ガウディの最高傑作カサ・ミラ。直線が一切ない曲線美の建築は想像を超える

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

テーマは「山」うねるような曲線が魅力

バルセロナに旅行へ行く際は必ず観光すると言えるのがカサ・ミラですよね。建築家ガウディによる作品で、SNSでも写真がたくさん上がっています。今回は、そんなカサ・ミラの魅力を紹介します。

カサ・ミラの概要とガウディ建築の特徴

1984年に世界遺産に登録されたカサ・ミラは、建築家ガウディの代表作です。ユニークな形の煙突や空気口があり、不思議な空間が広がるカサ・ミラの概要や特徴を見てみましょう。

ガウディの代表作カサ・ミラ

カサ・ミラは、1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設されました。天才建築家アントニ・ガウディが54歳で設計した作品です。ガウディは、スペイン・カタルーニャ出身の建築家です。19世紀から20世紀にかけてバルセロナを中心に活動し、代表作は有名なサクラダ・ファミリアやグエル公園です。

カサ・ミラはガウディらしい、直線部分が全くない建物でひときわ目を引く波打った外観をしており、1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。山がテーマの独創的な集合住宅になっており、現地では、カサ・ミラよりもラ・ペドレラ(石切り場)の名で親しまれています。

100年以上前に建てられたアパートですが、現在でもカサ・ミラには実際に人が住んで生活をしています。当時としては革新的といえる地下駐車場が設けてあります。

バルセロナにはガウディの作品が多数存在し、ガウディは自然を建物に取り入れているのが特徴的です。自然には直角や直線がほとんどない、曲線ばかりの建物を設計し、特にカサ・ミラは曲線だけでできており、ガウディらしい建築と言えるでしょう。

カサ・ミラの見どころを紹介

カサ・ミラは中も外も見どころがたくさんあります。訪れた際に必ず見てほしい見どころをご紹介したいと思います。

屋上テラスは必見

カサ・ミラと言えば、屋上テラスがおすすめです。階段でも上がることができますが、エレベーターも建物奥にあります。

屋上には換気塔や煙突が並び、屋上に上がると建物素材がよく分かります。建物の表面にはモンセラットの石灰岩が使用され、屋上部分はアスレホと呼ばれる白い化粧タイルが使われています。白いタイルは山に積もる雪を表現しています。

屋上も平らではなく階段が連なるデザインになっています。兜を被った戦士をイメージした煙突やバラのつぼみを模った巨大彫刻もあり、真下には、バルセロナの目抜き通りであるグラシア通りが見下ろせることができます。

屋上はサグラダファミリアが見渡せる撮影スポットでもあります。サグラダファミリアをのぞける穴もあるところにユーモアを感じますね。また、サグラダファミリアの右方面には、街のランドマークとなっているアグバルタワー(トレ・アグバル)があります。

吹き抜けは採光と通風のため

カサ・ミラにもあるいびつな形の吹き抜けは、ガウディ建築の特徴といえるでしょう。スペインの当時の建築は吹き抜けがある造りが多かったようで、カサ・ミラには採光用に二つの吹き抜けがあり、階下は中庭になっています。

地上からと屋上からの2か所で吹き抜けを見学することができます。中庭には、施主であるミラ家専用の階段があり、ホールの一角にはガウディのブロンズ像もあります。

屋根裏の回廊エスパイ・ガウディ

最上階(屋根裏)にはエスパイ・ガウディと呼ばれる資料展示室があり、カサ・ミラを含めたガウディ作品について細部まで知ることができます。日本語の解説文はないので、オーディオガイドを借りて解説を聞くと理解が深まるでしょう。

ガウディは、図面ではなく模型を作ることから建物の計画を立てた珍しい建築家でもあります。天井はガウディが得意とするアーチになっており、天井を支える角度が計算されたレンガのアーチに注目しましょう。レンガでできたアーチ状の構造はカタルーニャに伝わるカタルーニャ・ヴォールトいう技法で、石造りやレンガ造りの建築物にとってアーチ構造の発達はかなり重要です。

100年前の生活が垣間見える住居スペース

カサ・ミラは、6階建ての複合住宅で、住居スペースのうち1部屋(1世帯分)が公開されています。1900年代初頭のブルジョワ層の暮らしぶりが再現されているエリアがあります。

床に敷き詰められた六角形の植物模様のタイルは、時代を感じさせますがとてもおしゃれな印象を与えてくれますね。これはガウディがデザインしたタイルです。

さすがガウディの建築で、廊下も曲がりくねっています。タイルや窓枠など細部にもガウディのデザインが施されています。曲線が多用された室内は、多少住みにくかったようで、建築主の妻は不満を漏らしていたと言われています。

カサ・ミラの外観も観賞しよう

時間の都合などで入場しない場合でも、カサ・ミラを観賞することができます。うねる様な壁面など全体を鑑賞した後は、細部に注目してみましょう。ガウディは今では当たり前のリサイクル材料を使用しており、カサ・ミラのバルコニーの手すりにもリサイクルした鉄が利用されています。

バルコニーの手すりや門には植物がモチーフに使われています。バルコニーの手すりは全て違うデザインになっていて、細部にまでこだわっていることが分かるでしょう。入り口の門も手すりと同じ黒の鉄製で、門のデザインも個性的で面白いです。

カサ・ミラの見学時間とチケットの種類

カサ・ミラの見学時間やチケットの種類・購入方法など、気になる方もいらっしゃると思いますので、ご紹介したいと思います。

チケットの種類

カサ・ミラの入口は2か所あり、正面入口はプレミアムチケット専用の入口となります。一般チケットの入口は、正面向かって右側のプルベンサ通り沿いの「With Ticket」と書かれた列に並びましょう。観光シーズン(春~秋)は混雑するので、当日券の列はかなり並ぶので、前売券を購入するようにしましょう。

カサ・ミラの見学はいつがいいもの

カサ・ミラは夜間ライトアップされ、日中とは違った魅力があります。日中と夜間の2回入場できるコンビチケットや、夜間の屋上ツアーチケットも販売されています。ライトアップ中は、壁面に様々なワードが。スペインの名産品カバ(スパークリングワイン)を楽しみながら夜のカサ・ミラが体験できるツアーもあります。

カサ・ミラへのアクセス

電車での行き方

カサ・ミラへは電車で行くのが一番行きやすいです。地下鉄3号線と5号線のディアゴナル(Diagonal)駅から徒歩1分で着きますので、是非電車をご利用ください。

住所|〒なし Provenca 261-265, Barcelona
営業時間|9時~20時30分(11月6日~12月24日、1月4日~3月2日は~18時30分)
定休日|12/25
電話|902202138
公式サイトはこちら

まとめ

1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として6階建ての複合住居として建てられたカサ・ミラは、ガウディ建築を理解するには欠かせない観光名所です。

ガウディが54歳で設計した作品であり、直線部分が全くなくひときわ目を引く波打った外観をしています。1984年にユネスコの世界遺産に登録されており、魅了されること間違いなしでしょう。バルセロナを訪れた際は、是非行ってみて下さい。