西表島はネイチャースポットの宝庫。マングローブに囲まれた自然を満喫しよう

イリオモテヤマネコに会えたらラッキーさ~

日本国内最後の秘境といわれる西表島。八重山諸島最大の面積を誇り、全体がほぼ国立公園に指定されている手つかずの自然を残す島です。広大なマングローブ林や、特別天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコなど、ここだけの見どころが多い土地。そんな西表島を紹介します。

西表島は亜熱帯のジャングル

年間の平均気温が23度ある、亜熱帯海洋性気候の西表島。島の周辺には14の集落があり約2000人の住人がいます。沖縄県で2番めに大きい島ですが、面積の約90%は亜熱帯の原生林で覆われていて、河川の周辺にはマングローブの森があり、手つかずの自然が残っています。1972年には、島のほとんどが国立公園に指定された国内最後の秘境と呼ばれている島です。

西表島の代名詞イリオモテヤマネコ

1965年に西表島で発見された、国指定天然記念物のイリオモテヤマネコ。現在でも100頭ほどしか生息していないといわれる絶滅危惧種。地元の人でも、年に数回しか見ることがないそうです。夜行性のため、運が良ければ夜に見ることができるかもしれませんが確率はかなり低めでしょう。ほかにも、国内最少のワシ類カンムリワシやセマルハコガメなど、貴重な生物が生息しています。

移動手段はどうする

北側に上原港、南に大原港と2つの港がある西表島。それぞれ石垣島から、高速船やフェリーが出ています。1日10本以上が運行しているので、日帰りでいくことも可能です。島内は面積が広いだけでなく多くの自然と起伏があるため、徒歩での移動はおすすめできません。

車での移動が便利

島内での一般的な移動手段は、レンタカーかレンタルバイク。とくにレンタカーは、上原港、大原港どちらで借りても返す港は自由なので観光に便利です。各宿泊施設には、レンタルサイクルサービスがあるので問い合わせてみましょう。

日本最南端の路線バス

西表交通株式会社が運航しているのは、日本最南端の路線バス。観光スポットの近くに停留所があり、有効期間内であれば乗り降り自由のフリーパスも販売されていることから、島内を周遊するのに便利です。またツアーに参加すれば、港から観光スポットまでガイドが送迎してくれます。移動手段に悩まなくて済むことを考えれば、ツアーも選択肢のひとつです。

ピナイサーラの滝は一番人気

上原港から車で約5分、西表島西部にある県内最大の約55メートルを誇るピナイサーラの滝。ピナイとは現地の言葉であごひげを意味します。遠くから見ると、老人のあごひげのように見えることから、ピナイセーラの滝と呼ばれるようになったそうです。滝の姿は、上原港行きの高速船や県道沿いの海中道路からも見ることができます。

カヌーでマングローブの自然を楽しもう

カヌーとトレッキングでしかいくことができないピナイセーラの滝には、ツアーに参加して向かいましょう。基本コースは、カヌーでマングローブの森の川の中流までいき、亜熱帯のジャングルをトレッキングするというもの。片道30分ほどのトレッキングなので、初心者でも大丈夫です。1日のツアーで、滝つぼと滝上の両方へいくことができます。

滝上は絶景スポット

滝上はマングローブに囲まれた西表島と、エメラルドグリーンの海を見渡すことができる絶景ポイントです。また、滝上の川は流れが穏やかで木陰や座れる場所もあり、ここで八重山そばのランチを食べるのがツアーの定番です。滝壺で大迫力の滝を間近に見ながらの水遊びで、マイナスイオンをたっぷり浴びましょう。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町上原
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

亜熱帯のジャングル仲間川でゆったり自然を満喫

大原港から車で約2分、全長7.45キロの仲間川周辺には、日本最大級のマングローブ林が広がっています。仲間川天然保護区域に指定されているこの地域は、日本で飼育しているマングローブ面積の約4分の1を占めている貴重な場所。カヌーやトレッキング、カヤックなどのエコツアーや、仲間マングローブクルーズといったツアーも豊富にあり、大自然を堪能できる条件はそろっています。

森の巨人100選に選ばれた巨木

河口から上流へ6キロほどいくと、森の巨人100選に名を連ねる樹齢400年の巨木サキシマスオウノキを見ることができます。そのほか、ヤエヤマヒルギやオヒルギ、メヒルギなどのマングローブの木を間近に見られます。また、展望台もある自然に囲まれた景勝地。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

南風見田の浜は自然派ビーチ

島の南端にある南風見田の浜は、大原港から車で約5分の静かなビーチ。西表島随一のロングビーチで、浜から波照間島を見渡すこともできます。白く細かな砂浜と透明度の高い海は、海水浴や貝殻拾いなどのビーチコーミングに向いています。またビーチの西側には、東洋のガラパゴスと呼ばれるジャングルが広がっています。西表島の海と森の両方を楽しめるスポットです。

人が少なくプライベート感を味わえる穴場ビーチですが、シャワーやトイレなどの施設はありません。日陰も少ないのでしっかり日焼け対策はしておきましょう。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町南風見
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

バラス島は珊瑚の島

世界に2つしかないサンゴ礁できた奇跡の島バラス島は、西表島の北側と鳩間島の間にあります。サンゴ礁のかけらで構成され、潮の流れや風によって形を変える不思議な島です。上原港から船に乗り、約10分でいくことができますよ。

マリンアクティビティーも楽しめる人気のスポット

サンゴ礁が豊富なバラス島周辺は、シュノーケリングやダイビングスポット。シーズン中にはたくさんの観光客が訪れます。ダイビングショップなどのツアーに参加していきましょう。マリンスポーツだけでなく、写真映えすることからSNSへ投稿する女性も多く来ています。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町字上原
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

水牛車に乗って由布島(ゆぶじま)へ渡ろう

水牛車に乗って渡れるのが、西表島の東側にある周囲2キロほどの由布島。徒歩でも渡れますが、水牛に引かれゆっくりと流れる時間を楽しみましょう。ガイドさんの三線の弾き語りを聴きながらの約15分は、西表島の文化にも触れられることからもおすすめ。水牛乗り場までは大原港から車で約20分、上原港からなら約30分です

南国情緒あふれる植物や生き物がたくさん

島全体が亜熱帯植物園になっている由布島は、入場料が必要です。リュウキュウイノシシやヤギ、水牛などの動物のほか、西表島ならではの花や木々を見ることができます。日本最大のオオゴマダラなど、いろいろな蝶が優雅に飛ぶ姿を見られる蝶園も見どころのひとつです。30分もあれば1周できる島。カフェや食事処に寄りつつ、のんびりと散策を楽しみましょう。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町字古見689
営業時間|9:00~17:00
定休日|なし
電話|0980-85-5470
公式サイトはこちら

西表野生生物保護センターで西表島の自然を学ぼう

イリオモテヤマネコの保護活動の拠点として建てられた、環境庁の施設西表野生生物保護センター。イリオモテヤマネコのはく製やフン、足跡の展示に加え、映像によって動いている姿を見ることができます。ほかにも、カンムリワシなど生き物のはく製が多数展示。資料室では西表島の地理や自然などの情報を、書籍と写真集でわかりやすく学べます。由布島からも近く、大原港から車で15分ほどです。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町字古見
営業時間|10:00~16:00
定休日|月曜日・祝日(5月5日、11月3日を除く)・慰霊の日・年末年始
電話|0980-85-5581
公式サイトはこちら

西表島へのアクセス

船での行き方

石垣島の離島ターミナルから、高速船とフェリーがでています。西表島の行き先の港により、大原航路と上原航路の2つのルートがあります。大原港と上原港は、車で50分ほどの距離があるため事前に計画を立て、どちらの港を利用するかを決めておきましょう。大原航路は高速船で約35分、フェリーなら約40分。上原航路の場合は、高速船で約40分、フェリーなら約105分です。

まとめ

西表島へいけば、これが同じ日本なのかと思うはずです。それぐらい自然が豊かに残る場所。見たこともない木々や見たこともない動物たちと出会えます。そんな神秘的な自然を感じられる、貴重な体験をできるのが西表島です。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ