日本最北端の宗谷岬。オホーツク海と日本海ともに視界に広がる

公開日:2019/2/4 更新日:2019/5/18

トラベルパートナー:トラベルパートナー: nanabom
北海道出身。得意なエリアは北海道全域や東北エリア、海外ではオーストラリアやニュージーランドです。一人旅や女友達と温泉巡りや美味しい食べ物を探して旅行するのが好きでしたが、最近は子育てを全力で楽しんでいるため、子どもと一緒に楽しめるスポットも紹介していきます。
日本最北端の地で絶景を見ながらホタテラーメンと北海道遺産に触れてみてもいいんでないかい

日本最北端の岬である宗谷岬に行ったことがありますか。北海道の稚内にある宗谷岬は、サハリンやオホーツク海、地球を感じる丸い水平線が見られる絶景スポットで、名物グルメ満載の観光地です。今回はそんな宗谷岬の魅力をお届けします。

宗谷岬がある稚内

日本最北の都市である稚内は、北海道のなかでも大きな水産都市で、日本一のミズダコの水揚げ高を誇ります。稚内の名前は、アイヌ語で冷たい水の川を意味する「ヤムワッカナイ」から由来しています。

海に面しているため、夏は涼しく冬は比較的雪が少ないですが、風が強いので体感温度は低く感じられるでしょう。西に稚内半島、東に宗谷半島と分かれており、西側に市街地が集中しています。

宗谷岬は日本最北の岬

実質的に日本最北端の岬である宗谷岬は、稚内市の北東部にあります。宗谷海峡を挟んで43キロメートル先にはサハリン(旧樺太)が望め、サハリンの西野登呂岬と宗谷岬を結んだ線から右側がオホーツク海で、左側が日本海となっています。一ヶ所で2つの海洋が見られる光景は珍しく、北海道にも3つしかありません。

冬には流氷が見られることもあり、とてもフォトジェニック。しかし、風が強く天候が変わりやすいため、撮影にはタイミングとテクニックを要します。岬の先端には日本最北端の地の碑をはじめ、間宮林蔵の像、相和岬音楽碑などを見ることができます。

周辺スポットにはここにしかないものばかり

ノシャップ岬は地平線に沈む夕日とサハリンが見られる

雄大な自然を有する宗谷岬の周辺には、絶景スポットが満載。ビュースポットの休憩施設やパーキングも見逃せません。ノシャップ岬は、アイヌ語で岬があごのように突き出たところという意味をもつ「ノッ・シャム」から由来しています。ここからは利尻富士、礼文島、サハリンの島影が一望できます。夕方には地平線に沈む夕焼けが見られる絶景スポットとして絶大な人気。

7月から8月頃になると、早朝の海岸では利尻昆布の収穫風景が見られ、夏の風物詩となっています。そのほかノシャップ岬には、稚内灯台やノシャップ寒流水族館、稚内市青少年科学館などがあって見どころ満載です。

Address 〒097-0026 北海道稚内市ノシャップ2丁目
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0162-24-1216(稚内観光協会)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/noshappumisaki.html

トレードマークの宗谷岬灯台

宗谷岬公園は標高約25メートルの小高い丘にある公園で、祈りの塔や平和の碑、あけぼの像、世界平和の鐘、子育て平和の鐘、宗谷岬灯台、旧海軍望楼などたくさんの見どころがあります。旧海軍望楼からはサハリン島まで見渡すことができ、小高い丘からは地球が丸く見える絶景が望めます。

原生花が咲き乱れる浜勇知展望休憩施設

利尻礼文サロベツ国立公園のなかにある休憩施設も、利尻富士が見られる人気のビュースポット。初夏から夏にかけて、コウホネというスイレンのような花が咲き誇ることから、別名こうほねの家と呼ばれています。

ほかにも、ハマナスやエゾカンゾウなどの原生花も見ることができ、休憩施設の横にはロケで訪れた森繁久弥氏の歌碑が建てられています。

Address 〒098-4581 北海道稚内市抜海村
Hours 9:00~17:00
Closed 毎年11月4日~翌年4月28日
Tel 0162-23-6468(稚内市建設産業部観光交流課)
Web http://www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp/archives/listings/kouhone

宗谷丘陵の周氷河地形は美しいビュースポット

今から1万年前のウルム氷河期末期にできたといわれる宗谷丘陵の周氷河。凍結と融解を繰り返すうちに地表で対流が巻き起こり、周氷河性の波状地となったそうです。

明治時代までは丘陵を覆い尽くす森林でしたが、相次ぐ山火事によって現在では笹に覆われた風景となりました。57基もの風車が立ち並ぶ光景は、ヨーロッパにいるかのような感覚を覚えます。

肉牛が飼育されている宗谷岬牧場

1984年からは広大な土地を活用して、肉牛の繁殖や育成をする開発事業が始まりました。現在では3000頭ほどの肉牛が飼育され、アンガス牛やヘレフォード牛の輸入種と和牛の生産が行われています。

体格のよい和牛はわっかない牛として特別に出荷。牛は牧草を中心とした飼育で、良質でありながら低価格な牛肉を目指しているそうです。

Address 〒098-6758 稚内市宗谷岬328番地
Hours 放牧期間は毎年5月下旬から10月下旬
Closed なし
Tel 0162-76-2456(宗谷岬牧場)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/soyamisakibokujo.html

白い道はホタテの貝殻でできている

宗谷丘陵のフットパスコース後半には、宗谷産のホタテの貝殻を敷き詰めた白い道があります。貝殻の白と空の青、両端に生い茂る緑のコントラストがフォトジェニックですよ。

Address 〒098-6758 北海道稚内市宗谷岬
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0162-23-6468(稚内市建設産業部観光交流課)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp


夕日が丘パーキングにも立ち寄ってみるべき

夕日が丘パーキングは、利尻島と礼文島に沈む夕日が見られる絶景スポット。トイレも完備されているのでドライブがてらの休憩にも立ち寄りやすいです。
道道稚内天塩線沿いにあり、JR稚内駅から車で16分ほどで到着します。

Address 〒097-0034 北海道稚内市坂の下
Hours 5月上旬~10月下旬
Closed 冬季閉鎖
Tel 0162-23-6468(稚内市建設産業部観光交流課)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/yuhip.html

稚内市映画「北の桜守」資料展示施設

稚内市は2018年公開の映画「北の桜守」のロケ地。稚内市映画「北の桜守」資料展示施設は、撮影に使われたオープンセットを映画の展示施設として活用したものです。北の桜守パークの愛称は、主演を務めた女優の吉永小百合氏が名付けました。撮影の関連資料や現場の様子、吉永氏と2ショット写真が撮れる仕掛けなどがあり、入場無料です。

Address 〒098-6643 稚内市大字声問村字下声問「メグマ沼自然公園内」
Hours 10:00~17:00
Closed 9月1日からは毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、または11月1日~翌年4月28日までは休館日
Tel 0162-23-6468(稚内市建設産業部観光交流課)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/sakuramori.html

古代ローマ建築物を思わせる北防波堤ドーム

北埠頭がサハリン航路の発着場であった頃、道路や鉄道に波の飛沫がかからないようにつくられた防波堤は、高さ13.6メートル、総延長427メートルのドーム型です。

設計は、北海道庁の技師として稚内に赴任してきた土谷実氏によるもので、太い柱が特徴的で古代ローマの神殿を彷彿とさせます。2001年、北防波堤ドームは北海道遺産に指定されました。

Address 〒097-0023 北海道稚内市開運
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0162-24-1216(稚内観光協会)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/domu.html

宗谷岬周辺と稚内で開催されるイベントも必見

JAPAN CUP 全国犬ぞり稚内大会

映画「南極物語」に出演したタロとジロが、稚内市に贈られたことから開催されるようになった国内屈指の犬ぞりレースは、別名犬の甲子園ともいわれ、毎年賑わっています。同時に冬のわっかない観光物産まつりも開催されるため、稚内の冬の味覚を堪能することができます。

Address 〒098-6642 北海道稚内市声問村声問原野
Hours 毎年2月下旬の9:00~15:00
Closed なし
Tel 0162-23-6468(稚内市建設産業部観光交流課)
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/event/inuzori.html

稚内サンタラン

サンタクロースの仮装で街を練り歩く稚内サンタランは、参加費の一部を入院中の子どもや、親元を離れた子どもへのプレゼントに役立てるチャリティイベント。世界からも注目を集め、各地で開催されています。誰でも参加可能ですが、事前に申し込みが必要なので、詳しくは公式ホームページにてご確認ください。

Address 〒097-0013 稚内市若葉台1-2290-28
Hours 毎年12月1日限りで13:00~ゴール地点に到着するまで
Closed なし
Tel 0162-32-7511(内線335)
Web https://www.facebook.com/Wakkanai.Santa.Run/

宗谷岬周辺と稚内のグルメを紹介

塩ホタテラーメンが絶品の間宮堂

宗谷岬公園の高台にある間宮堂は、ウニなどの海鮮丼もありますが、海鮮カレーと塩ホタテラーメンがとにかく人気です。ホタテの旨みエキスたっぷりの絶品ラーメンを堪能してみてください。あまりに人気店のため、入店までには必ず待たされることになりますが、車で待つことも可能です。

Address 〒098-6758 北海道稚内市宗谷岬4-1
Hours 10:00~16:00
Closed なし
Tel 0162-76-2453
Web なし


orange eggは厳選素材で作られた優しい味

カップケーキやソフトクリームなど、北海道の厳選素材を使ったスイーツのお店では、植物性飼料で育った特級品の赤球のみを使用しており、生クリームやバターは酪農郷として知られる豊富町産を使用しています。特産品の勇知いもを使ったポテトのカタラーナ風ポテラーナやもちもちシュークリームも人気です。

Address 〒097-0013 北海道稚内市若葉台2-1-4
Hours 10:00~18:00
Closed 月曜日、火曜日
Tel 0162-73-5477
Web なし

宗谷岬のある稚内まで来たなら周辺観光もおすすめ

豊富温泉

豊富温泉は日本最北に位置する温泉郷で、油分を含んだ珍しい泉質です。大正15年、石油試堀の際に天然ガスと温泉が噴出したのがはじまりとなっており、天然ガスは照明や暖房などに活用されています。

石油臭がする独特の泉質は世界的にも珍しく、保湿効果に優れており美肌の湯としても人気。ほかにも、アトピー性皮膚炎や慢性皮膚疾患を抱えた人たちがたくさん湯治に訪れ、なかにはそのまま移住した方もいるのだとか。

Address 〒098-4132 北海道天塩郡豊富町字温泉
Hours 各施設により異なる
Closed 各施設により異なる
Tel 0162-82-3782(豊富温泉コンセルジュ)
Web http://toyotomi-onsen.com/

サロベツ湿原には原生花がいっぱい

日本最大の高層湿原であるサロベツ湿原は、ラムサール条約に登録されている世界的にも貴重な湿地の一つです。

毎年5月から9月頃になると、エゾカンゾウをはじめとした原生花や、多くの野鳥が見られる美しい季節に。湿原は木道が整備されているため歩きやすく、ベビーカーでも安心して楽しむことができます。サロベツの語源はアイヌ語で葦原にある川という意味を持ちます。

Address 〒098-4100 北海道天塩郡豊富町西豊富字上サロベツ8662
Hours 5月~10月:9:00~17:00、11月~4月:10:00~16:00
Closed 5月~10月:なし、11月~4月:月曜日休み
Tel 0162-82-3232
Web http://sarobetsu.or.jp/swc/

宗谷岬へのアクセス

公共交通機関での行き方

飛行機で札幌新千歳空港から稚内空港までは50分ほどのフライトです。稚内空港バスターミナルから宗谷バスに乗って稚内市街の駅前ターミナルまで35分ほどで、稚内市街からさらにバスで60分ほど行くと宗谷岬に到着します。

車での行き方

車で行く場合、無料駐車場が72台あります。

Address 〒098-6758 北海道稚内市宗谷岬
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0162-23-6161
Web http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/kankomap/

まとめ

宗谷岬は、灯台や原生花などフォトジェニックな見どころ満載。映画のロケ地として資料館を楽しむこともできます。周辺には塩ホタテラーメンの人気店や、石油臭が珍しい豊富温泉など、何度来ても飽きない楽しさ満点。ぜひ一度足を運んでみてください。