尾山神社は前田利家ゆかりの地。美しいステンドグラスの神門は必見

公開日:2019/2/18 更新日:2019/11/19

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Koyomi
石川県出身。地元でのんびりと散歩するのが好きです。金沢市内のスポットをメインで紹介していきます。また、旅行で行ったことのあるスポットも紹介します。
加賀藩主・前田利家公が祀られている神社ねんて

石川県金沢市にある尾山神社。この神社は美しいステンドグラスある、神門が有名です。賀藩主初代藩主の前田利家にもゆかりある神社で、他にも見どころが満載です。

加賀藩主初代藩主前田利家公とお松の方を祀っている神社

石川県の金沢市尾山町にある尾山神社。この神社は、加賀藩主初代藩主の前田利家(まえだとしいえ)にゆかりがある神社です。その歴史を紐解くと、慶長4年に前田利家公が亡くなった際、息子の前田利長(まえだとしなが)がこの地にその霊を祀ろうとした事が始まりです。

しかし当時前田家は外様大名の立場ゆえに、江戸幕府の許可無しで神社の創建をする事ができませんでした。そこで利長は守護神としていた、物部八幡宮と榊葉神明宮を移動させる名目で、卯辰山麓に社殿を建立。合わせて利家の神霊を合祀しています。

1873年に政府から神社創立の許可が出たため、その年の3月14日に尾山神社として創建されています。

ステンドグラスの神門

尾山神社の神門は国指定重要文化財にも指定されている建築物です。和漢洋の3様式を混ぜ合わせたデザインが特徴で、最上階の避雷針は日本最古のもので、現在も使用。さらにこの階は美しいステンドグラスがはめられ、過去には灯台の役割も果たしていたと言われています。なお、午後18時から22時まではライトアップがされています。

龍に守られた東神門

神門の逆側には東神門が設置されています。この門は金沢城二の丸御殿で利用されていたもので、1963年に卯辰山招魂社前から移築。過去に何度も火事に襲われたものの、門に彫刻された2匹の龍が水を呼び、火から守ったという伝説が残っています。なお現在は裏門として使用され、金沢城公園や玉泉院丸庭園へ抜けるための近道です。

楽器をモチーフとした神苑

神門を入って右側にあるのが神苑です。この神苑は、尾山神社が創建される以前は金沢城金谷御殿の庭として利用されていました。楽器の庭という別名があり、雅楽で使用される楽器や衣装を模した橋や島を見る事ができます。なお神苑の水は、過去には兼六園から暗渠で流していましたが、現在は井戸を堀って地下水を流しています。

歴代の藩主が祀られている金谷神社

本殿の脇に建立されているのが金谷神社です。この神社には前田家の2代から17代までの藩主・当主と、夫人が祀られています。なおこの神社には神輿が奉納され、百万石まつりの際には神様を乗せて市内を渡御。また神社前には、さわると健康になると言われている、さし石も配置されています。

新しいスポット金のカエル

本殿の近くにはベンチが設けられ、そこでは金のカエルを目にする事ができます。このベンチは、2011年12月15日に新設されたもので、埼玉県在住の鍛鉄工芸家らによってつくられました。金のカエルには、失ったものが返りますように、との願掛けがされているそうです。

月替わりのハンコがある御朱印

尾山神社では拝殿左側にある朱印所で、御朱印をいただく事ができます。尾山神社の御朱印は右下にハンコが捺印され、月替わりでデザインが変更されるのが特徴です。朱印所では御朱印帳も販売され、友禅柄の御朱印帳や印伝風の御朱印帳など、種類が充実。豪華な木製の御朱印帳もあります。

種類豊富なお守り

また、学業・交通安全・子宝成就など御守りも種類が豊富にあります。中でも珍しいのが健酒ごぞう守で、お酒を飲んでも健康でありますように、といった願いが込められています。前田利家が愛用した大鯰尾形兜(おおなまずおかぶと)をモデルにした勝守も人気。

可愛い変わったおみくじたち

尾山神社のおみくじは可愛いデザインで、良く当たると評判です。おみくじは7種類あり、女の子の表情やリボンのカラーが1つずつ異なる恋みくじは人気。また、美容やファッション、買い物など項目別になっている女みくじや梅の鈴が可愛い小梅みくじなどがあります。

いろんな御利益が受けられる

尾山神社は前田利家を祀っている事から、勝負運や出世運などの御利益がある神社。また、正室であるお松の方も合祀されているため、縁結びや夫婦円満の御利益もあります。境内の前田利家とお松の方の像を参拝する事で、縁結びや良縁成就の御利益を受けられると言われています。

尾山神社周辺のグルメ

ワンタン麺の美味しい平和軒

尾山神社の入り口近くにある平和軒は、1947年創業の老舗の中華店です。周辺のサラリーマンも足を運びやすいアットホームな雰囲気があり、子供の頃から通っている常連も多い人気店。自家製の手打ち麺と手作りのワンタンが入った、ワンタン麺が看板メニューとなっています。

Address 〒920-0918 石川県金沢市尾山町13-7
Hours 11:30-15:00、17:00-19:00
Closed 日曜日
Tel 076-221-3993
Web なし


尾山食堂は新鮮な刺身やジビエ料理が味わえる

尾山神社正面入り口にある尾山食堂は、サラリーマンや観光客に人気の食堂です。近江町市場で仕入れた新鮮な食材を使っていて、刺身が一番人気です。また、いのししや鹿肉を使ったジビエ料理も絶品。夜だけではなくランチも営業していて、気軽に入る事ができます。

Address 〒920-0918 石川県金沢市尾山町 2-46 寿し捨ビル 1F
Hours 10:00-14:30、17:00-19:30
Closed 水曜日
Tel 076-209-2900
Web https://www.kanazawa-oyama.com/

尾山神社へのアクセス

バスでのアクセス

路線バスの場合は、JR金沢駅東口のバス乗り場6番から乗車し、南町で下車してそこから徒歩3分です。また兼六園シャトルバスの場合は、路線バスと同じ乗り場から乗車し、南町・尾山神社で下車。

さらに城下まち金沢周遊バスの場合は、JR金沢駅の東口バス乗り場7番から乗車し、南町・尾山神社で下車します。南町・尾山神社からは徒歩4分です。

タクシーでのアクセス

タクシーを利用する場合は、金沢駅から約5分ほどでアクセス可能。タクシー乗り場は金沢駅東口の場合は石川県立音楽堂近くにあり、西口の場合は西広場近くにあります。また、尾山神社がコースに含まれている観光タクシーも運行されています。

車でのアクセス

車の場合は、北陸自動車道の金沢東インターチェンジからは約20分、金沢西インターチェンジからは約30分で行く事ができます。尾山神社には専用の駐車場が設置。周辺にはコインパーキングもいくつかあるものの、休日は早い時間帯から満車になる事が多いため注意が必要です。

Address 〒920-0918 石川県金沢市尾山町11-1
Hours 8:30 -18:00(授与所・御朱印受付時間)
Closed なし
Tel 076-231-7210
Web http://www.oyama-jinja.or.jp/

まとめ

尾山神社は、加賀藩主の前田利家が祀られている由緒ある神社です。和漢洋の3様式を混ぜ合わせた特徴あるデザインの神門をはじめ、楽器をモチーフとした神苑や龍に守られた東神門など見どころ満載。近くには美味しいグルメもあり金沢駅からのアクセスも良いため、一度足を運んでみましょう。