玉川大師で暗闇のドキドキ体験。東京のど真ん中でお遍路をしてみよう

トラベルパートナー: Nana

北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。

四国八十八箇所巡礼と同じご利益がある玉川大師の魅力をご紹介!

お遍路をしたい場合、四国に行く方法が一般的です。しかしながら、東京にいながら、お遍路ができると言ったら驚かれるでしょうか。実は、わずかな時間で東京にいながらそれが可能です。貴重な体験を、あなたも味わってみませんか。

東京でお遍路ができる、玉川大師の地下霊園

四国八十八箇所巡り、お遍路の原点

お遍路に興味がある人も、多いのではないでしょうか。自分探しを目的にお遍路に出かける人もいますし、色々な理由から挑戦する人も多いです。東京にいながらにして、お遍路ができるスポットがあります。これなら、もっと多くの方が挑戦できるのではないでしょうか。

四国は、平安時代に都があった京都から見ると、ずっと遠くにあった場所です。こういった理由もあって、多くの修験者が、修行をするために四国に向かいました。空海(弘法大師)も、その一人として知られています。修行僧たちのこのような遍歴の旅が、四国お遍路の始まりです。

時代によって変化していくお遍路

このお遍路という名前ですが、辺路から遍路になったと言われています。室町時代、お遍路はとても盛んでした。四国という、辺境の地へ行くことから辺路と呼ばれるようになり、さらに変化して遍路になったというのが、有力です。江戸時代になると、一般の人もお遍路するようになりました。それが、現代の形へつながっています。

気軽にお遍路が出来る玉川大師とは

玉川大師は、東京にいながらお遍路ができます。正式名称は、玉眞院(ぎょくしんいん)。地下に霊場がある、知る人ぞ知るスポット。玉眞院の初代住職が、昭和の初めに6年かけて地下霊園をつくりました。東京でも四国巡礼ができる唯一の場所。そのため、東京在住の人はもちろん、日本各地からたくさんの人たちが参拝に訪れています。お遍路に必要な所要時間もわずか20分ですから、気軽に訪れることができますよ。

玉川大師のご利益

玉川大師は、強いパワーがあるとされています。スピリチュアル占い師のCHIEさんも、都内で最もすごいパワースポットとして、玉川大師を紹介しています。仏像も多数あり、期待できる御利益も少なくありません。開運招福や安産成就、ぼけ封じ、厄除けなどさまざまあります。

いざ玉川大師へ、地下霊園までの歩き方

まずは手を清めてから

パワースポットとしても知られる、玉川大師に行ってみましょう。手順がありますので守りながら進んでください。お参りするときは、サングラスや帽子などは外すようにしてください。

それではルールに従って、丁寧に進めていきましょう。地下霊園に行く前に、まずは手を清めましょう。本堂へとつづく階段の左側に、手水舎があります。手水舎の龍が、何となく勢いを感じさせます。ここで、手と口を清めてください。

お賽銭を入れて線香を焚こう

次にお参りをします。お参りをするときは、帽子やサングラスなどは外すようにしてください。注意書きにも、そう書いてあります。まず、お賽銭を入れましょう。そして、線香を焚いてから、静かに気持ちを整えてからお参りをします。

お参りが終わったら靴を脱いで本堂の中へ

本堂に入る際に、気を付けたいことがいくつかります。本堂内と地下霊園は写真撮影が禁止。また、土足厳禁になっていますので要注意。靴を脱いで、下足入れに靴を入れてから本堂の中に入ってください。入口すぐ横に、御守りなどを販売している場所があります。ここで参拝に来たことを伝えれば、中に案内してくれます。

来日如来様をはじめ、仏様に手を合わせる

本堂に入ると、たくさんの仏様が並んでいます。中央奥にあるのが如来様です。紐が垂れ下がっていますので、これを両手に挟んでお参りしましょう。こうすることで、如来様にお願いを伝えることができるとされています。お参りしたら、ノートに記名してください。灯明料を支払いスリッパを履けば、地下霊園に進むことが可能です。

いざ真っ暗闇な地下霊園へ

本堂内に階段があります。これを下りると、深さ5m、前兆100mの真っ暗な廊下がつづきます。これは、大日如来の体内を表しているとのこと。蛇行しているうえに、坂がありますので、ゆっくり歩くことをオススメします。暗闇の中、壁に右手を添え、南無大師遍照金剛と唱えながら歩いていると、しだいに煩悩が放たれていきます。

暗闇を抜けると300体もの石仏が

View this post on Instagram

寶泉山玉眞院. 玉川大師. ✨御朱印✨秘佛✨. 地下5m長さ100mの地下霊場に仏像約300体❗️. . ここは、きちんと参拝した上で、真っ暗な地下霊場に行けますので指示通り、ご本尊等全てを参拝し、御朱印の方は先に渡し、地下霊場に入る前に台帳に住所氏名をかいてお気持ちを捧げ入場します😊. . ルールを守らないと注意されます☝️南無大師遍照金剛🙏. . 本堂の地下には約100mに及ぶ地下道が有り、四国八十八ヵ所霊場巡りと西国三十三観音霊場巡りと同じご利益があるとされています😊. . 本当に真っ暗で、途中急に狭くなたなったりしますので、そのような地下霊場の経験をしたことの無い方は是非、参拝してみてください💦. . #東京散歩 #世田谷区 #二子玉川駅 #二子玉川 #アド街 #玉川大師 #四国八十ハ箇所 #地下霊場 #お遍路 #都内でお遍路 #真言宗 #真言宗智山派 #弘法大師 #神社仏閣 #神社仏閣巡り #御朱印 #御朱印帳 #御朱印女子 #御朱印ガール #iphone X #写真 #写真好きな人と繋がりたい #instagramjapan #_photo_japan

A post shared by @ kannon3388 on

しばらく行って、暗闇を抜けると、300体の石仏が並んでいる場所に出ます。この仏殿こそが、四国八十八箇所を模しているスポット。お遍路と同じご利益があるとされています。一番霊場、二番霊場、三番霊場と、石仏それぞれに、番号が掘ってあります。自分の数え年の石仏を拝みましょう。

地下霊園以外も、玉川大師はここにも見所が

本堂左側にある長寿の銅鑼

煩悩に苦しむ方も、多い時代かもしれません。玉川大師には、地下霊園のほかにも興味深いものがあります。珍しい石碑や石像などもありますので、ゆっくり見学してみましょう。

長寿の銅鑼は、お金を収めるれば鳴らすことができます。長寿の銅鑼をならせば、煩悩が消えてすっきり。力強く心にしみるような音がしますので、ぜひ鳴らしてみてください。きっと、何かを感じることでしょう。お金は、木箱に収めてください。

本堂右側にもたくさんの石仏が

本堂の右側に、様々な石仏があります。高さが2m20cmもある、弘法大師像もありますし、ぼけ封じの観世音菩薩、不動明王像、水子地蔵もあります。また、鳥獣供養塔やひつじの石像など、他の寺社では見られない特徴あるものが少なくありません。

「遍照尊」と記された御朱印

御朱印をもらうこともできます。玉川大師の御朱印には、遍照尊と書かれています。大日如来を意味する遍照金剛。これは、弘法大師が唐留学の際に、授けられた称号でもあります。御朱印の上に、仏様の御影が描かれた紙を貼ってくれます。

玉川大師へのアクセス

電車での行き方

鉄道を利用する場合は、東急田園都市線、東急大井町線二子玉川駅西口へ。ここから歩いて10分となっています。また、東急田園都市線用賀駅南口出口から、歩いておよそ13分です。駐車場がないので、車を利用する場合はコインパーキングを利用してください。

住所|〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-13-3
営業時間|9:00~17:00(時期により16:30)
定休日|なし
電話|03-3700-2561
公式サイト|なし

まとめ

東京都内で、お遍路と同じご利益を得られる玉川大師。ここは、パワースポットでもあります。真っ暗な中を歩きながら、自分自身の心と対話。長寿の銅鑼をならせば、煩悩を消すことができます。良い体験ができることでしょう。ぜひ、試してみてください。