世田谷八幡宮は土俵がある珍しい神社。御朱印にもお相撲さんが描かれている

トラベルパートナー: Nana

北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。

秋の例祭には奉納相撲が見られる八幡さまをゆっくり歩こう

東京都世田谷区宮坂にある世田谷八幡宮。世田谷区民の地元密着型神社ですが、なんと境内には土俵があります。その所以はなんでしょうか。世田谷八幡宮のなりたちとその人気の秘密をさぐってみましょう。

有名武将が興した歴史と特徴あふれる神社

神社のはじまりは源義家を襲った豪雨

鎌倉幕府を開いた源頼朝の祖先 源義家が、平安時代末期に東北地方でおきた後三年の役の戦から帰る途中、ここ宮の坂で豪雨に見舞われ10数日間滞在することになりました。その際に今回の戦勝は八幡大神様のご加護によるものだと感謝した義家が、豊前国(大分県)にある宇佐八幡宮の御分霊をこの地に祀ったのが世田谷八幡宮のはじまりとされています。

その後戦国時代の1546年に、世田谷城7代目城主の吉良頼康(きらよりやす)が社殿を再興して神社を再興。明治時代には宇佐神社という名称になったことがありますが、太平洋戦争後には元に戻っています。ちなみに、最寄り駅である東急世田谷線宮の坂駅は、神社の脇にある坂道、宮の坂に由来しているのです。

神社での奉納相撲は江戸郊外三大相撲のひとつ

https://www.instagram.com/p/BnvznPCjAtN/

ここ世田谷八幡宮の名物といえば相撲でしょう。渋谷氷川神社(渋谷区)、大井鹿嶋神社(品川区)とともに江戸郊外三大相撲のひとつとされる奉納相撲が行われ、その勝敗によって来年の豊作と凶作を占い、当年の豊作を感謝するというもの。そのため、八幡宮の境内には土俵や力石があるのです。

秋の例祭は奉納相撲で盛り上がる

毎年9月に行われる秋の例祭は神社に露店が立ち並び、大小20基ほどの御神輿が宮入りしたりと賑わいを見せますが、同時に地元 世田谷区にキャンパスを置く東京農業大学相撲部による奉納相撲が行われます。日頃なかなか見られない迫力ある相撲が目の前で見られる絶好の機会、ぜひ足を運んでみましょう。

都会の喧騒を忘れる見所いっぱい

大鳥居から入れば神社らしい静寂なたたずまい

宮の坂駅から徒歩まもなくの所にある世田谷八幡宮は初詣の人気スポット、朱塗りの大鳥居が青空に堂々とそびえ立ちます。大鳥居をくぐって境内に一歩入ればそこは神社の杜、賑やかな住宅街とは思えない静寂で神聖な空気に包まれるでしょう。

有名な厳島神社のせせらぎに癒されよう

参道入口すぐ右手には池と厳島神社があります。総本社は有名な広島県の宮島にあり、全国に500ヶ所以上存在する社の1つで、交通安全や水難除け・心願成就のご利益があるとされています。庭園や藤棚もあるちょっとした和の空間にはベンチも設置されており、池に注ぐ小さな滝の水音や、のんびりと泳ぐカモたちに心癒されることでしょう。

参道の階段を上る途中には土俵が

ここは秋の例祭で、東京農業大学相撲部による奉納相撲が行われる土俵です。同大学相撲部は大相撲にも卒業生を送り出している名門。周囲に設置された石段の観客席には地元の人々が集まり、しかも、土俵との距離が近く迫力ある相撲が間近で見られるため、大いに盛り上がります。神社の境内にて行われることで、神事とされる相撲がより神聖に感じられるでしょう。

朱色もあざやかな拝殿と本殿

応神天皇(おうじんてんのう)、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)を御祭神とする世田谷八幡宮。地元を守る世田谷総鎮守の名にふさわしい重厚感と風雅な佇まいが、朱塗りの社殿から伝わってきます。お祀りされている八幡さまは古くから勝利の神様として知られ、勝運や開運の他、交通安全や安産祈願などにもご利益が授けられるでしょう。

力石はかつて屈強な男たちが持ち上げていた

拝殿近くの木陰には力石(ちからいし)が並べられています。その重量はなんと180kg。かつては腕に覚えのある力自慢の男たちが、この石を持ち上げて競い合ったこともあるようです。世田谷八幡宮はあちこちから力が感じられ、文字通りのパワースポットですね。

高良神社は森の木陰にひっそりと

世田谷八幡宮境内にある神社の1つが高良神社(こうらじんじゃ)。福岡県久留米市にある高良大社が総本社で、御祭神の高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)は、八幡さまのお供をつとめる御供神(みとものかみ)であると伝えられています。ひっそりと木陰にたたずむお社は、都会の中の秘境という雰囲気ですね。

世田谷招魂社に眠る戦争で亡くなった世田谷の人々

かつての世田谷一丁目には、日露戦争で日本軍の指揮官を務めた乃木希典(のぎまれすけ)将軍の甥・玉木正之氏によって建てられた乃木神社がありました。その社殿を譲り受け、ここに置かれたのが世田谷招魂社です。世田谷区域で日露戦争から太平洋戦争までに戦没した人々の魂が、静かに祀られています。

日露戦役記念碑に想う今の日本

世田谷招魂社の横には、大きな2体の石碑が厳粛な空気を漂わせながら鎮座しています。この石碑は、極寒のロシアで戦死していった人々を弔う日露戦役記念碑。今の平和のありがたさをどう思うか、命を捧げ日本を守った先人から問いかけられるようです。

御守りや御朱印を紹介

社務所に置かれたおみくじの販売機

拝殿に向かって左にある社務所は対応時間が9時30分から16時00分まで、御守りや御朱印・破魔矢などはこちらにて頂くことができます。左側に置いてある赤いポストのような箱は、お金を入れると自動販売機のようにおみくじが購入できるユニークな機械です。

勝負に強くなる御守りが人気

勝負運にご利益があることで有名な世田谷八幡宮。そのため、勝負ごとに強くなる御守りや御札が多く、特に勝守は受験や就職活動を控えた学生や、重大プロジェクトを控えたビジネスマン、栄冠をめざすスポーツ選手に人気があります。お相撲さんの絵が描かれた勝ち絵馬も注目の的ですよ!

お相撲さんがデザインされた御朱印

View this post on Instagram

. 平成29年12月27日の御朱印です☪︎⋆。˚✩ . 東京都世田谷区の世田谷八幡宮さん。 太子堂八幡神社→松蔭神社→世田谷八幡宮 . 世田谷線 宮前駅に移動して伺いました . 昔は相撲の勝敗でで豊作・凶作を占っていた そうで、境内に土俵があったり 御朱印にもお相撲さんがいるそうです🤗 . . ゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚世田谷線巡りは続く゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚ . 2枚目 トマトの花言葉は感謝だそうです🍅 リコピン様ありがとう(笑) . . #世田谷八幡宮 #東京都世田谷区 #世田谷線 #世田谷八幡宮御朱印 #世田谷八幡宮ご朱印 #神社 #神社巡り #お寺 #お寺巡り #八幡宮 #御朱印 #ご朱印 #御朱印巡り #ご朱印巡り #御朱印ガール #御朱印ボーイ #世田谷線巡り

A post shared by 🎼cocomimi ◡̈⃝︎⋆︎* (@cocomimi0426) on

奉納相撲が行われるとあって、ここ世田谷八幡宮の御朱印はお相撲さんが描かれたユニークな御朱印として人気があります。最近話題の女性相撲ファン、スージョにはたまりませんね。神聖さと力強さを感じさせる御朱印を頂けばパワーがみなぎり、明日からの勉強や仕事、スポーツに勝つことができるでしょう!

世田谷八幡宮へのアクセス

電車での行き方

電車を利用の場合は2通りの方法があります。東急世田谷線の宮の坂駅からは約3分の距離。駅を出て右折し都道427号線を北へ進むとまもなく宮坂駅前交差点の信号、ここを渡って左折後すぐに到着。小田急小田原線の豪徳寺駅からは徒歩約8分の距離。駅を出て都道427号線を南へ進み宮坂駅前交差点で信号を渡らず、右折後すぐに到着です。

世田谷八幡宮には30台ほど可能な駐車場がありますが、高速道路や主要国道から距離があり、神社へ至る周辺道路も非常に混雑します。さらに、行事の時などは短時間で満員になることもあるため、車でのアクセスはおすすめとはいえません。電車でのアクセスをおすすめします。

住所| 東京都世田谷区宮坂1-26-3
営業時間|社務所は9:30-16:00
定休日|なし
電話|03-3429-1732
公式サイトはこちら

まとめ

大都会東京の真ん中にありながら、大鳥居をくぐり抜ければたちまち別世界へ迷い込んだような感覚になる世田谷八幡宮。地方でも都会でも、やはり神社に来れば人は心が清らかになります。特に秋の例祭で行われる、若い学生相撲部のみなさんによる激しい奉納相撲は迫力満点。世田谷の森にたたずみ地元の人々に愛される八幡さまに、ぜひ一度足を運んでみませんか。