谷中ぎんざ商店街で食いだおれと猫雑貨をチェック

公開日:2019/1/23 更新日:2019/5/10

トラベルパートナー:トラベルパートナー: naolalala
東京出身。旅行に行くのなら絶対海外派。最近はアメリカやオーストラリアの国立公園の魅力にはまってしまって、旅行先にはなるべく自然の多いところにしています。週末はぶらぶらお散歩が好きなので、近場を歩きながら気になったモチーフなどを写真におさめます。美味しいスポットも絶対おさえます。
谷中ぎんざ商店街は小さいのに端まで通りぬけるのに食い倒れてしまう!

かつて寺町として栄えた谷中は、今は商店街と猫の町として、たくさんの観光客が訪れます。下町情緒たっぷりの商店街は、新旧60ものお店がひしめきあい、お惣菜からスイーツまで、おいしいものの食べ歩きには1日では足りないほど。猫探しや食べ歩きで疲れたら、夕焼けだんだんでまったり過ごすのもおすすめです。

谷中ぎんざは下町レトロ

江戸時代に寺町として栄えていた谷中は下町情緒たっぷりの町。町の中心の谷中ぎんざ商店街には60ものお店がひしめきあい、平日、週末問わずたくさんの観光客でにぎわっています。

懐かしい感じがする谷中

谷中は江戸時代には寺町として栄えていた町です。今でもお寺が多くあり、そのためか懐かしい下町情緒のある風景が広がっています。徳川最後の将軍である徳川慶喜が埋葬されている谷中霊園もこの町にあります。

谷中ぎんざにあふれる下町情緒

谷中の中心に位置するのは谷中ぎんざ商店街。商店街の全長は170mと決して長い通りではありませんが、その中に60ものお店がところ狭しと軒を連ねています。喫茶店、食器屋、精肉店といった昔ながらの人情味あふれるお店に、可愛らしいスイーツショップなど新しいお店もあり、老若男女問わずだれでも楽しめる商店街です。

平日でもおよそ1万人、週末になるとおよそ1万4千人ものお客さんが訪れ、外国人観光客にも人気のスポットとなっています。

夕焼けだんだんでまったり

日暮里駅から谷中ぎんざに入るところにある石階段は、夕焼けだんだんと呼ばれています。この階段から見る夕日がたいへん美しいため、この呼び名になったそうです。町の猫たちもこの夕焼けだんだんでのんびりと過ごしているので、この猫たちを目当てに訪れる人も多いとのことです。

谷中ぎんざで食い倒れ

谷中のシンボル猫をモチーフにしたお店やお菓子もたくさん。パンやさんやお肉やさん、喫茶店などいろいろなジャンルのお店をまわれるのも商店街ならではですね。

猫のしっぽをモチーフにしたやなかしっぽやのお菓子

やなかしっぽやでは、お店の名前のとおり猫のしっぽをモチーフにした焼きドーナツを販売しています。猫の毛色が味を表していて、ぶちはチョコチップ味、バナナクリーム入りのナナなど、13種類ほどのバリエーションがあります。中でもトラ猫のしっぽをモチーフにしたとらは一番人気です。焼きドーナツはあまり油っぽくないので、手でつまみながら食べ歩きをしても大丈夫。

Address 〒110-0001 東京都台東区谷中3-11-12
Hours AM10:00-PM6:00
Closed なし
Tel 03-3822-9517
Web http://yanakasippoya.com/

ネコジタヤでワインと煮込みを

ワインと煮込み料理のお店、ネコジタヤ。焼きドーナツのお店、やなかしっぽやの姉妹店になります。コースターや箸置きなど、店内には猫をモチーフにしたものがたくさん置いてあり、猫好きに人気のあるお店です。

Address 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3丁目14−7
Hours 火曜〜土曜:AM12:00-PM10:00、日曜:AM11:00-PM10:00
Closed 毎週月曜日
Tel 03-5834-7357
Web

明富夢はこだわりのパンのお店

明富夢と書いてアトムと読みます。明るく富な夢を広げるお手伝いができるような店を目指したい、という思いを込めて名付けられたそうです。砂糖や油脂を使わないというこだわりのパンは低カロリーなのが嬉しいポイント。粉は全粒粉を使っていて、体にも良さそうですね。

Address 〒110-0001 東京都台東区谷中3-11-14
Hours AM10:00-PM7:00
Closed 月曜日・火曜隔週休
Tel 03-3823-2076
Web http://www.atom-bakery.com/atom/


満満堂でちょっと休憩

満満堂は下町情緒と懐かしさが感じられる外観の喫茶店です。自家製の焙煎コーヒーは種類が豊富で、その日のおすすめなどマスターのこだわりが感じられます。コーヒーだけでなく食事もでき、ちょっと珍しい大根カレーが人気のメニューです。

Address 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-15-4
Hours AM10:30-PM6:30
Closed 毎週月曜日&毎月10日
Tel 03-3824-4800
Web www.yanakaginza.com/home.html

肉のすずきでメンチカツ

精肉店の肉のすずきはいつも長い間行列ができています。元気メンチというメンチカツが一番人気です、アツアツをその場で頬張る人もたくさん。人気商品だけあって夕方4時頃には売り切れてしまうことも多いので、早めに行くのがおすすめです。ほかにはトロトロ焼豚という焼豚も柔らかくて美味しいと人気があります。

Address 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-15-5
Hours AM11:00-PM6:00
Closed 毎週月曜日
Tel 03-3821-4526
Web yanakaginza.com

氷蜜堂のかき氷は並んででも食べたい人がたくさん

天然水を使った氷で作られるかき氷は、氷の味や食感、くちどけが格別です。2時間並んでも食べたいかき氷は氷蜜堂で。

氷蜜堂は2時間待ちもあるほど人気

谷中ぎんざの石階段を降りたところにあるのは、氷蜜堂(ひみつどう)というかき氷屋さんです。自然素材の美しい色と濃厚な香りをもった氷蜜でかき氷を作る、というのがこの氷蜜堂という名前の由来。やっぱり真夏はかき氷が食べたくなりますが、平日の開店直後にもかかわらず2時間の行列ができていることもあるので、暑さ対策は万全に整えて出かけましょう。

氷蜜堂の人気の秘密

お店の中は夏でも扇風機が稼働しているだけ。あえてエアコンを置かないのは、自然な暑さの中でかき氷をよりおいしく食べてもらいたいからだそうです。箱根の天然水から作られる氷を手動式のかき氷機で削り、ひとつひとつ丁寧に作るかき氷は絶品。

一番人気はいちごみるく

ひみつのいちごみるくというメニューが一番人気です。定番のいちご味ですが、いちごシロップではなく果物のいちごを使ったジャムがかけられていて濃厚な味わいが魅力。ほかには抹茶あずきやほうじ茶シロップなどのメニューも人気です。抹茶あずきは自分で抹茶をかけながら食べるスタイルなので、こぼさないように少しずつかけて食べるのがコツです。

Address 〒110-0001 東京都台東区谷中3-11-18
Hours AM10:00-PM6:00
Closed 毎週月曜日
Tel 03-3824-4132
Web http://himitsudo.com

谷中は猫を愛する町

猫愛にあふれる町、谷中。人と猫が良い形で影響しあっているのが実感できるでしょう。町のどこかにいる7匹の木彫り猫も見つけみましょう。

谷中は猫の町

谷中は猫の好きな細くて狭い路地が多いので、自然と猫が集まります。日向ぼっこをしていたり、のんびり歩いていたり、猫ミーティングをしていたりと、すっかり自分たちの世界のように過ごす猫たちを見に来る観光客も多いです。



7匹の木彫り猫

谷中ぎんざには、オブジェとして猫の雑貨を飾ってあるお店や猫グッズを売っているお店が多くあります。町の中には7匹の木彫り猫がいるので、どこにいるのか探しながら散策するのも楽しみのひとつです。

猫モチーフのハンコ屋さん

邪悪なハンコ屋しにものぐるいは、猫などのイラスト入りのゴム印を作れるハンコ屋さん。モチーフは、犬、小鳥、猫といった身近にいる動物から、埴輪や宇宙人といった珍しいものまでさまざま。オーダーしてから30分ほどで完成とあまり時間もかからないので、記念に自分だけのオリジナルハンコを作るのもいいですね。

Address 〒110-0001 東京都台東区谷中3-11-15
Hours AM10:00-PM6:30
Closed 毎週火曜日
Tel 03-6320-3997
Web https://www.ito51.com

谷中ぎんざ商店街へのアクセス

電車でのアクセス

JR日暮里駅が最寄り駅です。日暮里駅の西口を出て5分ほど歩くと、谷中ぎんざの一番はじっこに到着します。そこから夕焼けだんだんを下ると商店街に入っていけます。

Address 〒110-0001 東京都台東区谷中3丁目13−1(谷中銀座)
Hours 24時間営業
Closed なし
Tel
Web yanakaginza.com

まとめ

下町情緒が残る谷中ぎんざは、商店街と愛らしい猫の町。地元の人たちに長く愛されてきたお店や新しくできたお店、そして人と猫がともに影響しあい、活気と人情があふれています。