ベンタン市場はホーチミン観光のハイライト。何でもありの買い物天国

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: tabby

長崎県在住。海外旅行が大好きで、現在までに25か国旅しました。何の計画もなくぶらりと行く一人旅が殆ど。行きたい国はまだまだあります! 訪れた国の文化を肌で感じることができる、路線バスの旅が得意です。 国内では九州北部を中心に、素敵なおすすめスポットを紹介します。 趣味は御朱印集め・インド映画鑑賞・動物とふれあうこと。

シンチャオ!ベンタン市場は一日いても飽きない何でもありの巨大市場ですよ~

ベトナムのホーチミンにあるベンタン市場は、連日人でごった返している大人気スポット。ガイドブックには欠かせない存在です。ショッピング好きの方や、交渉ごとが好きな方ならば楽しめること間違いなし。ベンタン市場の魅力と楽しみ方を解説します。

ベンタン市場はホーチミンの巨大迷路

ベンタン市場は、ベトナムの都市ホーチミン最大の観光市場。巨大な迷路のような建物の中に小さなお店がたくさんあり、1914年に完成した歴史あるスポットです。屋内なので、雨に濡れずに買い物が楽しめるというのもポイント。なお、ベンタン市場は北部では「チョ・ベンタイン」、南部では「チョ・ベンタン」と発音が変化するのだそうです。

出入口はいくつもあるので迷子にならないように注意

ベンタン市場は入りくんでいて、出口がたくさんあります。迷子になってしまいそうですが、それぞれの出口に番号が振ってあるので、番号さえ覚えておけ帰り道にたどりつくことが可能。建物内の店舗数は1500とも2000ともいわれており、エリアごとに売られているものが異なります。朝6時から夜11時まで常に賑わっているので、スリに注意してください。

まずはドンコイ通りの土産物店で品質と値段を確認

私が宿泊したのは、ホーチミンの観光通り ドンコイ通りにある宿。ドンコイ通りはホーチミンのシャンゼリゼや銀座とも呼ばれている場所で、オシャレな店が立ち並んでいます。雑貨などもクオリティが高く、スタイリッシュ。ベンタン市場に行く前に、どのようなものがどのような価格で売られているのかを、まずはドンコイ通りの雑貨店などで下調べすることをおすすめします。

なお、ドンコイ通りから少し離れた場所にあるショッピングモールでは、ドンコイ通りよりもさらに安いアイテムが売られています。ドンコイ通りと、地元の方向きのショッピングモールの価格帯を事前に知っておけば、ベンタン市場での価格交渉を有利に進めることができるでしょう。

住所| Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム
営業時間|各店によって違う。要確認。
定休日|各店に確認
電話|店舗により異なる
公式サイトはこちら

ドンコイ通りからタクシーを使ってベンタン市場へ

ドンコ通りからベンタン市場の距離はとても近いのですが、ベンタン市場の周囲は交通量が非常に多く、交通ルールも守られていない危険な状態。私は、安全のためにタクシーで行きました。伝えた行先は、ベンタン市場で一番近い入口。タクシーを降りた場所の入口番号をしっかり頭に入れ、いざベンタン市場に足を踏み入れました。

市場ではとにかくスリに注意

ベンタン市場は人で溢れているので、常にスリに気を付ける必要があります。特にリュックを背負っている場合は、ファスナーを開けられたり切られるなどして、中にある貴重品を盗まれる危険性大。商品を見ているとき、値段交渉をするとき、歩いているとき、食事をとるときなど、いつでもバッグは自分の身体の前で持つようにしましょう。

バッグは必ずファスナーや蓋つきのものを選び、不用意に大金を見られることがないように、小銭用の財布と札用の財布を分けるなど、工夫することをおすすめします。

様々なエリアに分かれている買い物天国

南国フルーツの宝庫

ベンタン市場に入ると、まずは南国のフルーツをたくさん扱う店がありました。さっそく売り子さんに話しかけられましたが、フルーツは帰りに買うことに。ベンタン市場は観光客にとても人気があるスポットなので、日本語を話すことができる売り子さんも少なくありません。

ベトナム土産物エリアは掘り出し物がいっぱい

特に客引きが多いのは、土産物を扱っている一角。値段交渉の際は、商品ひとつの値段を聞いたら、とりあえず10個ならいくらになるのかを聞いてみてください。最初は、ドンコイ通りにある高価格帯の土産物店よりも高い値段を言ってきますが、交渉すれば安くしてくれます。値段交渉自体を楽しんでしまいましょう。

私が訪れたときは、ドンコイ通りの土産物店でひとつひとつ丁寧に売られていたキーホルダーが、ベンタン市場では10個以上重ねられて大量に売られていました。このように、同じものをかなり安く手に入れられることもあるようです。

パロディTシャツもユーモア溢れるお土産になる

続いておすすめしたいのが、Tシャツのコーナー。色々なパロディTシャツが売られているので、見ているだけでも楽しいエリアで、お土産にもおすすめ。Tシャツもお土産店同様に、一枚で買うよりもまとめて買うべく交渉してみましょう。ただし、中には定価以下にはしないという強気の店もありました。

陶器や漆器もカラフルで欲しくなるものばかり

ベトナムといえばカラフルなアイテムも有名です。ベンタン市場でも、陶器や漆器の美しさは目を引きました。もちろん、中にはベトナム陶器のパッチャン焼きも。可愛くて安いのでついつい欲しくなりましたが、重くて壊れやすいのでお土産として持ち歩くのはなかなか大変。このときは残念ながら諦めましたが、もし将来ホーチミンに住むことがあれば、パッチャン焼きを揃えたいです。

割れやすい陶器とは違い、色とりどりの漆器は軽くて割れないので、お土産におすすめ。カラフルで鮮やかなので、料理を盛るのが心配という方は、飾っておくだけでも楽しめますよ。

食品売り場や漢方薬売り場は様々なにおいが

ベンタン市場では、たくさんの食材が売られています。生ものから乾物まで何でも売られているので、様々な匂いが立ち込めています。その匂いの強さから、食品エリアには行きたくないという人も。私も思わず、肉や魚などの食材コーナーは足早に通り過ぎてしまいました。漢方薬の材料を扱っているエリアでは、また独特の匂いが充満しています。

食堂エリアでひと休み

ベンタン市場には、食堂コーナーもあります。フォーの種類がたくさんあり、辺り一帯に美味しそうな匂いが立ち込めていました。様々なフルーツや野菜を使ったフレッシュジュースを楽しめる場所も。私は、マンゴーやパパイヤなどの南国野菜を切ってもらって食べました。甘くて美味しかったマンゴスチンも記憶に強く残っています。

疲れた体を癒すベトナムコーヒーは市場にもある

ベンタン市場を歩き回って疲れたら、ベトナムコーヒーを飲みましょう。独特の淹れ方で、濃い味が特徴のベトナムコーヒーは非常に有名。暑かったので、私はアイスのベトナムコーヒーを注文しました。練乳の白とコーヒーの茶色が層になり、見た目にも舌にも嬉しい甘いベトナムコーヒーが疲れた身体に染みます。

値段交渉は気長にきっぱりと

ベンタン市場で重要なのが、値段交渉です。コツは、交渉が決裂したらその場を去ること。すると、売り子さんが追いかけてきて安くしてくれることがあるので、再度そこで交渉しましょう。値段交渉は時間がかかりますが、交渉自体を楽しんでください。

なお、ベンタン市場の商品は日本円でも購入可能。その際は、為替レートを頭に入れておくのを忘れないようにしてください。また、いらないときはキッパリと断ることも大切です。この時ばかりは、NOと言える日本人になりましょう。

売り子さんとの交渉は、こちらの心に余裕があれば楽むことができます。ドンコイ通りで見かけた土産物は、私が見る限りすべてベンタン市場にありました。ベンタン市場での買い物はとても楽しいですが、体力と気力を使うのも確か。もし、優雅にゆったりとお買い物をしたい場合は、ドンコイ通りの方がおすすめです。

また、ベンタン市場の売り子さんは、予想以上にしつこく追いかけてくることもあります。でも、仲良くなって一緒に写真を撮ったりすれば、楽しい旅の思い出となることも。また、ベンタン市場の中は暑く、値段交渉をしているとさらに暑くなってしまいます。熱中症にならないように、こまめに水分を取ることも忘れないでください。

ベンタン市場へのアクセス

タクシーでの行き方

ホーチミンの中心部からベンタン市場へは、タクシーを使うのが安全です。英語や日本語が通じないタクシーも多いので、cho ben thanh または CHỢ BẾN THÀNH と書いた紙を運転手さんに渡すとよいでしょう。

住所| Cho Ben Thanh, Ho Chi Minh Vietnam
営業時間|市場内の店は6時~19時 露店は6時~23時 
定休日|無休(要確認)
電話|+84 83 521 0004
公式サイトはこちら

まとめ

ホーチミンにある巨大なベンタン市場は、ぜひおとずれていただきたいスポットです。食品から土産物、食堂など、ありとあらゆるものを購入することができるベンタン市場。迷子にならないコツと値段交渉のコツを頭に入れて、思い切り楽しんでください。