箱根ガラスの森美術館でガラスの澄み切った美しさを感じよう

トラベルパートナー: Shiori

千葉県出身。関東を中心に記事を執筆しています。 年に数回家族で旅行に行きます。行く所は温泉地や季節の花が見られるスポットです。 動物園や水族館が大好きなので、多くの人に魅力をお伝えしたいと思っています!

芸術を楽しみたいならぜひ行ってほしいスポットじゃん!

箱根といえば温泉が有名ですが、ぜひ訪れてほしいのが箱根ガラスの森美術館。ガラスの美しさを感じられる美術館で、たくさんのリピーターがいることでも有名です。キレイなガラスの展示品を楽しめるだけでなく、ショッピングや体験、音楽などさまざまな楽しみ方ができるのも魅力。ここでは、箱根ガラスの森美術館の魅力や見どころ、楽しみ方などについてご紹介しましょう。

ヴェネチアングラス専門の美術館

見どころが満載の箱根ガラスの森美術館は、国内でも割りと珍しいヴェネチアングラスを専門とする美術館です。屋内だけでなく屋外でも展示を行っていることが特徴で、多くのリピーターを有するのも特徴。根強い人気を誇る美術館で、毎年のように短いスパンで訪れる方も少なくありません。展示を見るのはもちろん、音楽や体験、料理、ショッピングなど多彩な楽しみポイントがあるのも魅力です。

まるでヨーロッパのような庭園を散策しよう

View this post on Instagram

【神奈川県・足柄下郡 箱根ガラスの森美術館】 ガラスの森美術館はその名の通り、ヴェネチアガラスを中心とした、美しいガラス作品が展示されています? 美しいのは展示品だけではなく、併設されているその庭園。 所々にクリスタルガラスをあしらい、キラキラ輝く様はまさに『ガラスの森』✨✨ 期間限定でクリスタルで作られた紫陽花もあり、とても綺麗だったのですが、私の腕ではどーうしてもそのキラキラした魅力をカメラに収めることができず? 一番キラキラ感が出てた風景ショットをポストします? ・ 2018.6.25撮影/OLYMPUS E-M5 mkⅡ ・ ・ ・ 各地で激しい雨が降っていますね。 大きな被害にならないことを願っています。 どうぞお気をつけてお過ごし下さい! ・ ・ ・ ・ ・ ・ #suiro_travel #kanagawa #tripgramjp_kanagawa #japan_daytime_view #OLYMPUS #omdem5markii #omdem5mark2 #ミラーレス一眼 #広がり同盟 #オリンパス倶楽部 #けしからん風景 #けしからん景色 #instagramjapan #箱根ガラスの森美術館 #箱根 #キラキラ #クリスタル #ガラスの森美術館 #箱根旅行 #キラキラ✨ #神秘的 #硝子 #美術館 #美術館巡り #誰かに見せたい風景 #ダレカニミセタイケシキ #女子旅 #夢の世界 #夢の国 #kanagawaphotoclub

A post shared by ニッポン丸ごと!旅するスイロ (@traveler_sui) on

橋の上にかけられた光の回廊は、クリスタルガラスでできたアーチ。ガラスの森美術館のメインの展示と言っても過言ではなく、晴れた日には太陽の光が反射してキラキラときらめきます。池にはマガモが泳いでおり、夏には可愛らしいヒナの姿も。

多彩なガラス作品を堪能できるのはもちろんですが、季節の花々の姿を鑑賞できるのも大きな魅力。バラやアジサイ、紅葉などが楽しめるので、それぞれの季節に足を運ぶような方も少なくありません。季節によって異なる魅力を見出せるでしょう。庭園内には整備された道もあるので、花に囲まれた中を散策すると心も癒されるはず。日ごろの嫌なこともきっと忘れられるでしょう。

ヴェネチアングラス美術館で作品を鑑賞しよう

https://www.instagram.com/p/BXiVPo6BPzQ/

水の都として有名なヴェネチア。そこで古くから造られてきた歴史あるガラス工芸品です。繊細で複雑な模様を施したガラスは非常に美しく、そっと触れただけで壊れそうなくらいデリケートな印象。いつまで眺めていても飽きない、そんな気すらします。形もさまざまですし、中にはユニークな形のものもあるのでおもしろいです。作家の個性が作品に現れているので、そうした部分にも注目しながら鑑賞するとより楽しめるでしょう。

現代ガラス美術館でカラフルな作品を楽しもう

ここで展示しているのは比較的新しいヴェネチアングラス。19世紀の後半に復活したといわれています。風にそよぐグラスは、今にも折れてしまいそうな細い脚に支えられた器が、ゆらゆらと揺れるような作品。見ていると儚い、切ない気持ちにもなります。カラフルな色彩と貝のような波打つ形が印象的なマキアも、見ていて飽きない面白い作品です。

プロのヴァイオリニストによる演奏を楽しもう

音楽まで楽しめてしまうのが、ほかの美術館とは一味違うところ。素敵なヴァイオリン演奏に耳を傾けましょう。アルベルト・デ・メイスは、世界を股にかけて活躍しているイタリア出身のヴァイオリニストです。生のヴァイオリンの演奏を聴けるだけでも嬉しいですが、天井高のあるホールに響くヴァイオリンの音はより素晴らしく、貴重で贅沢な時間を楽しめるでしょう。

演奏後にはCDも購入できるので、気になったのなら手に入れてみてはいかがでしょうか。土日祝日限定での演奏となっているので、聴きたい場合には土日祝日に訪れるようにしましょう。

世界で一つのオリジナル作品を作ろう

マイグラスが作れるサンドブラスト体験

https://www.instagram.com/p/BpDw9IHDVKt/

自分だけのオリジナルガラス作品が作れるのも魅力的。オンリーワンのガラス工芸を作りましょう。好きなデザインのシールをグラスに貼りつけ、砂を吹き当てながら模様をつけていきます。季節によって選べるデザインが変わるので、何度訪れても楽しめるでしょう。これもリピーターが多い理由かもしれません。オリジナルグラスはよい思い出にもなるので、家族でトライするのもおすすめ。お土産としても喜ばれるでしょう。

アクセサリーが作れるフュージング体験

さまざまなガラスを組み合わせ、熱で溶かしながらくっつけていきます。パーツの位置や溶かすときの時間などを変えることで、作品に個性を演出することも可能。オリジナリティーを出して、自分だけの作品を造ってみましょう。ブローチやキーホルダー、イヤリングなどが作れます。全14種類の金具から選べるのも嬉しいポイント。

美しい景色を眺めながら食事を楽しもう

https://www.instagram.com/p/u7MstkHWW1/?utm_source=ig_embed

カフェレストランにはテラス席があるので、庭園を眺めながら食事が楽しめます。リゾットやパスタなどのイタリアンを味わえるほか、カプチーノやデザート、フルーツティーなどのメニューも充実。ちょっとお茶したい、というときに立ち寄るのもアリでしょう。

カンツォーネの生演奏が毎日6回行われています。本場イタリアの演奏家たちの演奏なので、なかなか聴くことのできない一流の音を耳にできます。音楽を楽しみながら優雅な時間が過ごせるのは贅沢ですね。まるでイタリアにいるような気分も味わえるかもしれません。のんびり、優雅な時間を過ごしてください。

ミュージアムショップでガラス作品をお土産にしよう

クリスタルガラスやヴェネチアングラスなどの食器、置物、アクセサリーなどが勢ぞろい。見ているだけでも楽しめるでしょう。手ごろな価格の雑貨をはじめ、大きな人形などの高級品まで豊富なラインナップとなっています。自宅に戻っても美しいガラス作品を楽しめるので、気に入ったものはぜひ手に入れてみましょう。

箱根ガラスの森美術館に行くならおすすめのホテル

自然豊かで広い敷地を誇る箱根ハイランドホテル

https://www.instagram.com/p/Bnkm_ntg_pE/

箱根ハイランドホテルはこのエリアを代表する宿泊施設の一つ。広い敷地と露天風呂つきの客室が自慢。ツインルームは落ち着いたインテリアデザインとなっており、カップルや夫婦、友達同士で泊まるのにおすすめです。露天風呂付の部屋があるので、木々の緑を眺めながら最高にくつろいだ時間を過ごせるでしょう。

犬と一緒に宿泊できる部屋があるのも嬉しいポイント。愛犬と一緒に旅をしたい、という方のニーズにもマッチしています。わんちゃん専用のお風呂、アメニティをそろえているほか、ドッグランまであるのは驚き。愛犬家にとって嬉しい宿ですね。

https://www.instagram.com/p/BtedjbcF1pn/

レストランでは、フレンチと和を組み合わせたオリジナルの料理が堪能できます。フレンチと和、双方のよさを取り込み融合させた料理はまさに絶品。舌鼓を打つこと間違いありません。お風呂は大涌谷の天然温泉が使われているので、身も心もしっかりと癒せるでしょう。大きな窓から外の緑を眺めなつつお風呂に入れば、最高のリラックス効果も得られるはず。

住所|〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原品の木940
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0460-84-8541
公式サイトはこちら

箱根ガラスの森美術館へのアクセス

車での行き方

最寄りとなるのは御殿場ICとなります。そこから美術館までは約20分ほどの道のり。駐車場には150台まで停められるので、そうそう満車になることはないでしょう。駐車料金も格安で、料金は一日単位です。

電車やバスでの行き方

電車だと最寄り駅は箱根湯本駅となります。小田原駅や箱根湯本駅からは箱根登山バスが運行しているので、それに乗車すれば美術館までアクセスできます。東京駅からだと高速バスを利用すれば、約2時間ほどの所要時間で到着できるでしょう。

住所|〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
営業時間|AM10:00-PM5:30
定休日|成人の日の翌日から11日間
電話|0460-86-3111
公式サイトはこちら

まとめ

美しいヴェネチアングラスは眺めているだけでも心が豊になりそうな印象。館内では音楽やグルメも楽しめますし、一つの場所でいろいろな楽しみがあります。素敵なお土産、手作りのグラスも手に入るので、箱根へ訪れたときにはぜひ立ち寄ってみましょう。