新潟県立自然科学館でロマンあふれる科学の旅に出かけよう

この記事の情報提供者

新潟在住トラベルパートナー

新潟県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

自然科学館はわくわくする展示がしかもあるすけ、大人も子供も楽しめるこて!

新潟県立自然科学館は、科学が身近に感じられる施設です。最先端の技術を目にできるだけでなく、どこかレトロな雰囲気があるのも大きな魅力。来館者が楽しめるような工夫も随所に見られますし、小さな子供から大人まで楽しめる施設といえるでしょう。ここでは、新潟県立自然科学館の魅力や楽しみ方をまとめてみました。

最先端の技術とレトロな雰囲気が同居する科学館

新潟県立自然科学館は、古くから地元民から愛されてきた科学館。年齢や性別に関係なく、誰もが楽しめる施設になっています。新潟県立自然科学館は、新潟県の立県100年を記念して建てられました。

見ごたえのある展示で大人から子供まで楽しめる

ここは歴史ある科学館で、子供のころから何度も科学館に通って育ったという県民も少なくありません。それだけ新潟県民にとっては身近な存在の科学館です。科学に関するあらゆる展示をしており、家族連れやカップルからも大人気のスポット。最先端の科学を体験できるだけでなく、レトロなオブジェも展示。どこか昭和の香りが漂っているため、大人も楽しめます。

恐竜たちの世界を探検しよう

迫力満点の恐竜ジオラマ

恐竜・化石の展示コーナーにはかつて地球上に生息していた恐竜のリアルなジオラマが。決まった時間になるとジオラマが稼働し、当時の様子を再現します。トリケラトプスやティラノサウルスといった人気の恐竜も登場。相当迫力があるため、特に子供から人気のコーナーです。小さなお子様はびっくりして驚くかも知れません。

ウミユリに触って太古の海に想いを馳せる

展示されているウミユリの化石には、直接触ることも可能。恐竜のフン、歯などの化石もありますよ。ナウマンゾウの骨格模型は迫力も満点。新潟県に生息しているさまざまな動物のはく製も展示しているので、こちらも併せて見ておきたいですね。

宇宙の秘密をに迫ろう

ここでは楽しみながら宇宙の神秘を学べます。1/5000万サイズの太陽系模型も見どころの一つ。リアルタイムに宇宙線を観測できる霧箱、本物の隕石など、科学に興味がない人でも思わず興味を引かれます。模型や映像で分かりやすく説明しているので、楽しく学べるでしょう。

最新の科学技術を体験しよう

ロボット技術を体験しよう

ここでは実際にロボットを動かすといった体験も可能。大人も勉強になる展示が豊富です。イフボットという会話型コミュニケーションロボットとは、会話をすることができます。ほかにもいろいろなロボットが展示されており、実際に動かすことも可能。ロボット好きな男の子から大人気。

大人気のキュートなペットロボット

パロは子供から大人気のアザラシ型ペットロボット。動きや鳴き声が本物そっくりでとてもキュートです。大人でもきっと癒されるでしょう。

大人も勉強になる展示がたくさん

リニアモーターカーや水素エンジンなど、今一つ仕組みがよく分からない科学技術を分かりやすく説明しています。子供はもちろん、大人も勉強になりますよ。さまざまなメカを展示しているため、メカニック好きには堪りません。

日常に潜む不思議に迫ろう

電気の球で魔法使いごっこ

ここには不思議な体験ができるテーマの展示がたくさんあります。磁石や電気など、身近なものや現象で不思議な体験ができるコンテンツが勢ぞろい。電気の光が触れた部分へと移動するガラス玉は、特に人気です。見た目はまるで魔法使いが使う水晶玉のよう。キレイな写真が撮れるので撮影しておきましょう。

竜巻発生装置で楽しく天気のお勉強

疑似的に竜巻を生み出せる装置も大人気です。装置の中では白い霧のようなものが立ち上り、それが渦となっていきます。霧にどんどん包まれていく様子は面白いですし、外から見ている人も楽しめるでしょう。こちらもフォトジェニックなので、しっかり写真におさめてくださいね。

ゆがんで見える不思議な鏡

入り口付近には、ユニークな鏡で遊べるコーナーもあります。面白いポーズや変顔が簡単に作れるため、楽しく笑いながら写真が撮れると人気のスポットです。鏡という身近なものを使った不思議体験ができますし、子供のなぜという感情を刺激する内容になっていますね。

プラネタリウムを観よう

科学館の目玉的なコンテンツがプラネタリウム。一人でも楽しめますが、カップルや家族連れで楽しむのがおすすめです。アニメーションを駆使した子供向けのプログラムもあります。美しい星空を眺めながらぼーっとできるので、抜群のリラックス効果が得られるでしょう。

新たに導入されたCHRONOS Ⅱ EXは、従来のものに比べてさらにリアルな星空を再現できるようになりました。従来の投影機はエントランスに展示されているので、気になる方は見てみましょう。

太陽の城でソーラーカーに乗ろう

レトロで可愛いソーラーカーに無料で乗ることができます。ソーラーパネルの仕組みについても知ることができるので、大人も勉強になりますね。屋外にはヘリコプターやロケットの模型、蒸気機関車なども展示されています。ちょっとした公園のような雰囲気です。

遊び疲れたら喫茶店でひとやすみ

ご当地グルメとして人気のある、新潟名物のたれカツ。新潟に訪れた記念にぜひここで食べておきましょう。パフェやクリームソーダなどのスイーツ、ラーメンやパスタなどの軽食メニューもそろっています。お子様ランチもあるので小さな子供も大喜び。

自然科学館でおみやげを探そう

おみやげに宇宙食

ミュージアムショップでは、科学に関連するグッズが充実。2017年にリニューアルしたばかりですし、とてもオシャレなショップです。特に人気なのは、本当に食べられる宇宙食。フリーズドライされた宇宙食はお土産としても喜ばれるでしょう。三葉虫やアンモナイトの化石、恐竜の模型など、実にさまざまなグッズがあります。ミュージアムショップだけでも十分楽しめるかもしれませんね。

ペッタン君に記念スタンプをもらおう

スタンプロボットのペッタン君が入り口付近にいます。記念スタンプを押してもらえるので、来館した証としてスタンプを押してもらいましょう。ペッタン君はどこか昭和レトロな雰囲気をまとうロボットで、昔から地元の子供たちに親しまれてきました。レトロな見た目が話題を呼び、最近ではフォトスポットとしても人気となっています。

なお、スタンプの台紙は案内カウンターでもらってください。スタンプの種類も豊富なので、全部コンプリートするのも楽しいですよ。

新潟県立自然科学館へのアクセス

電車・バスでの行き方

新潟駅の南口から出てバスに乗車すれば、だいたい20分ほどで野球場科学館停留所に着きます。そこから徒歩約3分ほどでアクセス可能。

車での行き方

車で訪れる場合だと、新潟中央ICから車で約6分ほどの道のりになります。無料で利用できる駐車場もあるので、車で訪れるのも容易でしょう。そこまで大混雑することはないでしょうが、連休シーズンには駐車場が多少混雑するかもしれません。不安な方は最初から公共交通機関を利用しましょう。

住所|〒950-0948 新潟市中央区女池南3-1-1
営業時間|AM9:30 – PM5:00(平日はPM4:30まで)
定休日|毎週月曜日・年末年始
電話|025-283-3331
公式サイトはこちら

まとめ

最先端の科学体験ができるだけでなく、懐かしい気持ちにもさせてくれる新潟県立自然科学館。子供はもちろん、大人が楽しめて学べるコンテンツが多いのも魅力的ですね。ミュージアムショップでは珍しいアイテムもたくさん扱われているので、科学に興味がない人でも十分楽しめる施設です。