竜神大吊橋は本州一の長さを誇る橋。見どころや竜神バンジーを紹介

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Akko

出身は千葉県で、メインスポットは沖縄県・神奈川県。暖かくて海がきれいな場所が大好きで、旅行では年1回の沖縄が定番です。世界中の海や絶景スポットを見つけるのが趣味で子どもが生まれてからは、公園やレジャー施設などの日帰りスポットもよく行くようになりました。

絶景の空中散歩を楽しむべ

竜神伝説の伝わる自然豊かな渓谷・竜神峡。竜をイメージして造られた竜神大吊橋の周辺では、四季ごとに楽しめる景観はもちろん、満天の星にスリル抜群のアトラクション、さらにはこだわりのご当地グルメまでお楽しみがいっぱいです。

竜神大吊橋の概要

茨城百景の一つである鉄橋

茨城県常陸太田市・奥久慈県立自然公園に位置する竜神峡。そこに架かる竜神大吊橋は茨城百景の一つにも挙げられている鉄橋です。美しいV字形の渓谷を流れる竜神川をせき止めて造られた竜神ダム、その湖面から100mの高さに架けられた橋の全長は375m。歩行者専用の橋としては日本有数の長さを誇ります。

1994年の開通以来、その存在感あふれる景観は、毎年何万人もの観光客を魅了している一大観光スポットとなっています。2001年にはリニューアルが行われ、現在の鮮やかなブルーに化粧直しが施されました。

竜をイメージして作られた主塔

主塔の高さ35m、橋を支えるケーブル総重量は236t、全体では1,356tもあるマンモス級の吊り橋は、ふるさと創生事業に伴い約33億円をかけ建設されました。トラスト補剛型式の構造は秒速30mもの風にも耐え、一度に3,500人が渡ることができる強固さを備えています。

地上高100mの絶景を眺めよう

橋からは見下ろす景色はスリル満点

橋の中ほどまで進むとアクリルの透明板が設置されており、そこからのぞき込むと遥か下には竜神川の流れが。非日常的とも言えるその眺めからは、スリルだけでなく圧倒的な自然のパワーも伝わってきます。

自然豊かな景色

地上から高さ100mの橋上からは360度パノラマの絶景、眼前には八溝・阿武隈山系の山並みが広がります。大きく蛇行してゆく渓谷の形が竜に似ていることからその名が付けられた竜神峡。周辺地域一帯はその自然深く神秘的な様子から、古来より竜が棲むと言われる竜神伝説が伝えられてきました。

亀ヶ淵も必見

古い滝つぼが変化してできたとされる亀ヶ淵は、竜神峡の代表的な淵の一つです。峡谷のほぼ中央に位置しており、竜神大吊橋から竜神峡をめぐる片道1時間ほどのハイキングコースで近くまで行くことができます。

四季折々の大パノラマは圧巻

紅葉シーズン

10月下旬~11月下旬にかけ、紅葉の見ごろを迎えると周辺の原生林は錦に彩られ、その美しさはひときわ輝きを増します。例年11月には竜神峡紅葉まつりが開催。周辺施設をめぐるスタンプラリーや物産市といった各種イベントも行われ、たくさんの人たちでにぎわいます。

また、そばの産地としても有名なこの地域ではイベント期間中、新そばフェアも開催され、地域の各店舗で常陸秋そばの新そばをいち早く味わうことができます。

鯉のぼりまつり

毎年、4月下旬~5月中旬にかけて開催される竜神峡鯉のぼりまつり。5月5日のこどもの日には小中学生を対象に、竜神大吊橋の渡橋料が無料になります。全国の家庭から寄付された約1000匹の鯉のぼりが、竜神大吊橋を中心に竜神峡一帯を壮大に泳ぐ姿はとても印象的な光景。

大自然と鯉のぼりのコラボは国内でも珍しく、高さ100mの吊り橋から春風を受け、爽快に泳ぐ鯉のぼりは壮観です。また、会場では地元名産の山菜や漬物が楽しめる物産市のほか、豪華商品が当たるクイズなど様々なイベントが行われ、こちらもたくさんの人たちが訪れます。

紅葉シーズンや、鯉のぼりまつりなどのイベント開催期間は混雑するため、朝早めの時間帯に到着するようにスケジュールを組むのがおすすめ。

夜には星夜ウォッチングがおすすめ

満点の星空を眺めよう

残念ながら夜間は吊り橋は通行禁止となりますが、星空ウォッチングスポットからは吊り橋とともに美しい星空を眺めることができます。四方を山に囲まれた渓谷に架かる吊り橋の周辺は、夜間になると周りに光がまったく無いため、満天の星が広がる神秘的な世界を体験できると評判です。

おすすめ星空スポット、竜神ふるさと村

竜神大吊橋から約6kmの場所にある 竜神ふるさと村は、奥久慈県立自然公園内の豊かな自然を生かして整備された宿泊施設。開放的な芝生のキャンプサイトのほか、バンガローのテラスにある貸切特等席からはもちろん満天の星が眺められ、贅沢な時間がゆっくりと流れてゆきます。

また竜神ダムや上流の竜神峡では、カヌーツーリングやSUP(スタンドアップパドルボード)、ボートクルージングなどのアクティビティも楽しめます。

住所|〒313-0352 茨城県常陸太田市下高倉2367
営業時間|チェックイン テントキャンプ場/14:00、コテージ・バンガロー/15:00 チェックアウト テントキャンプ場/10:00、コテージ・バンガロー/9:00
定休日|なし
電話|0294-87-0234
公式サイトはこちら

勇気のある人は竜神バンジーに挑戦してみよう

日本最大級のバンジージャンプ施設

竜神大吊橋バンジージャンプは、2014年にオープンした日本最大級のバンジージャンプ施設。高さ100mの吊り橋から湖面へ向かってのバンジージャンプは想像以上のスリルが味わえると評判です。テレビや雑誌などのメディアにもひんぱんに取り上げられ、日本全国のみならず海外からも絶叫フリークが多数訪れます。

ウインチ方式が採用されているので、ジャンプしたあとは電動ウインチによって橋の上まで引き上げてくれるので安心。スタッフさんの丁寧なレクチャーが心の準備をしっかりサポート、有料になるものの、スタッフさんにテストジャンプをお願いすることも可能です。

うれしい特典もある

 

バンジージャンプが終わった後は認定書を進呈、次回以降、持参すれば10,000円でバンジージャンプが利用できます。またバンジージャンプの予約者は、吊り橋の渡橋料が無料になるので何度でも渡ることができます。さらにバンジージャンプに挑戦した人はレストランの食事代が200円引きになるなどの特典も。

参加条件や予約方法

参加条件は15歳以上(未成年者は保護者同伴必須)、体重は40kg~105kgまでで健康状態が良好であることです。また、ネットもしくは電話での事前予約が必要となるためご注意ください。予約した時間の15分前に受付開始となります。

住所|〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133-6
営業時間|9:00~16:00(15:30受付終了)
定休日|なし
電話|0278-72-8133
公式サイトはこちら

幸せの鐘を鳴らしてみよう

吊り橋を渡りきると、そこには緑色をしたドーム型の屋根の木精の鐘とも呼ばれる竜神カリヨンが。2001年のリニューアルの際に設置されました。

複数の鐘を組み合わせて演奏する装置という意味を持つカリヨンには、 愛の鐘・幸福の鐘・希望の鐘の3種類があり、2人で同時にスイッチを押すことによってそれぞれが美しい音色を奏でます。恋人同士はもちろん、家族や友達同士でもお互いの幸せを願って一緒に鳴らしてみては。

そばの名店慈久庵で人気の本格そばを堪能

竜神ダム近くにある慈久庵の特徴は、この地に伝わる農法で育てた蕎麦を使って、全ての工程を店主一人で行うというこだわりぶり。茨城エリアの蕎麦店で食べログ上位に常に名前を連ねる人気店です。

メニューは冷たい蕎麦、温かい蕎麦、そばがきなどいずれも自家製の本格的な味わい。ほかにも葱天せいろや、超珍味・岩魚なうるか、わさびの茎のおひたしなどの珍しいメニューも楽しめます。人気店だけにオープン前から並ぶことも多く、早めに訪れるのがおすすめです。

住所|〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2162
営業時間|11:30~14:30(蕎麦がなくなり次第終了)
定休日|火曜・水曜・木曜
電話|0294-70-6290
公式サイトはこちら

周辺おすすめスポット袋田の滝でパワーチャージ

久慈川の支流・滝川に架かる袋田の滝は日本三名瀑の一つに数えられ、高さ120m・幅73mの大きさ。水が四段の岩壁を流れ落ちてくることから、別名四度(よど)の滝とも呼ばれ、その昔、西行法師が訪れた際に「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と詠い、その魅力を称えたと言われています。

秋には滝を囲うようにイロハカエデやオオモミジが紅く色づき、冬には滝が凍結するなど、四季折々の表情を見せてくれます。

住所|〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
営業時間|8:00~18:00 (11~4月は9:00~17:00)
定休日|なし
電話|0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
公式サイトはこちら

竜神大吊橋へのアクセス

車でのアクセス

常磐自動車道日立南太田ICより約45分です。約265台収容の無料駐車場があります。

電車でのアクセス

JR常磐線水戸駅乗り換えて、JR水郡線・常陸太田駅下車します。常陸太田駅から茨城交通バス、下高倉行または下高倉・大子行に乗車。45分後に竜神大吊橋または竜神大吊橋入口で下車します。そこから徒歩で約20分の距離です。

住所|〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133-6
営業時間|8:30~17:00 (受付 16:40まで)
定休日|なし
電話|0294-87-0375
公式サイトはこちら

まとめ

神秘的な風景が広がる竜神峡では、滝を流れる清流、満天の星、そして四季折々で移り変わる美しい自然が訪れる人にパワーを与えてくれます。竜伝説が伝わる地に架けられた近代的な吊り橋は、まさに現代に残る秘境の入口と言えるでしょう。