キャッスルヒルは1時間で登れるちょっとしたトレッキングスポット

トラベルパートナー: Ray

出身地は神奈川県。得意なエリアは山口県で山口県をメインで書いていきますが、神奈川県、今後留学予定のオーストラリアもメインにしていけたらいいなと考えています。 海や山など自然が大好きで自然を満喫する旅、趣味のダイビングができる旅を好んでいます。また、食べることも大好きなので、美味しいものを見つけることも好きです。

キャッスルヒルに登って美しい海と町を見渡そう!

オーストラリアのタウンズビルには欠かすことのできない観光スポット、キャッスルヒル。きれいな空気を吸いながら山を登ると、頂上には絶景が待っているでしょう。そんなキャッスルヒルの魅力をたっぷりとご紹介します。

キャッスルヒルに登ろう

キャッスルヒルの頂上からはどんな景色を見ることができるのでしょうか。時間によって景色が変わるキャッスルヒルの見どころを見ていきましょう。

キャッスルヒルとは

キャッスルヒルとはオーストラリアの東海岸の町タウンズビルにある山。標高は286mと高くはなく、頂上までおよそ1時間程で登ることができるので、気軽に登山を楽しめます。キャッスルヒルというように山というよりも丘といった感じ。花崗岩で出来た大きな一枚岩でできていて、その大きさには圧倒されます。

キャッスルヒルを登る時は

キャッスルヒルは上の写真にあるように、道が整備されているので安心して登ることができます。しっかりと舗装された道を歩いて登るので、山登り用の靴をわざわざ用意しなくても、歩きやすい靴であれば大丈夫でしょう。地元民の中にはビーチサンダルで登っている人の姿も。1年を通して暑い気候なので、登る時の服装は調節していくのがおすすめ。湿気が多い日などは汗をかきやすいので、着替えを用意しておくと安心です。

途中まで車で行くことも可能

キャッスルヒルの頂上付近まで車で向かうことも可能。専用の駐車場が完備されているので、駐車場に車を停めて10〜15分ほど歩けば頂上にたどり着きます。足腰が悪い人や小さい子供連れでも、一緒に景色を眺めることができるでしょう。

キャッスルヒルの頂上から美しい景色を一望できる

キャッスルヒルの頂上からはタウンズビルの町並みとクリーブランド湾が一望できます。明るい時間に行けば、家や川などもはっきり見え、きれいな空気を吸いながら、タウンズビルの町の景色を楽しめるでしょう。日が暮れてくると、夕日が海や町を照らし始めます。お昼とはまた違った落ち着いた町並みの景色からは、幻想的な雰囲気を感じられるでしょう。

夜景もまたとても美しい

夜になると町中がネオンの輝きに照らされ、とても美しい景色に。景色の違いも楽しめるキャッスルヒルでは、夕暮れ前に登頂し、沈みゆく日の入りの景色を楽しみ、夜景を少し見てから真っ暗になる前に下山するのがおすすめ。日没後に下山する場合は、暗くて歩きづらい可能性もあるので十分注意しましょう。

健康づくりに地元民から人気

キャッスルヒルは1時間程で登りきれるので適度な運動になるのだとか。そのため健康を意識して登山をしている地元民も多くいます。登山道の途中には、椅子がいくつか用意されていて、休憩を取りながら登ることも可能。

グレートバリアリーフの魚を集めた水族館

ダウンズビルに新しくできた水族館では、オーストラリアの海、グレートバリアリーフに生息する生き物を見ることができます。可愛らしい小さい魚から迫力のある大きな魚まで展示されていて、見どころたっぷり。どんな生き物と出会えるのかご紹介していきます。

reef HQ Great Barrier Reef  AQUARIUM

タウンズビルの港側にある大きな水族館、reef HQ Great Barrier Reef AQUARIUM。グレートバリアリーフに生息するさまざまな生き物が展示されている人気の観光スポットです。

大型の魚も見られて大満足

日本で大型の魚を見るには、大きな水族館に行かないと見ることができないイメージがありますが、この水族館ではサメやエイなどの大型の魚をたくさん見ることができます。展示水槽の数も多く、さまざまな水槽で大型の魚が泳いでいます。大きな魚を見るのが好きな人にはたまらない水族館でしょう。

魚以外も見られる

この水族館では、魚以外にもワニやヘビなどの爬虫類やカエルなどの両生類、エビなどの甲殻類など、さまざまな生き物を見ることができます。ブレーとバリアリーフに生息する生物を展示しているだけあって、いろいろな種類の生き物に出会うことができますね。

カメの保全を行っている

カメの保全も積極的に行なっていて、傷のついたカメたちが水槽の中で保護されています。カメがゆっくり泳いでいる姿を間近で見ることができ、その姿に癒されるでしょう。カメを見ながらガイドさんがカメの保全について解説をしてくれますよ。

お土産を買うことが可能

水族館の中にある売店では、さまざまなお土産を買うことができます。日本ではあまり見ることのない、外国らしいデザインでカラフルな可愛らしいぬいぐるみがおすすめ。また、オーストラリアにある水族館なだけに、カンガルーやコアラなど魚介類以外の人気動物のアイテムなども置かれています。

水族館の裏の川も楽しもう

水族館の裏には川が流れていて、魚が泳いでいることも。水族館の魚を見た後、自然で生きる魚を見に川を覗き込んでみるのもおすすめ。釣りを楽しんでいる人の姿を見かけることもあるでしょう。

住所| 2-68 Flinders Street East Townsville, Townsville Area Queensland Australia
営業時間|9:30〜17:00
定休日|なし
電話|+61747500800
公式サイトはこちら

キャッスルヒルへのアクセス

日本からタウンズビルへの行き方

日本からタウンズビルまでの直行便はありません。日本から一度オーストラリアのブリスベン、またはケアンズを経由して、オーストラリア国内線に乗り換えてタウンズビルに向かいましょう。

所要時間は日本からブリスベンかケアンズまでの所有時間は約7時間程。オーストラリアの国内線は約2時間程です。空港に到着した後、ダウンタウンに向かうにはタクシーの利用がおすすめ。約20分で到着します。

タウンズビルからキャッスルヒルへの行き方

タウンズビルのダウンタウンに到着した後、キャッスルヒルまでは徒歩で行くことができます。タウンズビルに到着したら、まず地図をゲットして現在地とキャッスルヒルの位置を確認するのがおすすめ。キャッスルヒルへの案内看板を多く見かけられるので、案内通り向かえば無事たどり着くことができるでしょう。

住所| Castle Hill, Queensland 4810
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

キャッスルヒルから眺める雄大な景色を見るために、常に多くの観光客が訪れています。ウォーキングやジョギングをしながら景色を楽しむのもよし、山を登りながらドライブを楽しむのもよし、きれいな景色を眺めながら思い思いの楽しみ方ができるスポットです。大切な人とぜひ訪れてみてはいかかでしょうか。