若草山から新日本三大夜景を望む。花火と山焼きも合わせてチェック

トラベルパートナー: midori

静岡県出身、歴史好きが高じて奈良県に移住しました。奈良県の記事をメインで書いています。旅行は家族で出かけることが多いです。神社仏閣の紹介が得意です。散歩や食べ歩きが趣味で、カメラを片手に日々新たな撮影スポットやおいしいお店を探しています。

若草山の山頂からの眺めはプライスレスやで!

山焼きで有名な奈良県の若草山を知っていますか。若草山は、古くから和歌に詠まれてきた美しい山で、登山が楽しめる人気のスポットなんです。芝が生い茂った緑の山には鹿がたくさん生息しており、山のほど近くには鹿が神様の使いとされる世界遺産の春日大社も鎮座しています。車専用のゲートもあって気軽に山頂の景色を見に行くことができるのも大きな魅力。今回はそんな若草山の見どころをご紹介します。

若草山の概要

奈良県にある若草山は、標高342mのなだらかな山で気軽に登山を楽しむことができるスポットです。芝生で覆われた緑豊かな山には鹿がたくさん生息しており、遠くから見ると3つの丘が重なって見えるさまが、笠のようであることから三笠山とも呼ばれています。

古くから和歌に詠まれてきた美しい山で、新日本三大夜景として美しい夜景でも知られています。冬には山焼きが開催されることでも有名です。

冬の若草山焼きを見に行こう

毎年1月末に行われる若草山の山焼きとは、江戸時代の末期から行われるようになった行事です。

山を焼かないと祟りが起こる、という古くからの言い伝えのせいで放火があとを絶たなかったため、ふもとの寺社へ被害がおよばないようにと始まったものでした。

今となっては若草山の山焼きは奈良県の冬の風物詩となっています。花火が打ち上がったあとに山焼きが始まり、澄んだ冬の空を彩る花火は美しいです。

若草山へ登ってみよう

鹿だらけの若草山の名物は鹿まんじゅう。登山するには有料の北ゲートと南ゲートのほかに、無料の遊歩道があります。山頂からの景色は奈良公園や平城宮跡を見渡せる抜群の眺望です。

まずは鹿だらけの若草山の山麓へ行こう

若草山の山麓へは、東大寺の二月堂側でも春日大社側でも、どちらからも歩いて行けるようになっています。

山のふもとには飲食店の入ったお土産屋さんが立ち並んでおり、お店ではペットボトル飲料や登山に必要なグッズを買うことができます。

山麓には鹿が多く、お土産屋さんでは鹿せんべいも買うことができるので、かわいい鹿たちとふれあってみましょう。

登山のお供には春日鹿まんじゅう・かのこ

入山ゲート前に立ち並ぶお土産店の一つである菊一文珠四郎包永本店では、名物の春日鹿まんじゅう・かのこを買うことができます。

鹿が座っているようなかわいい形をした饅頭は、カステラ生地がふんわりとやさしい味わいで、1個から購入することが可能です。

本店ならここで製造しているため、タイミングが良ければ製造風景が見学でき、焼き立てを食べることができます。本店以外に、近鉄の奈良駅前にもお店があるのでお土産に購入することが可能です。

住所|〒630-8211 奈良県奈良市雑司町488
営業時間|AM9:30~PM5:00
定休日|なし
電話|0742-26-2211
公式サイトはこちら

料金所は北ゲート・南ゲートの二ヶ所

入山ゲートは南端と北端の二ヶ所にあります。ゲートにて入山料の支払いを済ませたら、いよいよ登山のはじまりです。

若草山の登山は軽いトレッキング程度のものなので、本格的な登山のような重装備は必要ありません。山道を歩きやすいスニーカーと動きやすいズボンを履いて行きましょう。

階段を登って登山

道なりにある階段を登っていきます。北ゲート沿いの道なら一重目までは主に森の中を歩いて行くので、真夏には涼しくておすすめです。南ゲートは芝生を眺めながら歩いて行くので、開放感があって眺望が良いです。

一重目を過ぎたところで2つの道は合流し、一重目と二重目の芝生にはベンチがあるのでそこで休憩することもできます。秋になると辺り一面に揺れるススキが美しい光景です。

頂上は抜群の眺望

若草山の山頂は三重目といい、開放感あふれる眺めです。登山時間はペースによってそれぞれ異なりますが、だいたい30分から1時間弱で山頂まで行ける距離です。

奈良公園や平城宮跡が見渡せる抜群の眺望で、天気が良ければ生駒山まで見渡すことができます。山頂には4世紀末頃に作られたとされる鶯塚古墳があり、石碑と解説板が建てられています。

芝生も広々としているので飲食することができますが、山頂にはかなりの数の鹿たちがいるので注意しながら楽しむようにしてください。帰りは行きと同じルートを下っていくようになります。

春日山遊歩道からも若草山山頂に行ける

春日山遊歩道からも若草山を登ることができます。遊歩道は、南ゲートの横にある道を道なりに進むとすぐ「春日山遊歩道入口」と書かれた看板があるので、こちらから山頂まで登っていきます。

遊歩道から行けば入山料はかからず、世界遺産に登録されている春日山の美しい原始林のなかを歩くことができるのでおすすめですが、入山ゲートから行くよりもハードです。

また、雨上がりにはヒルが出ることが多いので、吸血されないようしっかりとした服装で行きましょう。

車で一気に頂上までドライブ

車であれば、有料の奈良奥山ドライブウェイを利用してあっという間に山頂まで行けます。

頂上には無料駐車場もあるので便利です。ドライブウェイの入口は、正倉院の裏の方にあります。春になると桜のトンネルのようになった道が美しいです。

住所|〒630-8211 奈良市雑司町
営業時間|AM8:00~PM23:00(12~3月はPM22:00まで)
定休日|なし
電話| 0742-26-7213
公式サイトはこちら

新日本三大夜景を観に行こう

若草山は新日本三大夜景の一つに選ばれており、大和平野の美しい夜景が一望できます。

車の場合、料金所が締まる深夜の時間帯には通行料がかからないため無料で夜景を見に行くことが可能です。

バスの場合、夏季のみの期間限定で近鉄奈良駅から臨時で運行する奈良交通バスに乗って、夜景を見に行くことができます。ボランティアガイドが同行しているので頂上までガイドしてくれますよ。

若草山の四季を楽しもう

春は桜、初夏は青々と生い茂る芝など、四季の美しさを堪能できるのも若草山の魅力です。秋には紅葉とススキ、冬は雪化粧をした木々が美しく、心が癒されます。

若草山周辺の観光スポット

若草山の周辺には聖武天皇が建立した手向山八幡宮や、国宝の法華堂、世界遺産の春日大社など歴史深い観光スポットがたくさんあります。どれも若草山から徒歩圏内なのであわせて立ち寄ってみましょう。

東大寺の鎮守社の手向山八幡宮

山麓には東大寺の鎮守社である手向山八幡宮があります。聖武天皇が大仏造立の成功を祈願して、大分県の宇佐八幡宮からご祭神を招き祀ったのが始まり。

菅原道真がこの神社の紅葉を詩に詠んだことでも有名で、その詩は百人一首に選ばれています。「向かい鳩」という鳩の御紋が可愛らしい神社です。

住所|〒630-8211 奈良市雑司町434
営業時間|AM7:00~PM4:30(10.11.12月は時間変動あり)
定休日|なし
電話|0742-23-4404
公式サイト|なし

法華堂(三月堂)で国宝の本堂を見物

法華堂は奈良時代に建てられた国宝の本堂で、不空羂索観音立像をご本尊とする寺院です。

御本尊の観音立像をはじめ、四天王像など多くの仏像が国宝となっています。手向山八幡宮を過ぎた辺りにあります。

住所|〒630-8211 奈良市雑司町406-1
営業時間|AM7:30~PM5:30(4~10月)、AM8:00~5:00(11~3月)
定休日|なし
電話|0742-22-5511
公式サイトはこちら

二月堂からは絶景を望める

二月堂は修二会が行われることで有名な寺院で、三月堂のすぐ隣にあります。ご本尊は絶対秘仏とされているので残念ながら拝観できませんが、二階の回廊部分へは24時間入ることが可能です。

若草山の山頂とまた違った眺望が楽しめて、東大寺などを間近に見下ろせるのでおすすめですよ。

住所|〒630-8211 奈良市雑司町406-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0742-22-5511
公式サイトはこちら

世界遺産の春日大社も

世界遺産の春日大社も若草山の山麓からほど近くにあります。春日大社は全国におよそ1000社ある春日社の総本社で、パワースポットとしても有名です。

タケミカヅチという神が鹿に乗ってこの地へやってきたことから、鹿が神の使いとされています。

住所|〒630-8212 奈良市春日野町160
営業時間|AM6:00~PM18:00(4~10月)、AM6:30~17:30(11~3月)
定休日|なし
電話|0742-22-7788
公式サイトはこちら

若草山へのアクセス

電車・バスでのアクセス

近鉄奈良駅が最寄駅で、駅からは徒歩すぐです。

バスの場合、土日祝日に使える「ぐるっとバス」の利用が便利です。平日なら、近鉄奈良駅もしくはJR奈良駅から市内循環バスに乗って、東大寺大仏殿・春日大社前で下車して徒歩すぐです。

車でのアクセス

大阪方面からの場合、第二阪奈有料道路を利用し、宝来ICで降りて国道308号線、阪奈道路を進むと到着します。

京都方面からの場合、有料にて京奈和自動車道を利用し、木津ICで降りて奈良バイパス(国道24号線)を進むと到着です。

山頂まで車で行く場合は、有料道路の奈良奥山ドライブウェイの新若草山コースを使って行くことができ、料金所は東大寺正倉院の裏手にあります。山頂には、無料駐車場もあります。

住所|〒630-8211 奈良市雑司町
営業時間|AM9:00~PM5:00(入山ゲート料金所)
定休日|冬季休業
電話|0742-22-0375
公式サイトはこちら