なばなの里は壮大なイルミネーションと色とりどりの花々が楽しめる

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

華やかなイルミが人気でつんどるよ

なばなの里は壮大な規模に植栽された花々を鑑賞できるだけではなく、温泉施設なども備えた複合テーマパーク。花々も有名ですが、イルミネーションスポットとしても大きな評価を得ています。なばなの里の魅力を余すことなくお伝えします。

なばなの里は花をテーマとした人気のテーマパーク

なばなの里は日本屈指の花をメインにしたテーマパーク。広大な敷地を利用して昼間はたくさんの花を鑑賞でき、夜はイルミネーションを楽しめます。

イルミネーションは国内最大級

なばなの里は三重県桑名市にある、ホテルやレジャー施設を運営するナガシマリゾートの1つ。日本最大級の花を植栽するフラワーエリアでは、13000坪の敷地面積を誇る花ひろばなどの各エリアで季節に応じたたくさんの花を鑑賞できます。毎年イルミネーションイベントが開催されており、大規模な装飾で有名なのでたくさんの人が訪れます。

充実した食事処とショップがある

なばなの里には飲食店が全部で8店舗あります。ほかにも、ベーカリーショップやアンテナショップ、野菜や花が買える花市場だけではなく、日帰り温泉まで充実の施設を完備。また、季節に合わせて紅葉や桜、チューリップなどをライトアップするイベントの花と光の共演も開催されます。

きらめく絶景が広がるイルミネーション

なばなの里は日本有数のイルミネーションスポットとしても知られています。広大な敷地を利用した大規模なイルミネーションは絶景です。

光と音の演出は迫力があって圧巻

なばなの里は毎年イルミネーションイベントを開催しており、年によってテーマが変更されるので何回でも楽しめます。風神雷神や浮世絵などの歴史的なものや、富士山や白川郷などの景勝地を光と音で表現しており、感動すら覚えるほどの美しさ。メイン会場で行われるイルミネーションショーは、全体が見やすいので展望台からの鑑賞をおすすめします。

チャペルのイルミネーションも素敵

光の大河は長島を流れる木曽三川を再現した水上イルミネーション。幅はおよそ5mで長さはおよそ120mもあり、画像を見てもわかるように大規模な装飾となっています。チャペルがイルミネーションによって照らされて、水面に反射した姿は幻想的で美しいです。

イルミネーションの最大の見どころは華回廊

華回廊はイルミネーションイベントで最も注目を浴びている装飾。花びら型の電飾が200mも続いて光のトンネルのようになっており、ほかではお目にかかれません。死ぬまでに行きたい世界の絶景にも認定された息を飲む光景です。

ラベンダーの成長を表現したイルミネーション

このイルミネーションも電飾を使って100mの光のトンネルを作り出しており、ラベンダーの花を表現しています。ラベンダーの成長に合わせて電飾の色が変わっていく仕組みになっており、入口は緑色で出口に向かうにつれて紫色に変化します。右側通行のルールがありますので、イベントを気持ちよく楽しむためにも必ず守りましょう。

光の雲海はカップルにおすすめ

画像のイルミネーションは光の雲海と呼ばれる装飾で、カップルがこぞって足を運ぶスポット。きれいな白の電球で飾られたアーチをくぐって、チャペルを目指して歩いていった恋人同士には幸せが訪れるとされています。アーチの最後にある巨大なツインツリーなど、写真映えするスポットとしても注目されています。

360度の上空散歩を楽めるアイランド富士

アイランド富士はもともと、ナガシマスパーランドで活躍していたフライングアイランドで、現在は展望台として稼働。ベンチに座ったまま楽しめるアトラクションなので、老若男女問わず楽しめます。地上45mの高さから園内はもちろん、名古屋の街や伊勢湾まで見渡せるパノラマビューです。

イルミネーションイベントの開催期間中は夜間も利用できるので、上空からの夜景を堪能できます。

スケールの大きさに圧倒されるフラワーエリア

なばなの里のフラワーエリアはエリアごとに多種多様な花々を植栽しています。国内最大級の規模で咲き誇る花々を鑑賞してみませんか。

四季を通じて楽しめるスポット

なばなの里のフラワーエリアは、花ひろばや梅苑、ベゴニアガーデン、あじさい・しょうぶ園などのエリアで構成されています。特に注目されているのは花ひろばで、13000坪の広大な敷地一面に咲き誇る季節の花のじゅうたんは絶景。スナックコーナーも備えた展望台からは花ひろばを見渡すことができます。

チューリップまつりは3月から5月上旬まで、ダリア・コスモスまつりは9月下旬から11月中旬までイベントが開催されます。

まるで絵画の様な大温室

ベゴニアガーデンはおよそ9000平方メートルの日本最大級の温室に、5000に及ぶ球根から咲き誇るベゴニアを鑑賞できます。ベゴニアに包まれながら休憩できるガーデンカフェや写真撮影用のスポットなどの施設も完備。春と秋だけですが温室の一角を使用してバラ園もオープンして、ローズティーが楽しめます。

この施設は、なばなの里の入村料と別に入館料を支払わなければ立ち入ることができません。

色々な商品が豊富な花市場と売店

花市場は切り花や鉢花、花苗、花束をはじめ、観葉植物やアレンジメントフラワーまで取り扱う、東海地方最大級の市場。見頃を迎えた花から人気の花やあまり見かけない花まで、たくさんの花が販売されています。売店は特産品や地ビールなどアンテナショップとしての側面もあります。特にシジミコロッケは大好評で、1日に3000個も売れるほどの人気ぶり。

和洋中が豊富にそろう食事処

なばなの里の敷地内には和洋中を楽しめるレストランや地ビール園、とんかつ屋、ベーカリーレストラン、カフェなど全部で8つの飲食店があります。画像は洋食のメニューが豊富なイタリアンレストラン麦で、薪を使って焼き上げたピッツァが人気のレストラン。

日中に花を鑑賞して休憩がてら食事を楽しみ、夜はイルミネーションを楽しむというぜいたくな時間も過ごせます。

里の湯は極上の天然温泉

なばなの里には、日帰り温泉施設の里の湯もあるので歩き疲れても大丈夫です。定番の露天風呂や内湯、サウナや水風呂をはじめ、ジャグジーや打たせ湯などのお風呂がある充実の設備。中でも岩風呂の露天風呂は最高で、広いお風呂でゆっくりくつろげます。

湯上り茶屋も併設されているので、火照った体をゆっくり休ませることができます。

なばなの里へのアクセス

車でのアクセス

東名阪自動車道を利用すれば、長島ICで下車しておよそ10分で到着。伊勢湾岸自動車道を利用すれば、湾岸長島ICで下車しておよそ15分で到着します。5700台も収容可能な駐車場が無料で利用できます。

電車でのアクセス

最寄り駅のJR長島駅と近鉄長島駅のどちらの駅で下車しても、歩いておよそ20分かかります。近鉄長島駅からは直行バスが運行されているので、利用すればおよそ10分で到着できます。

住所|〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
営業時間|AM9:00~PM9:00
定休日|なし
電話|0594-41-0787
公式サイトはこちら

まとめ

なばなの里は、日本最大級の規模に咲き誇る多種多様な花々を鑑賞できるテーマパーク。夜になると日本屈指のイルミネーションスポットに変貌します。フラワーエリア以外もレストランや温泉など充実の施設がそろっているので、1日中楽しめるスポットです。ぜひ足を運んで日本最大級の花々とイルミネーションを堪能してください。