グエル邸はガウディの初期作品。豪華絢爛で緻密なデザインをとことん楽しもう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

とにかくゴージャス!!グエル家の財力とガウディの才能の結晶
スペインの世界遺産の一つでアントニ・ガウディの初期の代表作、グエル邸。ガウディらしい、デコラティブで豪華絢爛なデザインもさることながら、現在に至るまで一度も修理されずにその威容を保っている建物です。グエル邸は近代的なリサイクル素材を使った、歴史ある豪華な建物。独自の魅力的なデザインを駆使して作られたグエル邸の魅力を徹底的にご紹介します。

ガウディの代表作 グエル邸の魅力

グエル邸の概要

グエル邸はエウセビ・グエル氏から依頼を受け、1886年から1890年にかけてガウディが設計を手がけて建設された、アントニ・ガウディの初期の代表作。この建物はスペインの世界遺産でガウディの作品群の1つにあたります。現在ではバルセロナ市庁が所有し、500平方メートルほどの面積の土地の中にある地上4階、地下1階建てのシックな外観の建物です。

色調や材質からは一見重厚そうな印象の建物に見えますが、実は外観から想像もつかないほど華やかな内装部分で高さ17mのドーム型天井のある大広間をしつらえた邸宅です。施主のグエル氏は、企業家でありながら地主、そして政治家であり、潤沢な資金をかけてガウディにこの建物のデザインをさせました。建築終了後から今日に至るまで一度も修理することなく存続し、ガウディ自身の才能が光る作品となっています。

グエルとガウディの関係

エウセビ・グエルは19世紀半ばに生まれました。バルセロナの実業家で政治家でもある有能な人物です。ガウディはグエルにその才能を見出され、支援を受けるように。グエルは究極のスポンサーとしての威光を示さんがため、当時カタルーニャ地方で流行っていたモデル二スモ建築の最高峰をつくるよう指示しています。当初は別邸として建設されましたが、そのでき栄えに大満足のグエルは本館として使用することにしました。

グエルの支援によりガウディが設計を手がけた建物は他にもグエル公園やグエル別邸にコロニア・グエル教会堂など多数あり、グエル邸だけではありません。バルセロナにガウディ建築多しといえど、グエル邸は、グエル公園やカサバトリョ、カサミラなどの他のガウディ作品とは違うイメージです。

グエル邸の見どころ

ファサードの大扉はシンボル的存在

グエル邸の最初の見どころは入館時に通過する二つの巨大な大扉です。大扉の位置は、正面ファザードのところ。扉は放物線アーチを描いた非常に大きなもので、グエル家のイニシャルであるアルファベットのGがデザインされています。そのデザインも、当時ガウディが20以上の案を作成した中から選ばれたこだわりのあるものです。

大扉はかなり大きく作ってあり、馬車も出入りできるほど。格子扉は外から中が見えないばかりか、内側からは外が見える仕掛けになっており、あえて柵の素材にブラックスチールを使うところにガウディらしい特徴が際立って見えます。

地下の厩舎には秘密が

レンガ造りの地下と地上階の4階を支えているのは重厚なレンガの柱です。床は、カタランボールトと呼ばれる伝統ある工法を用いたアーチにより支えられています。地下の厩舎には、馬がスロープを降りて厩舎へ行くことができるようになっており、臭いがこもらない換気構造を完備。120年も昔にこのような設備をそなえた建物が建てられたということに、驚きですね。

ドラマチックなエントランス

地上階に出れば、のぼっていった先にカタルーニャ州旗がベースになったデザインのステンドグラスが待っています。グエルは伯爵位を持つカタルーニャ人です。グエル邸に使われた大理石や天然石がグエル自身が所有する採石場から運び込まれていることから、グエルの財力が相当のものであったことがうかがい知れます。

室内の天井はとても高く、ガウディがよくデザインに取り入れていたステンドグラスに個性的な窓、と至る所にガウディらしい特徴がみられます。

天井を近くでじっと見てみるとアラビア風の寄せ木細工になっており、非常に緻密な作りになっています。しかも、各部屋ごとに天井のデザインが違うというこだわりよう。この複雑な天井のデザインには装飾だけでなく、実質的に屋根を支える構造体の役割も与えられています。

小宇宙のような吹き抜け

礼拝堂の天井部分は、とても高い吹き抜けになっており、かつて晩餐会の時などは楽団や合唱団を招き入れて演奏をさせ、来客をもてなしていました。天井には大きな開口部をわざと設けずに、あえて小さな開口部をちりばめた様は、漏れる光がまるで星空みたいで、宇宙のようだと感じる人も多いようです。

屋上はこれぞガウディともいうべき鮮やかな色彩

グエル邸の室内デザインは豪華絢爛で重厚な雰囲気で統一されていますが、屋上はカラフルでガウディの遊び心がそこかしこで炸裂している、かわいらしいスタイルです。

ガウディは、自身の作品にリサイクル素材を好んで使いました。写真は、吹き抜け部分の明かりとりにグエルが所有する農場のかまどで使われていた石を再利用して作られた15mの尖塔です。石には熱でガラス化したことにより、本来とは違う面白いテクスチャーと、耐水性が生まれています。

チケットの入手方法

チケットはWeb予約できる

グエル邸の入場チケットにはオーディオガイドも含まれています。オーディオガイドは、日本語にも対応しています。10歳未満のお子さんは無料で入場できますので、年齢が確認できるパスポートなど身分証明書を持って行き、提示して下さい。

なんと無料開放日がある

毎月第一日曜日は無料で開放されます。その都度変更されていますので、行く予定にしている方は事前に公式サイトでチェックすることをおすすめします。無料開放日には事前予約ができません。また、普段より混雑も予想されますのでご注意下さい。

グエル邸の周辺情報

ランブラス通りにはガウディの街灯

グエル邸が建っているランブラス通りは、とても賑やかな通りです。ランブラス通りのすぐそばのレイアール広場にある2つの街灯は、建築家としてガウディが初めてつくったもの。よく見れば非常に手の込んだ贅沢なデザインのその街灯は、意識して見ていなければ気づかずに通り過ぎてしまいそうなくらい、周りの景色になじんでいます。

サン・ジュゼップ市場でお買い物

View this post on Instagram

Burritos 😋 #laboqueria#barcelona

A post shared by good vibes only 🧚🏻‍♀️ (@szalonyroksanes) on

サン・ジュゼップ市場は、バルセロナに行くなら絶対に立ち寄らないと後悔することに。市場には肉類に魚介類、野菜や果物、チーズに乾物、パンやお菓子などバルセロナの食材がたくさん。バルやテイクアウト専門店もあるので、つまんで食べるのもよし、気になったお店に入るのもよし。地元の人達には、通称のボケリア市場という呼び名で知られているため、道を尋ねる時などサン・ジュゼップできくと通じないこともあります。

住所|〒なし Ramblas 91, 08001 Barcelona
営業時間|月~土曜日 8:00~20:30
定休日|日祝
電話|+34 933 18 25 84
公式サイトはこちら

グエル邸へのアクセス

メトロでの行き方

グエル邸に行くには、メトロをお使いになるのがおすすめです。最寄りの駅のメトロ3号線のリセウ駅で下車し、歩いて約5分のランブラス通りを少し入った所にあります。バスで行く場合は、Barcelona Bus Turísticの路線V13か59、あるいは91、120のバスにお乗り下さい。

住所|〒なし C/ Nou de la Rambla, 3-5 
営業時間|4/1〜10/31 10:00~20:00、 11/1〜3/31 10:00〜17:30
定休日|月曜、1/1,6、1/14〜1/21点検のため休館、12/25,26
電話| ( 34) 934 725 775
公式サイトはこちら

まとめ

スペインの世界遺産でアントニ・ガウディの作品群の一つとされている、グエル邸をご紹介しました。スポンサーのグエル氏が資金を惜しむことなく贅を尽くし、ガウディにデザインをさせた豪華絢爛な建物グエル邸で思う存分、ガウディの世界観を満喫して下さい。