北澤美術館でアールヌーヴォーのガラス工芸品を堪能しよう

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

エミール・ガレのガラス工芸や現代日本画の世界に浸れるんだに~

北澤美術館は長野県にあるガラス工芸品と日本画の美術館です。たくさんの作品をゆっくりと自分のペースでみることができ、近くの諏訪湖も望める景観の良いスポットでもあります。美術好きはもちろん、ゆっくりとした時間を過ごしたい人にもオススメです。

諏訪湖のほとりにたたずむ北澤美術館

ガラス美術は一見の価値あり

北澤美術館は長野県諏訪市の諏訪湖畔にあります。2014年に展示室が従来の2倍に拡張されたのに伴い展示品数も約50点から約100点へ増加しました。エミール・ガレやドーム兄弟、ルネ・ラリックといったガラス工芸に加えて現代日本画も展示されています。

たくさんの美術コレクションを収集した創業者

1983年に北澤美術館は北澤利男氏によって設立しました。バルブメーカーのキッツ創業者でもあり、美術館開館の功績を称えて駐車場から美術館へ向かう途中に胸像がたてられています。2003年には新館となる北澤美術館新館も開館したものの、現在はSUWAガラスの里の美術館となり別経営で運営されています。こちらは諏訪湖畔に位置する複合文化施設です。

優待割引券でお得に入場

北澤美術館のサイトで割引特典をゲットできます。またお土産店などにも優待割引券が置かれているほか、下諏訪にあるすわのねとの共通割引入場券も販売されているので、行先や目的に合わせて確認しておきましょう。

エミール・ガレの名作がここに

北澤美術館の1階にはガラス工芸品が展示されており、エミール・ガレやドーム兄弟といった著名な作家による作品を見ることができます。画像に載っているのは入口の「ひとよ茸ランプ」。このランプはエミール・ガレの代表的な作品です。歴史的な名作が出迎えてくれる美術館に期待が膨らみます。

「ひとよ茸ランプ」とドーム兄弟「花瓶」「ななかまど」以外は写真撮影が禁止されているので注意しましょう。しっかりと自分の目で焼き付けておかないとですね。

ドーム兄弟の作品も必見

スマホがあれば音声ガイドも聴ける

19世紀末のフランス、アール・ヌーヴォー期のガラス工芸が多数集められています。エミール・ガレを始めとして、ドーム兄弟やルネ・ラリック、パート・ド・ヴェールなどの作品はどれも見ごたえのある作品。江戸時代の鎖国中に日本へ来たシーボルトが持ち込んだ作品は、日本特有の草花をモチーフにしています。

ガレに刺激を受けたドーム兄弟の作品も素晴らしく、作品の背景はスマホの音声ガイドで聞くことが可能です。トンボやカエルを模した美術品は一つ一つの造形が美しく感動すること間違いなし。奥にはガレ晩年の作品が納められており、人生の集大成ともいえる圧巻の作品です。

彩り豊かな絵画が魅力の現代日本画コレクション

https://www.instagram.com/p/BjWSdxiAOxl/
巨匠たちの日本画を展示している2階は北澤美術館にあるもう1つの顔。東山魁夷や杉山寧、奥田元宋といった、数名の巨匠が描いた日本画約30点が飾られています。「緑のハイデルベルグ」は東山魁夷が青春時代にみたままだったという作品で、彼の安堵感が伝わってくるようです。

素敵なガラス製品が豊富なミュージアムショップ

グラスの種類も多数

ミュージアムショップは1階にあり、綺麗なガラス細工のほかにも北澤美術館のオリジナルグッズもあります。品揃えが充実しているので見るだけでも楽しく、この美術館の目玉であるガラス工芸品の中で気に入ったものがあればプレゼントにもできますね。

北澤美術館ならではのグッズもアリ


気になるオリジナルグッズには、入口に置かれたひとよ茸ランプやドーム・春草文エマイユ彩花瓶といった有名な美術品をモチーフとしたものが。かわいらしく旅の思い出にも最適ですね。画像はひとよ茸ランプを模したタオルハンカチです。

ちょっとひと休みする事も


歩き回って疲れたらショップ内でも休憩できます。ミュージアムショップの一角は休憩スペースとなっており、ガラス張りの窓からは雄大な諏訪湖を望めるスポットです。たくさんのグッズをゆっくりとみられて楽しいひと時になるでしょう。

諏訪湖を一望 北澤美術館の喫茶室

アートな気分に浸れる


喫茶室は北澤美術館の2階に位置しています。受付でもらった割引券をお忘れなく。ランプの灯りで照らされた店内は美術館の空気をそのままに、まったりとした雰囲気に包まれています。ガラス張りなので諏訪湖を見渡すこともでき、景色を見るのも素敵です。

人気のチーズケーキ アントルメも堪能できる


スイーツに加えて豊富なドリンクメニューや食事メニューもそろっています。きちんと食事がとりたいときにはビーフカレーやきのこカレー、おやきなどを食べられます。画像は丸安田中屋のチーズケーキ アントルメという人気のケーキ。全国でも有名で、とろけるような食感に幸せ気分になれますよ。

コースターは持ち帰り可能


更に嬉しい特典としてドリンクを注文したときについてくるコースターがあります。お持ち帰りもできるので、北澤美術館に来た素敵な記念品になるでしょう。コースター単体でもミュージアムショップで購入することができます。

北澤美術館へのアクセス

自動車での行き方

中央道諏訪インターまで東京方面から行く場合は約2時間15分、名古屋方面からは約2時間30分かかります。中央道諏訪インターで降りてから約10分走ると到着です。インターからはすぐなので迷う心配も少なく行くことができます。

電車での行き方

電車の場合はJR上諏訪駅で降りましょう。新宿駅からは特急スーパーあずさに乗ると約2時間10分、名古屋駅からは特急で約2時間15分かかります。上諏訪駅に到着したら西口から出て歩くと約15分、タクシーを使うと約5分で到着です。

住所|〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
営業時間|AM9:00~PM6:00(4月~9月)、AM9:00~PM5:00(10月~3月)※閉館時間の30分前までに入場
定休日|年中無休
電話|0266-58-6000
公式サイトはこちら

まとめ


北澤美術館はエミール・ガレやドーム兄弟等のガラス美術品を多数展示しています。2階に飾られた現代日本画も見ごたえがあり、多数の作品が1つの美術館に所蔵されていることも珍しいです。都内にも多くの美術館がありますが、諏訪を訪れた際にゆったりと鑑賞してみてはいかがでしょうか。