タイムズスクエアで世界中で最も有名な年越しイベントに参加しよう

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

注意点を事前に知って、最高の年越しを過ごそう!

人生で一度はタイムズスクエアで年越しをしてみたいですよね。でも、しっかりと準備し予備知識を持っていないと、大変な目にあうかもしれないのがタイムズスクエアのニューイヤーズ・イブ。カウントダウンや有名ミュージシャンの野外コンサート、その他にも目白押しのイベントが盛りだくさんの、年に一度の大イベントなので、しっかりと実情を知ってから年越しに挑んでください。

誰もが一度は訪れてみたい、NYタイムズスクエア

ニューヨークの拠点 タイムズスクエア

ニューヨークの拠点として知られているタイムズスクエア(Times Square)は、街の角にニューヨーク・タイムズの本社か建っていたことから、世界中の人々にその愛称で呼ばれ続けています。現在のタイムズスクエアの周辺には高い建物が多く建ち並び、昼夜365日人が絶えることのない賑やかな街へと発展を遂げました。

夜はネオンが独特な雰囲気をつくる

夜のタイムズスクエアは、昼間とは違った顔を見せてくれます。カラフルなネオンが煌々と輝き、華やかな街並みは思い出と共に強く脳裏に焼きつくことでしょう。ネオンの光によって明るく照らされている街並みは、手持ちのカメラでもプロにも負けない色鮮やかな素敵な写真を撮ることができます。

タイムズスクエアでの年越しの様子

ニューイヤーズ・イブでの盛り上がり

毎年ニューイヤーズ・イブ(12/31)には世界各地から50万人〜70万人近くの人が、タイムズスクエアで年越しをするために訪れます。無料で楽しむことができ、先着順で場所取り。当日レストラン内から年越しの様子を見られるところもある穴場スポットもあります。周辺のレストランでは、混雑を避けるために事前に予約を受け付けて対応しています。

興奮の最高潮、ボールドロップの瞬間

https://www.instagram.com/p/BsHAQAKl2OL/?utm_source=ig_embed

新年最初に行われる最大のイベント、ボールドロップは、会場にいる全ての人がボールの落下時に感じる感動は言葉では表すことのできない感覚で、その場は一体感でいっぱいに。1907年12月31日から始まったこのイベントは、1942年と1943年を除いた今まで毎年開催されています。ニューヨーク時間の0時0分0秒に多くの人の感動の中で年越しをすることができます。

野外コンサートにも目が離せない

毎年、ニューイヤーズ・イブには有名ミュージシャンやアーティストがタイムズスクエアで野外コンサートを行って会場を盛り上げてます。音楽とともに上がるテンションと、刻一刻と新年に向けて進むカウントダウン。年が明けるその瞬間には会場の興奮は最高潮に達し、その瞬間だけは真冬の寒ささえも忘れてしまうこと間違いありません。

テロ対策も強化されている

2019年への年越し、2018年12月31日に行われる年越し会場へのゲートインは、午後3時前には既にゲートが閉鎖され中に入れない状態になっていました。近年、世界各国で多発しているテロへの対策強化の一環として、厳重に監視されゲートが早めに閉められる傾向にあります。確実にゲート内へ入るには、当日午前中までに現地に行ったほうがいいでしょうね。

周辺のホテルを取っておくと便利

仮に午後3時にゲートが閉鎖されると、ゲートの出入りができなくなるため、年越しが終わるまでゲート外へ出ることができません。ゲート外に出られない最悪の事態のためにも、タイムズスクエア周辺のあるホテルを予約しておくのがいいでしょう。

ヒルトンやシェルトンなど有名なホテルも多く、ゲート内にあるホテルの予約チケットを持っているだけで、ゲート閉鎖後も特別に出入りすることができます。ただ競争率が非常に高く。年が明けた瞬間から次のニューイヤーズ・イブに向けて予約の予定を組む必要があります。

食べ物はどうすればいいの

レストランやお店のほぼ九割が閉まる

タイムズスクエア周辺の、ゲート外の飲食店はテロなど安全対策の為、9割ほどが夕方前には閉まってしまいます。ゲート内でも事前に予約した人しか入ることができないレストランがほとんどなので、ゲートの外で食事を済ませてからゲートインする必要があります。野外で新年を迎える際はしっかりと腹ごしらえが必須ですね。

近くのスーパーで飲食物を確保しておこう

近くでニューイヤーズ・イブのイベントとして屋台が多く並んでいるので、そこで腹ごしらえをすることもできます。ゲート内に大きな荷物は持ち込めないため、近くのwhole foodsで少しつまめる物を購入しておくと、お腹が空いたときに気晴らし程度にはなります。

その他気を付けておきたいこと

ゲート内へはほぼ物は持ち込めない

ゲートに入る前に必ず全員セキュリティチェックを受ける必要があります。その際に大きなバックパックなどを持っていると入場できません。会場に危険な物を持ち込ませない対策でもあるので、チェックは厳重。小さいバッグにお財布やスマホといった必要最低限のものだけを持っていくとスムーズに入場できます。

寒さ対策は必須

年越しの時期は、日本と同じくニューヨークでも冷え込みは強く、耐え難いもの。早い時間からのゲート入場になるのでカウントダウンまでは長時間待つこととなります。カイロなどの防寒装備は必須で、できるだけ長時間もつカイロがおすすめ。入場前にカイロを貼って完全防備でゲートの中へ行くと少しでも長く防寒できます。

トイレについて

ゲートの中にはトイレがありません。ゲートに入ってしまうと最低でも10時間程度はトイレに行くことができないため、入場する際は最後にトイレは行っておきましょう。押し寄せる人と混雑するセキュリティチェックの列を見ると一度ゲートの外へ出ると、もう戻ってこれないことを覚悟しなくてはなりません。当日はできる限り水分を取らず、カフェインなど利尿作用がある飲み物を避けることで少しでもトイレを遠ざけましょう。

スリにも気を付けて

近年ニューヨークも治安が良くなってきていますが、観光客や人混みではスリなどの発生が多いので、今でも最善の注意が必要。人混みなどでは背後に気が回らず背中にあるバックやリュックから財布を抜き取られたりするので、貴重品は首から下げ、服の中にしまったり身につけておくと一番安心です。必要以上に現金を持ち歩いたりせず、ホテルの金庫に貴重品・現金(特にパスポート)は置いておくと安心です。

NY・タイムズスクエアへのアクセス

徒歩での行き方

駅から徒歩で行く場合、ペンステーションから7thストリートへ出て左へまっすぐ進みましょう。約12分で到着します。

タクシーでの行き方

徒歩でも十分近いですが、慣れない海外で道に迷う心配のある方はタクシーが安心でしょう。タクシーで行けば約5分で到着します。

住所|〒10036 Manhattan, NY
営業時間|月~金 9:00am-8:00am, 土日 10:00am-7:00pm
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

これだけの情報をしっかりと把握し、準備をしておくだけで心配することはありません。当日まで体調を整えて食料を確保し防寒、事前の準備。あとは、思う存分カウントダウンやボールドロップ、野外コンサートでニューイヤーズ・イブ、ニューイヤーを興奮の渦の中で楽しんでください。