大内山動物園は50種類以上の動物たちと触れ合える。ベンガルトラの食事タイムは迫力満点

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

やんやん、大内山動物園はいろんな動物にさわれるんよ

大内山動物園は、たくさんの動物を見ることができるだけでなく、その動物たちと触れ合えるのが最大の魅力。小さな動物から迫力のある大きな動物まで触れ合うことのできる大内山動物園は、子供だけでなく、大人も一緒に楽しめるでしょう。そんな楽しみの詰まった動物園の魅力を、たっぷりとご紹介いたします。

私営動物園の大内山動物園

三重県にある大内山動物園50種類以上の動物を見ることのできる動物園で、園内で見ることのできる動物の多くは、閉鎖してしまった動物園から移ってきた動物たちです。行く場所に迷っている動物を保護しているため、積極的に動物愛護の取り組みをしている、全国的にあまりない私営の動物園です。

動物園内の各所には餌売り場があり、そこで購入した餌であれば、ほとんどの草食動物に自由に餌をあげることができるのが、人気の一つにもなっています。

園内は清潔で開放感あり

掃除の行き届いた清潔感のある園内は、動物園を訪れた時に感じる、動物特有の臭いをあまり感じません。動物の臭いが苦手な方でも、あまり気にすることなく園内を散策することができるでしょう。

動物園の構造は、動物たちが自由に過ごせるようにつくられており、広々とした空間で、のんびり過ごす動物たちを見ていると、見ている側もほんわかした気持ちになるでしょう。

動物と直接触れ合える

大内山動物園では、動物たちと直接触れ合うことができます。見るだけではなく触れることでさらに動物との距離が感じられるでしょう。

人懐っこいポニー

大内山動物園は、たくさんの動物たちと直接触れ合うことができます。見るだけでなく、実際に自分の手で触れることで、動物をより身近に感じるでしょう。

園内にいる動物の中でも、ポニーは特に人懐っこく可愛いと人気です。一度触るともう一度とおねだりしてきたり、餌のニンジンを催促してくる姿も。触ってみると少し乾燥気味に感じる毛も、自然で生きる動物ということを改めて感じさせます。

アライグマもお手のもの

どことなく達観したような表情にも見える渋い顔のアライグマ。野生的なイメージのあるアライグマですが、園内のアライグマは人慣れしているため、気軽に触ることができます。硬すぎず柔らかすぎない毛ざわりは、あまり触ったことのない触感でしょう。

定番のモルモットも

さまざまな動物園でも、わりと簡単にさわれることができる動物といえばモルモットでしょう。モルモットの小さなシルエットと、すがるようなうるうるとした瞳に、つい立ち止まってしまう人も多いのでは。

モルモットは、触られ慣れているので、基本的にされるがままでいてくれます。小さい子供でもモルモットは触れ合いやすい動物です。優しく触れ合ってあげましょう。

猛獣とも触れ合える

大内山動物園で動物を間近で見れるのは可愛い小動物や草食動物だけではありません。迫力ある動物たちも身近に感じることができます。

迫力満点ベンガルトラ

迫力のある縞模様が印象的なベンガルトラ。大内山動物園では、トラに餌をあげるイベントが行われています。自分であげる大きな肉にかぶりつくトラの姿を、間近で見ることができるので、その迫力に圧倒される人も。トラ本来の野生の本能のようなものを感じさせます。

貫禄たっぷりのウマグマさん

見た目と目つきにとても迫力があり、どこか貫禄を感じるウマグマは、馬のように走る姿から名前がついたとされます。園内にいるウマグマは、タイヤ遊びが好きで、豪快に遊ぶ姿をよく見ることができます。遊んでいるときに響き渡る音は、迫力を感じられるでしょう。

見た目は迫力があり、かっこいいウマグマですが、その大きな体で無邪気に遊ぶ姿は、ほっこりした気持ちにさせてくれるでしょう。写真のウマグマはウィンクしているみたいでチャーミングですね。

珍しい鳥類にも触れ合える

大内山動物園ではフラミンゴやくちばしが特徴的なオニオオハシの姿も見ることができます。

脚長のチリーフラミンゴ

https://www.instagram.com/p/BpXCcUhlBb-/

園内には哺乳類以外に鳥類もたくさん見ることができます。上の写真は、きれいな淡いピンク色のチリーフラミンゴ。脚が非常に長く、折れそうなほど細いのが特徴です。脚がきれいで色も可愛らしいチリーフラミンゴですが、小さな目は黄色いため、近くで見ると少し怖いと思う人もいるでしょう。

カラフルなオニオオハシ

とても大きなクチバシとカラフルな色合いが可愛らしいオニオオハシ。クチバシに目が行きがちで、見たことのない人やクチバシで見えないこともありますが、実は濃いブルーの瞳をしていてとても綺麗なのです。

大内山動物園のオニオオハシは、夫婦とても仲が良く、その仲の良い姿は幸せを分けてくれているかのよう。タイミングが良ければ、相手に餌をあげている姿を見ることもできるでしょう。

秋は紅葉が楽しめる

大内山動物園では動物以外にも季節の美しさやイベントを楽しむことができます。秋のシーズンでは、見事な紅葉やハロウィンイベントがあります。

紅葉の動物園はさらに艶やか

秋の紅葉シーズンになると、動物園内も紅葉で色鮮やかになります。動物をみられるだけでなく、美しい自然も一緒にたのしめるので、この時期に訪れるのは特におすすめ。金木犀などの香りも漂い、目と鼻で一気に秋を感じることができます。

ハロウィンイベントも

10月になるとハロウィンイベントも開催しています。手作り感漂うジャックオーランタンを園内の各所で見かけるため、ハロウィン気分をより味わえるでしょう。また、動物たちも特製ビーズなどを被った姿で出てくるなど、ハロウィンイベントを盛り上げています。

ハンドメイドのお土産

スタッフの方によるハンドメイドのお土産が販売されています。画像にあるストラップは、つやつやな質感をしたインコのストラップ。店内に売店はないため、受付でお土産を購入することができます。ハンドメイドのお土産は、スタッフの方たちから動物への愛情が伝わってくるおすすめのお土産です。

入場料は回数券の制度あり

大内山動物園の入場料は有料で、回数券制度もあります。近くに住んでいる方や、何回も行く予定がある人などは回数券の購入がおすすめです。また、10名以上だとエサやりが無料になる団体割引も。ただし、予約が必要になるため、事前に動物園へ連絡が必要です。

大内山動物園のアクセス

電車での行き方

https://www.instagram.com/p/BoQiPA-hCt0/

JR紀勢本線、大内山駅で下車後、徒歩約30分で到着します。

車での行き方

紀勢大内山ICで下車後、江尻橋南の信号を曲がり、700m先に専用駐車場が有ります。専用駐車場は平日は無料、土・日・祝は有料となっています。

住所|〒519-3111 三重県度会郡大紀町大内山530-4
営業時間|AM9:00 - PM4:00
定休日|なし
電話|0598-72-2447
公式サイトはこちら

まとめ

大内山動物園は、50種類以上の動物たちと触れ合える珍しい動物園です。なかなか体験することのできない、トラや熊など、迫力のある猛獣にエサやりをすることができます。清潔感のある園内で、リラックスしながらさまざまな動物を観察して、動物たちとたくさん触れ合ってみてください。動物たちと触れ合うと、その生命力に癒されると共に、優しい気持ちさせてくれるでしょう。

View this post on Instagram

#三重 #大紀町 #大内山動物園 #ミルクランド #ソフトクリーム #癒し 12/23、三連休2日目は動物園へ😃 ここは個人経営でありながら、トラなどの猛獣を飼育していて、なかには野生の怪我をした動物や閉園により行き場を失って保護された動物もいます😊 規模は小さいけど、動物との距離が近く、餌やりを間近で見学出来たり、実際にトラに餌をあげる事も出来てとても良かったです😳 餌のヒヨコには引いてる人もいましたが💦 6枚目のアライグマはオイデオイデしたら台の上によじ登ろうとしてる瞬間です。こんな人懐っこい動物もいます😁 動物園近くにある、ミルクランドのソフトクリーム。大内山牛乳が有名だけあって、とても美味しかったです😋

A post shared by @ keinro on