フジヤマミュージアムは富士山を愛する人なら必ず訪れるべし

公開日:2019/2/4 更新日:2019/11/25

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Fuzuki
千葉県出身。主に国内のお出かけスポットや観光スポットが得意です。メインは千葉県、東京都、神奈川県などの関東地方とよく訪れる宮崎県です。他にも国内であれば多くの観光スポットに訪れます。旅行は家族と訪れることが多く、博物館や歴史に関するスポットを巡るのが好きです。家族や友達と楽しめるスポットを中心にご紹介できればと思っています。
フジヤマミュージアムは富士急に併設された美術館だよ!

富士急ハイランドのすぐそばに位置するフジヤマミュージアム富士山に関する美術品を多く扱う美術館として知られていますが、建物の造りそのものも素晴らしく見どころがたくさんあります。芸術に触れられるイベントも頻繁に開催されているので、子供から大人まで楽しめる美術館と言えるでしょう。ここでは、フジヤマミュージアムの魅力や楽しみ方、アクセス情報などをまとめてみました。

富士急に併設されたフジヤマミュージアム

フジヤマミュージアムとは一体どのような美術館なのでしょうか。美しい建物自体も魅力です。

富士山を扱った美術品がもりだくさん

人気の富士急ハイランドの隣に位置する美術館で、富士急行株式会社が創立75周年を記念して建設しました。開放感のある建物自体がとても近代的で美しいのも特徴と言えるでしょう。

フジヤマミュージアムの大きな特徴として、富士山に関連する美術品、芸術品を多く展示していることが挙げられます。富士山絵画はもちろん、富士に関するさまざまな芸術品を展示してあるのです。多様なタッチの富士山の絵を鑑賞できるため、富士をこよなく愛する人にとってはこれ以上ない美術館でしょう。絵画によって富士山の感じが異なりますが、これは作者によって目に映る富士山が異なるから。作者の視点で楽しむのもおもしろいですよ。

美術品は現代画家によって収集されている

フジヤマミュージアムに展示してある作品の多くは近現代の画家が収集したものです。約40年という長い年月をかけて収集した貴重なコレクションばかり。芸術家の視点で選んだ作品ばかりなので、富士山に関する素晴らしい作品をたくさん見られるのが魅力。

美術館の現代的な造りにも注目

展示してある作品が見どころなのは間違いありませんが、実はほかにもいろいろな見どころがあります。

建物自体がすでにアート

フジヤマミュージアムは建物にもさまざまな工夫をしていますし、それを見学するのも楽しめます。作品を楽しみつつ、美術館の構造にも注目してみましょう。

スロープ状の階段で美術品を楽しむ

1階フロアのロビーを中心とするスケルトンのスロープは大きな見どころポイント。一周できるような造りになっており、スロープに沿うような形で作品を展示してあります。スケルトンにすることで開放感を演出してあるのも素敵ですね。スケルトンのスロープを歩きつつ絵画を楽しむという、斬新な展示方法に魅力を感じます。

液晶画面で富士山のライブ映像を楽しめる

スロープ状になった回廊の途中に設置されてある液晶画面には、今現在の富士山の様子が映し出されています。モニター越しではあるものの、富士山のライブ映像を楽しめるというのは一つの魅力と言えるでしょう。本物の富士山の姿と、富士を描いた絵画を交互に見ていくというのもおもしろい試みです。

自然光によって照らされる美術品たち

館内にはたくさんの照明器具も設置されていますが、それだけでなく自然光をたっぷり取り込めるような造りとなっています。太陽の光を取り込むことで、館内の明るさをさらにアップしているのです。天井に使用されているガラスは特殊な加工が施されたもので、光は通すものの紫外線はカットできる優れもの。富士山の絵画に自然の光が当たり、何とも言えない深みを演出してくれます。

芸術に触れよう イベントも開催

不定期で芸術に触れられるイベントを開催しています。ティースプーン作りやスノードーム作りといったワークショップも数多く展開しているのが特徴。いつどのようなイベントが行われるのかというのは、フジヤマミュージアムの公式サイトから確認できます。事前にチェックし、気になるワークショップが開かれる日にはぜひ足を運んでみましょう。講師による絵画サロンが開かれることもあるので、絵に挑戦しようと思っている方におすすめ。

館内のカフェやショップもチェック

館内にはカフェやショップもあるので、歩き回って疲れた時にはカフェで休憩しましょう。



自然光が差し込むやさしいカフェ

カフェは自然光がさしこむ明るい雰囲気で、のんびりとくつろぐことができます。ミュージアムショップでもゆっくりとお土産を選べますし、休憩場所として立ち寄るのもおすすめ。

カフェのおしゃれな軽食で休憩を

開放的な雰囲気の落ち着いたカフェなので、一通り展示作品を見て周ったあとに訪れてみましょう。ドリンクや軽食、デザートなどが楽しめます。富士山をモチーフにしたメニューもあるので、訪れた記念に食べてみましょう。インスタ映えもしそうですね。

富士山モチーフのグッズはショップで購入

ミュージアムショップのディスプレイはシンプルで見やすいのが特徴。富士山をモチーフにしたさまざまなアート作品を扱っているので、富士山好きには堪りません。ここでしか購入できない限定のアイテムも豊富に扱っているので、富士山や芸術作品が好きな方は絶対に立ち寄るべきショップです。

周辺の富士急グループスポットも行ってみよう

フジヤマミュージアムの近くには同じく富士急グループが運営している施設がいくつもあります。富士急ハイランドは鉄板ですし、リサとガスパールタウンもぜひ訪れてほしいです。

やっぱり富士急ハイランドは行くべき

富士急グループ自慢の遊園地が富士急ハイランド数多くの絶叫系アトラクションがそろっているので、絶叫系が好きという方にはぜひ足を運んでほしいです。高飛車やFUJIYAMAといった世界レベルの絶叫系アトラクションで最高のスリルが味わえるでしょう。何度もリニューアルしているお化け屋敷、戦慄迷宮はあまりのリアルな怖さにリタイアする人が続出。ぜひトライしてみましょう。

Address 〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
Hours 9:30~17:00(日によって異なります。ホームページで確認可能)
Closed 不定休(ホームページで確認可能)
Tel 0555-23-2111
Web http://www.fujiq.jp/

可愛い世界に魅了されて リサとガスパールタウン

リサとガスパールタウンは、富士急ハイランド内のアトラクションエリアから離れたところにあります。リサとガスパールの世界観を忠実に表現しているのが特徴。オシャレで可愛い空間は女性に大人気です。富士急ハイランド内にあるエリアではあるものの、ここにのみ入園するといったことも可能。

Address 〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
Hours 8:30~17:30(日によって異なります。ホームページで確認可能)
Closed 不定休(富士急ハイランドと同じ)
Tel 0555-23-2111
Web http://www.fujiq.jp/area/lisagas/

疲れはふじやま温泉で癒やそう

遊びまわって疲れたのなら、温泉で体と心を癒してみませんか。ここでは富士山を眺めながら温泉に浸かれますし、ゆっくりするにはおすすめのスポット。体はもちろん心に癒しも与えられるでしょう。館内では食事もできるようになっているので、一日の疲れをとったあとに美味しい夕食も楽しんでください。大浴場だけでなく、岩盤浴でも勇壮な富士を拝むことができます。

Address 〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原4-17-1
Hours 【朝風呂】7:00~9:30【通常】10:00~23:00【岩盤浴】10:00~22:00
Closed 年中無休
Tel 0555-22-1126
Web http://www.fujiyamaonsen.jp/index.html

フジヤマミュージアムへのアクセス

富士山に特化したちょっと変わった美術館、フジヤマミュージアムへ行くにはどうすればいいのでしょうか。



電車・バスでの行き方

公共交通機関を利用する場合だと、最寄り駅は富士急ハイランド駅となります。そこから無料のシャトルバスが運行しているので、それを利用しましょう。無料シャトルバスでハイランドリゾートホテル&スパで下車すれば目と鼻の先です。

車での行き方

車で訪れたいのなら、河口湖ICで降りて、国道139号線を経由して進めば約10分ほどでアクセス可能。

Address 〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
Hours 【平日】10:00~17:30【土曜】10:00~20:30【日曜・夏季】9:00~20:30
Closed 不定休(ホームページで確認可能)
Tel 0555-22-8223
Web https://www.fujiyama-museum.com/

まとめ

フジヤマミュージアムは富士山好きな方はもちろん、そうでない方でも十分楽しめます。美術館の構造自体が楽しめるので、展示品に興味が持てなくてもきっと楽しい時間を過ごせるでしょう。魅力あるワークショップが開催されることも多いので、公式ホームページで開催日などをチェックしてください。富士急ハイランドで遊んだ帰りに寄るというのもいいですね。