住吉三神が祀られている住吉大社。たくさんの国宝を丁寧に見ていこう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Nana

北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。

全国に約2300ある住吉神社の総本山、住吉大社においでや!

大阪随一のパワースポット、住吉大社に行ったことはありますか。住吉神社の総本山である住吉大社は、海の神様である住吉三神を祀っており、海上交易が盛んだった江戸時代以降、舟運業者やそれに関連する商人たちから厚く信仰されてきました。今回はそんな住吉大社の見どころをたっぷりご紹介していきます。

格式の高い住吉大社

住吉大社は住吉神社の総本山

大阪にある住吉大社は、住吉大神をご祭神として祀っており、全国2300社ほどある住吉神社の総本山として格式高い伝統をもつ神社。社格が最も高い社として一宮の呼び名で地域の人たちから親しまれています。

ご祭神は海の神住吉三神

211年に創建された住吉大社は、大和王権の時代から港の守護神や航海の神様として住吉三神が祀られています。住吉三神は海の神といわれ、底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の三柱の神様です。

本殿4棟が国宝に指定されている

本殿は4つの棟に分かれており、4つすべてが国宝に指定。それぞれ棟ごとに神様が分かれていて、第一殿は底筒男命、第二殿は中筒男命、第三殿は表筒男命、そして第四殿には仲哀天皇の皇后であった神功皇后がお祀りされています。

神功皇后は、住吉三神から守護を受けたおかげで新羅国の征服を成し遂げたとして、三神への感謝から住吉大社のあるこの地に、社を建てて住吉三神を祀ったという言い伝えがあります。現存の建物はいずれも1810年に建立されたもので、歴史的にたいへん貴重な建築物です。

国宝や重要文化財の宝庫、住吉大社の見どころ

関西夜景100選にも選ばれている反橋

境内は国宝や重要文化財の宝庫。長きに渡る信仰の歴史を垣間見られます。大鳥居の先にある池には、長さ約20メートル、幅5.8メートル、高さ4.4メートルの反り橋(太鼓橋)がかかっています。これは1596年から1615年に豊臣秀吉の側室である淀殿、あるいは秀吉自身が寄進したもの。毎日夜は21時までライトアップを楽しむことができ、雅なその景観から関西夜景100選にも選ばれています。

国宝に指定されている4棟の本殿

第三殿、第二殿、第一殿が西を向いて一直線に並び、第三殿の横には平行するように第四殿建つという変わった配置が、独特の雰囲気を漂わせています。外観は、反りのない切妻屋根に千木と堅魚木を置いた建築様式を用いており、内部には二室に分けられ、妻側に入口を設けた住吉造と呼ばれる独自の建築様式をしています。

島津忠久が誕生したとされる場所にある誕生石

この地は、薩摩で勢力を伸ばした島津氏の祖、島津忠久が誕生した場所として知られ、誕生石が置かれています。鎌倉時代、源頼朝との子を懐妊した丹後局は、北条政子にその身を追われこの地にたどり着くと急に産気づき、かたわらにあったこの大石を抱いて島津忠久を出産したという逸話が残されています。

日本三舞台の一つ、石舞台

1596年から1615年に豊臣秀吉が奉納した石舞台も残されています。石舞台は、舞楽を行うための舞台で、厳島神社や四天王寺の舞台と並ぶ日本三舞台の一つ。この石舞台は国の重要文化財に指定されています。

立ち並ぶ約600基の住吉灯籠

境内にはおよそ600基もの住吉灯籠が立ち並んでいます。なぜこんなに灯篭が多いのかというと、これらは江戸時代の商人たちによるもの。海上交易が盛んであった江戸時代以降、舟運業者やそれに関連するさまざまな業界の商人たちが商売繁盛や安全を祈願して、この住吉神社灯籠を寄進してきました。ほかの神社ではなかなか見かけることのない、高さ5メートル以上の巨大灯籠も目にすることができます。

住吉大社の3つのパワースポットとご利益に迫る

住吉大社の初辰まいりとは

辰の日とは、災いに遭う可能性があるため、自己抑制した方が良いという意味をもつ日のことで、同時に気象による災難が多い日としても考えられてきました。その月の一番初めに来る辰の日にお詣りする初辰まいりをすると、これらの厄災から神様が守ってくれると信じられています。

初辰の日にお参りするとご利益が

住吉大社の境内には、楠珺社(なんくんしゃ)、種貸社(たねかししゃ)、大歳社(おおとししゃ)、朝沢社(あさざわしゃ)という4つの末社があり、初辰の日にここへお参りすると、商売繁盛や家内安全のご利益が授かれるといわれています。

初辰は月に一度あるので一年通えば12回、4つの社を参拝すると計48回お詣りしたことになるので、48を満願成就で始終発達という意味の「しじゅうはち」をかけて、大変縁起のいいお詣りになります。

住吉大社の おもかる石とは

おもかる石とは、願い事を重さで占う霊石で、住吉大社の境内を出て徒歩2、3分ほどのところにある大歳社(おおとししゃ)にあります。社には3つの霊石が置かれているので、二拝二拍子一拝をしたら3つのうちのどれか一つを持ち上げます。その石の重さを感じたら、いったん石を元の位置へ戻しましょう。

おもかる石は重いか軽いか

いったん置いた石に手を当てて、願い事を心のなかで唱えます。そのあと再びその石を持ち上げて、軽いと感じたらその願い事は叶い、重いと感じたら成就にはまだ努力が必要ということなのだそう。心を鎮めて再び石を持ち上げる瞬間のドキドキ感はなんともいえず、ついつい念じる気持ちも強くなってしまいます。おもかる石は、京都の名所 伏見稲荷大社にもあることで有名です。

住吉大社最強のパワースポット五大力

住吉大社には最強のパワースポットといわれる五大力も安置されています。五大力とは、不動明王、大威徳明王、軍荼利明王、降三世明王、金剛夜叉明王の五柱の大明王の総称で、福力、智力、体力、財力、寿命力の五つのパワーが授かるといわれています。

五・大・力と書かれた玉砂利を探そう

社務所に置いてあるお守り袋を購入したら、願い事を唱えながら五・大・力と書かれた玉砂利を探しましょう。石が見つかったらお守り袋に石を入れて、肌身離さず持ち歩くと願いが成就するとのこと。

強いご利益があるという住吉大社の五大力では、願いが叶ったら自分の近所で拾った小石に自分で五・大・力と書いて、お守りと一緒に持って神社にお返しする倍返し作法というお礼参りをすることになっています。

住吉大社へのアクセス

電車での行き方

住吉大社はいずれの最寄駅からも徒歩すぐでアクセス良好です。電車を利用する場合、南海本線の住吉大社駅から徒歩3分ほどで到着。南海高野線なら住吉東駅から徒歩5分ほどで到着です。路面電車を利用する場合、阪堺線の住吉鳥居前駅から徒歩すぐです。

車での行き方

車を利用する場合、お正月の期間と住吉祭の期間中は有料駐車場が閉鎖されるためご注意ください。

住所|〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89
営業時間|4月~9月 6:00-16:00 10月~3月 6:30-16:00 (施設により時間が異なる為要HP確認)
定休日|無休
電話|06-6672-0753
公式サイトはこちら

まとめ

住吉神社の総本山である住吉大社は、豊臣秀吉が奉納した石舞台や、秀吉の側室 淀殿が寄進した太鼓橋など、国宝や重要文化財がたくさん見られる歴史深い神社。大阪随一のパワースポットともいわれ、なかでも五大力はご利益があると人気です。ぜひ一度、住吉大社に足を運んでみてください。