橿原神宮は建国の聖地。秋には幻想的な献灯祭を見に行こう

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

神宮さん参りに行ってきぃや~

橿原神宮(かしはらじんぐう)は、神武東征の際に建てられた橿原宮があったと伝えられる地に1890年に建立されました。由緒ある神宮では、初詣をはじめ、季節によって華やかな祭礼が行われます。イベントに合わせて参拝してみてはいかがでしょう。

初代天皇を祀る神宮

橿原神宮の主祭神である神武天皇の東征伝説では、神武天皇が東征の最後に橿原宮に宮殿を建てたとされています。

そもそも神宮とは

神宮と名が付いている神社は、伊勢神宮、明治神宮、平安神宮、石上神宮など、日本全国にあります。日本書紀では、伊勢神宮、石上神宮、出雲大神宮のみが神宮とされていました。明治以降、天皇や皇室の祖先神を祭神としている神社の一部が神宮を名乗るようになりました。1890年(明治23年)に創建された橿原神宮は、民間有志の創建請願を受け明治天皇によって創建されたのです。

初代天皇について

橿原神宮の主祭神は神武天皇。神武天皇は、日向国(今の宮崎県付近)に生まれ、45歳で日向の地を発ち、さまざまな試練と苦難を克服しながら東へと向かい、最終的に大和地域を征服。この神武東征の際に、橿原の地に宮を建てたと伝えられています。

神武天皇の宮殿、橿原宮があったとされる場所に、現在の橿原神宮が建っています。祭神は、神武天皇とその妻である媛鐙五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)。初期の天皇の実在性については諸説ありますが、一説では神武天皇が初代の天皇とされています。

まさに建国の地の橿原

神武東征の終着点であり、初代天皇が最初の宮を築いた土地、橿原。天皇家、皇室の歴史の第一歩を踏み出した橿原は、まさに建国の地であるという説もあります。日本最古のサクセスストーリーともいわれる神武東征神話。橿原神社に参拝して、東征の終着点である橿原の地で古代日本に思いを馳せてはいかがでしょう。

橿原神宮の御利益について

橿原神宮のご利益としては、日本や世界の平和、国民の幸福という大きな規模の御神徳が有名。神武東征のサクセスストーリーから、開運、難関突破、厄除の御利益があるともされています。127歳まで生きたとされる神武天皇にちなんで延命長寿を願う人も多数。さらに、神武天皇を導いた八咫烏にあやかりサッカー上達のご利益もあるといわれています。

橿原神宮の立地と概要

橿原神宮は、畝傍山(うねびやま)の東麓に建てられています。普段は内拝殿や本殿には入ることができませんが、初詣などに入るチャンスがあります。

大和三山・畝傍山

畝傍(うねびと)は、火がくねるという意味。天野香具山(あまのかぐやま)、耳成山(みみなしやま)とともに、大和三山のひとつである畝傍山は、21世紀に残したい日本の自然100選にも選出されています。また、歴史的風土特別保存区に指定され、周辺には豊かな自然が広がっています。

橿原神宮の概要

橿原神宮の敷地は53万平方メートルと広大。敷地内には、森林、池、神田のほか、重要文化財2棟も含めて歴史ある建造物から宝物館のような近代建築まで、さまざまな施設があります。橿原神宮前駅から最も近い表参道、神饌田がある西参道、神武陵がある北参道の3つの参道があります。玉砂利敷きの表参道は幅が広く開放感抜群。拝殿の向こうに畝傍山が見えます。

一の鳥居から表参道を進むと神橋という石造りの橋を越え、二の鳥居を過ぎ、南手水舎まで導線はほぼ一直線。ふだん参拝者が入れるのは外拝殿までです。

内拝殿前まで進めるのは紀元祭や初詣などの特別な機会だけ。元京都御所の内侍所を移築した重要文化財である本殿には近づくことができません。しかし、旅行社や神職さんの提案する特別なプランもあるようなので、調べてみる価値はあります。

創建の裏にあった移転の悲しみ

橿原神宮と神武天皇御陵がある畝傍山には、かつて洞(ほうら)と呼ばれる村がありました。御陵の守戸(墓守)の集落だったといわれています。大正時代に本格的に神武天皇御陵の整備が始まると、神苑整備と景観整備を目的とした計画のために、洞村自体を平野部に移転しなければなりませんでした。200戸の洞村だけでなく、周辺の村落の移転も余儀なくされました。

華やかな祭礼

橿原神宮では、紀元祭、初詣、神武天皇祭、献灯祭などの祭礼が行われます。それぞれ多数の参拝者が訪れる、華やかなイベントです。

重要な祭典である紀元祭

紀元祭は、橿原神宮にとって最も重要な祭典。建国記念日である2月11日に行われる神武天皇即位を祝うものです。勅使が参向し、参列者が全国から訪れます。参列したい場合は事前予約が必要。祭礼は終始重々しい雰囲気の中で執り行われ、束帯姿の勅使や神職に囲まれ、平安時代にタイムスリップしたような気分になります。

多くの人で賑わう初詣

View this post on Instagram

. 橿原神宮(かしはらじんぐう) . 今年の初詣は参拝者が多いのか、参道の歩みは、昨年よりゆっくりの様に感じました。 亥年だけど落ち着いて行動しろ、との啓示でしょうか。 . なお、表参道で「大鳥居が無い!」と驚いたのですが、昨年、老朽化のため解体され、今年の末には新調した姿が拝見できるそうです。 . 新年も家族全員が集うことができました。皆で過ごせる事に感謝です。 (撮影日 2019/1/1) . 橿原神宮 奈良県橿原市久米町934 . #橿原神宮 #KashiharaJingu #大鳥居 #御鎮座130年#奉祝記念事業 #奈良県#橿原市 #Kashihara#Nara#Japan #初詣#健康に感謝

A post shared by yasuo eji (@yasuo_eji_11) on

橿原神宮の初詣には、春日大社とともに奈良県内でも一二を争うほどの多数の人が訪れます。橿原神宮前駅から真っ直ぐに伸びる参道には、多くの出店が並びますが、人の多さのために辿り着けないことも。まず初詣を済ませ、行きたい出店には参道からはずれて裏から回ってみましょう。

初詣では、いつもは入れない内拝殿前まで進むことができます。広い内拝殿の前に、横並びなった参拝者。待っていられない後方の参拝者が、次々と賽銭を投げる姿も見られます。

華やかな神武天皇祭

神武天皇祭は、初代神武天皇が崩御されたといわれる日に相当する4月3日に行われる橿原神宮の大祭。日本書紀では、崩御について神武天皇76年3月11日とあり、これはグレゴリオ暦の4月3日にあたります。最近は、土、日曜日に開催することもあり公式HPでチェックが必要です。

神宮のライトアップ、古代衣装や音楽隊の参道パレード、巫女たちによる奉納舞など華やかな催しが行われます。このほか、橿原神宮周辺ではフードマルシェやフリーマーケットなども開催されます。橿原市の観光協会サイトなどの情報もチェックしておきましょう。

幻想的な献灯祭

献灯祭は、9月9日に開催される幻想的な祭典。約600基の釣燈籠に灯がともり、社殿が神々しく浮かび上がります。晴れていれば中秋の名月が東向きの社殿に下りてくるのが見られるでしょう。橿原神宮周辺には住宅や店舗がないため、燈籠の灯りと月明かりがいっそう際立ちます。

境内を散策してみよう

橿原神宮境内には、宝物館、長山稲荷神社、森林遊苑、深田池など、散策して楽しいスポットがたくさんあります。

宝物館

View this post on Instagram

  橿原神宮に行くまでにある宝物館での一枚⛪️📸  この宝物館調べると、中には日本を代表する名匠たちによる逸品が展示してるらしく  明治天皇の御太刀をはじめ、中国・唐時代の鏡や横山大観作の「正気放光」など  調べてて、全くわからんかったけど🤔  9.00〜16.00まで空いてて、土日祝のみの営業らしく、平日は要予約らしい📝  ちなみに、料金は大人300円 高校生以下は200円だそうです  #旅 #一人 #一人旅 #旅行 #旅行記 #旅行好き  #旅行好きな人と繋がりたい  #奈良 #奈良旅行 #橿原神宮  #宝物館 #展示館 #名匠 #一枚 #被写体 #毎日投稿 #インフルエンサー

A post shared by ゆう (@yumanstagram) on

鎮座110年記念に一新した宝物館は、ガラス張りの開放的なデザイン。橿原神宮に入ったら最初に目に入る建物です。宝物館には、明治天皇が奉納した名刀から横山大観などの大家の作品、東郷平八郎などの偉人に関わるものなど逸品がそろっています。

長山稲荷神社

長山稲荷神社は深田池沿いに建ち、森の中に朱鳥居が立ち並ぶさまが美しい稲荷社。橿原神宮の鎮座以前からこの地に祀られ、橿原神宮造営も見守ってきた存在感のある社殿です。御朱印は橿原神宮の御朱印と一緒にいただけます。

森林遊苑

View this post on Instagram

アウトドアライフ ・ 今日も 暑かったですね💦 夏再来⁉️ ・ こんな日は キャンプ日和‥⁉︎ ・ 以前私のミニカーpicに リクエスト頂いた フォロワーさん ・ ファミリーで 素敵な アウトドアライフを 楽しまれていて 写真も素晴らしい! ・ @mango_59bus さんの ミニカーキャンプです‥♡ ・ 2017.10.11 ・ #橿原市 #かしはら #橿原神宮森林遊苑 #橿原森林遊苑 #フォルクスワーゲン #ワーゲンバス #vwbus #vw #vwtype2 #ホンダ #honda #ダックスホンダ #st50 #st70 #daxhonda #4mini #4ミニ #minicar #ミニカー #キャンプ #キャンパー #アウトドアライフ #コールマン #コールマンガチャ #Camp #camper

A post shared by fire_enjine (@fire_enjine) on

森林遊苑は、野外ステージや休憩所が設けられている広々とした芝生の広場。見渡す限り樹木と芝生が広がり、街中にいることを忘れてしまいます。国文学者、民俗学者であり、歌人としても有名な釈迢空(折口信夫)の歌碑もあります。

深田池

深田池は、約4万9,500平方メートルの広大な池。遊歩道と歩道橋があり、春は桜、夏は菖蒲、秋は紅葉、冬は霜と、四季によって違った景色を楽しむことができます。

授与所でいただけるもの

橿原神宮では、オリジナルの御朱印帳、さまざまなご利益の御守りなどを用意しています。御朱印は、他の神社のものよりも大きく珍しいタイプです。

オリジナル御朱印帳

御朱印帳は南神門の左手にある授与所で入手できます。神社で扱っているサイズとしては大判で、シンプルなデザインの上品な御朱印帳。金色で書かれた紋と神社名がキラリと光ります。御朱印帳は季節によって数量限定で用意されるため、公式HPで制作予定などを確認しておくと安心です。

御守りは種類豊富

橿原神社の御守りは種類が豊富で、さまざまなご利益の御守りに加え、工事安全の清め塩や清め砂まで用意されています。八咫烏はサッカーの守護神ということもあって、蹴鞠守り、勝ち守り、八咫烏を模した御守りなどもあります。

橿原神宮へのアクセス

電車での行き方

近鉄電車、橿原神宮前駅下車します。神宮には徒歩で約10分の距離です。

車での行き方

出発する方面によって行き方が異なるため、それぞれの行き方を紹介します。

  • 南阪奈道路からは葛城インターチェンジ、四条ランプ交差点、参道へ。
  • 阪神高速、西名阪からは、郡山インターチェンジから京奈和道へ。橿原北インターチェンジで下り、四条ランプ交差点から参道へ。
  • 東名阪、名阪国道、西名阪からは、郡山インターチェンジから京奈和道へ。橿原北インターチェンジで下り、四条ランプ交差点、参道へ。

また、神宮には、800台収容の駐車場があります。使用できる時間は、6:00~18:00です。

住所|〒634-8550 奈良県橿原市久米町934
営業時間|季節によって変動
定休日|なし
電話|0744-22-3271
公式サイトはこちら

まとめ

橿原神宮は、初代神武天皇に関連した古代からの歴史を感じとることができる貴重なスポットです。初詣や紀元祭などに合わせて、ぜひ訪れてみましょう。