感覚ミュージアムで想像力をフル回転。五感を刺激しまくろう

公開日:2019/1/28 更新日:2019/11/25

トラベルパートナー:宮城在住トラベルパートナー

宮城県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

見たり聴いたり触って楽しむ感覚ミュージアムに来てけさいん!

日本ではじめて感覚をテーマに作られた感覚ミュージアムは、小さな規模ながら充実の内容であり、あらゆる世代が楽しめるミュージアムです。感覚を意識することができる展示がたくさんあり、訪れる人の心を豊かにします。五感を刺激する新感覚施設、感覚ミュージアムの魅力について紹介します。

感覚ミュージアムってどんなところ

宮崎県大崎市にある感覚ミュージアムは、五感で楽しむ新感覚の体験ミュージアムです。それぞれのテーマに合わせた作品や展示があり、非日常空間を味わったり、五感が刺激されたり、といった楽しい体験ができます。

五感を研ぎ澄ませて楽しむという、一風変わった体験型の施設が話題です。宮崎県大崎市にある感覚ミュージアムは大きな施設ではないものの、時間をかけてゆっくり楽しめると評判で、じわじわと人気が上昇しています。大人から子どもまで家族みんなで楽しむことができる施設です。

身体感覚空間のダイアローグゾーン

身体感覚空間では、ただ展示を見るだけではなく、より深く作品と触れ合うことができます。不思議な体験をぜひ楽しんでください。

ダイアローグゾーンは身体感覚がテーマ

感覚ミュージアムは、ダイアローグゾーンとモノローグゾーンの2つのエリアで構成。ダイアローグというのは対話を意味しており、ダイアローグゾーンでは主に身体感覚をテーマにした展示がされています。作者とそれを見るお客さんとの対話を体験させるという意味が込められ制作された、展示空間です。

1000の小箱には誰でも出展できる

こちらは登録さえすれば誰でも作品を展示することができます。約1000個の小箱がびっしりと並ぶスペースに到着したら、引き出しを開けてみましょう。引き出しの中には、さまざまな作品が入っており、どんな作品に出会えるかは開けてみないとわかりません。わくわくドキドキする感覚を存分に味わってみてください。

思わず触って見たくなる創作楽器

子どもに大人気なのは、エントランスにある創作楽器のコーナー。木や竹といった自然の材料からできた創作楽器が並んでいるのですが、見たことのない楽器に視覚が刺激され、実際に触ることで触覚、音を鳴らして聴覚で感じ取るというようにまさに五感で楽しむことができます。また、奏でた音を使って、楽器の演奏を体験した人同士がコミュニケーションを図ることも。

新感覚落書きマシーン、サークル・ン・サークル

こちらの写真はサークル・ン・サークルといって、人力で動く落書きマシーンです。寝転がった状態でぺダルを漕ぎマシーンを操作することで、チョークが動いて壁に落書きができるという仕組み。直径3.2メートルの車輪はインパクトがあり、とにかく目を引きます。動かしてみると大人でも思わず歓声があがる、ダイナミックな作品です。

音のバーチャル体験、スペースアンドサウンド

3次元立体音源の位置を、リアルタイムに操作できるスペースアンドサウンドという体験スペースも人気です。手と腕を動かすことで、バーチャルな建物が変形していくところが面白く、その形によって出せる音源も制限。聴覚を研ぎ澄ませながら体を動かし、立体音源を操作するという不思議な感覚は、体験者にしかわかりません。

写真で見る故郷の歴史・大崎百景

ミュージアム内には、大崎市の歴史を写真で振り返ることができるスペースもあります。故郷への思いを写真から感じ取り、自分の故郷が懐かしくなる人も多いでしょう。時代や、季節の変化、その瞬間を切り取られた人々の表情にも注目してじっくりと鑑賞しているとさまざまな想いがこみ上げてくるかもしれません。

瞑想空間のモノローグゾーン

精神感覚がテーマのモノロークゾーン。精神感覚とはいったいどのようなものなのでしょうか。それは、日常では味わえないものなんです。



モノローグゾーンは精神感覚がテーマ

モノローグゾーンへ移動すると、精神感覚をテーマにしたさまざまな展示や空間演出が楽しめます。モノローグゾーンでは体験者の想像力を掻き立てるような演出が。そこでは想像力が刺激されるので、日常の感覚からどんどん遠のいていき、やがて瞑想の世界へとたどり着きます。

気分は水の中、ウォーターガーデン

ウォーターガーデンの床には、水が張られています。壁や天井にその波紋が映し出されていて幻想的です。ゆらゆら見える波紋は、思わず時間を忘れてずっと見ていたくなるほどに心地が良く、日常の喧噪を忘れるほど。光と音の効果が相まってリラックス空間になっています。

こよりでできた香りの森

視覚的にも楽しい、こよりで作った香りの森もおすすめ。こちらの香りの森は、30万本ほどのこよりで制作されています。香りは岩出山の自然をもとにしたもので、柱の穴に顔を近づけると、自然の香りや音まで楽しむことができ、大いに五感を楽しませることができるでしょう。

トラバースゾーンや屋外も見所満載

トラバースゾーンでは開放的な気持ちになるでしょう。空中散歩をしている感覚や野外オブジェを味わうことができます。

気分はまるで空中散歩、エアートラバース

ダイアローグゾーンとモノローグゾーンの2つのエリアをつなぐトラバースゾーンにも注目。屋根が全面トップライト、壁と床は鏡張りになっていて、空中を歩いているような浮遊感を楽しむことができます。非日常空間ではありますが、鏡には空が映り込む仕組みになっており、空の移り変わりを見て時間感覚を意識する仕掛けにもなっています。

耳のオブジェで自然の音を楽しもう

あったか広場を囲むようにミュージアムが建てられていますが、その広場からのぼることができる屋上にも展示があります。屋上にある耳のオブジェでは自然の音を聞くことができます。風の音に耳を傾け、その日の自然の音を楽しんでみてください。五感を研ぎ澄ませて感じることで、多くのことに気付き、忘れかけていた懐かしい気持ちを取り戻すことができるかもしれません。

感覚ミュージアムへのアクセス

東京駅から古川駅までの行き方

JR東京駅から出発すると、東北新幹線古川駅までは約2時間で到着します。



古川駅から感覚ミュージアムまでの行き方

東北新幹線古川駅から陸羽東線岩出山駅まで、JR陸羽東線に乗車。約20分ほどかかります。その後はJR岩出山駅から徒歩約7分で感覚ミュージアムに到着です。

Address 〒989-6471 宮城県大崎市岩出山下川原町100
Hours AM9:30〜PM5:00
Closed 毎週月曜日
Tel 0229-72-5588
Web http://www.kankaku.org/

まとめ

感覚ミュージアムは、見る、聞く、触れる、嗅ぐといった五感を刺激する、さまざまな体験ができる新感覚のミュージアムです。忙しい日々の中で忘れがちな感覚や、気付きを通して心が豊かになり、非日常空間でゆとりを取り戻すことができる特別な場所。想像力を働かせて新感覚を思い切り楽しむのがおすすめです。