本人は温泉だなぁ」としみじみ感じながら、疲れた心も身体もリフレッシュ。
とっても楽しい女子旅となりました。
「草津良いとこ一度はおいで~♪」ぜひ皆さんも、草津温泉に足を運んでみてはいかがですか?
photo by PIXTA