ホースシュー・ベンドとアンテロープキャニオンで神秘的な自然の魅力に大・大・大感動

トラベルパートナー: Marlo

京都府出身、アメリカ・カリフォルニア州在住。春・夏・秋はキャンプ、冬はスノーボードを楽しんでいます。大好きな愛犬とカメラと共にお出掛けするのがモットーです。時に国立公園や大自然の絶景を、時に気軽に行けるおススメのお出掛けスポットを、南カリフォルニアを中心にお届けします!相棒のカメラはCanon EOS 7D。

インスタ映え間違いなしなアリゾナ州の自然が作り出した光景をぜひ見て欲しい

グランド・キャニオンから北にあるホースシュー・ベンドとアンテロープキャニオンは、アメリカならではの雄大な自然を満喫できるスポットです。特に自然が好きな方は、絶対に一度は訪れるべき。ホースシュー・ベンドとアンテロープキャニオンの魅力を解説します。

インスタで話題の絶景スポット ホースシュー・ベンド

アリゾナ州は魅力的な自然を楽しめる観光地がたくさん

圧倒的にインスタ映えする絶景で、世界中の人々に大人気のホースシュー・ベンド。どのような場所にあるどのような景色なのか、見ていきましょう。

グランドキャニオンよりも北にあるホースシュー・ベンドは、ユタ州とアリゾナ州の境に位置しています。名前の由来は、その地形から。川の流れが馬の蹄を守るU字型の鉄の保護具(Horseshoe)に似ていることから、そう呼ばれるようになりました。現在では世界中の観光客に人気のスポットとなっています。

ホースシュー・ベンドの駐車場から絶景スポットまでは、それなりの距離を歩かなければいけません。砂漠のような砂の道なので、歩きやすい靴がマスト。特に真夏は暑くなるので、熱中症に注意が必要です。飲み水を持参するのも忘れないでください。

真下に迫るエメラルドグリーンの川

駐車場に車を停めて砂の道を少し歩くと、目の前に写真でお馴染みの光景が広がります。そのすべては自然が作り出した芸術。完璧にインスタ映えする美しさを求めて、一年中観光客が途切れません。また、かなり高い場所から見事な風景を見下ろすことができるのも、ホースシュー・ベンドの大きな魅力となっています。

下の方をよく見てみると、ボートツアーをしている船が見えると思います。ただのボートだけではなく、パドルボードなどを楽しむこともできるとのこと。上から見下ろすだけではなく、ボートで川の流れに乗りながら、上を見上げてみるのもきっと楽しいでしょう。時間が許せば上からだけでなく下からも見たいものですね。

ホースシュー・ベンド最大の魅力は、どこまでも続く地平線。その雄大な風景は、一目見るだけで感動すること間違いありません。この無骨な自然の前には、人間が無力でちっぽけなものに感じてしまいます。ホースシュー・ベンドを訪れた際は、ぜひたくさん写真を撮ってください。

ホースシュー・ベンドにはフェンスがなく、淵ギリギリまで行くことができます。しかし、かなり高い位置にあるため、足を踏み外したりしたら一大事。かなり危険なので、足元には気を付けてください。フェンスがない分、目の前には何も遮るものがない絶景が広がります。

ホースシュー・ベンドへのアクセス

車での行き方

ホースシュー・ベンドまでは、ロサンゼルスから車で約8時間、ラスベガスから車で約4時間かかります。また、グランド・キャニオンのノース・リム(北側の出入り口)からも車で約2時間程度で行けるので、グランド・キャニオンを訪れる際に足を延ばすこともできます。

住所|〒なし Page, AZ 86040
営業時間|24時間
定休日|不定休
電話|なし
公式サイトはこちら

アンテロープキャニオンも外せない

ホースシュー・ベンドとセットで行くべき

ホースシュー・ベンドと一緒に訪れたいアンテロープキャニオンも、とても魅力的なスポットです。ホースシュー・ベンドで絶景を満喫したら、砂漠を車で飛ばしてアンテロープキャニオンへと向かってください。アンテロープキャニオンにはアッパー(Upper)とローワー(Lower)という2つの見どころがありますが、どちらかひとつに絞って訪れることをおすすめします。

ツアー申込みを忘れずに

アンテロープキャニオンはホースシュー・ベンドとは異なり、事前にガイドツアーに申し込まないと中へ入ることができません。自然の景観を損なわないように、ツアー人数や時間帯などを厳重に管理しているからです。夏などのハイシーズンには、何週間も先まで予約がいっぱいになるので要注意。特に単独で観光をプランニングしている方は気を付けてください。

ローワー・アンテロープキャニオンをご紹介

アンテロープキャニオンのツアーがどのようなものなのか見ていきましょう。様々な注意点がありますが、本当に素晴らしい光景を楽しむことができますよ。アンテロープキャニオンの神秘的な光景は、岩の裂け目の下に広がっています。ツアー人数は、1人のガイドにつき15人ほど。グループごとに時間差で中に入って行きます。

かなり急な階段を下りていくことになるので、アンテロープキャニオンでも動きやすい服と靴は必須。いうまでもなく、ガイドさんの指示にはきちんと従いましょう。

自然がつくりだす神秘

階段を下までおりると、いよいよツアー開始です。頭上にある岩の裂け目から波打つように光が差し込み、どこを切り取っても絵になる素晴らしい光景が広がります。外からは想像もつかない世界ですね。

ツアーの途中でガイドさんが度々立ち止まり、アンテロープキャニオンの解説をしてくれます。インスタ映えしそうな写真を何枚も撮れるので、ガイドさんにシャッターを押してもらって仲間と一緒に記念写真を撮りましょう。

ガイドさんは、絶好の写真スポットも教えてくれます。ここで写真を撮るとキレイですよ、とアドバイスしてもらえるので、必ずスマートフォンを渡してシャッターを押してもらいましょう。ガイドさんは皆フレンドリーで話しやすいですよ。

持ち物に注意

アンテロープキャニオンのツアーでは非常に狭い空間を歩いて回ることになるので、バックパックの持ち込みが禁止されています。夏場は水とカメラだけを持ってツアーに参加するように指示されますので、従いましょう。ツアーの所要時間は1時間弱。アンテロープキャニオンの美しい自然の景観を損なわないように、参加者全員が注意することが重要です。

ローワー・アンテロープキャニオンへのアクセス

車での行き方

アンテロープキャニオンまでは、グランド・キャニオンのノース・リム(北側の出入り口)から車で約3時間、ホースシュー・ベンドから約20分かかります。ロサンゼルスからの所要時間は車で約9時間、ラスベガスからは約4時間半です。

住所| Indian Rte 222, Page, AZ 86040
営業時間|月曜日ー日曜日 9AM – 3PM
定休日|不定期
電話|928 – 606 – 2168
公式サイトはこちら

まとめ

ホースシュー・ベンドとアンテロープキャニオンは、かなり近い距離にある大自然の絶景スポットです。ぜひ、同じタイミングで訪れてみてください。ただし、アンテロープキャニオンは事前予約が必要なので、くれぐれも予約を忘れないように。日本では味わえない雄大かつ神秘的な光景を、思う存分写真におさめてきてくださいね。