阿蘇カドリー・ドミニオンではあの有名なチンパンジーに会える

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

動物に触れあったりショーを見たり、熊本の名産を食べたりしてリフレッシュしてみませんか

阿蘇カドリー・ドミニオンは、テレビ番組で有名なチンパンジーのパン君やプリンちゃんがいる動物園。阿蘇の雄大な自然に囲まれていろいろな動物が飼育されており、ふれあい体験や餌やり体験などができます。阿蘇カドリー・ドミニオンの魅力を徹底的に解説します。

阿蘇カドリー・ドミニオンについて

阿蘇カドリー・ドミニオンは動物のショーや乗馬体験などができる動物園。全国放送のTV番組に出演するパン君やプリンちゃんもいます。

動物のショーは毎日開催

阿蘇カドリー・ドミニオンは乗馬体験などの動物とのふれあい体験や、毎日開催される動物ショーがある動物園です。ベビーカーや車イスのレンタルや授乳室が3ヶ所設置されているなど、老若男女問わず家族連れでも楽しめます。園内には阿蘇の雄大な自然を眺めることができるスポットがたくさんあるので、記念撮影に最適。年間パスポートや誕生月に使えるバースデークーポンなどの割引制度も。

パン君の娘プリンちゃんもいる

プリンちゃんは阿蘇カドリー・ドミニオンのマスコット的なチンパンジー。わんぱくなお父さんのパン君と気が強いお母さんのポコちゃんの子供です。体毛の色がパン君よりも黒めですが、顔つきはそっくりです。動物ショーの1つであるみやざわ劇場にも登場して、主役を演じています。

テレビで有名になったパン君

パン君はプリンちゃんの前に阿蘇カドリー・ドミニオンのマスコットとして、テレビ番組に出演するなど頑張っていたチンパンジー。現在は引退して、自然の環境に似せて作られたチンパンジー学習の森で生活しています。

人気のミニブタレース

阿蘇カドリー・ドミニオンで開催されるイベントの1つにミニブタレースがあります。個性豊かな4頭のミニブタが繰り広げるレースはどういう結果になるのか予想がつかず、子供だけではなく大人も楽しめます。レースに参加するのは有料になりますが、観戦だけなら無料です。

アピール上手なクマ

阿蘇カドリー・ドミニオンはクマの飼育数が多いことでも有名な動物園で、6種類のクマがおよそ160頭います。

おやつやり体験ができる

クマとふれあうこともでき、おやつやり体験では個性的なおねだりでおやつを要求。ベアバレーにはニホンツキノワグマをはじめ、グリズリーやエゾヒグマがいて、ガラス張りの橋から眺めることができます。

アピールの仕方はそれぞれ個性があり、性格によって手を挙げるクマもいれば手招きするクマもいます。中には立ち上がるクマや、欲しいのか欲しくないのかわかりにくい寝そべるクマまで。クマがいるエリアのベアバレーは天気に関わらず楽しんでもらえるように、屋根が付いていますので雨でも安心です。

動物に触れあえる展示室

阿蘇カドリー・ドミニオンは餌やり体験をはじめ、動物とふれあう企画がたくさん用意されています。ふれあえる動物には人気のあの動物までいます。

小さなお子様もOK

ちびっこ広場は小さなお子様でも動物とふれあうことができるエリア。ふれあえる動物はウサギなどの小動物からダチョウや爬虫類までいて、各種イベントも開催されています。ふれあい施設は冷暖房設備のある屋内施設や巨大テントの中なので、天気や気候に関わらず楽しむことができます。

カピバラに餌やり体験

カピバラの池には愛らしい姿で人気のカピバラが7頭飼育されています。カピバラはネズミの仲間としては世界最大級の大きさなので、動きもゆるいのかと思いきや泳ぎが得意です。ふれあい体験はもちろん餌やり体験も開催されています。カピバラと一緒に鳥も生活しており、ベニコンゴウインコをはじめ、キエリボウシインコやキバタンなどがいます。

笑いが絶えない動物ショー

阿蘇カドリー・ドミニオンでは2種類の動物ショーが開催されます。600人入れるみやざわ劇場では、プリンちゃん主演のショーや動物オールスターショーを開催。1,000人入れるカドリーホールでは、外国人スタッフが動物と一緒にイリュージョンに挑戦します。動物ショーは、動物の体調などで予定が変更されることがあります。

阿蘇の大地をヘリコプターで遊覧

阿蘇カドリー・ドミニオンにはヘリコプターに乗れるアトラクションもあります。ベテランパイロットの操縦とガイド付きで、上空から阿蘇を満喫。米塚や阿蘇山中岳火口までの遊覧など5ルートから選択して、四季折々の阿蘇の風景を空から見下ろせます。

阿蘇の外輪山を眺めながらの食事

カドリーキッチン森のくまさんは、阿蘇カドリー・ドミニオンの中にあるレストラン。小さな子供が楽しみながら食事できるように、クマのお子様ランチや軽食などを提供しています。人気メニューは熊本ラーメンやカレーですが、熊本の郷土料理であるだご汁と高菜めしを味わえる定食もあります。

近くにある葉祥明阿蘇高原絵本美術館

葉祥明(ようしょうめい)阿蘇高原絵本美術館は、熊本出身の絵本作家である葉祥明の作品を展示している美術館。阿蘇の自然に囲まれた美術館で、絵本にふれて癒やされてみませんか。

建物も可愛い美術館

葉祥明阿蘇高原絵本美術館は可愛らしい外観をした、優しいタッチの絵本を所蔵する美術館です。館内奥にはソファーと本棚のあるスペースがあり、実際に絵本を読むこともできます。カフェテリアやショップもあるので、ゆっくりと時間を過ごすことができます。

美術館の周りは散歩コースが整備されており、広大な草原をゆっくり散策すれば心も体もスッキリ。特に庭から草原を望む景色は絶景で、森林浴の気分にひたれる癒やしの空間です。

広大の庭に飛んでいる青い蜂

美術館の庭にはあまりお目にかかれない青色のハチを鑑賞できます。正式名称をルリモンハナバチという体長1.5cmほどの小さいハチは、その色からブルービーと呼ばれています。その特徴的な姿は来館者を魅了して、誰もがシャッターを切ってしまうほど。庭に咲くバジルの花によく集まっています。

住所|〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
営業時間|10:00〜16:00
定休日|なし
電話|0967-67-2719
公式サイトはこちら

阿蘇カドリー・ドミニオンへのアクセス

電車でのアクセス

JR熊本駅より豊肥本線の肥後大津行に乗車して阿蘇駅で下車して、タクシーで3分ほど。震災の影響によって通行できない区間もあるため確認が必要です。

車でのアクセス

九州自動車道の熊本ICで下車して国道57号線を阿蘇方面へ向かい、県道339号線を経由して目的地へ向かうルート。熊本ICより国道57号線と県道298号線を通るルートの2つのルートがあります。

住所|〒869-2225 熊本県阿蘇市黒川2163
営業時間|10:00~16:30(冬季)、9:30~17:00(夏季)
定休日|12月から2月の火曜日と水曜日(冬休み・休日は除く)
電話|0967-34-2020
公式サイトはこちら

まとめ

阿蘇カドリー・ドミニオンは動物とふれあったり、動物ショーの鑑賞をしたりできる動物園。阿蘇という立地を活かしたアトラクションもあり、雄大な自然も満喫できます。子供から大人まで楽しめる動物園なので、家族や友達と一緒に足を運んでみませんか。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ