世界遺産と鹿だらけの奈良公園。歴史ロマンと四季折々の風景を味わおう

トラベルパートナー: midori

静岡県出身、歴史好きが高じて奈良県に移住しました。奈良県の記事をメインで書いています。旅行は家族で出かけることが多いです。神社仏閣の紹介が得意です。散歩や食べ歩きが趣味で、カメラを片手に日々新たな撮影スポットやおいしいお店を探しています。

奈良公園は見どころがありすぎて困ってまうわ

奈良の大仏や鹿で有名な奈良公園は、多くの国宝指定・世界遺産登録寺社が点在する奈良県の一大観光スポット。約660ヘクタールという広大な敷地には歴史ロマンと四季折々の風景が楽しめます。今日は、知れば絶対行きたくなる奈良公園の見どころと楽しみ方をご紹介します。

どこに行っても鹿がいる奈良公園

奈良公園は奈良市にある都市公園で、正式名を県立都市公園奈良公園と言います。その総面積は寺社仏閣も含めると約660ヘクタール。東西約4キロ、南北約2キロに及ぶ広大なもの。

何より東大寺、興福寺、春日大社といった世界遺産を含んでおり、見ごたえ抜群です。そのため修学旅行生に加え、海外からの観光客も年間約1300人が訪れる一大観光地。また、公園内には神使とされる約1200頭のシカが保護されのびのびと暮らしています。

奈良公園で見ておくべき神社仏閣

阿修羅像が有名な興福寺

最寄り駅の近鉄奈良駅を出てすぐに行くことができる興福寺は、藤原氏の氏寺として栄えたお寺として有名で、世界遺産に登録されています。その見どころは、平成30年に再建したばかりの興福寺金堂、そして独特の八角形をした南円堂、さらに堂々とそびえ立つ国宝の五重塔など迫力に満ちています。興福寺国宝館では、人気の阿修羅像を観ることもできますよ。

住所|〒630-8213 奈良県奈良市登大路町48
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|なし
電話|0742-22-7755
公式サイトはこちら

奈良と言えば東大寺

奈良時代、聖武天皇の勅願によって鎮護国家のため巨大な盧舎那仏(大仏)が造られ建立された世界遺産 東大寺。その見どころは何と言っても本尊である大仏、世界三大宝冠の一つを持つ法華堂(三月堂)の不空羂索菩薩、二月堂からの眺望です。

大仏殿までの参道沿いには国宝級の寺宝がたくさん見られる東大寺ミュージアムがありますので、見学してから東大寺を見学するとより楽しめます。東大寺までは参道が長く、お土産店や屋台でいっぱい。ここにはかなり多くの鹿がいますので、奈良観光の雰囲気を存分に味わえるスポットです

住所|〒630-8211 奈良市雑司町406-1
営業時間|AM7:30~PM5:30(4~10月)、AM8:00~5:00(11~3月)
定休日|なし
電話|0742-22-5511
公式サイトはこちら

朱塗りの社殿が美しい春日大社

朱塗りの社殿が美しい春日大社は、奈良時代に平城京守護と国民繁栄のために創建された世界遺産に認定された神社。雷神である武甕槌命(タケミカヅチノオ)が白鹿に乗ってやってきたという伝承から、全国に約1000社ある春日神社の総本社となっています。古代から藤の名所とされていて、本殿前の藤棚が咲く頃は見事な花景色が一面に広がります。

住所|〒630-8212 奈良市春日野町160
営業時間|AM6:00~PM6:00(10~3月はAM6:30~PM17:00)
定休日|なし
電話|0742-22-7788
公式サイトはこちら

珍しい氷の神様を祀る氷室神社

近鉄奈良駅と東大寺の間に社殿がある氷室神社は、奈良時代に春日山にあった氷室(氷の貯蔵庫)に神様を祀ったのがはじまりとされる、日本でも珍しい氷の神様を祀った神社。小さな神社で拝観には時間もかからないので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。毎年6月から9月まで献氷参拝でかき氷がいただけることでも人気です。

住所|〒630-8212 奈良市春日野町1-4
営業時間|AM6:00~18:00(4~10月)、AM6:30~PM17:30(11~3月)
定休日|なし
電話|0742-23-7297
公式サイトはこちら

見ごたえ抜群な奈良国立博物館

秋に正倉院展が開催される博物館として有名です。新館と旧館の常設館があり、常設館のなら仏像館には国宝や重要文化財を含む多くの仏像が展示されています。近鉄奈良駅から東大寺に向かう途中にあり、興福寺を出てすぐの場所、また春日大社参道の途中からも博物館に入ることができて便利。

住所|〒630-8213 奈良市登大路町50
営業時間|AM9:30~PM5:00
定休日|毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、臨時休館あり
電話|050-5542-8600(ハローダイヤル)
公式サイトはこちら

鹿を眺めながらのんびり散歩しよう

鹿のかわいいお辞儀が見られるかも

奈良公園では興福寺前や春日大社参道付近、東大寺周辺で鹿せんべいが販売されていて、それだけは鹿たちに与えることが許されています。しかしながら、鹿たちはちゃんと鹿せんべいを購入することを察知しているため、何気なく買って外に出るとすごい勢いで群がってくるので注意が必要。中には、鹿せんべいを見るとおじぎをしてせがむ鹿も。

猿沢池でまったりと過ごすも良し

興福寺の五十二段の石段を降りるとすぐの場所に猿沢池があります。興福寺の放生池であり、池沿いにはベンチが置かれ、ここからは興福寺の美しい五重塔がよく見えます。池自体は小さなものですが、周囲に植えられた柳の枝が風に揺れる様子はとても風流。この池には、奈良時代に帝の寵愛が衰えたことを嘆いた采女が身を投げたという伝説が残っており、毎年秋にはここで采女祭が開かれています。

住所|〒630-8213 奈良市登大路町49
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

鹿が集う大草原、飛火野

春日大社の参道脇に広がる広々とした芝生には、たくさんの鹿たちが生息しています。冬にホルンの音を鳴らして行われる鹿寄せは大迫力。多くの鹿たちが移動する様子は一見の価値ありですよ。また飛火野は朝焼けの風景が大変きれいなことでも有名です。周辺はよく見ると鹿のフンだらけなので、その辺はくれぐれもご注意を。

住所|〒630-8212 奈良市春日野町160
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0742-22-7788
公式サイト|なし

鹿の保護施設、鹿苑

飛火野横には奈良の鹿愛護会が運営するシカの保護施設があります。ここでは有名な鹿の角きりが行われています。また保護されている鹿や、特別公開で小鹿の姿を見ることができることでも人気。施設内では鹿の生態や歴史が分かるパネル展や鹿クイズのほか、どんぐりの餌やり体験もできるので子供連れのファミリーにもおすすめです。

住所|〒630-8212 奈良県奈良市春日野町160番地1
営業時間|AM10:00~PM4:00
定休日|毎週月曜、年末年始、鹿の角きり行事開催日
電話|0742-22-2388
公式サイトはこちら

池に浮かぶお堂、浮見堂

奈良公園の鷺池に浮かぶ木造檜皮葺きの六角堂の建物。橋を渡って中に入るとベンチが置かれており、美しい眺めを楽しみながら休憩できるようになっています。鷺池では手漕ぎボートでのんびり散策することもできるので、親子連れやカップルに人気。夜間はライトアップされています。

住所|〒630-8301 奈良市高畑町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0742-22-0375 (奈良公園事務所)
公式サイト|なし

奈良公園おすすめのイベント

夏の燈花会

1999年から開催されている夏の火会は、期間中奈良公園内が一斉にキャンドルで彩られる幻想的なイベントで大変人気があります。燈火会は東大寺、興福寺、奈良国立博物館、浮見堂など数か所がメイン会場となっていて、会場にはたくさんの灯が。春日大社の参道や東大寺の参道には屋台もたくさん出ますよ。

年末の春日大社おん祭り

毎年12月に行われる春日大社の摂社若宮神社のお祭り。五穀豊穣や国の平安を祈願しながら近鉄奈良駅、JR奈良駅方面まで古代の衣装に身を包んだ時代行列が練り歩き、夜通し行われる祭事です。春日大社参道には御旅所と呼ばれる若宮様がおん祭りのときにだけ行う舞台があり、そこを中心に流鏑馬を始めとした多くの神事芸能が奉納されます。

真冬のなら瑠璃絵

毎年2月に奈良公園内の春日大社、興福寺、東大寺、奈良国立博物館などが瑠璃色のLED照明でライトアップされ美しく彩られるイベント。期間中はライトアップと一部夜間拝観が開催されますよ。最終日には冬の夜空に打ち上げ花火があがります。とても寒い中行われますが、温かいココアの販売などもあり、楽しく美しい光の回廊を満喫できる人気イベントとなっています。

奈良公園は他にもイベントがいっぱい

毎年1月には若草山焼きが行われ、花火も上がります。奈良の山焼きは古来より山を焼かねば悪いことが起きるといった迷信があり、江戸時代末期から慣習として行われるようになりました。他に、毎年秋頃に行われる奈良のグルメをテーマにした味自慢の屋台が並ぶシェフスタも大人気。全国的にも有名になったドイツビールや地ビールを楽しめるオクトーバーフェストも毎年初夏に行われます。

奈良公園へのアクセス

公共交通機関での行き方

電車の最寄駅は近鉄奈良駅です。駅から徒歩すぐ奈良公園に到着します。バスで行くなら奈良観光バス、ぐるっとバスが便利です。近鉄奈良駅やJR奈良駅から乗車すると、奈良公園ルートで奈良公園の名所に停まります。ただし、このバスは土・日・祝日のみ運行です。料金は市内循環バスより安く、約15分間隔で運行しています。

車での行き方

大阪方面からは第二阪奈有料道路を利用し国道308号線・369号線を進んで案内看板に従って奈良公園に入ることができます。また、京都方面からの場合は第二京阪有料道路と京奈和自動車道を利用。木津ICを降りて県道754号線を進み奈良公園に入ります。

奈良公園の駐車場は有料で利用することができます。他に、奈良登大路自動車駐車場、奈良高畑自動車駐車場が大型の駐車場。コインパーキングも周辺に数多く点在しているので駐車場に困ることはないでしょう。

住所|〒630-8211 奈良県奈良市
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0742-22-0375
公式サイトはこちら

まとめ

広大な奈良公園は、大仏さまから世界遺産、絶景、イベント、鹿たちまで見どころ満載で1日ではとても回りきれません。四季折々、古都の良さを満喫できる奈良公園はイベントも壮大なスケールで行われ迫力が違います。奈良に行かれる際にはぜひ、奈良公園に立ち寄ってみてくださいね。