神戸どうぶつ王国で動物とのふれあいを体験

トラベルパートナー: ASAHI

兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅が母になってからのお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~

動物とのふれあいが半端ない!

動物とのふれあいを楽しめると話題の神戸どうぶつ王国。さまざまな可愛い動物を間近で見られるだけでなく、ふれあえるのが人気の理由でしょう。迫力あるパフォーマンスショーでは感動すら覚えます。ここでは、神戸どうぶつ王国の見どころや魅力、アクセスの仕方などをまとめてみました。

神戸どうぶつ王国はお邪魔しますの姿勢で入場

さまざまな動物たちの生活空間に迷い込んだような体験ができる施設。動物たちを間近で見られるばかりか、直接ふれあうこともできるため、大人から子供まで大人気です。

一般的な動物園に比べ、柵やガラス越しに飼育されている動物が少ないのも特徴でしょう。飲食施設や売店もありますし、ベンチやテーブルも設置されているため小腹が空いたときも安心です。

 

猫や犬など、身近な動物が飼育されているのも特徴の一つ。ほかにも、魚や爬虫類が飼育されています。屋内には植物園かと思ってしまうような手入れの行き届いた植物もたくさんあり、見どころの一つとなっています。

パフォーマンスショーの動物たちの動きは感動もの!

神戸どうぶつ王国の見どころの一つが、迫力あるパフォーマンスショー。スタッフとの息がピッタリのバードショーやドッグパフォーマンスショーなどが行われています。

避けろ?バードパフォーマンスショー

ウオーターリリーズエリアでは、鳥たちによるフライトショーを見学できます。ショースタッフと鳥たちの息ピッタリのパフォーマンスは見ごたえたっぷりですし、感動してしまうこと間違いありません。

インコやオオフクロウ、ハヤブサなどさまざまな鳥のショーが見られ、鳥ごとのパフォーマンスの違いも見どころ。ショーを行うスタッフや鳥との距離感が近いため、大迫力のショーが楽しめるでしょう。

ドッグパフォーマンスショーで犬の従順さに唸る

アウトサイドパークにはドッグステージがあり、フリスビードッグパフォーマンスとシープドッグパフォーマンスを楽しめます。

スタッフの指示に俊敏に従うシープドッグの動きに思わず感嘆の声が漏れそうです。たくさんの犬たちによる集団パフォーマンスではただただ心が癒されるでしょう。日ごろのストレスも解消されるかもしれません。

ワオワオトークでクイズに挑戦

ワオキツネザルのトークショーが、アフリカの湿地エリアで行われています。こちらも人気のコンテンツで、クイズもある参加型なので訪れた際にはぜひ参加してみましょう。

スタッフの周りに集まるワオキツネザルの姿はとにかく可愛く、ほほえましい気持ちにさせてくれます。

アトラクションやふれあいで動物たちとコミュニケーション

飼育されているたくさんの動物たちとふれあうことができるのが神戸どうぶつ王国の大きな魅力。レッサーパンダやカピバラとふれあって心を癒してもらいましょう。

レッサートークでエサやり体験

スタッフによるレッサーパンダの生体説明を受けられるので、さまざまな知識を得られます。人数限定となりますが、イベントが終わったあとにエサをあげる体験も可能。棒の先のエサを可愛い仕草で取ろうとするレッサーパンダに、思わず頬が緩んでしまいます。

食事ものんびりカピバラふれあい

有料となりますが、アクアバレーではゾウガメやカピバラにエサやり体験ができます。可愛くて人気のカピバラですが、近くで見ると意外に大きくて驚くかもしれません。

これも動物との距離が近いからこそ初めてわかることですね。カピバラが温泉にのんびり漬かる様子も見れますし、ほっこりした気持ちにさせてくれるでしょう。

ホースライドでお馬さんとお散歩

乗馬体験ができるのも魅力的。有料ですが、スタッフの方が丁寧にサポートしてくれますし、初めての方でも安心です。

撮影ポイントではポーズもとれるので、SNS映えを狙った一枚を撮っておきましょう。先着20名の人気コンテンツなので、早めに行って並ぶことをおすすめします。

体重や年齢に制限があり、幼児はポニーライドとなります。すぐそばにはラクダに乗れるラええクダライドも。こちらもぜひ体験してみましょう。

ひょっこり顔出しでヒツジふれあい

アウトサイドでは常時ヒツジのエサやり体験が可能。柵越しでエサやりできるため、小さなお子さんからも大人気です。

エサやスコップを近づけると、画像のようなほほえましい光景が目にできるでしょう。ほかにもアルパカやカンガルー、水鳥などのエサやり体験ができるのも魅力的です。

神戸どうぶつ王国の動物は小さくても魅力は大!

大型の動物こそあまりいませんが、小さくて魅力的な動物がたくさんいるのも大きな特徴。コビトカバやコマンモーセット、ハシビロコウなどキュートな動物たちをたっぷり堪能できます。

王国のニューフェイス!コビトカバ

世界三大珍獣とも呼ばれるコビトカバは、アフリカの湿地エリアにいます。コビトカバのコウメちゃんは普通のカバよりも約半分ほどの体長で、体重も1/10程度です。

体重160~240kg、体長は1.5~1.7mくらいとコンパクト。森林に生息しているカバのため、展示場もそれを模しています。

キュートなコマンモーセット

スピーディな動きと小刻みなしぐさがとってもキュートなコマンモーセット。熱帯の森ではトロピカルバードやナマケモノなども放し飼いされており、熱帯雨林の中で動物たちとふれあうような体験ができます。

相当近づくこともできますし、一緒に写真撮影も可能。ぜひ記念に撮っておきたいですね。アルマジロやオオハシともふれあえます。

動かない鳥ハシビロコウ

動かない鳥、飛べない鳥とも言われるハシビロコウ。アフリカの湿地エリアにいるので、ぜひ見ておきたい動物です。

インパクト抜群の大きなくちばしが特徴で、顔と体の大きさがアンバランスなところがとってもチャーミング。

本当に動かないため、初めて目にする方だと鳥の置物だと勘違いしてしまうかもしれません。動いているところを見れたらラッキーです。

神戸どうぶつ王国へのアクセス

電車での行き方

ポートライナーの三ノ宮駅で乗車し、京コンピュータ前駅まで移動しましょう。所要時間は約14分ほどで、下車したらすぐの場所にあります。ポートライナーなら施設の前までスムーズに行けますし、アクセスの利便性はかなりよいです。神戸空港からだと一駅区間なので、約4分ほどでアクセス可能。

自動車での行き方

阪神高速3号神戸線の京橋ICで降り、神戸大橋を渡ってポートアイランド神戸空港方面に向かってください。また、生田川ICで降りて海底トンネルを利用し、ポートアイランド神戸空港方面に向かうという方法もあります。阪神高速5号湾岸線なら住吉浜出入口で降り、ハーバーウェイを新港方面に向かい、神戸大橋を渡ってポートアイランド神戸空港に向かいましょう。

飛行機や高速船での行き方

ポートライナーの神戸空港駅で乗車し、京コンピュータ前駅まで行きましょう。所要時間は約4分なので、すぐに着きます。また、関西国際空港から神戸空港まではベイシャトルを利用すれば約43分でアクセスできます。そこからポートライナーの神戸空港駅で電車に乗車し、京コンピュータ前駅まで向かってください。乗車時間はだいたい4分です。

住所|〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9
営業時間|AM10:00-PM5:00(土日祝日:-PM5:30、冬季:-PM4:00、冬季土日祝日:-PM5:00)
定休日|毎週木曜日
電話|078-302-8899
公式サイトはこちら

まとめ

著名な大型動物園と比べると、大きな動物も少なく種類もそこまで多くありませんが、動物たちとの距離の近さは大きな魅力です。実際にふれあうこともできますし、動物好きにとっては堪らない環境でしょう。小さなお子さんも楽しめますし、カップルや友人同士でも楽しめます。可愛い動物とふれあって心の洗濯をしてみてはいかが?